超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

六本木五丁目西地区

第二六本木ヒルズ(六本木5丁目西地区)は高さ300m超えなるか!?

六本木5丁目西地区の空撮
 今年1月の六本木ヒルズ周辺の空撮です。大雑把ですが薄く色を付けた場所が「六本木5丁目西地区」です。ここはかなり昔から再開発の話しがあり「第二六本木ヒルズ」とも呼ばれています。この場所では高さ300mを越える超高層ビルなど大規模な再開発が計画されています。

 今年の初めに「森ビルの社長所感(要約)が発表。虎ノ門・麻布台、六本木5丁目プロジェクトは六本木ヒルズを超えるインパクト!」というブログ記事を書いたときに、週刊ダイヤモンドに「第2六本木ヒルズが計画どおりに進めば7年後にハルカスの300mを超えるビルができる」と記載されていたと教えて頂きました。そして「八重洲の再開発ビルは地上54階、高さ250mと地上45階、高さ245m!」というブログ記事を書いたときには別冊宝島の2020東京・首都圏未来予想図に高さ300m超予定と記載されていると教えて頂きました。

 先月、職場近くの本屋で別冊宝島の2020東京・首都圏未来予想図を見つけたので買ってみると、予想図などはありませんでしたが25ページに「開業時期は未定だが、六本木5丁目西地区でも大規模再開発の計画がある。高さ300メートルを越える超高層ビルにホテルや商業施設、住居などが併設される予定で、東京オリンピック終了後の六本木の新たな起爆剤として期待される。」と書いてありました。

 東京圏国家戦略特別区域会議の配布資料の一部の表には六本木五丁目のことが少しだけ記載されています。それによると事業主体は森ビルと住友不動産で、事業概要は”地下鉄駅等との交通結節機能の強化及び「都心の森」に複合MICE施設や外国人等向けの居住、文化、教育等の生活環境の整備”と記載されており、都市計画の決定等のめどは平成27年中となっていました。ここ1年以内に300m超えの超高層ビル計画が発表になるのかもしれません。

 年頭に発表された森ビル社長所感では「六本木5丁目プロジェクトは、六本木ヒルズを超えるようなインパクトを世の中に与えるものになる」と記載されています。

 気になるのは羽田空港高さ制限回答システムで調べると高さ300m超えは無理ということです。その辺は国家戦略特区でどうにかするのでしょうか?今はガッカリ発表にならないことを祈りつつ計画発表を待つのみですね。


 「六本木5丁目西地区」の位置を地図に描いてみました。

六本木5丁目西地区
 六本木ヒルズから見た「六本木5丁目西地区」の一部です。計画通り高さ300mを越える超高層ビルが建つとすれば六本木駅にも近いこの辺りになると思います。まだ正式な発表はありませんが、発表が楽しみなのとガッカリしそうで不安なのと両方ですね。東京で300m超えを見たいです!


2020東京・首都圏未来予想図 最新版


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

森ビルの社長所感(要約)が発表。虎ノ門・麻布台、六本木5丁目プロジェクトは六本木ヒルズを超えるインパクト!

 昨日、森ビルより2015年 年頭 社長所感(要約)が発表されました。その中から注目ポイントを抜き出すと「虎ノ門ヒルズ周辺の10ビル、9ビル、11ビルの再開発プロジェクトを、新駅構想も含めた一体的な街として計画」「虎ノ門・麻布台プロジェクトや六本木5丁目プロジェクトは、六本木ヒルズを超えるようなインパクトを世の中に与えるものになる」とありました。

 「六本木5丁目プロジェクト」とは「六本木五丁目西地区」のことと思われ「第二六本木ヒルズ」とも呼ばれているプロジェクトです。この「六本木5丁目プロジェクト」と「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の概要は判明していませんが、六本木ヒルズを超えるようなインパクトと言っていることからも、かなり大規模な再開発となりそうです。

▼森ビル:ニュースリリース(2015年1月5日)
森ビル株式会社 2015年 年頭 社長所感

六本木5丁目プロジェクト
 これは六本木ヒルズから見た「六本木五丁目西地区」の計画地です。大きな駐車場がある一帯から右側の緑地があるところを突き抜けてさらに右の方までが計画地となっています。詳細は最後に載せる地図を参照してください。ここは何年も前に「第二六本木ヒルズ」として話題になったこともあります。

 今回初めて耳にした「六本木5丁目プロジェクト」という名称で調べると森ビルの社員紹介のページに少し情報が載っていました。それによると大きなコンセプトとして「都心の森をつくる」というのがあり8ヘクタールという広大な森を育てるとのことです。また、国家戦略特別区域計画(素案)によると2015年中に都市計画の決定を目指しているようなので、今年中に何か概要が出てくると思われます。

虎ノ門・麻布台プロジェクト
 こちらは東京タワーから見た「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の計画地です。と言ってもわかりにくいので最後に載せる地図を参考にしてください。ここも概要はわかっていませんが、敷地の広さ的にも複数棟の超高層ビルが建設されると思います。こちらも国家戦略特別区域計画(素案)によると2015年中に都市計画の決定を目指しているようです。

虎ノ門10森ビル
 所感で触れられていた「虎ノ門10森ビル」です。虎ノ門ヒルズの北側でこの辺りは「虎ノ門駅南地区地区計画 A-1街区」として地上36階、高さ約185mの超高層オフィスビルが計画されています。1階にはBRTの利用も想定したバスターミナルが整備される計画となっています。詳しくは昨年書いた記事を参照してください。

