超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

中野

中野駅近くの地上24階、20階タワマン「囲町東地区第一種市街地再開発事業」の再開発組合の設立認可!

囲町東地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都]

 東京都より「囲町東地区第一種市街地再開発事業」を計画する囲町東地区市街地再開発組合の設立を9月16日に認可すると発表がありました。

 場所は中野駅の北口を出て線路沿いに西側に行った場所でA敷地とB敷地に分かれており、A敷地と敷地には地上24階、地下2階、高さ約100m、延べ約90,600屬僚斬陝∋務所、店舗で構成される複合施設、B敷地には地上20階、地下1階、高さ約90m、延べ約30,500屬僚斬霤錣建設されます。

▼東京都:報道発表資料(2020年9月15日)
囲町東地区市街地再開発組合の設立を認可します



囲町東地区第一種市街地再開発事業 断面イメージ
断面イメージ[出典:東京都]

 中野駅に近い側がA敷地で住宅棟と事務所棟に分かれた複合施設となります。事務所棟の1、2階が店舗フロアとなります。

 B敷地は1階に小規模な店舗が入るようですが、ほぼ住宅で構成されたタワーマンションとなります。



囲町東地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 敷地は線路沿いの東西に細長い敷地でA敷地とB敷地の間には広場が整備されます。A敷地とB敷地の間が三角形に切り取られていますが、この部分は既に「囲町ひろば」となっている部分のため広場が拡張される形となります。また、線路側には幅員16mの補助線街路221号線の整備も行われます。

 総事業費は約665億円で2021年の権利変換計画認可を経て、2021年11月着工、2025年3月の竣工を予定しています。事業協力者として三井不動産レジデンシャルと大成建設が参画しています。



囲町東地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 最初の書いた通り場所は中野駅北口の西側で東西に細長い敷地となっています。



囲町東地区第一種市街地再開発事業

 2015年1月にセスナから撮影した中野駅周辺です。赤い網掛けをした部分が「囲町東地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。

 計画地隣の板状の巨大なオフィスビルは「中野セントラルパークサウス」(地上22階、最高高さ99.95m)でこれとほぼ同じ高さのタワーマンションが目の前に建設されることになります。ほぼ同じ高さのため北側の眺望はありませんが、南側は中層階あたりからなら遮る建物のない視界が広がりそうです。



囲町東地区第一種市街地再開発事業

 今年の7月24日に撮影した「囲町東地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。背後の「中野セントラルパークサウス」が目立ちます。ここの17階〜21階にはキリングループの本社が入っています。



囲町東地区第一種市街地再開発事業

 この辺りはA敷地で住宅棟と事務所棟の間くらいかと思います。



囲町東地区第一種市街地再開発事業

 左の建物のさらに左側が線路で補助線街路221号線はその線路側に整備されます。



囲町東地区第一種市街地再開発事業

 その線路の上には歩道橋があり「囲町東地区第一種市街地再開発事業」の計画地を眺めることができます。こちらはA敷地側で地上24階、高さ約100mのタワーマンションなどが建設されます。



囲町東地区第一種市街地再開発事業

 こちらはB敷地側です。背後の建物は「明治大学中野キャンパス」(地上14階、高さ59.95m)です。B敷地には地上20階、高さ約90mのタワーマンションとなるので明治大学よりは高くなります。

■物件概要■
計画名:囲町東地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中野区中野四丁目地内
用途:住宅、事務所、店舗等
階数(A敷地):地上24階、地下2階
階数(B敷地):地上20階、地下2階
高さ(A敷地):約100m
高さ(B敷地):約90m
地区面積:約2.0ha
延床面積(A敷地):約90,600
延床面積(B敷地):約30,500
事業主:囲町東地区市街地再開発組合
事業協力者:三井不動産レジデンシャル、大成建設
工期:2021年11月着工〜2025年3月竣工予定
総事業費:約665億円

地上37階賃貸タワマン、地上20階オフィス「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設状況!住友不動産による物件です(2020.7.24)

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:住友不動産]

 中野駅前で建設中の「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。建築主は中野二丁目地区市街地再開発組合で参加組合員として住友不動産が参画しています。

 駅に近い右側(敷地北側)が業務棟で地上20階、高さ115.3m、延床面積49,759.50屐∈限Α壁瀉脇鄲Α砲住宅棟で地上37階、高さ146.84m、延床面積49,343.93屬竜模となります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:住友不動産]

 駅に近い側の業務棟の低層部の5フロアが店舗、中高層部がオフィスフロアで、オフィスフロアは1フロア500坪超、商業施設は1900坪超の広さとなります。

 住宅棟は総戸数397戸の賃貸マンションとなります。建築物環境計画制度を見ると賃貸395戸、分譲2戸となっていますが、この分譲2戸は地権者住宅のことかと思います。住友不動産なのでラ・トゥールシリーズになると予想していますが中野駅前のタワマンだと家賃はどの程度になるんでしょうね?



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 概要図

 現地の仮囲いに掲載されている概要図です。このように駅前広場に隣接した場所が建設地で住宅棟の横には広場も整備されます。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 整備イメージ図
整備イメージ図[出典:住友不動産]

 建設地は傾斜地なっており「丘の上の広場」は2階レベルの高さとなります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2020年7月24日に中野駅のホームから撮影した「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 仮囲いの透明部分から見た建設地の様子です。敷地全体が掘削されていました。以前は仮囲いと同じレベルに「中野駅前住宅」がありました。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 敷地東側に新設される道路部分です。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 敷地東側から撮影。奥に見えるタワーマンションは「中野ツインマークタワー」(地上29階、最高高さ112.2m)です。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 敷地南側から撮影。上から見た新設される道路はここへと繋がります。この道路に隣接した部分に広場が設置され、その隣に地上37階建ての住宅棟が建設されます。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 ところでこの中野駅の駅前広場に隣接したこれらのビルがあるあたりも計画地に含まれています。



ノイビル

 解体される気配がないのでどうなったのかなと思っていたら、2022年度末頃を目処に解体を始めるとのことでした。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 そのため駅前から見たこの景色はあと数年続きます。ただ、解体が始まる頃には背後に「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の業務棟や住宅棟が見えるようになっているかと思います。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。現地には東京都の条例によるものと中野区の条例によるものの2つの建築計画のお知らせが設置されていますが、東京都のものは施工者が未定のままで古そうなので中野区のものを掲載しておきます。ちなみに東京都の建築計画のお知らせは高さ147.18mとちょっと高くなっています。建築計画のお知らせでは業務棟と住宅棟が合わさった値となっているため下記物件概要では建築物環境計画制度の値を参考に載せています。

■物件概要(住宅棟)■
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物 A棟
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
用途:住宅、店舗
総戸数:397戸(賃貸395戸)
階数:地上37階、地下2階
高さ:146.84m
基礎工法:直接基礎
構造:RC造一部S造
敷地面積:4,404.85
建築面積:3,465.32
延床面積:49,343.93
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:西松建設
工期:2020年3月26日着工〜2024年2月29日竣工予定

■物件概要(オフィス棟)■
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上20階、地下2階
高さ:115.83m
基礎工法:直接基礎
構造:S造一部SRC造
敷地面積:5,676.67
建築面積:4,142.96
延床面積:49,759.50
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:西松建設
工期:2020年3月31日着工〜2024年2月29日竣工予定

住友不動産による中野駅前の37階タワマンと20階オフィス「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」が2020年3月に着工しました!

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:住友不動産]

 中野駅前に建設される「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」において、2020年3月10日に権利変換計画認可を受け、起工式を行ない着工したと参加組合員である住友不動産よりニュースリリースが出ました。

 同再開発事業は中野駅南口の駅前に位置しており、完成予想図の右側にあたる敷地北側には地上20階、高さ約117mのオフィス棟、南側に地上37階、高さ約147mの住宅棟を建設する計画となっています。

 これは新宿側(東側)から見た完成予想図で今回のニュースリリースで公開されたイメージとなります。

▼住友不動産:ニュースリリース(2020年3月30日)
中野駅南口駅前で賑わいの創出「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」工事着手



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:東京都]

 こちらは2018年7月に東京都のHPで公開された完成予想図です。建物の配置や大きさに大きな変更はなさそうですが、外観は大きく変わりオフィス棟の窓も少なくなっています。そして両棟の間にあった斜めの屋根も撤去されています。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:住友不動産]

 中野駅の南口駅前広場に隣接するオフィス棟の低層部は5層の店舗フロアとなります。

 住宅棟は総戸数約400戸となるタワーマンションで、今回のニュースリリースには分譲なのか賃貸なのかの記載はありませんでしたが、東京都の建築物環境計画制度で公開されている情報では分譲2戸、賃貸395戸となっています。分譲2戸は地権者住宅ということですかね。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
整備イメージ図[出典:住友不動産]

 建設地はこのように中野駅の目の前で敷地内には丘の上の広場も整備されます。また、中野二丁目土地区画整理事業によって敷地東側には新しい道路も整備されます。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 最近は現地に行けていなかったのでここからは以前載せた写真と同じです。これは2015年1月にセスナから撮影した「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。建設地は東京都住宅供給公社の「中野駅前住宅」が建ち並んでいた場所で、赤い網掛けした場所の隣に森がありますが、ここには現在「コーシャハイム中野フロント」が建っています。

 この森の一部も今回の再開発地に含まれているかと思いますが境目がよくわらないので森部分は網掛けから外しています。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 広角で撮影した中野駅周辺です。赤い網掛けをしたあたりが「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。写真右上の方に新宿の超高層ビル群があります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2019年9月7日に南口駅前広場から撮影した現地の様子です。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 そこから中に入った場所にある「中野駅前住宅」です。これは中野駅のホームから撮影したものですが当時は解体工事が始まるところでした。今はもう解体工事は終わっているようです。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 建設地は傾斜地となっておりその坂を下りた場所から見た様子です。このゲートから先にも道路が整備され、そしてその道路の左側には丘の上の広場も整備されます。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。これは設置当初に撮影したもののため今は数値が変わっているかもしれません。下記物件概要は今回のニュースリリースの値と建築物環境計画制度の値を優先して記載しています。

■物件概要(住宅棟)■
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
用途:住宅、店舗
総戸数:397戸
階数:地上37階、地下1階
高さ:146.84m
基礎工法:直接基礎
構造:RC造一部S造
敷地面積:4,404.85
建築面積:3,465.32
延床面積:49,343.93
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:西松建設
工期:2020年3月26日着工〜2024年2月29日竣工予定

■物件概要(オフィス棟)■
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上20階、地下2階
高さ:115.83m
基礎工法:直接基礎
構造:S造一部SRC造
敷地面積:5,676.67
建築面積:4,142.96
延床面積:49,759.50屐淵フィス部:42,398.94屐
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:西松建設
工期:2020年3月31日着工〜2024年2月29日竣工予定

建築計画のお知らせ設置!中野駅前の37階建てタワマン「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子(2019.9.7)

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:東京都]

 中野駅前に建設される「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。右が中野駅で地上20階、高さ約120mの事務所棟と地上37階、高さ150mの住宅棟が建設されます。建築主は中野二丁目地区市街地再開発組合で事業協力者に西松建設、参加組合員に住友不動産が参画しています。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:東京都]

 中野駅前となる事務所棟の低層部は店舗フロアとなります。住宅棟は高さ約145mとなっていますが現地建築計画のお知らせでは高さ150mとなっていました。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 このように北側に事務所棟、南側に住宅棟が配置され、東側には幅の広い道路が整備されます。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2015年1月にセスナから空撮した「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。建設地予定地には東京都住宅供給公社の「中野駅前住宅」が建ち並んでいます。手前の森がある辺りが配置図の公社街区で、現在は「コーシャハイム中野フロント」が建っています。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 中野駅周辺の空撮です。「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」は建て替えが計画されている「中野サンプラザ」とは中野駅を挟んで反対側となります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 中野駅前のロータリーから見た「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」方面です。駅前のビルはどこまでが計画範囲なのか正直よくわかっていませんが、ロータリー前のビルにも建築計画のお知らせが出ていました。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 中野駅のホームから見た「中野駅前住宅」です。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 こちらは仮囲いが設置されそろそろ解体が始まりそうな雰囲気がありました。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 ところで消防車が多数きていましたが誤作動で警報でも鳴ったんですかね?特に何か燃えたりしたような雰囲気はありませんでした。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 この駅前側が事務所棟で奥側が住宅棟となります。



ニューグリーンビル

 隣のニューグリーンビルも解体工事が行われていました。配置図などを見る限りではここは同再開発とは別かと思います。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 南側から撮影。こちら側が住宅棟の建設地となります。また、このゲートから先にも真っ直ぐ道路が整備されます。



コーシャハイム中野フロント

 公社街区に建設された「コーシャハイム中野フロント」です。




中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 西側には路地が閉鎖されている場所もありました。配置図で住宅棟の左にぴょこんと飛び出た部分がここかと思います。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。施工者は未定となっていますが事業協力者の西松建設となるかと思います。また、各面積のカッコの値は何なのかは不明です。

■物件概要■
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
用途:事務所、住宅、店舗、駐車駐
階数(住宅棟):地上37階、地下1階
高さ(住宅棟):150m
階数(事務所棟):地上20階、地下2階
高さ(事務所棟):約120m
敷地面積:10,081.52
建築面積:8,065
延床面積:99,800
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:未定(西松建設)
工期:2020年3月31日着工〜2024年2月29日竣工予定

高さ145mタワマン、高さ120mオフィス「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の組合設立認可!

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:東京都]

 昨日、東京都より2018年7月31日に「中野二丁目地区市街地再開発組合」の設立を認可すると発表がありました。同組合による「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」は地上37階、高さ約145mの住宅棟と地上20階、高さ約120mの事務所棟の2棟構成で延べ面積約96,200屬箸覆蠅泙后

 事業協力者に西松建設、参加組合員に住友不動産が参画しており、2019年3月に権利変換計画認可、2019年10月に着工、2022年12月に竣工予定となっています。総事業費は約633億円が見込まれています。

▼東京都:報道発表資料(2018年07月30日)
中野二丁目地区市街地再開発組合の設立を認可します

▼建設通信新聞(2018年7月31日)
都が本組合設立認可/約9万嶌導発施設、事業協力者に西松/中野二丁目再開発


中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:東京都]

 このように事務所棟の低層部には5フロアを使った店舗フロアとなります。


中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:東京都]

 建設地はこのように中野駅のすぐ南側です。


中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 中野駅に近い側が事務所棟でその南側に住宅棟が配置されます。住宅棟東側の2階レベルの高さに「光の上の広場」が整備されます。


中野二丁目地区市街地再開発
 中野駅から見た「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。これは2014年末の撮影ですが東京都住宅供給公社の「中野駅前住宅」が建ち並んでいます。この駅に近い側が事務所棟となります。

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業の空撮
 2015年1月の「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地の空撮です。赤く色を付けた場所が建設地で地区面積は約1.0haあります。手前のタワーマンションは「中野ツインマークタワー」(地上29階、最高高さ112.2m)です。これよりも大きなオフィスビルとタワーマンションが建つことなります。

中野駅周辺の空撮
 中野駅周辺の空撮です。中野駅前のシンボル「中野サンプラザ」の解体再整備計画の話もありますが、新しい中野区長が再検討すると言ったそうですしどーなるんでしょうね?こっちの再開発事業よりも気になります。

■物件概要■
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
用途:住宅、事務所、店舗、公益施設、駐車駐輪場等
階数(住宅棟):地上37階、地下1階
高さ(住宅棟):約145m
階数(事務所棟):地上20階、地下2階
高さ(事務所棟):約120m
地区面積:約1.0ha
延床面積:約96,200
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
事業協力者:西松建設
工期:2019年10月着工〜2022年12月竣工予定
総事業費:約633億円

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク