超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

北千住

地上30階、高さ110m「千住一丁目地区再開発事業」の建設状況(2017.11.12)

千住一丁目地区第一種市街地再開発事業
千住一丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:再開発組合]

 北千住駅の南西側に建設される「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上30階、高さ110m)の完成予想図です。三菱地所レジデンスによるタワーマンションで10月24日に起工式が行われて着工しています。


千住一丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図
千住一丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:再開発組合]

 配置図です。1階、2階が商業施設、4階以上が約180戸の住宅となります。周辺には広い道路がないので重機や資材の搬入が大変そうです。


千住一丁目地区第一種市街地再開発事業
 「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。この角地には「トポス北千住店」がありました。ちょうど写真を撮っているときに「今トポス前!」と電話している声が聞こえてきたのが印象的でした。

千住一丁目地区第一種市街地再開発事業
 現地作業工程では杭打工事となっていました。

千住一丁目地区第一種市街地再開発事業
 まだ着工したばかりなのでゴチャゴチャしています。

千住一丁目地区第一種市街地再開発事業
 見ている側としては山留工事が始まると建設が始まった気分となります。

千住一丁目地区第一種市街地再開発事業
 こちらの角地には旧足立都税事務所がありました。最近の北千住のマンションも高いらしいですが、ここはどれくらいの分譲価格となるんでしょうね?

千住一丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。施工はフジタで2020年12月31日竣工予定です。

■千住一丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:千住一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事
所在地:東京都足立区千住一丁目72番地 他
用途:共同住宅、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
総戸数:約180戸
階数:地上30階、地下1階
高さ:110m
敷地面積:3,419
建築面積:2,300
延床面積:24,300
構造:鉄筋コンクリート造
基礎:現場造成杭
建築主:千住一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:三菱地所レジデンス、三菱倉庫
設計者:梓設計
施工者:フジタ
工期:2017年4月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

地上30階、高さ110m「千住一丁目地区再開発事業」に建築計画のお知らせ!

千住一丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
千住一丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

 北千住駅の南西側に少し行った場所では三菱地所レジデンスによって「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上30階、高さ110m)が計画されています。後から載せますが現地では既存ビルの解体工事が始まり、そして建築計画のお知らせが掲示されました。


千住一丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図
千住一丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図[出典:東京都都市整備局]

 この断面図も上の完成予想図も目視で数えたところ30階以上あるのでちょっと古いかと思いますが、計画では低層部が店舗となるタワーマンションとなります。


千住一丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図
千住一丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]

 配置図です。地元の人ならわかるかと思いますがトポス北千住店や旧足立都税事務所などが建っていた場所です。


千住一丁目地区第一種市街地再開発事業方面
 東京スカイツリーの天望回廊から見た「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」方面の眺めです。「フラッツ北千住」というマンションの背後が建設地となります。

トポス北千住店
 現地ではトポス北千住店の解体工事が行われていました。右に「千住ほんちょう商店街」の文字が見えますが、北千住駅前からこの商店街とずっと何かしらの店があり賑わっています。

トポス北千住店
 路地を少し入った場所から撮影。

旧足立都税事務所
 旧足立都税事務所です。

旧足立都税事務所
 ここまでが再開発の敷地となります。

千住一丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。高さ110mは足立区で最も高い建物となります。着工は来年の2017年4月1日、竣工は2020年6月30日の予定となっています。

■千住一丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
名称:千住一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事
所在地:東京都足立区千住一丁目72番地 他
用途:共同住宅、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
階数:地上30階、地下1階
高さ:110m
敷地面積:3,419
建築面積:2,300
延床面積:24,300
構造:鉄筋コンクリート造
基礎:現場造成杭
建築主:千住一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:三菱地所レジデンス
設計者:梓設計
施工者:フジタ
工期:2017年4月1日着工〜2020年6月30日竣工予定

地上30階「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」の組合設立認可!

 2016年4月13日に「千住一丁目地区市街地再開発組合」の設立認可をすると東京都より発表がありました。事業名は「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」で、場所は北千住駅の南西側です。参加組合員として三菱地所レジデンスが参画しており、地上30階、高さ約112mのタワーマンションが建設されます。

▼東京都都市整備局:2016年4月12日
千住一丁目地区市街地再開発組合の設立認可について


千住一丁目地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
千住一丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図[出典:東京都]

 「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」の規模は地上30階、地下1階、高さ約112m、延べ面積約24,000屬如∩躙与約180戸となるタワーマンションとなります。当初は32階で計画されていたので若干低くなったものの、足立区内で高さ100m超えは初で足立区で最も高い建物となります。現時点で足立区で一番高い建物は北千住駅直結の「アトラスタワー北千住」(地上26階、高さ97.92m)です。


千住一丁目地区第一種市街地再開発事業 配置図
千住一丁目地区第一種市街地再開発事業の配置図[出典:東京都]



 おおよその計画地に色を付けてみました。この青色部分が「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。

千住一丁目地区第一種市街地再開発の空撮
 以前、この計画を取り上げたときと同じ空撮写真ですが、北千住駅と「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」の空撮です。名称は入れていませんが右端のタワーマンションが「アトラスタワー北千住」です。

北千住方面の空撮
 広角で見るとこのような位置関係となります。あまり超高層がない場所なのでそれなりに目立つタワーマンションとなりそうです。

■千住一丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名:千住一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都足立区千住一丁目地内
用途:住宅、店舗、子育て支援施設、多目的室、駐車場、駐輪場
総戸数:約180戸
階数:地上30階、地下1階
高さ:約112m
地区面積:約0.5ha
延床面積:約24,000
事業者:千住一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:三菱地所レジデンス
工期:2017年1月着工〜2019年9月竣工予定
総事業費:143億円

北千住に32階タワーマンション計画「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」

千住一丁目地区第一種市街地再開発の空撮
 本日の建設通信新聞に北千住駅近くの「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」についての記事が出ました。再開発予定地は北千住駅の南端の西側で「トポス北千住店」や「旧足立都税事務所」がある場所で、地上32階、地下1階のタワーマンションが想定されています。

 建設されるタワーマンションは1、2階は店舗や子育て支援施設、3階以上が総戸数約180戸の住戸フロアとする計画になっています。事業コンサルタントは梓設計と谷澤総合鑑定所、事業協力者として地権者でもあるスギモトホールディングスが参画しています。設計者、施工者は未定となっています。

▼建設通信新聞(2014年11月11日)
32階延2.6万屬鯀枋/コンサルは梓設計ら/千住一丁目再開発準備組合
http://www.kensetsunews.com/?p=39781

 この「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」について調べてみると足立区議会議員の市川おさと氏のHP資料が載っていました。2014年6月23日の資料のようですが、そのときは地上30階、地下1階、延べ約21,000屬想定されていたようです。今回の記事では地上32階、延べ2万5700屬箸覆辰討い襪里覗枋蟲模は拡大されたようです。

 2014年6月26日に千住一丁目地区第一種市街地再開発準備組合が設立されており、今後のスケジュールとしては2015年1月に都市計画決定、2015年度に本組設立、2016年度に権利変換計画認可を取得し着工、2019年度の事業完了を予定しています。総事業費は116億円を見込んでいます。

北千住方面の空撮
 北千住方面の広角で写した空撮です。北千住駅はJR常磐線、東京メトロ日比谷線、千代田線、東武伊勢崎線、つばくエクスプレスと5路線が使えるターミナル駅です。駅前には北千住マルイなど大型商業施設もあれば商店街もあり利便性の良い場所です。

 ただ、北千住に行ったことがある人はわかると思いますが駅前に幹線道路はありません。そして「千住一丁目地区第一種市街地再開発事業」の予定地は、昔ながらの商店街がある北千住本町センター通り沿いで、大規模再開発があるとは思えない場所だったので32階建てタワーマンション計画というのは驚きです。南千住に住んでいた頃にここは何度か歩いたことがありますが、重機や大型の建設資材を運搬するのは大変そうな場所です。

 ところで今回の再開発について調べているときに知ったのですが、「旧足立都税事務所」がある場所は「森鴎外旧居」があったそうです。森鴎外の父が「橘井堂森医院」を開業した場所で、森鴎外はここで文筆活動を始めたそうです。ストリートビューでも案内版があることが確認できます。

■千住一丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名:千住一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都足立区千住1-30
総戸数:約180戸
階数:地上32階、地下1階
敷地面積:約4,700
延床面積:約25,700
権利者:スギモトホールディングス、第一生命保険、東京都財務局など5者
事業コンサルタント:梓設計、谷澤総合鑑定所
工期:2016年度着工〜2019年度竣工予定
総事業費:116億円


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

2X階の自宅からの夜景詰め合わせ

帰りが遅くなってしまったので今日のブログは手抜きです。
ツイッターに載せていた自宅からの景色の詰め合わせです。

東雲方面の夕景
東雲方面の夕景です。

富士山と東京タワー
同じ日の富士山と東京タワーです。
上の写真の8分後です。

南千住のタワーマンション群の夜景
南千住のタワーマンション群の夜景です。
最上部が青く光っているマンションの右隣が前に住んでいたタワーマンションです。

北千住方面の夜景
北千住方面の夜景です。

東京タワー方面の夜景
東京タワー方面の夜景です。

豊洲・晴海方面の夜景
豊洲・晴海方面の夜景です。

横浜ベイブリッジ方面の夜景
新砂の何かの工場です。
工場の奥には横浜ベイブリッジが見えています。

池袋方面の夜景
池袋方面の夜景です。

以上、手抜きブログでした(^^;)


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。