超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

六本木

地上55階、高さ約200m「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」再開発組合の設立認可!六本木ヒルズの隣で高層部はホテルとなるタワマンです!

西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 東京都より「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」を計画している西麻布三丁目北東地区市街地再開発組合の設立を9月10日に認可すると発表がありました。そして本日9月10日に野村不動産とケン・コーポレーションより再開発組合設立認可のニュースリリースも出たので記事も再構成しています。

 同事業は六本木ヒルズの西側の再開発で地上55階、高さ約200mで高層部がホテルとなるタワーマンションが建設されます。2021年の権利変換計画認可を経て、2022年9月に着工、2026年6月の竣工を予定しています。事業力者として野村不動産、ケン・コーポレーション、竹中工務店が協力してきましたが、正式に野村不動産とケンコーポレーションが参加組合員として参画することが発表されました。竹中工務店は施工者となるものと思われます。

▼東京都:報道発表資料(2020年9月9日)
西麻布三丁目北東地区市街地再開発組合の設立を認可します

▼野村不動産:ニュースリリース(2020年9月10日)
「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」市街地再開発組合設立認可のお知らせ(野村不動産、ケン・コーポレーション)



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 以前、港区のHPで公開されたときの情報だとフロア構成は1、2階に商業施設、3〜5階に事務所、6階に駐輪場、7階〜47階が住宅フロア(約500戸 ※地権者住戸含む)、そして48階〜54階がホテルとなっていました。今回の断面図を見る限りでは低層部にも宿泊施設が追加されたくらいで大きな変更はなさそうです。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:野村不動産]

 敷地北側の住宅、ホテル、事務所、店舗で構成される超高層棟がある側がA街区で、隣の六本木ヒルズとペデストリアンデッキで接続される計画となっています。

 広場や寺社がある場所がB街区で、地区内にある3つの寺社は再整備されます。オレンジ色の点線がある道路はテレビ朝日通りで拡幅されます。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 計画地はこのように六本木ヒルズの西側で、北側は六本木通り、首都高渋谷線に接しています。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 2020年12月14日にヘリから撮影した「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。配置図の通り少し離れた場所も計画地の一部となっています。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 六本木ヒルズも入れて空撮をもう1枚。六本木ヒルズよりはスマートなタワーマンションとなりますが、高さ約200mなので展望室くらいの高さはあるかと思います。右下の六本木ヒルズジレデンスの地権者住宅が15億円で売りに出たのを見たことがありますがここはいったいどれくらいの価格帯になるんでしょうね?とりあえず一番低いフロアでも一般人には手も足も出ない価格帯になるのは間違いないかと思います。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 野村不動産のニュースリリースに掲載されていた別角度からの完成予想図です。この右側には六本木ヒルズがあり、左側が渋谷方面です。

 高層部のバルコニーがないフロアからがホテル部分かと思われます。ホテルは外資系ラグジュアリーホテルブランドの誘致を目指しているとのことです。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 テレビ朝日通り沿いに整備される広場のイメージです。この辺りは建物の裏に寺社が隠れていますが、広場を通って行くことができるようになります。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 テレビ朝日通りから見た低層部の完成予想図です。商業、事務所、宿泊施設で構成されます。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:野村不動産]

 六本木通りから見た低層部の完成予想図です。この描かれているデッキで六本木ヒルズと接続されます。

■物件概要(超高層棟)■
計画名:西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区西麻布3丁目
用途:ホテル、住宅、店舗、事務所、子育て支援施設
総戸数:約500戸(地権者住戸含む)
階数:地上55階、地下3階
高さ:約200m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:約10,250
建築面積:約3,800
延床面積:約96,000
事業者:西麻布三丁目北東地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産、ケン・コーポレーション、
事業協力者:竹中工務店
工期:2022年9月着工、2026年6月竣工予定

空撮あり!森トラストの分譲タワマン!地上23階「ザ・レジデンス六本木」の現地の様子(2020.3.21)

ザ・レジデンス六本木の空撮

 2019年12月14日にヘリから撮影した六本木一丁目方面の空撮です。高さ200mを超す超高層ビルがあったり、他ではあまり見かけない緑色の超高層ビルがあったりと賑やかな超高層ビル群が広がっていますが、矢印を付けた場所に新しいタワーマンションが誕生しました。

 森トラストが売主のタワーマンションで名称は「ザ・レジデンス六本木」で、規模は地上23階、最高高さ79.60m、延床面積12,435.47屐∩躙与71戸(販売総戸数48戸、事業協力者戸数23戸含む)となっています。

 公式HPを見ると現在は先着順で8戸が販売中で、価格は1億9980万円〜5億900万円、間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は82.15屐161.95屬箸覆辰討い泙后そして管理費は5万1090円〜10万730円、修繕積立金は1万1500円〜2万2670円で、自分の住む江戸川区なら普通にマンションを借りれそうな額が毎月かかります。ちなみに現在はコロナウイルスの影響で営業休止となっています。



六本木一丁目方面の空撮

 ここからは空撮を何枚か載せていきます。矢印は付けていないので1枚目と見比べて探してみてください。



六本木一丁目・虎ノ門方面の空撮

 とは言ってもこれは難しいですね。右下のビルの隙間から見えています。



六本木一丁目方面の空撮

 中央下の庭の広い建物がスペイン大使館、その左上の面白い形をした建物がスウェーデン大使館です。



東京タワーの空撮

 空撮最後は東京タワーで、トップデッキの左の方に「ザ・レジデンス六本木」が見えています。



ザ・レジデンス六本木

 その東京タワーのトップデッキから見た「ザ・レジデンス六本木」です。こちらには矢印を付けてみました。

 手前の大規模な工事現場は森ビルによる「虎ノ門・麻布台プロジェクト(虎ノ門・麻布台地区市街地再開発事業)」で地上64階、地下5階、高さ325.11mのメインタワー(A街区)、地上64階、地下5階、高さ262.89mの西棟(B-1街区)、地上54階、地下5階、高さ237.20mの東棟(B-2街区)が建設中です。高さ日本一の超高層ビルやタワーマンションがすぐ近くに出現します。



ザ・レジデンス六本木

 「ザ・レジデンス六本木」にズームです。



ザ・レジデンス六本木

 地上から撮影。



ザ・レジデンス六本木

 周辺には超高層ビルやタワーマンションが多いので開けた視界の部屋は少なそうです。



ザ・レジデンス六本木

 ただ場所が凄いので価格も凄いことになっています。ここでこの価格帯ならば「虎ノ門・麻布台プロジェクト」に建設されるタワーマンションはどれくらいの価格帯になるんでしょうね。別世界過ぎて予想すらできません。



ザ・レジデンス六本木

 最寄駅は東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅で徒歩3分です。東京メトロ日比谷線「神谷町」駅も徒歩7分の距離となっています。



ザ・レジデンス六本木

 エントランス部分です。



ザ・レジデンス六本木

 「THE RESIDENCE ROPPONGI」シンプルな銘板です。



ザ・レジデンス六本木

 地下駐車場の出口にはブロックタイルで「止まれ」の文字がありました。



ザ・レジデンス六本木 建築計画のお知らせ

 建設中だった頃に撮影した建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ザ・レジデンス六本木
計画名:(仮称)六本木一丁目計画
所在地:東京都港区六本木一丁目113-16他
用途:共同住宅
総戸数:71戸(販売総戸数48戸、事業協力者戸数23戸含む)
階数:地上23階、地下2階
高さ:79.24m(最高79.60m)
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:1,715.93
建築面積:490.58
延床面積:12,435.47
事業主:森トラスト
設計者:竹中工務店東京一級建築士事務所
施工者:竹中工務店
工期:2017年10月6日着工〜2019年9月30日竣工予定

六本木ヒルズの隣!地上55階、高さ約200m「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」が夏には本組合設立認可の見通し!

西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:野村不動産]

 六本木ヒルズの隣で計画されている「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」(地上55階、高さ約200m)の完成予想図です。約1年前に事業協力者である野村不動産、ケン・コーポレーション、竹中工務店から都市計画のけってについてのニュースリリース(当時のブログ記事)が出ていましたが、その続報が本日の建設通信新聞に掲載されました。

 記事によると西麻布三丁目北東地区市街地再開発準備組合が早ければ夏にも本組合設立の見通しとなったとのことです。野村不動産等のニュースリリースでは2019年度に本組合設立予定となっていたので1年ほど計画が後ろにずれるようです。新しいスケジュールは本組合設立後、2021年度の権利変換計画認可を経て解体工事に着手、2022年度着工、2026年度の完成が予定されています。

▼建設通信新聞:2020年3月31日
夏に本組合設立認可/延べ18万屐22年度着工/三田小山町西再開発



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:港区]

 昨年の2月に港区のHPで公開されていた断面図です。フロア構成は1、2階に商業施設、3〜5階に事務所、6階に駐輪場、7階〜47階が住宅フロア、そして48階〜54階がホテルという複合ビルとなります。

 建設通信新聞の記事では地上55階建てとなっていたので1フロア増えたか、塔屋の機械室も1フロアとして数えている可能性がありますが、低層部に商業施設・事務所、中層部から高層部にかけて住宅、そして高層部がホテルという構成は変わっていないと思われます。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:野村不動産]

 低層部の商業施設の完成予想図です。隣の六本木ヒルズとはペデストリアンデッキで接続される予定となっています。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:野村不動産]

 場所は「六本木ヒルズ」の西側、街で言うと渋谷側で、六本木駅からは自分の感覚では徒歩8分くらいの距離かと思います。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:野村不動産]

 再開発区域には周辺の寺社も含まれているので、これで容積率アップを図っているものと思われます。テレビ朝日通り沿いの寺社の目の前には大型広場も整備されます。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 昨年の12月14日にヘリから撮影した「六本木ヒルズ」です。この手前が「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」にズームです。赤い網掛けをした場所が計画地です。右下の少し離れた場所も配置図等を見ると計画地に含まれており、緑地が整備されることになっているので赤網掛けをしましたが、ここに建っているビルはストリートビューを見ると2018年はまだ建設中というかなり新しいビルです。まだ再開発の区域に含まれているのか今はもう再開発から抜けているのかは不明です。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 少し角度を変えてもう1枚。続報が出てときに使おうと思い建設地をグルっと飛んでもらって撮りました。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 周辺のビルを含めた空撮です。右上に東京タワーが見えていますが「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」からは六本木ヒルズに隠れて見えないような気がしています。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 ただ六本木ヒルズ方面以外は低層の建物が多いので開けた視界が広がりそうです。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 六本木ヒルズの右側の道路がV字型になっていますが、この角地が「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。

 「六本木ヒルズ 森タワー」は地上54階、最高高さ238.05mで同再開発は高さ約200m。高さ200mは六本木ヒルズの屋内展望台くらいかちょっと展望台よりちょっと低いくらいの高さですかね。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 最初の空撮とは反対側から撮影。奥に見える超高層ビル群は渋谷です。この角度だと「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」は「六本木ヒルズ 森タワー」の左にギリギリ見えるかどうかといった感じかと思います。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 最後にもう1枚。中央の縦に見える道路がテレビ朝日通りでその左側が「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。

 住宅部は分譲なのか賃貸なのかはわかりませんが、分譲ならば全戸億ションでも不思議ではない立地です。自分が住めるようなマンションではないことは間違いありませんが、どういったタワーマンションになるのか楽しみです。

■物件概要■
計画名:西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区西麻布3丁目
用途:住宅、事務所、商業、ホテル、子育て支援施設、神社及び寺院並びにこれらに付属する建築物
総戸数:約550戸
階数:地上55階、地下3階
高さ:約200m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:約10,250
建築面積:約5,090
延床面積:約96,000
事業者:西麻布三丁目北東地区市街地再開発組合(予定)
事業協力者:野村不動産、ケン・コーポレーション、竹中工務店
工期:2021年度解体着手、2022年度着工、2026年度竣工予定

六本木4丁目の湖雲寺跡地に建設予定のホテル「ランガム」は衝撃的なデザインになる!?

ランガム東京
完成予想CG[出典:PEAK]

 当ブログでも過去に何度か紹介した六本木4丁目の湖雲寺跡地の再開発。香港の高級ホテルチェーン「ランガム」が超高層ホテルを建設する計画で「ベルザ六本木」や「六本木ことぶきビルディング」などの既存ビルが解体され、湖雲寺跡地埋蔵文化発掘調査も行われましたがその後はずっと動きのないままでした。

 ところが最近教えて頂いたサイトに衝撃的なデザインが完成予想図が公開されていました。久しぶりにランガムのHPを確認すると以前はCOMMING SOON 2021だったのがCOMIMING SOON 2024となっていたので、このデザインで計画が進められているのかもしれません。

▼PEAK | The Langham Tokyo - Ropponngi
https://www.peakdpm.com/the-langham-tokyo.html



ランガム東京
完成予想CG[出典:PEAK]

 開発者はPEAKでデザインは隈研吾。海外にありそうな低層部が細く上層部が太くなるこのデザイン。地震の多い日本で実現できるのか?と思ってしまいますが是非とも実現して欲しいです。



ランガム東京
完成予想CG[出典:PEAK]

 総客室数は280戸ということ以外規模の情報は見当たりませんでしたが、周辺のビルとの高さを見比べた感じだと高さ180mくらいでしょうか。過去の情報だと30階建てのホテルを建設ということでしたが、階数は30階以上あるように見えますが、今は続報を待つのみです。



(仮称)六本木4丁目計画

 ということで、久しぶりに現地の撮影に行ってきました。既存ビルの解体工事が行われていたときは「(仮称)六本木4丁目計画解体工事」となっていたので「(仮称)六本木4丁目計画」として扱います。

 まずは「六本木ヒルズ」の展望台からの眺めです。



(仮称)六本木4丁目計画

 場所はグレーのタワーマンション「THE ROPPONGI TOKYO」(地上39階、高さ149.92m)と首都高を挟んだすぐ近くです。背後のキューブを重ねた白い建物はアメリカ大使館宿舎です。



(仮称)六本木4丁目計画

 「(仮称)六本木4丁目計画」にズームです。



(仮称)六本木4丁目計画

 目の前から撮影。



(仮称)六本木4丁目計画

 仮囲いの中です。



(仮称)六本木4丁目計画

 何か作業が行われていました。現地作業予定の看板には特に何も書かれはいませんでした。



(仮称)六本木4丁目計画

 反対側の路地から撮影。背後の「THE ROPPONGI TOKYO」よりも高いランガムのホテルが計画されています。



(仮称)六本木4丁目計画

 今回、参考にしたランガムのHPとPEAKのHPを見ると名称は「THE LANGHAM, TOKYO」「The Langham Tokyo - Roppongi」「LANGHAM ROPPONGI」など3パターンありました。どういった名称になるのかはわかりませんが、それよりもあのデザインが建設されるのかどうかですね。最近は動きがなかったのでこの場所を追うのは放置気味でしたがこれからは追って行きたいと思います。



追記です。
ランガム東京
完成予想CG[出典:PEAK]

 完成予想図が掲載されていたサイトの別ページには違う完成予想図も載っていました。格子状の外枠を被せたような外観ですが、透けて見える中は下が細くなっています。こっちの方が現実的なデザインではありますが、最終的にはどういったデザインで落ち着くんでしょうね?

六本木のTSK・CCCビル跡地の駐車場で解体工事が始まる!過去には34階タワマンの建築計画のお知らせが設置されたことも

六本木7丁目の駐車場跡地

 六本木7丁目の広大な駐車場に動きがあったとメールで教えて頂いたので早速見てきました。

 ここは「TSK・CCCターミナルビル」跡地で色々とあり住友不動産が取得した土地で、一時期は地上34階建てのタワーマンションの建築計画のお知らせが設置されたこともありました。その後、住友不動産が隣地も取得し一体開発を行うとのことで、建築計画のお知らせも撤去され広大な駐車場となりその後はずっと何年も動きがありませんでしたが、ついにそのコインパーキングがついに閉鎖され解体工事のお知らせが設置されました。六本木通り沿いしか見ていませんが建築計画のお知らせは見当たりませんでした。ただ、近いうちに新たな動きがありそうですね。



(仮称)六本木七丁目駐車場の解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。名称は「(仮称)六本木七丁目駐車場施設撤去及び地中障害物撤去工事」で発注者は住友不動産で、解体工事を行うのは大成建設となっています。跡地の再開発概要は不明ですがそのときの施工者もそのまま大成建設となりそうです。



(仮称)六本木7丁目新築工事_建築計画

 これはかつて設置された「(仮称)六本木7丁目新築工事」の建築計画のお知らせです。このときは地上34階、最高高さ120.56mのタワーマンションでしたが、今はこれを超える規模の再開発に期待ですね。早く新たな情報が欲しいところです。



六本木7丁目の駐車場跡地

 六本木ヒルズの展望台から見た「TSK・CCCターミナルビル」跡地の駐車場です。結構な広さがあるためどのような再開発になるのか楽しみです。



六本木7丁目の駐車場跡地

 地上から見ているときは気が付かなかったのですが、駐車場の奥では地質調査のボーリングも行われていました。



東京ミッドタウン

 六本木ヒルズから見た東京ミッドタウンです。その途中に見える駐車場が現場となります。当初の計画通りタワーマンションとなるのか、計画はガラッと変わってオフィスビルになるのか。または住友不動産らしくオフィスの高層部にラ・トゥールなどの高級賃貸マンションとなるのか。一体どのような開発が計画されているんでしょうね。

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク