超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

マッカーサー道路

高さ75m「(仮称)新橋四丁目計画」の建設地の様子(2016.8.21)

(仮称)新橋四丁目計画
(仮称)新橋四丁目計画の完成予想図[出典:森ビル]

 環状2号線の「新虎通り(マッカーサー道路)」と日比谷通りが交差する角地に建設される「(仮称)新橋四丁目計画」(地上15階、高さ75m)です。森ビルと大林新星和不動産によるオフィスビル(3〜14階)で1、2階は商業施設となります。新虎通りに面した場所にはテラスが設けられオープンカフェとなり、さらにはイベント開催可能なスペースも開設される予定となっています。ここは新虎通り沿道において推進されている街区の統合・再編を実現する第1号プロジェクトとなります。

▼森ビル:ニュースリリース(2016年7月12日)
新虎通り沿道開発のモデル事業「(仮称)新橋四丁目計画」着工へ

(仮称)新橋四丁目計画
 「虎ノ門ヒルズ」の真下を通る環状2号線の「新虎通り(マッカーサー道路)」の新橋側が「(仮称)新橋四丁目計画」の建設地となります。

(仮称)新橋四丁目計画
 「(仮称)新橋四丁目計画」の建設地です。建設地は「新橋29森ビル」と「日本生命田村町ビル」の跡地で既に解体済みのよう見えますが、解体工期は2017年4月20日までとなっています。ただ7月12日は起工式が行われ着工しているので建設と解体が同時進行となるようです。

(仮称)新橋四丁目計画
 別角度からもう1枚。建設されるビルの屋上にはルーフガーデンが整備されますが、オフィスワーカーのリフレッシュスペースやワークプレイスとなっているので一般の人は行けなさそうです。

(仮称)新橋四丁目計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。地上15階、塔屋1階となっていますが、森ビルのニュースリリースに掲載されている断面図を見ると14階と屋上となっているので屋上が15階として扱われるのかもしれません。

■(仮称)新橋四丁目計画の物件概要■
計画名:(仮称)新橋四丁目計画 新築工事
所在地:東京都港区新橋四丁目1番1外
用途:事務所・店舗・駐車場
階数:地上15階、塔屋1階、地下1階
高さ:75m(最高高さ75m)
構造:鉄骨造 一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:1,523.96
建築面積:1,300
延床面積:17,500
建築主:森ビル、大林新星和不動産
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2016年7月12日着工〜2018年9月末日竣工予定

環状2号線本日2014年3月29日に開通!虎ノ門ヒルズは6月11日開業

虎ノ門ヒルズの空撮
 約1ヶ月前に撮影した「虎ノ門ヒルズ」(地上52階、最高部高さ255.5m)の空撮です。「虎ノ門ヒルズ」は2014年6月11日に開業日が決定しましたが、その下を通る「環状2号線(愛称:新虎通り)」は本日、2014年3月29日に開通します。

環状2号線(新虎通り)
 ここからの写真は3月6日か3月16日の撮影の写真です。これは新橋側から見た「環状2号線(新虎通り)」です。戦後すぐに計画されたこともあり「マッカーサー道路」とも呼ばれていた道路ですがついに本日の15時に開通です。

環状2号線の新橋側の出入口
 「環状2号線(新虎通り)」の新橋側の出入口です。ここからトンネルに入ると出口は虎ノ門になります。

環状2号線の新橋側
 「環状2号線」の新橋側です。この先を行くと築地方面へ行くことが出来ます。

環状2号線
 「環状2号線(新虎通り)」のトンネルの上です。最大13mの歩道となるようですがこの辺りはそれくらいの幅がありそうでした。

虎ノ門ヒルズ
 「環状2号線(新虎通り)」の上に建つ超高層複合ビルの「虎ノ門ヒルズ」です。5階までが商業施設フロアやカンファレンスフロアなどになります。6階〜35階の30フロアはオフィスフロアとなり、37階〜46階はレジデンスフロアで総戸数172戸の「虎ノ門ヒルズレジデンス」となります。そして47階〜52階が総客室数164室のラグジュアリーブティックホテル「アンダーズ東京」となります。最上階の52階にはルーフトップバーやチャペルなどが設けられます。

虎ノ門ヒルズの低層部
 「虎ノ門ヒルズ」の低層部です。

虎ノ門ヒルズの低層部

虎ノ門ヒルズの低層部

環状2号線の虎ノ門側の出入口
 「環状2号線(新虎通り)」の虎ノ門側の出入口です。「虎ノ門ヒルズ」を通り過ぎてすぐの場所です。この写真では読めないと思いますがトンネル名称は「築地虎ノ門トンネル」となっています。3月23日にここを歩くイベントがあったのですがドバイにいたため参加出来ませんでした。このトンネルは自動車専用道路なので、歩ける機会はもうないと思うので行きたかったです。

環状2号線(新虎通り)
 「環状2号線(新虎通り)」の虎ノ門側の地上部分です。

環状2号線(新虎通り)
 正面に見える「JTビル」(地上35階、高さ169.7m)の辺りで外堀通りと繋がります。

虎ノ門ヒルズの物件概要
名称:虎ノ門ヒルズ
計画名:東京都市計画事業 環状第二号線新橋・虎ノ門地区 第二種市街地再開発事業III街区
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目23-1〜4
用途:事務所・店舗(物販・飲食)・カンファレンス・住宅・ホテル・駐車場
レジデンス部:虎ノ門ヒルズレジデンス(37階〜46階) 総戸数:172戸
ホテル部:アンダーズ東京(47階〜52階) 客室数:164室
階数:地上52階、塔屋1階、地下5階
高さ:高さ247m(最高高さ255.5m)
敷地面積:約17,100
建築面積:約9,400
延床面積:約244,400
構造:鉄骨造、(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
事業者(施工者):東京都
特定建築者(建築主):森ビル
設計:日本設計
施工:大林組
工期:2011年4月1日着工〜2014年5月竣工予定
開業:2014年6月11日予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

3箇所の展望台から見た「虎ノ門ヒルズ」と建設状況(2013年10月)

虎ノ門ヒルズ
虎ノ門で建設中の超高層ビル
虎ノ門ヒルズ」(地上52階、最高部高さ255.5m)です。

6階〜35階がオフィスフロア
36階が構造切り替えフロア
37階〜46階が総戸数172室のマンションフロア
47階〜52階がラグジュアリーブティックホテル「アンダーズ東京」
となります。

アンダーズ東京」は47階〜50階が客室となり
51階がチェックインなどを行う「アンダーズラウンジ
52階はバー、イベントスペース、チャペルとなります。

虎ノ門ヒルズ
反対側から見た「虎ノ門ヒルズ」です。
見る角度によって塔屋の形が違って見える面白いビルです。

虎ノ門ヒルズ
虎ノ門ヒルズ」の低層部です。
手前のネットが覆われた部分では換気塔が建設中です。

虎ノ門ヒルズと環状二号線
虎ノ門ヒルズ」の地下を通る「環状二号線」です。
ここから地下に入ると地上に出るのは新橋になります。

虎ノ門ヒルズと環状二号線
環状二号線」はここに出て来ます。

マッカーサー道路」とも呼ばれていたこの区間ですが
新虎通り」という愛称に決定しています。

この「環状二号線」はこの後汐留を抜けて築地市場を通り
そして勝どきの「THE TOKYO TOWERS」の横を通って「豊洲大橋」へと繋がります。

六本木ヒルズから見た虎ノ門ヒルズ
六本木ヒルズ」の屋上にある「スカイデッキ」から見た
虎ノ門ヒルズ」の最上部です。

虎ノ門ヒルズと夕景
自宅マンションから見た「虎ノ門ヒルズ」と夕日です。
ピッタリ太陽が乗っかりました。

サンシャイン60から見た虎ノ門ヒルズ
サンシャイン60」から見た「虎ノ門ヒルズ」です。

手前のビルはかつて日本一の高さの超高層ビルだった
霞が関ビルディング」(地上36階、高さ156m)です。
色々なビルにどんどん高さを抜かれてしまっています。

恵比寿ガーデンプレイスタワーから見た虎ノ門ヒルズ
恵比寿ガーデンプレイスタワー」から見た
虎ノ門ヒルズ」と「東京タワー」です。

今回の3連休は恵比寿では「恵比寿文化祭」が行われており
恵比寿ガーデンプレイスタワー」の38階のギャラリーでは
天空のえびすさん」というアート展示が行われていました。

この写真はそのギャラリーから撮影したものです。
普段はレストランに入らないとこの方角は見られません。

このイベントを知らずに行った恵比寿でしたがラッキーでした。

恵比寿ガーデンプレイスタワーから見た虎ノ門ヒルズ
せっかくなのでもう1枚。
虎ノ門ヒルズ」の背後は「東京スカイツリー」です。

左側の超高層ビルが完成して1年くらいの
アークヒルズ 仙石山森タワー」(地上47階、最高高さ206.69m)です。

この2棟の背後が東京駅周辺の超高層ビル群です。
恵比寿からの眺めはかなり良かったです。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

東京タワーから見た虎ノ門ヒルズ

東京タワーから見た虎ノ門ヒルズ
東京タワーの特別展望台から見た
虎ノ門ヒルズ」(地上52階、最高部高さ255.5m)です。

現地から見上げても高さはよくわかりませんが
こうして高いところから見ると高さが良くわかります。

東京タワーから見た虎ノ門ヒルズ
虎ノ門ヒルズ」の最上部にズームです。
最上部の外観の完成まではもう一息といったところですね。

この写真に写っているのはホテル「アンダーズ東京」となります。
47階〜50階が「アンダーズ東京」の客室
51階がチェックインなどを行う「アンダーズラウンジ
52階はバー、イベントスペース、チャペルとなります。

52階の一部はオープンエアスペースとなります。
黒っぽい屋根のすぐ下のネットが見える部分がそのスペースですかね?

東京タワーから見た虎ノ門ヒルズ
虎ノ門ヒルズ」の低層部にズームです。

虎ノ門ヒルズ
現地から見上げた「虎ノ門ヒルズ」です。

虎ノ門ヒルズ
低層部にです。
小さなクレーンがあるところが換気塔です。
ちょっと見に行かない間に随分と伸びていました。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

「虎ノ門ヒルズ(環状第二号線プロジェクト)」の建設状況(2013年7月15日)

虎ノ門ヒルズ
虎ノ門ヒルズ(環状第二号線プロジェクト)」(地上52階、最高部高さ255.5m)です。
最近は載せていなかっただけでちょくちょく撮りに行っています。
これは一週間くらい前の7月15日の撮影です。

虎ノ門ヒルズ
たまにはマッカーサー道路とも呼ばれる
新橋側の環状2号線のトンネルの出入り口前から。

このトンネルは「虎ノ門ヒルズ」の下を追加した所で地上に出ます。
もちろん地上部にも道路が出来ます。

虎ノ門ヒルズ
JTビル」の前辺りから見た「虎ノ門ヒルズ」です。
この場所は最近のお気に入り撮影スポットです。

この位置からは定点撮影はしていませんでしたが
この高さになって初めて映えるスポットですね。

虎ノ門ヒルズ
虎ノ門ヒルズ」の上部にズームです。

いつもの「虎ノ門ヒルズ」のフロア構成です。
6階〜35階までがオフィスフロア
36階部分が構造切り替えフロア
37階〜46階が総戸数172室のマンションフロア
47階〜52階がラグジュアリーブティックホテル「アンダーズ東京
となっています。

バルコニーがあるフロアがマンションフロアで
その上の47階〜50階が「アンダーズ東京」の客室です。
51階がチェックインなどを行う「アンダーズラウンジ
52階はバー、イベントスペース、チャペルが設置されます。
一部はオープンエアスペースになるようです。

虎ノ門ヒルズ
モリトラストガーデン トラヨン」辺りから見た「虎ノ門ヒルズ」です。
見る角度によって表情が変わる超高層ビルです。


2013年06月08日の虎ノ門ヒルズ
2013年05月12日の虎ノ門ヒルズ
2013年04月07日の虎ノ門ヒルズ
2013年03月16日の虎ノ門ヒルズ
2013年02月16日の虎ノ門ヒルズ
2013年01月19日の虎ノ門ヒルズ
2012年12月16日の虎ノ門ヒルズ
2012年11月10日の虎ノ門ヒルズ
2012年10月27日の虎ノ門ヒルズ
2012年09月29日の虎ノ門ヒルズ
2012年09月09日の虎ノ門ヒルズ

虎ノ門ヒルズ(環状第二号線プロジェクト)シリーズ


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。