南海ターミナルビル(仮称)新南海会館ビルの建設地の空撮
 南海電鉄のなんば駅直結の「南海サウスタワービル」(地上36階、高さ147m)の空撮です。中層階から高層階は「スイスホテル南海大阪」となっている同ビルですが、赤色を付けた部分の「南海会館ビル」では建替えが行われています。

南海ターミナルビル(仮称)新南海会館ビルの完成イメージパース
 現地看板を撮影した「南海ターミナルビル(仮称)新南海会館ビル」の完成予想図です。「スイスホテル南海大阪」と同じくらいの高さとなる地上31階、高さ150mのオフィスビルが建設されます。

南海ターミナルビル(仮称)新南海会館ビル
 今年9月20日に撮影した建設地です。「南海会館ビル」の解体は終わっており9月1日に着工しています。竣工は2018年9月末の予定となっています。

なんばパークスの空撮
 「なんばパークス」の空撮です。周辺には「南海サウスタワービル」(地上36階、高さ147m)の他に、タワーマンションの「ザ・なんばタワー レジデンス・イン・なんばパークス」(地上46階、最高高さ155.7m)や「なんばパークス パークスタワー」(地上31階、最高高さ149.65m)が建っています。そこに「南海ターミナルビル(仮称)新南海会館ビル」が加わることとなります。

南海ターミナルビル(仮称)新南海会館ビル 建築計画のお知らせ
 「南海ターミナルビル(仮称)新南海会館ビル」の建築計画のお知らせです。

■南海ターミナルビル(仮称)新南海会館ビルの物件概要■
計画名:南海ターミナルビル(仮称)新南海会館ビル
所在地:大阪府大阪市中央区難波5丁目1番60号
用途:物品販売店舗・事務所
階数:地上31階、地下2階
高さ:150.000m
構造:鉄骨造
敷地面積:34,252.02(全体)
建築面積:3,820.90
延床面積:84,125.30
建築主:南海電気鉄道
設計:大林組
施工:大林組・竹中工務店・南海辰村建設 共同企業体
工期:2015年9月1日着工予定〜2018年9月末日竣工予定