超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区業務棟

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの空撮と建設状況(2015年10月初旬)

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの空撮
 「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」(地上43階、高さ230.76m)の空撮です。10月3日に撮影しました。右隣の「泉ガーデンタワー」(地上45階、最高高さ216m)と同じ住友不動産の超高層ビルであり、当初は同じようなデザインだったことだけあって同じガラスカーテンウォールの色をしています。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 翌日の10月4日に撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。ビルの中層階まで飛び出た部分はシャトルエレベーターです。ビルのフロア構成は1〜3階が店舗、4階が4層吹き抜けのアトリウムロビー、8階、9階がカンファレンスセンター、10〜27階がオフィスフロア、28階が免震フロア、29階がスカイロビー、30階が機械室、そして31階〜43階がオフィスフロアとなります。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 反対側から見た「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 低層部です。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 三角形に飛び出た部分を下から見上げてみました。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 既に塔屋部分の建設が始まっています。飛び出た三角形部分が収束しているように見えるので、塔屋はこの高さで終わりで既に上棟しているのかもしれません。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
 東京ミッドタウンに隣接した公園から見た「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途(共通):事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数:地上40階、塔屋2階、地下5階(呼称は地上43階、地下2階)
高さ:230.76m(公式サイトでは226.95m ※4FLより)
敷地面積(共通):17,371.73m2
建築面積(共通):9,413.44
延床面積(共通):202,500.74
構造:SRC造・RC造・S造
基礎工法:直接基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定


六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 賃貸住宅となる「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 住友不動産による賃貸のタワーマンションとなります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 反対側から見ると雰囲気がガラッと変わります。

■六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟の概要■
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途(共通):事務所、共同住宅、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数:地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ:109.05m
敷地面積(共通):17,371.73m2
建築面積(共通):9,413.44
延床面積(共通):202,500.74
構造:RC造・免震構造
基礎工法:杭基礎
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定


住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト方面の夜景
 9月30日に六本木ヒルズから撮影した「住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト」です。この方面は大きな超高層ビルが増えましたね。

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの空撮
 最後は広角での空撮をもう1枚。大手町や丸の内、西新宿と違ってごちゃっとした超高層ビル群となっていますが、これはこれで好きな超高層ビル群です。

現地と六本木ヒルズから見た「六本木三丁目東地区」の建設状況(2014年12月27日)

六本木ヒルズからの眺め
 「六本木ヒルズ」の展望台から一番好きな方向の眺めです。

 現在、この写真の中央では六本木一丁目駅直結となる大規模再開発「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」が行われています。南街区では地上40階、高さ230.06mの業務棟と地上27階、高さ109.05mの住宅棟が建設中で、北街区では地上3階の店舗棟が建設中です。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」(地上40階、高さ230.06m)にズームです。タワークレーンが重なって2基に見えるかもしれませんが4基のタワークレーンで建設中です。住宅棟は業務棟の右側ですが六本木ヒルズからは何をしているのかわかりませんでした。住宅棟は賃貸住宅となります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 現地から見た「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」です。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 少し場所を変えてもう1枚。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 さらに北側からもう1枚。写真だと伝わらないと思いますがかなりデカイです。この円柱の鉄骨がある部分は吹き抜けの空間となりそうです。中央はエレベーター設置場所かと思います。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業北街区
 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業北街区」です。北街区はそれほど大きくはありません。北街区に面した通りは六本木ヒルズや渋谷まで続いています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 「東京ミッドタウン」からはタワークレーン4基がキレイに見えました。鉄骨が見えて来る日もそう遠くはなさそうです。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 最後にもう一度、六本木ヒルズから見た「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」です。現在、日本で建設中の超高層ビルの中では個人的に一番楽しみにしているビルです。

■六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区の概要■
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.06m
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,503.78
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2013年6月着工〜2016年5月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

高さ約230m「六本木三丁目東地区」に2基目のタワークレーン!(2014年12月13日)

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 六本木一丁目駅直結となる大規模再開発「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」です。ここは先週も載せましたが、そのときに工程表から2基目のタワークレーンが設置されることがわかっていたので、その2基目のタワークレーンを見てきました。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」(地上40階、高さ230.06m)です。この通りタワークレーンが2基となりました。

 ここは規模的に考えてタワークレーンは4基体制になると思っていますが、撮影に行った12月13日時点では工程表が新しいのではなかったので、今週また新たなタワークレーンの設置があるのかどうかはわかりません。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 設置されたタワークレーンにズームです。設置順に1号機、2号機となっていました。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 隣の「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。基礎工事が進んでいます。

 ここは住友不動産の賃貸マンションとなりますが、参考までに近隣の同じ住友不動産が貸主の賃貸マンション「泉ガーデンレジデンス」(地上32階、高さ116m)の現在募集している部屋の家賃を見てみると、8階の1LDK(75.7)で月額44万円、26階の3LDK(178.4)で月額138万8000円となっています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 地上から見た「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」です。最近はずっとこの高さで鉄骨を組んでいますが、もうすぐ勢いよく上へ伸び始めると思います。

■六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区の概要■
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.06m
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,503.78
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2013年6月着工〜2016年5月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業にタワークレーン!(2014年12月7日)

東京タワーからの眺め
 東京タワーから六本木、赤坂方面の眺めです。この方向はちょうど超高層空白地帯となっていますが、写真中央で「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」が進められています。これは、12月7日の撮影ですが「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」(地上40階、高さ230.06m)にタワークレーンが設置されていました。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」にズームです。ビル本体もギリギリ見えるようになりました。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」を見下ろしてみました。ようやくビル全体の底辺の大きさが見えてきました。かなり大きいです。ここは「旧日本IBM本社ビル」や「旧六本木プリンスホテル」などの跡地です。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 タワークレーンにズームです。フロアクライミング方式のタワークレーンになるようです。そして右側のすぐ近くにもタワークレーンのベースがありますが、現地工程表を見たところ今日、明日でタワークレーンを組み立てるようです。たぶん反対側にも2機のタワークレーンを設置して、計4機のタワークレーンで建設することになると思います。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 隣の「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。基礎が見えてきましたが、こちらにタワークレーンが設置されるのはまだまだ先になりそうです。ここは住友不動産の賃貸マンションとなります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 地上から見た「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」です。地上からも鉄骨が見えるようになってきましたが、まだ残り200m以上あります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 北側の鉄骨がまだ組まれていない部分があります。工程の都合でこれから鉄骨が組まれるかもしれませんが、巨大な吹き抜けのホールの可能性もありますね。ここに建設されるオフィスビルにはテレビ東京の本社が移転してきます。

■六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区の概要■
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.06m
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,503.78
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2013年6月着工〜2016年5月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業の建設状況(2014年11月22日)

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 東京メトロ「六本木一丁目駅」と直結となる大規模再開発「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区」です。「旧日本IBM本社ビル」や「旧六本木プリンスホテル」などの跡地で地上40階、高さ230.06mの業務棟、地上27階、高さ109.05mの住宅棟が建設中です。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」(地上40階、高さ230.06m)です。地上鉄骨が4層まで組まれています。タワークレーンなしでどこまで鉄骨を組むんでしょうね?ブログにこの「六本木三丁目東地区」を載せるのは1ヶ月以上ぶりだと思いますが、そろそろタワークレーンが設置されるはずと思いほぼ毎週来ていました。そしてタワークレーンが設置されたらブログに載せようと思っていたのですが、いつになるのかわからないので待たずに載せることにしました(^^;)

 円柱形の鉄骨がビルの一番外側ですかね?高さ230mにもなるだけあってかなり大きなビルです。やっぱり鉄骨を組んでいるときが超高層ビル建設で一番好きです。見に行くたびにどんどん大きくなっています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟
 隣の「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 住宅棟」(地上27階、高さ109.05m)です。基礎部分が見えてきました。ここは住友不動産による賃貸のタワーマンションになります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 地上から見た「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」です。このように鉄骨が見えるようになってきました。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 現在、国内で建設中の超高層ビルの中ではこの「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」が最も高いです。2番目は渋谷駅前の再開発ビルで地上46階、高さ228.30mです。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業
 1ヶ月くらい前に六本木ヒルズから撮影した「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業」です。このときはまだ地上鉄骨は見えなかったのですが、このあと一気に鉄骨が組まれ始めました。

■六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区の概要■
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
階数(業務棟):地上40階、塔屋2階、地下5階
高さ(業務棟):230.06m
階数(住宅棟):地上27階、塔屋2階、地下2階
高さ(住宅棟):109.05m
敷地面積:17,371.73m2
建築面積:9,413.44
延床面積:202,503.78
構造(業務棟):SRC造・RC造・S造
構造(住宅棟):RC造・免震構造
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2013年6月着工〜2016年5月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク