住友不動産六本木グランドタワー
 六本木ヒルズからの眺めです。中央の超高層ビルが「住友不動産六本木グランドタワー」(地上43階、高さ230.76m)で、その右下のタワーマンションが賃貸住宅棟の「六本木グランドタワーレジデンス」(地上27階、高さ109.05m)です。賃貸棟は既に入居が始まっていますがグランドタワーは竣工予定日を超えても未だに工事中です。

住友不動産六本木グランドタワー
 最上部です。テレビ東京の本社が移転してくるため設置されたと思われるアンテナ塔があります。

住友不動産六本木グランドタワー
 中層部の一部は少し飛び出ています。

住友不動産六本木グランドタワー
 低層部です。

住友不動産六本木グランドタワー
 現地から見た低層部です。ビル本体の工事は終わっているのかもしれませんが周辺の整備がまだ続いています。

住友不動産六本木グランドタワー

住友不動産六本木グランドタワー

住友不動産六本木グランドタワー
 反対側です。こちらは車寄せがあるのでこちらがメインエントランスでしょうか。

住友不動産六本木グランドタワー
 まだフェンス等はありますがほぼ完成しているように見えました。

住友不動産六本木グランドタワー
 広場も整備中ですがこういったビル本体以外の整備は最終段階です。

住友不動産六本木グランドタワー
 周辺では新たに歩道を整備している箇所もありました。

六本木グランドタワー 建築計画のお知らせ
 現地建築計画のお知らせは平成30年7月31日完了予定に変更されていました。周辺整備はあと2年続くのでしょうか?

住友不動産六本木グランドタワー
 「住友不動産六本木グランドタワー」を見上げてみました。この位置から見ると完成したビルです。

住友不動産六本木グランドタワー
 裏側から撮影。飛び出た部分はシャトルエレベーターで29階まで行くことができます。フロア構成は10〜27階がオフィスフロア、28階が免震フロア、29階がスカイロビー、30階が機械室、そして31階〜43階がオフィスフロアとなります。

六本木グランドプラザ
 ひとつ前の写真にも見切れて写り込んでいた商業施設棟です。「六本木グランドプラザ」という名称が付いていました。

六本木グランドプラザ
 上から見るとまだ工事中のようにも見えましたが、下から見ると既に完成しており営業している店舗もありました。

六本木グランドプラザ
 東京メトロ南北線の六本木一丁目駅へ続く出入口も使えるようになっているようでした。

■住友不動産六本木グランドタワーの物件概要■
名称:住友不動産六本木グランドタワー
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途:事務所、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数:地上43階、塔屋2階、地下2階(建築基準法では地上40階、塔屋2階、地下5階)
高さ:230.76m(※4FLより)
構造:SRC造・RC造・S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積(共通):17,371.73m2
建築面積(共通):9,413.44
延床面積(共通):202,500.74
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年秋竣工予定