JR品川車両基地跡地開発(第鬼) 施設断面図
施設断面図[出典:JR東日本]

 JR東日本より2018年1月24日に「JR品川車両基地跡地開発(第鬼)」として「(仮称)品川駅北周辺地区1街区、2街区、3街区、4街区開発事業」について環境影響評価調査計画書を東京都へ提出したと発表がありました。

 計画地は品川駅と田町駅の間にあったJR品川車両基地跡地で建設中の山手線新駅の周辺です。1街区〜6街区まであり、第鬼として1街区〜4街区が開発されます。各街区の規模は建設通信新聞の記事も参考にすると以下の通りとなります。

1街区:地上44階、地下4階、高さ約175m、敷地約1万1900屐延べ約15万5000
2街区:地上5階、地下3階、高さ約45m、敷地約8100屐延べ約3万1000
3街区:地上30階、地下5階、高さ約170m、敷地約1万3300屐延べ約20万9000
4街区:地上29階、地下3階、高さ約165m、敷地約3万5600屐延べ約46万

 全体で敷地面積約6.89ha、延べ約85万5000屬箸いβ腟模再開発となります。1街区は約1000戸のタワーマンションとなり、3街区と4街区の低層部は商業施設となります。また、4街区は北棟と南棟に分かれたツインタワーとなり、南棟の高層階はホテルとなります。2街区〜4街区は2階部分に設置されるオープンデッキにより接続されます。

▼JR東日本:ニュースリリース(2018年2月8日)
JR品川車両基地跡地開発(第鬼)に係る環境影響評価手続きの着手について[PDF/1.2MB]

▼建設通信新聞(2018年2月9日)
4街区総延べ85万/品川車両基地跡地開発I期/JR東日本が複合施設


JR品川車両基地跡地開発(第鬼) 計画位置図
位置図[出典:JR東日本]

 このように品川新駅(仮称)は4街区の隣接地に建設されます。個人的には4街区の位置だと品川駅に近過ぎるので2街区や3街区あたりが泉岳寺駅にも近く良かったのでは?と思うのですが、何か色々事情があるのでしょうね。


JR品川車両基地跡地開発(第鬼) 計画図
計画図[出典:JR東日本]

 この細長い敷地に、実質5棟の超高層が立ち並びますが、3街区の西側の泉岳寺駅隣接地では高さ約160mの住宅(約350戸)などが入る複合施設が計画されています。他にも泉岳寺駅周辺では再開発があるようですし新たな超高層ビル群が出現することとなります。


JR品川車両基地跡地開発(第鬼)
 2017年5月下旬に撮影した「JR品川車両基地跡地開発(第鬼)」方面です。

JR品川車両基地跡地開発(第鬼)
 このあたりが新駅も建設される4街区あたりでしょうか。写真はありませんが現在は新駅の地上部の建設も始まっています。