超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

大崎

地上19階「(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト」の建設状況!御殿山のソニー本社跡地です(2020.8.10)

(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト 外観完成イメージ
外観完成イメージ[出典:住友不動産]

 大崎で建設中の住友不動産のオフィスビル「(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト」(地上19階、高さ90m)です。建設地は大崎駅の北東側で2007年までソニーの本社があった「ソニー旧本社ビル(NSビル)」や「ソニー御殿山テクノロジーセンター 4号館」の跡地です。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト 外観完成イメージ
外観完成イメージ[出典:住友不動産]

 敷地面積7,102.36屬箸なりの広さがありますが三角形の敷地ということもあり、建築面積は2,800屬靴なく鋭角な部分には広場が整備されます。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト 敷地配置図・1階平面図
敷地配置図・1階平面図[出典:住友不動産]

 このように五反田川と品川側に緑地は整備され空地率は約60%となります。広場には災害時の一時避難場所と活用できるようにマンホールトイレなど防災設備も備えられます。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト 基準階フロア図
基準階フロア図[出典:住友不動産]

 オフィスフロアは敷地と同じく八ツ山通り側を削った三角形と思いきや、五反田側を削った三角形となります。オフィスフロアはL字型となり、三角形部分にトイレやエレベーターなどが配置されます。基準階面積は543.80坪(1,797.66屐砲廼調は1フロア53ゾーンの部分制御が可能な完全個別空調システムとります。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト 基準階フロアイメージ図
基準階フロアイメージ図[出典:住友不動産]

 オフィスフロアの天井高は約3.0m、窓面高さは2.55mとなります。ほぼ足元から窓という贅沢な景色が広がります。ちなみにこのイメージ図で見えている超高層ビル群は品川駅周辺です。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト 概要図
概要図[出典:国土交通省]

 直接基礎で建物下部に免震装置を設置した基礎免震構造で、店舗などは入らない純粋なオフィスビルとなります。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト 周辺地図
周辺地図[出典:住友不動産]

 場所は大崎駅から北東へ徒歩8分、五反田駅から東へ徒歩9分の位置で、駅からは少々歩きますが、大崎駅はJR山手線、埼京線、湘南新宿ライン、そしてりんかい線が乗り入れており、五反田駅はJR山手線、都営浅草線、東急池上線が乗りれており複数路線が選択可能な立地となっています。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト

 2020年8月10日、「(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト」の建設地に行くと外装モックアップがありました。完成予想図を見るだけでは縦線がちょっと変わった感じだと思っていましたが、このように斜めに段差を付けた縦線になるようです。高さはそれほどありませんが見た目が楽しみなオフィスビルです。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト

 五反田駅側から撮影。奥に見えるタワーマンションは「パークシティ大崎 ザ タワー」(地上40階、高さ141.39m)です。ここには同規模の建物が建設されてもおしくない敷地の広さがあったので、高層階の住民は一安心といった感じかもしれませんね。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト

 大崎駅に一番近い側から撮影。右奥の低層のビルは「ガーデンシティ 品川御殿山」です。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト

 撮影時の現地にはタワークレーンが1基だけ設置されていました。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト

 一番鋭角な部分から撮影。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト

 タワークレーンの背後のオフィスビルは「大崎フォレストビルディング」(地上21階、高さ109.245m)です。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト
計画名:(仮称)北品川5丁目計画
所在地:東京都品川区北品川5丁目420-1
用途:事務所、駐車場
階数:地上19階、塔屋1階、地下2階
高さ:90m
構造:鉄骨造(鉄骨鉄筋コンクリート造 / 鉄筋コンクリート造)、基礎免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,102.36
建築面積:2,800
延床面積:47,509.23
建築主:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:清水建設
工期:2020年1月7日着工〜2022年2月竣工予定

御殿山のソニー跡地にすみふオフィスビル!地上19階「(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト」の建設状況(2020.1.25)

(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト
外観完成イメージ[出典:住友不動産]

 大崎駅から北東側へ徒歩8分の位置で建設中オフィスビル「(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト」(地上19階、高さ90m)です。

 1ヶ月くらい前に住友不動産から2020年1月7日に着工したとニュースリリースが出ていましたが、昨日は国土交通省から2020年2月25日に民間都市再生事業計画に認定したとプレスリリースがありました。国土交通省の方では建築計画のお知らせにも記載されている「(仮称)北品川5丁目計画」の名称が使用されています。

※計画の認定を受けた民間事業者に対しては、都市再生特別措置法に基づく金融支援、租税特別措置法及び地方税法に基づく税制上の特例措置等が設けられています。
▼住友不動産:ニュースリリース(2020年1月22日)
オフィスビルの急速な供給が進む山手線南半球の主要なビジネスエリア“大崎・品川エリア”の発展を拡充する大規模オフィスビル開発
「(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト」着工


▼国土交通省:プレスリリース(2020年2月25日)
民間都市再生事業計画((仮称)北品川5丁目計画)を認定
〜高品質なオフィス、広場、緑化空間の整備によりうるおいある空間を形成〜




(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト
概要図[出典:国土交通省]

 図のオフィスフロア部の階数を数えた感じだとエントランスホールは2層吹き抜けで3階〜19階がオフィスフロアといった感じでになっていそうです。

 基礎は直接基礎で建物下部に免震装置を設置した基礎免震構造となります。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト
基準階フロア図[出典:住友不動産]

 オフィスフロアの基準階面積は543.80坪(1,797.66屐砲L字型となっており、エレベーターやトイレなどは三角形部分に配置されます。トイレ部を見ると男女の境目にある個室はどちらからに変更できそうな感じですね。職場によって男女比は全然違うのでフレキシブルに対応できるのはいいですね。空調は1フロア53ゾーンの部分制御が可能な完全個別空調システムとります。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト
ランドスケープ[出典:住友不動産]

 敷地もこのように三角形になっているため建物も同じ向きに合わせた三角形と思うかもしれませんが、向きは上の基準階フロア図と同じ向きとなっています。

 また、敷地面積2,148坪で空地率は約60%、緑被率は約33%となっており、広場には災害時の一時避難場所と活用できるようにマンホールトイレなど防災設備も備えられます。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト
完成予想図[出典:国土交通省]

 国土交通省のHPに掲載された完成予想図です。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト
完成予想図[出典:国土交通省]

 このように敷地北側には広場状の大きな空間が整備されます。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト
周辺地図[出典:住友不動産]

 最寄駅は大崎駅と五反田駅となっていますが、両駅からそれぞれ徒歩8分、徒歩9分とちょっとだけ駅からは離れています。徒歩何分かはわかりませんが右上に濃い灰色で描かれている品川駅も徒歩圏かと思います。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト

 2020年1月25日に撮影した「(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト」(地上19階、高さ90m)の建設地です。一番大崎駅に近い側から撮影しました。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト

 建設地は「ソニー旧本社ビル(NSビル)」「ソニー御殿山テクノロジーセンター 4号館」があった場所です。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト

 一番品川に近い側から撮影。ここが敷地内で一番鋭角な場所です。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト

 当初は地上19階、高さ107m、延べ48,000峙模で2020年3月31日竣工予定で計画されていましたが、高さが90mに縮小され、そして工期はずれて竣工予定は2022年3月31日になっています。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト

 大崎駅周辺は超高層化が進んでいますが、今のところここが超高層化の北端となりそうです。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト

 中央に見えるタワーマンションは「パークシティ大崎 ザ タワー」(地上40階、高さ141.39m)です。敷地的に同規模の高さのビルが建設されてもおかしくない広さだったので、最低でも高さ100mは超えて欲しかったですね。



(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。数値は住友不動産のニュースリリースを優先して載せています。施工者は解体工事を請け負っていた清水建設となっています。

■物件概要■
仮称:(仮称)住友不動産大崎東プロジェクト
計画名:(仮称)北品川5丁目計画
所在地:東京都品川区北品川5丁目420-1
用途:事務所、駐車場
階数:地上19階、塔屋1階、地下2階
高さ:90m
構造:鉄骨造(鉄骨鉄筋コンクリート造 / 鉄筋コンクリート造)、基礎免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:7,102.36
建築面積:2,800
延床面積:47,509.23
建築主:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:清水建設
工期:2020年1月7日着工〜2022年2月竣工予定

大崎で地上40階タワマンと20階オフィスビル計画「東五反田二丁目第3地区再開発事業」の建設地の様子(2019.10.5)

東五反田二丁目第3地区再開発事業
立面イメージ[出典:品川区]

 大崎駅から北側へ徒歩数分、目黒川沿いで「東五反田二丁目第3地区再開発事業」が計画されています。事業者は東五反田二丁目第3地区市街地再開発準備組合で竹中工務店が事業協力者として参画しています。

 A地区(業務棟)は地上約20階、高さ約110m、延べ床面積約70,000屐B地区(住宅棟)は地上約40階、高さ約150m、延床面積約41,000といった規模の計画となっています。



東五反田二丁目第3地区再開発事業
配置図[出典:品川区]

 目黒川沿いの三角形の街区が計画地で、大崎駅に近い側からA地区、B地区、C地区となっています。C地区には公演が整備される計画となっています。



東五反田二丁目第3地区再開発事業
位置図[出典:品川区]

 場所は五反田駅と大崎駅の間で両駅が徒歩圏です。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 その目黒川沿いから見た「東五反田二丁目第3地区再開発事業」の計画地です。準備組合が開発計画の説明会を先月下旬に行った段階のため解体等の動きはありません。




東五反田二丁目第3地区再開発事業

 このイマジカがあるあたりに地上40階程度、高さ約150m、総戸数約395戸のタワーマンションが建設する計画となっています。高さ制限は153mとなっているので想定規模より大きくなることはないかと思います。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 こちらの「オーバルコート大崎マークウエスト」(地上17階、高さ77.2m)と右側に見切れている「ザ・パークタワー東京サウス」(地上30階、高さ109m)の目の前に地上20階程度、高さ約110mのオフィスビルが計画されています。こちらの高さ制限は115mとなっているのでこちらも想定規模より大きくなることはないかと思いますが、「ザ・パークタワー東京サウス」からの眺望には大きな影響が出ることになりそうです。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 この地区はこの角度から見るのが個人的には一番見慣れた光景です。間違いなく再開発があるだろうと過去にも撮影はしていますが、写真を探すのが大変なので週末に撮影してきました。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 三角形の街区で一番鋭角なこちら側に公演が整備されます。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 この正面のビルもイマジカの建物ですが、路地を入って行くとイマジカではない他の建物や戸建てもあります。



東五反田二丁目第3地区再開発事業

 こういった再開発予定地には再開発待ちの駐車場が点在していることが多いですが、ここはこの北東角にしかありません。

 まだ準備組合が説明会を行った段階なので実際の再開発が始まるのはまだまだ先になりそうです。今後は2020年を目標に都市計画を決定し組合を設立、そして権利変換計画認可を経て着工となります。

■物件概要(共通)■
事業名:東五反田二丁目第3地区再開発事業
所在地:東京都品川区東五反田二丁目
事業主:東五反田二丁目第3地区市街地再開発準備組合
事業協力者:竹中工務店

■物件概要(A地区:業務棟)■
用途:事務所・店舗
階数:地上約20階
高さ:約110m
敷地面積:約9,200
延床面積:約70,000

■物件概要(B地区:住宅棟)■
用途:住宅・保育所
総戸数:約395戸
階数:地上約40階
高さ:約150m
敷地面積:約4,500
延床面積:約41,000

竣工した高さ約114mの「住友不動産大崎ガーデンタワー」(2018.3.10)

住友不動産大崎ガーデンタワー
 大崎駅から徒歩6分の位置で建設中のオフィスビル「住友不動産大崎ガーデンタワー」(地上24階、高さ114.12m)です。左に見切れているのは昨日のブログに載せた「大崎ガーデンレジデンス」(地上23階、高さ82.59m)で、同じ「大崎ガーデンシティ」内に建っています。

住友不動産大崎ガーデンタワー
 大井町駅からは徒歩13分となっていますが、実際に歩いた体感ではもうちょっと遠い感じがします。

大崎ガーデンシティ
 ビルは今年の1月に竣工しており周辺の歩道もキレイに整備されています。

住友不動産大崎ガーデンタワー
 大井町駅側のエントランスです。

住友不動産大崎ガーデンタワー
 広場に面してる側はこのようにビルの下を通ることも出来ます。

住友不動産大崎ガーデンタワー
 大崎駅側のエントランスです。

住友不動産大崎ガーデンタワー
 オフィスとレジデンスとはハの字型に配置されており、その間は大規模な広場が整備されています。

大崎ガーデンシティ
 その広場はこのように一部開放されています。

住友不動産大崎ガーデンタワー
 「住友不動産大崎ガーデンタワー」はかなり巨大で標準レンズでは入りきりません。。

住友不動産大崎ガーデンタワー
 2方向にJRの線路があり撮影場所も限られているため未だに良い撮影スポットを見つけられていません。先程の広場が全面開放されると良いスポットがあるかもしれません。

住友不動産大崎ガーデンタワー
 ビルを下から撮ってみました。このデザインだけのためと思われる部分でどれくらいの建築費がかかっているんでしょうね?他のビルでも色々とやって欲しいです。

大崎
 大崎駅のペデストリアンデッキから見た大崎の超高層ビル群の一部です。

住友不動産大崎ガーデンタワー
 その一番端のビルが「住友不動産大崎ガーデンタワー」です。

■物件概要■
名称:住友不動産大崎ガーデンタワー
仮称:住友不動産大崎プロジェクト
計画名称:西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物(A街区)
所在地:東京都品川区西品川一丁目1番1号
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上24階、塔屋1階、地下2階
高さ:114.12m
構造:RC造、SRC造、S造(柱CFT造)、柱頭免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:19,927.70
建築面積:7,748.92
延床面積:178,141.49
建築主:西品川一丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2015年7月9日着工〜2018年1月10日竣工

住友不動産の高級賃貸マンション「大崎ガーデンレジデンス」の建設状況(2018.3.10)

大崎ガーデンレジデンス
 「大崎ガーデンシティ」で建設中の大規模マンション「大崎ガーデンレジデンス」(地上23階、高さ82.59m)です。

 一時期は住友不動産の分譲マンション「(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト」として公式HPがオープンしたこともあったのですがHPは閉鎖。そして現在は住友不動産の賃貸マンション「大崎ガーデンレジデンス」として公式HPがオープンしています。

 総戸数423戸という大規模マンションですが、以前の情報だと非分譲住戸262戸となっていました。これは地権者住宅のことだと思うので、実際に住友不動産の賃貸となるのは全体の半分以下かもしれません。間取りは1R〜4LDKで専有面積は25屐101屬箸覆辰討い泙垢賃料などは未定となっています。

大崎ガーデンレジデンス
 建設地は傾斜地ですが、その一番上から見た「大崎ガーデンレジデンス」です。建築確認申請上は地上22階、地下2階となっていますが運用上は地上23階、地下1階となります。

大崎ガーデンレジデンス
 幅があるマンションなので近くから全体は撮れません。

大崎ガーデンレジデンス
 こちら側は南側となります。最初の写真が北側です。

大崎ガーデンレジデンス
 こうして撮ると全体は入りますが、横幅を表現しきれません。。

大崎ガーデンレジデンス
 ただ、こうして撮った方がタワーマンションらしい外観ですね。

大崎ガーデンシティ
 品川区役所前から撮影。背後のオフィスビルは同じ「大崎ガーデンシティ」内に建つ「住友不動産大崎ガーデンタワー」(地上24階、高さ114.12m)です。

大崎ガーデンシティ
 ちなみに「大崎ガーデンシティ」の広場部分は一部開放されています。最初の写真もこの広場内から撮影しています。

大崎
 大崎駅のペデストリアンデッキから見た大崎の超高層ビル群の一部です。

大崎ガーデンレジデンス
 この隙間から見えるのが「大崎ガーデンレジデンス」です。都心側となる北側には巨大なオフィスビルが多数建っているので都心側の眺望はほぼなさそうです。ただ、南側は住宅街がメインなので開けた眺望となりそうです。

■物件概要■
名称:大崎ガーデンレジデンス
計画名称:西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物(B街区)
所在地:東京都品川区西品川1丁目2-1
用途:共同住宅、駐車場、その他
総戸数:423戸
階数:地上23階、地下1階(建築確認申請上は地上22階、塔屋1階、地下2階)
高さ:82.59m
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、免震構造
基礎工法:場所打鉄筋コンクリート杭
敷地面積:10,153.09
建築面積:2,799.99
延床面積:41,429.90
建築主:西品川一丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設計者:日建設計
施工者:前田建設工業(住宅工区)、大成建設(事業所工区)
工期:2016年1月5日着工〜2018年8月31日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク