(仮称)柏木一丁目計画
 仙台市営地下鉄南北線の北四番丁駅から北側へ少し行った場所の「(仮称)柏木一丁目計画」です。分譲マンション建設地予定地の横断幕が見えていますが、この場所には三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、錢高組による地上23階、高さ75.6m、延べ15,900.05屐∩躙与176戸の免震構造のタワーマンションが計画されています。

(仮称)柏木一丁目計画
 敷地面積の3,053.23屬紡个靴瞳築面積は950.50屬箸なりゆとりある配置となるようです。撮影した5月6日はこの通り更地でしたが、建築計画では着工予定は5月15日となっていたため現在は着工しているかもしれません。ただ、その時点で施行者は未定となっていました。

仙台城跡からの眺め
 仙台城跡からの眺めです。左端のタワーマンションが「ライオンズタワー勾当台通」(地上29階、高さ103.62m)で、右側の板状の大き目のマンションが北仙台駅近くの「ライオンズタワー仙台青葉」(地上22階、最高高さ78.15m)です。「(仮称)柏木一丁目計画」の建設地は写真右端あたりで「ライオンズタワー勾当台通」と同じ通り沿いに建設されます。写真中央奥は「パークタワー台原」(地上31階、高さ110m)で少し離れた場所です。

(仮称)柏木一丁目計画 建築計画のお知らせ
 「(仮称)柏木一丁目計画」の建築計画のお知らせです。

■(仮称)柏木一丁目計画の物件概要■
計画名:(仮称)柏木一丁目計画
所在地:宮城県仙台市青葉区柏木一丁目190
用途:共同住宅
総戸数:176戸
階数:地上23階、地下なし
高さ:75.6m
敷地面積:3,053.23
建築面積:950.50
延床面積:15,900.05
構造:鉄筋コンクリート造・免震構造
基礎工法:直接基礎
建築主:三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、錢高組
設計者:大林組
施工者:未定
工期:2015年5月15日着工〜2017年7月31日竣工予定