超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

国立競技場

国立競技場のオープニングイベント「FIRST WALK」の様子と国立競技場の空撮

国立競技場

 2019年12月21日、新・国立競技場のオープニングイベント「FIRST WALK」に行ってきました。開催時間は午前8時〜10時までだったため会社に行くときよりも早く出発して行きました。



国立競技場

 標準レンズと望遠レンズだけ持って行ったのですが屋根を全部入れようと思ってもこれが限界…超広角のレンズも持って行けば良かったです。



国立競技場

 ただ、普通に撮るには標準レンズだけで問題なかったです。



国立競技場

 隈研吾氏の設計らしくあちこちで木材が使用されていました。



国立競技場

 こうして実際に国立競技場を見るとトラックが近くて、目の前を走る選手を見るのは迫力があるんだろうなと思いました。オリンピックの1次申し込みが全滅したときにオリンピックを見たい熱が冷めて2次は申し込まなかったのですが、こうして実際の競技場を見ると見たいという思いがまたこみ上げてきました。2次も申し込んでいれば良かったです。



国立競技場

 新・国立競技場で印象的だったのは木材よりもこの椅子でした。



国立競技場

 テレビでも何度も報道されていますが確かに空席が目立たないです。というか、逆にお客さんが目立たなかったです。それはそれでどうなんでしょうね(^^;)



国立競技場

 「FIRST WALK」では大きく三段あるスタンドの一番下の段の半分くらいが開放されていました。



国立競技場

 開放されいなかった側です。



国立競技場

 ねぶたの目の前まで開放されていたのですが終了時間が来てしまって近くに行くことはできませんでした。



国立競技場

 このねぶたは夜に行われたオープニングイベントで使ったようです。



国立競技場

 ズラリと椅子。



国立競技場

 椅子にはドリンクホルダーが付いていました。



国立競技場

 自動折りたたまれるタイプの椅子でした。



国立競技場

 レンズ交換をするときに空席に一時的にレンズを置こうと思っても椅子が戻ってしまって置けませんでした。この椅子だと自由席だった場合に、物を置いて占領する人が少しくらい減るかもしれないですね。



国立競技場

 とにかくこの椅子が一番印象的でした。



国立競技場

 遠くに店舗のメニューが見えていましたが良心的な価格設定でした。ところで背後のモニターにエラー表示が…。やっぱりまだ完璧ではないようです。



松岡修造

 行くまで知らなかったのですが「FIRST WALK」に松岡修造さんが来ていました。



松岡修造

 開放されているスタンダの前全体を歩いてくれたので割と近くで見ることができました。



松岡修造

 来ることは知らなかったのでちょっと嬉しかったです。



国立競技場

 久しぶりの新・国立競技場だったので外観も撮ってきました。



国立競技場

 ファーストウォークの後には「ASICS FIRST RUN」という2020人限定のイベントがあり、この歩いている人達はそのイベントに向かう人達かと思います。ファーストウォークとは別の入口でした。



国立競技場

 この道路の上にあるデッキはいつ開放されるんでしょうね?



国立競技場

 もう少し近くから撮影。



国立競技場

 施設案内図です。ファーストウォークはGの青山門が入り口でした。



国立競技場

 全体が開放されていたわけではないのでこうして人のいない景色も撮れて良かったです。



国立競技場

 結構広々としていますが万単位の人が来るイベントがあるときはこれくらいの広さは必要なんでしょうね。



国立競技場

 夜のイベントではこういった階段やエスカレーターも開放されていたんですかね。上に行って見たかったです。



国立競技場

 最上階の5階はイベントのないときには自由に歩ける「空の杜」と呼ばれる遊歩道もあるので、そこからどんな超高層ビルが見えるのか楽しみにしています。



国立競技場

 建て替え前の国立競技場にあった壁画です。



国立競技場

 軽くググったところ長谷川路可氏の作品とのことです。



国立競技場

 その裏にはチケット売り場もありました。



国立競技場

 「G」のAoyama Gateです。



国立競技場

 これは帰り際に別の場所にあった入場ゲートですが、手荷物検査の後にQRコードで入場する方式でした。



国立競技場

 あちこちに木材を使っていました。国立競技場で軒庇(のきひさし)に使用されている木材は46都道府県の杉と沖縄県のリュウキュウマツを使用しているそうです。沖縄には杉が自生していないのでマツとのことです。



国立競技場の空撮

 2019年11月30日、国立競技場が完成した日のヘリからの空撮です。



国立競技場の空撮

 こうして空撮までしていますが…ザハ案の国立競技場が見たかったです。しつこいですかね(^^;)



国立競技場の空撮

 中から見る隈研吾氏設計の国立競技場は思っていたよりも良かったんですけど…どうしてもザハ案を見たときの衝撃的なインパクトは忘れられないです。



国立競技場の空撮

 自分が生きている間に国立競技場の建て替えはないと思いますが、もし建て替えがあるならばザハ案を復活して欲しいです。



国立競技場の空撮

 こうして上空から見ると屋根が白一色で迫力が欠けるので国立競技場は地上から見る方が良さそうです。



国立競技場の空撮

 周辺には神宮球場などがありますが10年くらいの期間をかけて大規模な再開発が計画されています。



国立競技場の空撮

 「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」として連鎖的に解体、建設が進められ以下のように様々な施設が建設される計画となっています。秩父宮ラグビー場の手前にある伊藤忠商事東京本社ビルも建て替えが行われる計画となっています。

ラグビー場棟:地上6階、地下1階、延べ約3万1000
複合棟A:地上40階、塔屋1階、地下2階、高さ約185m、延べ約13万2000屐▲フィスや商業
複合棟B:地上16階、塔屋1階、延べ約2万6000屐⊇蒜饂楡漾▲好檗璽調慙∋楡
ホテル棟:地上7階、延べ約1万3000
野球場棟および球場棟併設ホテル棟:地上15階、地下1階、延べ約11万6000
事務所棟:地上38階、地下4階、高さ約190m、延べ約20万9000屐低層部に一部商業施設
並木東棟:地上2階、延べ約4000屐⊂Χ

▼詳しくは以前載せたブログ記事をご覧ください。
2019年05月10日:「神宮外苑地区市街地再開発事業」により伊藤忠本社ビルが地上38階、高さ190mに建替え!隣接地には地上40階、高さ185mのビルも建設へ!

外観がかなり見えるようになった「新国立競技場」の建設状況(2019.7.27)

新国立競技場

 六本木ヒルズから撮影した建設中の「新国立競技場」です。撮影は7月20日のまだ梅雨明けする前で視界が悪かったです。

 超高層ビルブログなので超高層情報も載せておくと、「新国立競技場」を隠しているビルが「伊藤忠商事東京本社ビル」(地上22階、高さ90.9m)ですが、「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」の事務所棟として地上38階、地下4階、高さ約190m、延べ約20万9000屬竜模へと建替えが計画されています。その左後ろでは複合棟Aとして地上40階、塔屋1階、地下2階、高さ約185m、延べ13万2000屬竜模のビルも建設予定となっています。

 ここから先は「新国立競技場」の現地の様子を載せていきます。



新国立競技場

 梅雨明け直前の7月27日に現地から撮影した建設中の「新国立競技場」です。一部ネットも撤去され外観がかなり見えるようになっていました。



新国立競技場

 建物だけではなく植栽も配置され完成が近付いていることがわかります。



新国立競技場

 税金をどんなに使ってもザハ案が良かったと何度もこのブログで書いてきましたが、こうして完成間近の隈研吾氏が設計した「新国立競技場」を見ると思っていたよりも良い感じでした。



新国立競技場

 ただ、ザハ案が白紙撤回された後にザハ・ハディッド氏は亡くなっており、もう日本でザハ建築を見る機会がなくなってしまったので見てみたかったという思いは一生残るかと思います。



新国立競技場

 話を現在の「新国立競技場」に戻します。



新国立競技場

 巨大な建物なのでネットが撤去されている場所とまだネットがある場所がありました。順にネットが撤去されてもうすぐ外観がほぼ見えるようになるかと思います。



新国立競技場

 屋根は全体が既に完成しているように見えました。



新国立競技場

 道路上空には巨大なデッキが2箇所で整備中です。



新国立競技場

 左の広場が整備中の場所は「日本青年館」があったあたりです。



新国立競技場

 階段やエスカレーターの整備も進んでいます。外にエスカレーターが設置されると建設工事終盤といった感じがします。



新国立競技場

 この辺りは地味な感じがするので「新国立競技場」でも裏側になるんですかね。



新国立競技場

 ここでも階段やエスカレーターが整備中でした。



新国立競技場

 ネットがある場所と撤去された場所の境目です。植栽がズラッと並んでいます。



新国立競技場

 地上5階、地下2階、高さ47.35mでマンションだと16階相当の高さとなりますがどの辺りが最高部なんでしょうね?こうして見るとそこまで高さがあるようには見えません。



新国立競技場

 ちなみにずっと「新国立競技場」と呼んでいますが完成後の名称は「新」のつかない「国立競技場」となります。



新国立競技場

 11月末の完成予定ですが仮囲いが撤去されるのはいつなんでしょうね?建物本体の周辺整備が始まっていたのでもうすぐかもしれません。

■物件概要■
名称:国立競技場
所在地:東京都新宿区霞ヶ丘10番1ほか、東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目15番1ほか
用途:観覧場・附属自動車車庫・自転車駐車場
階数:地上5階、地下2階
高さ:47.35m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、
基礎工法:直接基礎
敷地面積:113,039.62
建築面積:72,388.86
延床面積:193,573.03
建築主:日本スポーツ振興センター
設計者:新国立競技場整備事業 大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体
施工者:大成建設
工期:2016年12月1日着工〜2019年11月30日竣工予定

新国立競技場とその周辺施設の建設状況(2017.4.30)

新国立競技場

新国立競技場
 2017年4月30日撮影の「新国立競技場」の建設地です。現地に訪れるのは久しぶりでしたが着々と工事が進んでいました。

新国立競技場
 端の方を見るとトラックの部分でしょうか?既に円形となった工事が進んでいます。

新国立競技場
 国立競技場の建設現場は一生に一度見れるかどうかだと思うので機会があれば見ておくことをオススメします。隣の東京体育館側からこうして中を見ることができます。

新国立競技場
 建物は完成してしまえばいつでも見ることが出来ますが、建設中は今しか見ることができません。このような大規模な工事は迫力があって面白いです。

新国立競技場
 正直、ザハ案の「新国立競技場」が見たかったのですが、もうどうにもならないので隈研吾氏デザインの国立競技場が建ち上がって行く様子を楽しもうと思います。

新国立競技場
 中央奥に見える建設中のビルは後半に載せる「日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟」です。

新国立競技場
 こちらの端は遠くて現在どのような感じなのかはわかりませんが、巨大なクレーン車が見当たらないのでまだ最初に載せた場所とは進捗が異なってそうです。

新国立競技場 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■新国立競技場の物件概要■
名称:新国立競技場(仮称)
所在地:東京都新宿区霞ヶ丘10番1ほか、東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目15番1ほか
用途:観覧場・附属自動車車庫・自転車駐車場
階数:地上5階、地下2階
高さ:47.35m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、
基礎工法:直接基礎
敷地面積:113,039.62
建築面積:72,388.86
延床面積:193,573.03
建築主:日本スポーツ振興センター
設計者:新国立競技場整備事業 大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体
施工者:大成建設
工期:2016年12月1日着工〜2019年11月30日竣工予定



都営霞ヶ丘アパート

都営霞ヶ丘アパート
 「新国立競技場」の隣では「都営霞ヶ丘アパート」の解体工事が行われています。跡地は公園となる予定です。背後の白いマンションは「外苑ハウス」でこちらは地上22階建てのタワーマンションに建て替えられます。

都営霞ヶ丘アパート 解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。解体工期は9月1日までとなっています。



日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館

日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館
 解体工事が行われている「都営霞ヶ丘アパート」の隣では「日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館」(地上14階、最高65m)が建設されます。

日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館
 ここには公園がありましたが今は更地になっています。

日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館
日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館等の完成予想パース[出典:新宿区]

 この完成予想パースの中央のビルが「日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館」です。右側のタワーマンションが「外苑ハウス」の建て替えです。左のビルは次に載せる「日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟」です。


日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館の物件概要■
計画名:日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館(仮称) 建設計画
所在地:東京都新宿区霞ヶ丘町
用途:事務所・博物館・駐車場
階数:地上14階、地下1階
高さ:59.95m(最高65m)
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:9,988.16
建築面積:1,325
延床面積:19,500
建築主:公益財団法人 日本体育協会
設計者:三菱地所設計
施工者:未定
工期:2017年6月1日着工〜2019年5月1日竣工予定



日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟
 「日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館」の隣で建設中の「日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟」(地上16階、最高72m)です。こちらは国立競技場西テニス場跡地で一足先に着工していたのでもうすぐ完成です。

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟
 元々は近くに「日本青年館」はあったのですが、新国立競技場の建設に伴い解体されました。そのため現在は休館中ですがここに2017年8月にグランドオープン予定となっています。同ビルには1250席規模のホールや会議室などが入り、そして高層階は総客室数220室の日本青年館ホテルとなります。

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟の物件概要■
計画名:日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟
所在地:東京都新宿区霞ヶ丘町16番8号
用途:劇場、ホテル、事務所、駐車場
階数:地上16階、塔屋1階、地下2階
高さ:69.60m(最高高さ71.74m)
構造:地上・鉄骨造 地下・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:9,988.16
建築面積:2,637.56
延床面積:31,844.03
建築主:日本青年館・日本スポーツ振興センター
設計者:久米設計
施工者:安藤・間
工期:2015年7月1日着工〜2017年6月8日竣工予定

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟の空撮(2016.10.15)と建設状況(2016.10.16)

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟の空撮
 国立競技場西テニス場跡地で建設中の「日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟」(地上16階、高さ69.60m)の空撮です。1250席規模の劇場も入る複合施設となりますが、中央の大空間はその劇場部分かと思います。また、高層階は約220室の日本青年館ホテルとなる予定です。

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟周辺の空撮
 広角で撮影。建設地は「明治神宮野球場」の道路を挟んだ向かい側で、新国立競技場の建設地からもすぐ近くです。

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟周辺の空撮
 その新国立競技場側からの空撮です。L字型の白いマンションが「外苑ハウス」で、その手前の解体中の団地が都営霞ヶ丘アパートです。

日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館
日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館等の完成予想パース[出典:新宿区]

 その「外苑ハウス」後はこの図の右側の地上22階、高さ約80mのタワーマンションに建替えが行われます。またこの図の一番左が「日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟」で、中央のビルが「日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館」(地上14階、高さ約65m)です。


日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟周辺の空撮
 別角度からもう1枚。L字に囲まれた学校は國學院高等学校で、その上が都立青山高等学校です。

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟
 地上から見た「日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟」です。

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟
 新国立競技場の建設地側から撮影。この手前に「日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館」が建設される予定となっています。

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟の物件概要■
計画名:日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟
所在地:東京都新宿区霞ヶ丘町16番8号
用途:劇場、ホテル、事務所、駐車場
階数:地上16階、塔屋1階、地下2階
高さ:69.60m(最高高さ71.74m)
構造:地上・鉄骨造 地下・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:6,671.16
建築面積:2,637.56
延床面積:31,844.03
建築主:日本青年館・日本スポーツ振興センター
設計者:久米設計
施工者:安藤・間
工期:2015年7月1日着工〜2017年6月8日竣工予定

新国立競技場の建設地の空撮(2016.10.15)

新国立競技場の建設地の空撮
 「新国立競技場」の建設地の空撮です。着工予定は今年の12月1日ですが重機があちこちに入って何やら工事を行っていました。以前は土埃を防ぐための草が生い茂っていましたが、今はほとんどの部分で土が見えています。

新国立競技場の建設地の空撮
 今回の空撮は「新国立競技場」の横切るだけでいいと言ったのですが、うまく伝わっていなかったようで多めに飛んで何方向からか撮ることができました。そのため他に飛びたかった場所をカットすることになったのですが、国立競技場を建設するというきっと一生に一回しか見れない建設現場なのでこれはこれで良かったかなとも思います。

新国立競技場の建設地の空撮
 右下の屋根のある丸い建物が「東京体育館」です。「新国立競技場」の建設地の上の球場の手前が「神宮第二球場」で、その後ろが「明治神宮野球場」でヤクルトの本拠地です。そしてさらにその後ろが「秩父宮ラグビー場」です。

新国立競技場の建設地の空撮
 「新国立競技場」の建設地に戻って端の方にズームです。このあたりにはまだ構造物が残っているで解体工事などが行われていました。

新国立競技場の建設地の空撮
 少し広角でもう一度「新国立競技場」の建設地を載せていきます。建設地は新宿の超高層ビル群からも割りと近い距離で、中央の巨大な緑地は「新宿御苑」です。

新国立競技場の建設地の空撮
 「明治神宮野球場」の隣にタワークレーンが見えているのが「日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟」(地上16階、高さ69.60m)です。

新国立競技場の建設地の空撮
 右に見える建物は「聖徳記念絵画館」です。六本木ヒルズの展望台からこれが見えるのですが「国会議事堂だ!」と間違えて会話している人も見かけますが違います。

新国立競技場の建設地の空撮
 写真上の方に大きなビルが建ち並んでいるの見えるかと思いますがそこが「青山通り」です。

新国立競技場
 空撮の翌日に現地から撮影。やっぱり上から見た方が迫力がありますね。また1年後くらいに飛ばればと思います。

新国立競技場(仮称) 建築計画のお知らせ
 「新国立競技場」の建築計画のお知らせです。完成予想図等は公式サイトをご覧ください。

■新国立競技場の物件概要■
名称:新国立競技場(仮称)
所在地:東京都新宿区霞ヶ丘10番1ほか、東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目15番1ほか
用途:観覧場・自動車車庫・その他
階数:地上5階、地下2階
高さ:49.2m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、
基礎工法:直接基礎
敷地面積:113,039
建築面積:72,400
延床面積:194,000
建築主:日本スポーツ振興センター
設計者:新国立競技場整備事業 大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体
施工者:大成建設
工期:2016年12月1日着工〜2019年11月30日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク