超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

南小岩六丁目地区

地上22階、33階のタワマンも建設される「南小岩六丁目地区第一種再開発事業」の建設地の様子(2019.6.1)

南小岩六丁目地区第一種再開発事業

南小岩六丁目地区第一種再開発事業
建物イメージパース[出展:野村不動産]

 JR小岩駅前の大規模再開発「南小岩六丁目地区第一種再開発事業」の完成予想図です。一番駅に近い右のビルが騎攻茲巴肋10階、高さ52.07mの商業・オフィス棟、中央が恭攻茲巴肋22階、最高高さ87.12mのタワーマンション、一番左の軍攻茲地上33階、最高高さ114.99mのタワーマンションとなります。両棟合わせて601戸となります。軍攻莠蠢阿猟秡愽瑤両緝瑤話麥愍譴婆3000台規模となります。

 野村不動産、タカラレーベン、清水建設が参加組合員、及び特定業務代行者として参画しており、約1ヶ月前の5月12日に起工式が行われ着工しています。着工したのは騎攻茲猫恭攻茲郎Gの8月、軍攻茲2023年1月の着工予定で、騎攻茲2020年12月、恭攻茲2022年5月、軍攻茲2026年1月の竣工予定となっています。



南小岩六丁目地区第一種再開発事業
建物イメージパース[出展:野村不動産]

 JR小岩駅南口交通広場から見た完成予想図です。各棟の低層部は商業施設となりペデストリアンデッキで接続されます。



南小岩六丁目地区第一種再開発事業
建物イメージパース[出展:野村不動産]

 上空から見た完成予想図です。左の薄くなっているタワーマンションは「南小岩七丁目西地区」の再開発で建設された「アルファグランデ小岩スカイファースト」(地上29階、最高高さ105.2m)です。



南小岩六丁目地区第一種再開発事業
位置図[出展:野村不動産]

 小岩駅周辺では他にも再開発が計画されており全てが計画通り建設されるとタワーマンションが林立する街となります。



南小岩六丁目地区第一種再開発事業

 JR小岩駅のホームから見た「南小岩六丁目地区第一種再開発事業」の建設地です。



南小岩六丁目地区第一種再開発事業

 手前が着工した騎攻茲任修稜惴紊硫鯊旅事が行われている場所が恭攻茲任后



南小岩六丁目地区第一種再開発事業

 JR小岩駅南口交通広場から見た「南小岩六丁目地区第一種再開発事業」方面です。将来的には2枚目に載せた完成予想図のような景色となります。



南小岩六丁目地区第一種再開発事業 騎攻

南小岩六丁目地区第一種再開発事業 騎攻

 騎攻茲侶設地です。右に総武線が見えている通り駅のすぐ隣です。地上10階、高さ52.07mの商業・オフィス棟となります。



南小岩六丁目地区第一種再開発事業 騎攻 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。以前は施工者にトーヨー建設が入っていましたが今は名前が消えています。

■物件概要■
名称:南小岩六丁目地区第一種再開発事業(騎攻)
所在地:東京都江戸川区南小岩六丁目2359番
用途:事務所、飲食店、フィットネス、サービス店舗、診療所
階数:地上10階
高さ:52.07m
構造:鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:1,036.69
建築面積:833.26
延床面積:7,122.42
建築主:南小岩六丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産、タカラレーベン、清水建設
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年5月1日着工〜2020年12月16日竣工予定



南小岩六丁目地区第一種再開発事業 恭攻

南小岩六丁目地区第一種再開発事業 恭攻

 既存ビルの解体工事が行われている恭攻茲侶設地です。



南小岩六丁目地区第一種再開発事業 恭攻

 低層部が商業施設となる地上22階、最高高さ87.12mのタワーマンションが建設されます。この辺りには道路も新設されます。



南小岩六丁目地区第一種再開発事業 恭攻

 中の方では8月の着工予定に向けてかなり解体工事が進んでいました。



南小岩六丁目地区第一種再開発事業 恭攻

 この辺りも恭攻茲世隼廚Δ里任垢まだ解体される気配はありませんでした。



南小岩六丁目地区第一種再開発事業 恭攻 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。工期は着工時のニュースリリースの工期を優先して載せています。