虎ノ門9森ビル
 こちらは虎ノ門ヒルズの南側で「虎ノ門9森ビル」です。この辺りは「(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)」と呼ばれている場所で高さ約180mのタワーマンションが計画されています。詳しくは昨年書いた記事を参照してください。


大きな地図で見る
 これは虎ノ門ヒルズの西側で「虎ノ門11森ビル」です。まだ撮影していなかったのでストリートビューです。ここは日比谷線の新駅が出来る場所あたりで、ここも再開発されるようですが詳細は不明です。


より大きな地図で 森ビル再開発 を表示

 昨年、森ビルが10年で10個所で総事業費1兆円程度の再開発を行うとニュースになったときに作った地図です。虎ノ門11森ビルの位置を追加しました。今年はこれらのプロジェクトの詳細が発表されそうなので注目ですね。六本木ヒルズを越えるインパクトと言っているので日本一は無理でも東京一の高さの超高層ビルになることを期待しています。


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

虎ノ門ヒルズ完成!森ビルは10年で10箇所の再開発へ!総事業費1兆円程度

 昨日「虎ノ門ヒルズ」(地上52階、高さ247m)が完成し竣工式を行ったと森ビルから発表されました。竣工式は6月4日でしたが実際の竣工日は2014年5月29日で開業は2014年6月11日となります。
 6階〜35階がオフィスフロア、37階〜46階が住宅「虎ノ門ヒルズレジデンス」、47階〜52階がホテル「アンダーズ東京」となります。
 「虎ノ門ヒルズレジデンス」は総戸数172戸でニュースを見ていると2LDK(139屐λ明廠冑屋)が報道陣に公開されており家賃は162万円とのことでした。44〜240屬良屋まであるとのことなので240平米の部屋の家賃は300万は超えてそうですね。
 「アンダーズ東京」は51階がラウンジとなり、客室は47〜50階となります。最上階の52階はルーフトップバーなどとなります。

▼森ビル:ニュースリリース(2014年6月4日)
官民連携による都市再生のモデル事業が竣工
「虎ノ門ヒルズ」を起爆剤に国際新都心を形成


 「虎ノ門ヒルズ」の完成で発表された内容はだいたいが既出でしたが、それと同時に一斉に報道された「森ビルが今後10年で10件程度の再開発。総事業費は1兆円規模。」というビッグニュースがありました。

▼流通ニュース(2014年6月4日)
森ビル/総事業費1兆円、新橋、赤坂、六本木で10件の大型再開発

▼日刊建設工業新聞(2014年6月5日)
森ビル/虎ノ門・六本木エリアで再開発プロジェクト推進/10年で事業費1兆円

虎ノ門ヒルズの空撮
 これは2月のセスナによる「虎ノ門ヒルズ」ですが、「虎ノ門ヒルズ」の右側(北)では「虎ノ門一丁目地区」の再開発が進行中で、この地区には「虎ノ門10森ビル」や「虎ノ門ヒルズ」に入居する西松建設の「西松ビル」があります。そして左側には「虎ノ門・愛宕地区」の再開発も進行中で「虎ノ門9森ビル」などがあります。特区制度などを活用して1000〜1400%の容積率を想定しており、高さ200m程度のビルを2020年の東京五輪までに建設する計画とのことです。

 空撮写真に名称を入れましたが以下の通り周辺では他にも複数の再開発が進行中です。
・(仮称)虎ノ門四丁目プロジェクト(高さ約180m)
・ホテルオークラ東京の建て替え(地上38階、高さ195m)
・(仮称)虎ノ門二丁目計画(地上36階、高さ約179mと地上19階、高さ99mの2棟)
・赤坂一丁目地区第一種市街地再開発事業(地上37階、高さ200.58m)

 これに上記の2箇所の再開発が加わるので一気に超高層ビル密度が高くなりそうです。また、まだ概要がわかっていないので写真に記載はしませんでしたが、赤坂一丁目地区の上では森トラストによる「赤坂ツインタワー」の建て替えもあります。

虎ノ門ヒルズから麻布台にかけての空撮
 「虎ノ門ヒルズ」の南側の空撮です。この写真の左端あたりでは「虎ノ門・麻布台地区」の再開発が進行中とのことです。概要等はまだわかっていませんが、最後に載せた地図の通りかなり広い範囲が対象地区となっているので、複数の超高層ビルが建設されるかもしれません。
 また、写真上に名称を入れましたが「泉ガーデンタワー」の背後では住友不動産による「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」があり地上40階、高さ249.2mの超高層オフィスビル、地上27階、高さ115mのタワーマンションが建設されます。

第2六本木ヒルズ方面
 これは「六本木ヒルズ」から見た「六本木五丁目西地区」です。かなり昔から第2六本木ヒルズ計画として話が出ている場所で、ここも再開発が進行中とのことです。駐車場が目立つのは再開発が進行中だからですかね。この写真は「六本木五丁目西地区」の半分くらいでありかなり広い敷地なので「六本木ヒルズ」のようにオフィスビルやタワーマンションなど複数の超高層が建つかもしれません。


より大きな地図で 森ビル再開発 を表示
 現在進行中の森ビルの再開発「虎ノ門一丁目地区」「虎ノ門・愛宕地区」「虎ノ門・麻布台地区」「六本木五丁目西地区」を流通ニュースの記事を参考に地図に書き入れてみました。多少間違いはあると思いますがだいたいこの辺りで再開発が予定されています。10年10箇所ということなので森ビルの老朽化したナンバービルを中心に再開発が進んで行くものと思われます。


 「超高層ビビル4日本編2」発売中です!「虎ノ門ヒルズ」もおちろん載っています!よろしくお願いします。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。