超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

大崎

住友不動産の24階オフィスビル「西品川一丁目地区(A街区)」の建設状況(2017.8.5)

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 品川区役所前から撮影した建設中の超高層ビル「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」(地上24階、高さ114.12m)です。住友不動産のHPでは「住友不動産大崎プロジェクト」と掲載されているため名称はまだ決まっていないようです。

 左の建設中のタワーマンションは昨日のブログに載せた「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)」(地上22階、高さ82.59m)です。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 近くから見上げてみました。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 少し斜めから撮影。横幅のあるビルですがいい撮影スポットを見つけられていません。隣に新幹線が通っているのでそこからならよく見えそうです。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 大崎駅側から撮影。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 低層部以外の外観は完成していますが足元にはガラスが置いてありました。そろそろ低層部の工事も始まりそうですね。年明けには竣工予定です。

大崎の超高層ビル群
 大崎駅のペデストリアンデッキから撮影した大崎の超高層ビル群です。一番南側(写真左端)が「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」です。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 ズームです。大崎駅からは徒歩6分となっていますが、体感では改札まではもっと時間がかかります。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)の物件概要■
仮称:住友不動産大崎プロジェクト
計画名称:西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物(A街区)
所在地:東京都品川区西品川一丁目778番1他
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上24階、塔屋1階、地下2階
高さ:114.12m
構造:RC造、SRC造、S造(柱CFT造)、柱頭免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:19,927.70
建築面積:7,748.92
延床面積:177,988.56
建築主:西品川一丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2015年7月9日着工〜2018年1月10日竣工予定

住友不動産の22階タワマン「西品川一丁目地区(B街区)」の建設状況(2017.8.5)

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 品川区役所前から撮影した建設中のタワーマンション「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)」(地上22階、高さ82.59m)です。ここは住友不動産の分譲マンション「(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト」として公式HPがオープンした時期もあったのですが、分譲開始前にHPは閉鎖されてしまっています。今後は不明ですが建設工事は順調に進んでいるようです。

 右背後のオフィスビルは同じ「西品川一丁目地区」で建設中の「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」(地上24階、高さ114.12m)です。両棟はハの字型に配置され、その間には約6000屬箸いβ腟模な広場が配置されます。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 近くから撮影。16階まで建設が進んでいました。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 横幅のある大きなマンションです。公式HPがあった当時の情報では総戸数423戸(非分譲住戸262戸含む)となっていました。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 建設地は傾斜地で坂を登ったところから撮影。

大崎
 一気に場所を変えて大崎駅のペデストリアンデッキから撮影。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)」にズームです。大きな2段の階段状の外観となりますがその1段目がわかります。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクトの物件概要■
仮称:(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト
計画名称:西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物(B街区)
所在地:東京都品川区西品川一丁目778番1他
用途:共同住宅、駐車場、その他
総戸数:423戸(※非分譲住戸262戸含む/その他事業所用区画有り)
階数:地上23階、地下1階(建築確認申請上は地上22階、塔屋1階、地下2階)
高さ:82.59m
構造:RC造、免震構造
基礎工法:場所打鉄筋コンクリート杭
敷地面積:10,153.09
建築面積:2,799.99
延床面積:41,429.90
建築主:西品川一丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設計者:日建設計
施工者:前田建設工業(住宅工区)、大成建設(事業所工区)
工期:2016年1月5日着工〜2018年8月31日竣工予定

地上22階「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)」の建設状況(2017.6.3)

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 大崎駅から南側へ行った西品川一丁目地区で建設中のタワーマンション「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)」(地上22階、高さ82.59m)です。

 一時期は住友不動産によって「(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト」として公式HPがオープンした分譲マンションですが、いつの間にかHPは閉鎖されてしまい今後はどうなるのかは不明です。ただ建設工事は着々と進んでいます。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 横幅があるタワーマンションのためタワークレーン3基で建設中です。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 建設地は傾斜地でその坂を登ったところから撮影。背後のオフィスビルは今朝のブログに載せた「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」(地上24階、高さ114.12m)です。

 業務棟のA街区と住宅棟のB街区はハの字型に配置され、両棟の間には約6000平米の広場が整備されます。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 一部外観も見えるようになっていました。バルコニーは少なめです。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業
 品川区役所前から撮影。ここもそうですが、大崎駅の山手線外側のタワーマンションはどこも都心側の眺望はほぼない配置となっています。逆に都心と反対側の眺望は開けています。

(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト
(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト[出典:当時の公式HP]

 これは公式HPがオープンしていた頃に掲載されていた完成予想図で、このように大きな階段状の外観となります。当時の情報では総戸数423戸(非分譲住戸262戸含む)の分譲マンションとなっていました。

■(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクトの物件概要■
仮称:(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト
計画名称:西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物(B街区)
所在地:東京都品川区西品川一丁目778番1他
用途:共同住宅、駐車場、その他
総戸数:423戸(※非分譲住戸262戸含む/その他事業所用区画有り)
階数:地上23階、地下1階(建築確認申請上は地上22階、塔屋1階、地下2階)
高さ:82.59m
構造:RC造、免震構造
基礎工法:場所打鉄筋コンクリート杭
敷地面積:10,153.09
建築面積:2,799.99
延床面積:41,429.90
建築主:西品川一丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設計者:日建設計
施工者:前田建設工業(住宅工区)、大成建設(事業所工区)
工期:2016年1月5日着工〜2018年8月31日竣工予定

地上24階「住友不動産大崎プロジェクト」の建設状況(2017.6.3)

大崎駅西口の超高層ビル群
 大崎駅西口側の超高層ビル群です。右側に辛うじて少しだけ写っている「ThinkPark Tower」(地上30階、最高高さ140.5m)から順に南側(写真左側)に向かって超高層ビルの建設が続いています。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 最初の写真で左端に写っていた「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」(地上24階、高さ114.12m)です。2018年1月竣工予定でこれが大崎駅周辺では一番新しい超高層オフィスビルとなります。住友不動産のサイトでは「住友不動産大崎プロジェクト」として掲載されています。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 近くから見上げてみました。JR線・りんかい線「大崎駅」より徒歩6分、JR線・東急大井町線・りんかい線「大井町駅」より徒歩13分といった場所に位置しています。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 ビルの平面図を見ると正方形ではありませんが大きさは約61mx約132mとかなり巨大で、基準階賃貸面積は約1,647坪(約5,444)もあります。1フロアに何人入るんでしょうね?

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業
 品川区役所前から撮影した「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」です。

■西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)の物件概要■
仮称:住友不動産大崎プロジェクト
計画名称:西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物(A街区)
所在地:東京都品川区西品川一丁目778番1他
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上24階、塔屋1階、地下2階
高さ:114.12m
構造:RC造、SRC造、S造(柱CFT造)、柱頭免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:19,927.70
建築面積:7,748.92
延床面積:177,988.56
建築主:西品川一丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2015年7月9日着工〜2018年1月10日竣工予定

地上22階「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)」の建設状況(2017.2.19)

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 大崎駅から南側へ数百メートル行った場所で建設中のタワーマンション「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)」(地上22階、高さ82.59m)です。傾斜地のためこれが何階部分なのかはわかりませんが、敷地隣の道路からマンション本体が見えるようになりました。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 少し坂を登った場所から撮影。大崎駅はこの中央奥あたりにあります。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 さらに坂を登った場所から撮影。背後で建設中の超高層ビルは今朝のブログに載せた「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」(地上24階、高さ114.12m)です。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:住友不動産]

 このようにA街区とB街区はハの字型に配置され、その間には広大な緑地が整備されます。


(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト
(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト[出典:公式HP]

 住友不動産によって一時期、公式HPが「(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト」としてオープンしていました。販売前にHPは閉鎖されてしまいましたが、そのときの情報では非分譲住戸262戸含む総戸数423戸の分譲マンションとなっていました。また同じように分譲再開されるのかどうかは不明です。


西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクトの物件概要■
仮称:(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト
計画名称:西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物(B街区)
所在地:東京都品川区西品川一丁目778番1他
用途:共同住宅、駐車場、その他
総戸数:423戸(※非分譲住戸262戸含む/その他事業所用区画有り)
階数:地上23階、地下1階(建築確認申請上は地上22階、塔屋1階、地下2階)
高さ:82.59m
構造:RC造、免震構造
基礎工法:場所打鉄筋コンクリート杭
敷地面積:10,153.09
建築面積:2,799.99
延床面積:41,429.90
建築主:西品川一丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設計者:日建設計
施工者:前田建設工業(住宅工区)、大成建設(事業所工区)
工期:2016年1月5日着工〜2018年8月31日竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。