■物件概要■
名称:南小岩六丁目地区第一種再開発事業(恭攻)
所在地:東京都江戸川区南小岩六丁目1794番1他
用途:共同住宅、店舗、事務所
階数:地上22階、地下1階
高さ:82.12m(最高高さ87.12m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:2,904.85
建築面積:2,033.29
延床面積:29,225.07
建築主:南小岩六丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産、タカラレーベン、清水建設
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年8月着工〜2022年5月竣工予定



南小岩六丁目地区第一種再開発事業 軍攻

南小岩六丁目地区第一種再開発事業 軍攻

 軍攻茲2023年1月の着工予定のためまだまだ解体される気配ありません。軍攻茲砲話肋33階、最高高さ114.99mのタワーマンションが建設されます。



南小岩六丁目地区第一種再開発事業 軍攻

 解体は恭攻茲僚弭する2022年春頃に始まるかと思います。



南小岩六丁目地区第一種再開発事業 軍攻 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。こちらも工期は着工時のニュースリリースの工期を優先して載せています。

■物件概要■
名称:南小岩六丁目地区第一種再開発事業(軍攻)
所在地:東京都江戸川区南小岩六丁目1794番1他
用途:共同住宅、店舗、自転車駐車場
階数:地上33階、地下1階
高さ:109.99m(最高高さ114.99m)
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:5,012.37
建築面積:3,508.65
延床面積:53,098.90
建築主:南小岩六丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産、タカラレーベン、清水建設
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2023年1月着工〜2026年1月竣工予定

地上33階、高さ約115m「南小岩六丁目地区第一種再開発事業」に建築計画のお知らせ設置!

南小岩六丁目地区第一種再開発事業
イメージパース[出典:南小岩六丁目地区市街地再開発組合]

 JR小岩駅前で計画されている「南小岩六丁目地区第一種再開発事業」のイメージパースです。建築主は南小岩六丁目地区市街地再開発組合で、参加組合員として野村不動産、タカラレーベン、清水建設が参画しています。この再開発の建築計画のお知らせが設置されたため久しぶりに現地に見に行ってきました。


南小岩六丁目地区第一種再開発事業
 JR小岩駅から撮影した「南小岩六丁目地区第一種再開発事業」方面です。左は南小岩七丁目西地区の「アルファグランデ小岩スカイファースト」(地上29階、最高高さ105.2m)で、その右側(西側)が南小岩六丁目地区となります。

南小岩六丁目地区第一種再開発事業
 現地には「南小岩六丁目地区第一種再開発事業」の案内の看板が設置されています。

南小岩六丁目地区第一種再開発事業
 完成予想図です。軍攻茲地上33階、最高高さ114.99m、恭攻茲話肋22階、最高高さ87.12m、騎攻茲地上10階、高さ52.07mです。恭攻茲鉢軍攻茲倭躙与600戸となるタワーマンションとなります。

 まずは騎攻茲鉢恭攻茲2019年に着工し、2020年10月に騎攻茲竣工、2022年2月に恭攻茲竣工。その後、2022年9月に軍攻茲着工し2025年8月に竣工予定となっています。

南小岩六丁目地区第一種再開発事業
 配置図です。緑色が住宅、オレンジが商業、業務施設、灰色が公共駐輪場です。

南小岩六丁目地区第一種再開発事業
 場所はこのようにJR小岩駅の目の前です。

南小岩六丁目地区第一種再開発事業
 騎攻茲鉢恭攻茲隆屬砲呂海里茲Δ聞場が整備されます。

南小岩六丁目地区第一種再開発事業
 各棟はペデストリアンデッキで接続され立体的な歩行者ネットワークが整備されます。

南小岩六丁目地区第一種再開発事業
 新しく道路も整備されます。

南小岩六丁目地区第一種再開発事業
 広々とした歩道も整備されます。

南小岩六丁目地区第一種再開発事業(軍攻)
 「南小岩六丁目地区第一種再開発事業(軍攻)」あたりです。住宅部はこの左奥になります。

南小岩六丁目地区第一種再開発事業(軍攻) 建築計画のお知らせ
 軍攻茲侶築計画のお知らせです。

■物件概要(軍攻)■
名称:南小岩六丁目地区第一種再開発事業(軍攻)
所在地:東京都江戸川区南小岩六丁目1794番1他
用途:共同住宅、店舗、自転車駐車場
階数:地上33階、地下1階
高さ:109.99m(最高高さ114.99m)
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:5,012.37
建築面積:3,508.65
延床面積:53,098.90
建築主:南小岩六丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産、タカラレーベン、清水建設
設計者:清水建設
施工者:清水建設、トーヨー建設
工期:2022年9月1日着工〜2025年8月31日竣工予定


南小岩六丁目地区第一種再開発事業(恭攻)
 JR小岩駅前から見た「南小岩六丁目地区第一種再開発事業(恭攻)」方面です。

南小岩六丁目地区第一種再開発事業(恭攻) 建築計画のお知らせ
 恭攻茲侶築計画のお知らせです。

■物件概要(恭攻)■
名称:南小岩六丁目地区第一種再開発事業(恭攻)
所在地:東京都江戸川区南小岩六丁目1794番1他
用途:共同住宅、店舗、事務所
階数:地上22階、地下1階
高さ:82.12m(最高高さ87.12m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:2,904.85
建築面積:2,033.29
延床面積:29,225.07
建築主:南小岩六丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産、タカラレーベン、清水建設
設計者:清水建設
施工者:清水建設、トーヨー建設
工期:2019年5月1日着工〜2022年2月28日竣工予定


南小岩六丁目地区第一種再開発事業(騎攻)
 この駅に一番近い場所が「南小岩六丁目地区第一種再開発事業(騎攻)」となります。

南小岩六丁目地区第一種再開発事業(騎攻) 建築計画のお知らせ
 騎攻茲侶築計画のお知らせです。超高層ではないので物件概要の書き写しは省略します。


■お知らせ■
 10月上旬に発売となる超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』がAmazonで予約できます!よろしくお願いします!

南小岩六丁目地区市街地再開発組合の設立認可!地上30階、32階のタワーマンション2棟建設へ

南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

 昨日、東京都より2016年12月15日に都市再開発法第11条第1項の規定に基づき、南小岩六丁目地区市街地再開発組合の設立を認可すると発表がありました。参加組合員として野村不動産、タカラレーベン、清水建設が参画しており、「南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業」として3街区に分けて2棟のタワーマンションを含む総延べ約87,050屬了楡澆魴設します。各街区の規模は以下の通りです。

1街区:地上10階・高さ約44m・約7,240
2街区:地上30階地下1階・高さ約107m・約27,770
3街区:地上32階地下2階・高さ約108m・約52,040

 今後のスケジュールとしては2018年2月に権利変換計画認可、2018年8月に着工、2024年11月に竣工予定となっています。総事業費は約506億円を予定しています。

▼東京都:報道発表資料(2016年12月14日)
南小岩六丁目地区市街地再開発組合の設立認可について


南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図
南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]

 建設地はJRの小岩駅の目の前で、2階部分に新設する歩行者デッキで道路を渡ることなく駅まで行けるようになります。


南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業方面
 市川駅前のアイ・リンクタウンいちかわから撮影した「南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業」方面の眺めです。辛うじてでJR小岩駅のホームも見えていますが、そのすぐ隣が建設地となります。

小岩
 少し広角で見たJR小岩駅方面です。JR小岩駅周辺では他にも「JR小岩駅北口駅前地区第一種市街地再開発事業」や「南小岩七丁目地区」でタワーマンションが計画されています。計画通りに進むと将来的にはJRで小岩駅周辺にタワーマンション群が誕生することとなります。

■南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名:南小岩六丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都江戸川区南小岩六丁目、七丁目地内
用途(2街区):商業、業務、住宅
用途(3街区):商業、住宅、公共駐輪場
階数(2街区):地上30階、地下1階
階数(3街区):地上32階、地下2階
高さ(2街区):約107m
高さ(3街区):約108m
延床面積(2街区):約27,770
延床面積(3街区):約52,040
建築主:南小岩六丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産、タカラレーベン、清水建設
工期:2018年8月着工〜2024年11月竣工予定

地上29階「アルファグランデ小岩スカイファースト」の建設状況(2014年5月)

アルファグランデ小岩スカイファースト
 小岩駅から南へ徒歩3分の位置で建設中のタワーマンション「アルファグランデ小岩スカイファースト」(地上29階、最高高さ105.2m)です。小岩駅のホームから撮影しました。

アルファグランデ小岩スカイファースト
 「アルファグランデ小岩スカイファースト」にズームです。現在は17階部分の鉄筋を組んでいるところでした。建築主(売主)はスターツコーポレーションと首都圏不燃建築公社です。

アルファグランデ小岩スカイファースト
 「アルファグランデ小岩スカイファースト」を見上げてみました。フラワーロードと呼ばれる商店街沿いです。歩道部分には屋根があるので雨の日でも買い物は便利そうです。

アルファグランデ小岩スカイファースト
 市川駅前の「アイ・リンクタウン展望施設」から見た「アルファグランデ小岩スカイファースト」です。27階までがスタンダート住戸、28階、29階がプレミアム住戸となります。また、スカイラウンジなどの共有施設は27階に設置されます。

アイ・リンクタウンいちかわから見た小岩駅方面
 少し広角で見た小岩駅方面です。右側の白いタワーマンション「東京グランファースト」(地上24階、最高高さ83.5m)が小岩駅前あたりです。

 「アルファグランデ小岩スカイファースト」から東京スカイツリーを見ると富士山と重なって見えるようですが、小岩駅周辺では大規模な再開発が計画されています。次の再開発は西隣の「南小岩六丁目地区」が計画されているとのことなので、今後も眺望が安泰なのかはわかりません。地図を見た感じだと「南小岩六丁目地区」が動き出してもスカイツリーはギリギリ見えそうな感じはします。

小岩駅方面の眺め
 自宅タワーマンションから見た小岩駅方面です。小岩駅の背後に見えるちょっと大きなマンションや建物は松戸です。

 ちょうど今日の建設通信新聞に"最優秀にRIA特定/JR小岩駅周辺再開発支援/江戸川区"という記事が載りました。JR小岩駅周辺地区都市再開発支援事業・コーディネート業務その他業務委託の公募型プロポーザルを実施した結果、アール・アイ・エーを最優秀提案事業者に決めたという内容でした。小岩駅周辺の再開発全体の完成目標は平成40年(2028年)とまだまだ先なので、これから小岩駅周辺の基本構想がより現時的なものになって行くものと思われます。再開発全体が完了するときには武蔵小杉のように全く新しい街に生まれ変わっているかもしれませんね。

アルファグランデ小岩スカイファーストの物件概要
名称:アルファグランデ小岩スカイファースト
計画名:南小岩七丁目計画西地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:江戸川区南小岩七丁目2354番地外
用途:共同住宅、店舗、駐車場
総戸数:177戸
階数:地上29階、塔屋1階、地下2階
高さ:高さ99.9m(最高高さ105.2m)
敷地面積:3,159.49
建築面積:2,209.21
延床面積:32,112.82(うち容積対象面積22,084.17)
構造:鉄筋コンクリート造(中間免震工法)、鉄骨造
建築主(売主):スターツコーポレーション、首都圏不燃建築公社
設計:アール・アイ・エー
施工:南小岩七丁目西地区第一種市街地再開発事業建設工事共同企業体(大成建設、スターツCAM)
工期:2012年12月1日着工〜2015年4月下旬竣工予定
入居:2015年6月下旬予定



 「超高層ビビル4日本編2」発売中です!amazonの在庫がさらに増えました。まだご購入していない方はよろしくお願いします!


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク