本日、2017年1月31日に東京都より「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト民活事業」の事業予定者が決定したと発表がありました。事業予定者に選ばれたのは「チーム青山共創」で構成員は東京建物(代表企業)、三井不動産、三井不動産レジデンシャル、鹿島建設、前田建設工業、東京建物シニアライフサポートとなっています。

▼東京都都市整備局(2017年1月31日)
北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト


北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト 完成予想図
北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト 完成予想図[出典:東京都]

 事業予定者の提案概要は地上25階、地下1階、高さ約90mのタワーマンションで、232戸の賃貸住宅や、49戸のサービス付き高齢者向け住宅、認可保育所、店舗、地域交流施設等といった構成になっています。薄い影だけで描かれている部分は地上20階、高さ70mの「(仮称)都営北青山三丁目団地」です。


北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト 完成予想図
北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト 完成予想図[出典:東京都]

 提案内容の一つとして「都市景観、生物多様性、ユニバーサルデザイン、地域住環境など様々な環境と調和し、人・自然が共生する施設・広場計画」という項目があります。


北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト 完成予想図
北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト 完成予想図[出典:東京都]

 こういった完成予想図を見るとそういった提案内容が現れているのがわかります。


都営青山北町アパートの空撮
 「北青山三丁目地区まちづくりプロジェク」の計画地は「都営青山北町アパート」の跡地で、この空撮の通り青山通りから一本隣の一帯です。このうち写真下半分くらいに20階建ての都営団地や、25階建ての民間事業によるタワーマンションが建設されます。

都営青山北町アパート
 昨年11月23日に撮影した解体中の「都営青山北町アパート」です。

都営青山北町アパート
 この奥の方が都営団地、手前が民間の賃貸のタワーマンションとなります。

都営青山北町アパート
 敷地は70年間の定期借地で提案借地料は4,313円(月額/平方メートル)となっています。

(仮称)都営北青山三丁目団地 建築計画のお知らせ
 都営団地の建築計画のお知らせは現地に設置されていました。今年の3月20日は着工予定となっています。民間事業側は2018年3月頃の着工を予定しています。下記概要はこの都営団地ではなく民間事業側の概要です。

■(北青山三丁目地区まちづくりプロジェクトの物件概要■
事業名:北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト
所在地:東京都港区北青山三丁目227番1号ほか
用途:賃貸住宅(232戸)、サービス付き高齢者向け住宅(49戸)、認可保育所、店舗、地域交流施設 等
階数:地上25階、地下1階
高さ:約90m
延床面積:約35,737
事業予定者:チーム青山共創
構成員:東京建物(代表企業)、三井不動産、三井不動産レジデンシャル、鹿島建設、前田建設工業、東京建物シニアライフサポート
工期:2018年3月頃着工〜2020年5月頃竣工予定