超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

勝どき

地上58階、45階タワマン建設中「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2019.7.13)

勝どき東地区第一種市街地再開発事業

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:東京都]

 勝どきで建設中の超大規模タワーマンション「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。全体戸数約3255戸で参加組合員として三井不動産レジデンシャルが参画しているタワーマンションです。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業
断面図[出展:東京都]

各棟の規模は以下の通りで建設中のA1棟とA2棟の完成後にB棟の建設が始まります。

A1棟:地上58階、地下3階、最高高さ194.53m、延べ181,422.61
A2棟:地上45階、地下2階、最高高さ164.85m、延べ138.312
B棟:地上29階、地下1階、高さ約106m



勝どき東地区第一種市街地再開発事業
配置図[出展:東京都]

 A1棟は日本最高層のトライスター型(Y字型)のタワーマンションとなります。A2棟は低層部がオフィスフロアとなるへの字型の形状となります。そしてB棟は板状のタワーマンションとなります。

 また、最寄り駅となる「勝どき」駅に一番違い場所には「勝どき」駅まで繋がる地下通路が整備され、そしてその延長線上の朝潮運河には人道橋も整備されます。晴海からの人の流れが大きく変わる再開発となります。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業

 現在は山留工事などが行われています。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業

 地上部の工事が始まるまではまだしばらくかかりそうですが、将来は勝どきや晴海の巨大なタワーマンション群に新たなタワーマンションが加わります。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟」(地上58階、最高高さ194.53m)の建設地です。都心側以外はタワーマンションに囲まれる立地です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 そのため開けた視界の部屋は少ないと思いますが、これだけタワーマンションがあると夜景はかなり迫力がありそうです。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 現在は山留工事などが行われており既にトライスター型の形が確認できる状態となっています。ただ、もうちょっと高いところから見ないとわかりにくいですね。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 現地に設置されている7月度の施工状況図です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。建築面積は4,300屬圓辰燭蠅呂覆い隼廚い泙垢未だに数値は修正されていませんでした。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目1500番
用途:共同住宅、店舗
総戸数:約1590戸(以前の情報)
階数:地上58階、地下3階
高さ:188.80m(最高高さ194.53m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300
延床面積:181,422.61
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2019年3月1日着工〜2023年8月31日竣工予定



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟」(地上45階、最高高さ164.85m)の建設地です。最寄り駅となる「勝どき」駅に一番近い棟で、この角地に駅まで繋がる地下通路が整備される計画となっています。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 目の前にある朝潮運河越しに見たA2棟の建設地です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 こちらも既に形が確認できる状態となっていますがやはりこの高さからではわかりにくいですね。

 この辺りはどこを見てもタワーマンションや超高層ビルがあり、途切れることなくどこかでタワーマンションの建設が続いています。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 現地に設置されている7月度の施工状況図です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:約1070戸(以前の情報)
階数:地上45階、地下2階
高さ:159.35m(最高164.85m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745
延床面積:138,312
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟

仮設消防署

 A2棟の敷地の端にある「臨港消防署月島出張所仮設庁舎」です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟

 A1棟とA2棟の間には「臨港消防署月島出張所」がありましたが、現在はA3棟として消防署が再び建設中です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟

 こちらのA3棟は他よりも早く2020年3月下旬の竣工予定となっています。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟

 建築計画のお知らせの掲載は省略しますが、規模は地上3階、高さ17m、延べ1,195屬箸覆辰討い泙后M囘咾肋男表陝一戸建ての住宅となっていますが、住宅といのは消防士の仮眠や休憩所のことですかね?初めてみる用途です。

全体戸数約3255戸の巨大タワマン「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2019.4.13)

勝どき東地区第一種市街地再開発事業


勝どき東地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出展:東京都]

 勝どきで建設中のタワーマンション「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。全体戸数約3255戸という大規模タワーマンションで参加組合員として三井不動産レジデンシャルが参画しています。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業
断面図[出展:東京都]

 A1棟がで地上58階、最高高さ194.53m、A2棟が地上45階、最高高さ164.85m、B棟は地上29階、高さ約106mとなります。A1棟とA2棟は既に着工していますがB棟はA1棟、A2棟の完成後に建設が始まります。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業
配置図[出展:東京都]

 このようにA1棟はトライスター型(Y字型)のタワーマンションとなります。トライスター型としては日本最高層となります。A2棟は…何型と言えばいいのでしょうか?L字型でいいんですかね?低層部はオフィスフロアとなります。B棟は板状のタワーマンションとなります。

 また、A2棟の敷地内には勝どき駅まで繋がる地下通路が整備されます。そして朝潮運河には人道橋が整備されます。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。目の前は新月島川と朝潮運河で2方向が水辺という立地です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業

 「ドゥ・トゥール」のスカイデッキから見た建設地です。左がA1棟、右がA2棟です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業

 背後に見えるのはツインタワーの「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)と「勝どき ザ・タワー」(地上53階、最高高さ178.78m)です。この写真には写っていませんが左側にはツインタワーの「ドゥ・トゥール(DEUX TOURS)」(地上52階、高さ177.30m)と「ベイシティ晴海 スカイリンクタワー」(地上49階、最高高さ168.95m)があります。そこに「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」が加わり巨大なタワーマンション群がますます成長します。



黎明スカイレジテル

 B棟の建設地です。今は「黎明スカイレジテル」が建っています。数年間はこのままかと思います。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟」(地上58階、最高高さ194.53m)の建設地です。A1棟とA2棟で施工会社は違ってこちらA1棟は鹿島建設が施工者です。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 建設地にズームです。現地に掲載されている月間工程表によると今月は山留工事が続きます。そしてGWの10連休はしっかり休むようでした。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟

 反対の勝どき駅側から見た建設地です。奥に中央清掃工場の煙突が見えますが、東京五輪後にはその奥に50階建てのツインタワーが建設されます。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟 建築計画

 建築計画のお知らせです。建築計画が設置された当初とは高さなど少し修正が入っています。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目1500番
用途:共同住宅、店舗
総戸数:約1590戸(以前の情報)
階数:地上58階、地下3階
高さ:188.80m(最高高さ194.53m)
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300
延床面積:181,422.61
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2019年3月1日着工〜2023年8月31日竣工予定




勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟」(地上45階、最高高さ164.85m)の建設地です。こちらは清水建設が施工者です。

 黒いタワーマンションは「勝どき」駅直結の「勝どきビュータワー」(地上55階、高さ193m)です。「勝どき」駅の位置を知るときに目印になるタワーマンションです。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 建設地にズームです。現地に掲載されている月間工程表によると今月は架設工事、液状化対策工事、土工事が行われています。こちらもGWの10連休は工事が休みとなります。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟

 「勝どき」駅に一番近い側から撮影。この角地に「勝どき」駅に繋がる地下通路の出入口が建設されます。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A3棟

 A1棟とA2棟の間から見たA2棟の建設地方面です。この角地には地上3階、高さ17mのA3棟が建設中で、この場所にあった「臨港消防署月島出張所」が再び戻ってきます。



臨港消防署月島出張所

 今はA2棟とB棟の建設地の境目に「臨港消防署月島出張所仮設庁舎」として移転しています。



勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟 建築計画

 建築計画のお知らせです。こちらは施工者が未定から清水建設になったくらいで、建築計画が設置された当初とは数値などの修正はありません。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:約1070戸(以前の情報)
階数:地上45階、地下2階
高さ:159.35m(最高164.85m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745
延床面積:138,312
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定

高さ約195m「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の様子(2018.9.15〜16)

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 9月15日に開催された「環状第2号線施設見学会」で渡った「黎明大橋」から撮影した「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」です。着工は2019年3月の予定ですが大規模な解体工事が行われています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟」(地上58階、最高高さ194.95m)の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟」(地上45階、最高高さ164.85m)の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 「勝どき陸橋」から撮影。「黎明大橋」は歩道があるので開通後はまた撮影できますが、この「勝どき陸橋」は車道しかないのでこれが最初で最後の撮影機会だったと思います。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 翌日の9月16日にもう一度「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」を撮影に行ってきました。これは「ドゥ・トゥール」のスカイデッキからの撮影です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟」です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟」です。

黎明スカイレジテル
 B地区となる「黎明スカイレジテル」です。A1・A2地区の建設後に地上29階、高さ約106mの板状のタワーマンションに建て替えられます。また、左端のプレハブのような建物は臨港消防署月島出張所仮設庁舎」です。A1地区とA2地区に間にあるA3地区にあった「臨港消防署月島出張所」の仮設庁舎で同再開発でA3地区に再び建設されます。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 現地から見た「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟」の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟
 右のタワーマンションは「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)でこれとほぼ同じ高さのタワーマンションがここに建設されます。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A1棟 建築計画のお知らせ
 A1棟の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが鹿島建設になるものと思われます。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A1棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目705番 他
用途:共同住宅、店舗
総戸数:約1590戸
階数:地上58階、地下3階
高さ:189.22m(最高194.95m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:12,015.18
建築面積:4,300
延床面積:182,190
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:鹿島建設
施工者:未定
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 現地から見た「勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟」の建設地です。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟
 こちらはまだ既存建物の地上部の解体工事が続いています。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 A2棟 建築計画のお知らせ
 A2棟の建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが清水建設になるものと思われます。

■物件概要■
名称:勝どき東地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A2棟
所在地:東京都中央区勝どき四丁目501番 他
用途:共同住宅、事務所、店舗、保育所
総戸数:約1070戸
階数:地上45階、地下2階
高さ:159.35m(最高164.85m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎、直接基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
敷地面積:10,712.20
建築面積:4,745
延床面積:138,312
建築主:勝どき東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
設計者:清水建設
施工者:未定
工期:2019年1月中旬着工〜2023年8月下旬竣工予定


勝どき東地区第一種市街地再開発事業
完成予想パース[出典:東京都]


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]


■お知らせ■
 10月上旬に発売となる超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』がAmazonで予約できます!よろしくお願いします!

環状第2号線施設見学会で「築地大橋」を歩いてきた&築地市場の解体工事のお知らせ(2018.9.15)

築地大橋
 2018年9月15日に開催された「環状第2号線施設見学会」で歩いた「築地大橋」です。この角度から見る「築地大橋」は格好良かったです。

築地大橋
 「築地大橋」から見た勝どき方面です。車で走るとこのタワーマンション群を正面に見ながら走ることとなります。

築地大橋
 広い歩道もありましたが正面の景色は車道の方がいいですね。

築地大橋

クレストシティレジデンス
 ここからは「築地大橋」からの眺めを載せて行きます。橋からはこうして普段見れない角度から「クレストシティレジデンス」を見ることも出来ました。

勝どき
 隅田川沿いのマンション群です。

築地大橋から見た竹芝
 竹芝方面です。

築地大橋から見た汐留
 東京タワーも見えます。

築地大橋から見た汐留
 汐留の超高層ビル群です。

築地大橋
 本来はここを真っ直ぐ進むトンネルがあるのですがしばらくは急カーブして迂回道路を通ることになります。

築地大橋から見た築地
 来月から解体が始まる築地市場です。

築地大橋から見た勝鬨橋
 勝鬨橋です。奥は佃のタワーマンション群です。15年くらい前にこのタワーマンション群を見たのがきっかけで超高層ビル撮影を始めました。

築地大橋から見た勝どき
 勝どき駅方面です。

築地大橋から見た勝どき・晴海
 奥のタワーマンションは晴海です。どの方向を見ても超高層があります。

築地大橋
 「つきじおおはし」の文字と「舛添要一」の名前がありました。

築地大橋
 船舶から見る用の「築地大橋」の文字です。

築地大橋
 反対側は平仮名になっていました。

築地市場 解体工事のお知らせ
 見学会の後に築地方面へ行くと築地市場の解体工事のお知らせが出ていました。

築地市場 解体工事のお知らせ
 10月11日、18日から解体工事が始まり、2020年2月28日までに解体が終わる計画となっています。

築地市場 解体工事のお知らせ

築地市場 解体工事のお知らせ

築地市場 解体工事のお知らせ
 東京オリンピックが終わると築地市場跡はどのようになるんでしょうね。

環状第2号線施設見学会で「勝どき陸橋」を歩いてきた(2018.9.15)

勝どき陸橋
 2018年9月15日に開催された「環状第2号線施設見学会」に行ってきました。コースはゆりかもめ「市場前」駅から築地大橋までで往復することも出来ましたが、築地大橋まで行ったところで時間切れとなりそこから離脱しました。今回はその中から「勝どき陸橋」を中心に載せて行きます。

 「勝どき陸橋」と言われても「どこ?」と思うかもしれませんが、その名の通り川に架かる橋ではなく陸上の高架で「THE TOKYO TOWERS」や「勝どき ザ・タワー」の前を通る橋です。このようにこの区間に歩道はないので歩けるのは今回が最初で最後の機会だったかもしれません。

勝どき陸橋
 この屋根の骨組みの両端にだけ屋根が付いていました。これは騒音対策か何かはわかりませんが、この骨組みが幾何学的な模様で格好良かったです。

勝どき陸橋
 少しだけ見上げました。右手前が「勝どき ザ・タワー」(地上53階、最高高さ178.78m)でその後ろがツインタワーの「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)です。

勝どき陸橋
 築地大橋側から撮影。なかなかの光景です。

勝どき陸橋
 反対の晴海側からは曲線が格好良かったです。

黎明大橋
 「勝どき陸橋」の隣の「黎明大橋」の入り口です。このまま進み朝潮運河を渡ると「勝どき陸橋」です。

晴海のタワーマンション群
 この場所から見上げる晴海のタワーマンション群も格好良かったです。

朝潮水門
 「黎明大橋」からは「朝潮水門」を間近に見ることが出来ました。

勝どき東地区
 巨大なタワーマンションが建設される「勝どき東地区」を見ることも出来ました。この方向の景色は大きく変わります。

新島橋
 「勝どき陸橋」から見た「新島橋」です。この先、徒歩数分で「勝どき」駅があります。奥の細いタワーマンションがある場所が「月島」駅です。

 今回はここまでとしますが「築地大橋」など別な場所からの写真もまた後から載せます。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク