超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

ホテルオークラ東京本館

9月12日にオープンした「The Okura Tokyo(オークラ東京)」の写真27枚(主に外観)

オークラ プレステージタワー

 昨日、2019年9月12日(木)に「The Okura Tokyoオークラ東京)」が開業しました。ここは「ホテルオークラ東京」の建替えで低中層部がオフィスフロア、高層部が客室となる「オークラ プレステージタワー」(地上41階、高さ188.65m)と、ホテルのみの「オークラ ヘリテージウイング」(地上17階、高さ約75m)があります。



オークラ プレステージタワー

 これは先月の8月24日に撮影したときの様子です。このときはオープン間近といった感じはまだしませんでした。



オークラ プレステージタワー

 フロア構成は8階〜25階がオフィスフロア、27階がフィットネ&スパ、28階〜40階が368室の客室(37階はクラブラウンジ)、そして最上階の41階は飲食店、チャペル、宴会場となります。



オークラ ヘリテージウイング

 隣の「オークラ ヘリテージウイング」(地上17階、高さ約75m)です。



オークラ ヘリテージウイング

 どう見ても17階もあるようには見えませんが、ここは傾斜地のためどこを1階にするかで階数は変わります。



大倉集古館

 改修・増築工事が行われた「大倉集古館」です。



大倉集古館

 「大倉集古館」は1917年8月に誕生した日本初の私立美術館だそうです。



The Okura Tokyo(オークラ東京)

 ここからは開業日の昨日、2019年9月12日に仕事帰りに撮影してきた「The Okura Tokyoオークラ東京)」の様子です。全てスマホ(Pixel3a)での撮影で数枚除いては撮ったままの写真です。



オークラ プレステージタワー

 一度は宿泊してみたい「オークラ プレステージタワー」(地上41階、高さ188.65m)です。もちろん客室にも明かりが灯っていました。初日にはどういった人建ちが宿泊したんでしょうね?昨日は視界が良かったので素晴らしい夜景が広がっていたかと思います。



オークラ プレステージタワー

 そのホテルのロビー側の車寄せです。タクシーが途切れることなく入ってきていました。



オークラ プレステージタワー

 メインの入口とは別側の様子です。



オークラ プレステージタワー

 急な坂の手前にはこのような広場もありました。帰り際にわかったのですがここは「オークラ東京」ではなく「港区立江戸見坂公園」のようでした。



オークラ プレステージタワー

 「オークラ プレステージタワー」のロビーに少しだけ寄ってみました。



オークラ プレステージタワー

 宿泊者でもないのでロビーをパッと見るだけにしてさっさと退散しました。



大倉集古館

 外に出てヘリテージウイング側に行った場所からの眺めです。「大倉集古館」がいい感じにライトアップされていました。



大倉集古館

 近くから「大倉集古館」を見るとこのような感じでした。



The Okura Tokyo(オークラ東京)

 ここからは「オークラ東京」の庭をグルっと散歩してみました。



The Okura Tokyo(オークラ東京)

 広々とした静かな場所で良かったです。



オークラ ヘリテージウイング

 庭から見た「オークラ ヘリテージウイング」の低層部です。



The Okura Tokyo(オークラ東京)

 両側に竹が植えられている道もありました。



The Okura Tokyo(オークラ東京)

 その竹林の隙間からは和を感じる庭もありました。



The Okura Tokyo(オークラ東京)

 この道は途中で途切れることなく先の道路まで続いていました。



港区立江戸見坂公園

 急な坂道にある「港区立江戸見坂公園」です。



港区立江戸見坂公園

 オークラ側にはエスカレーターもありました。



港区立江戸見坂公園

 出来たばかりの公園だと思いますがもう虫の音がリンリンと鳴っていました。



オークラ プレステージタワー

 最後は東京タワーから見た「オークラ プレステージタワー」です。



オークラ プレステージタワー

 いつかはこの最上階に行ってみたいものですね。全方向の景色が見てみたいです。

■物件概要■
名称:オークラ プレステージタワー
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:368室
階数:地上41階、地下1階(建築基準法:地上38階、地下4階)
高さ:188.65m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積(合計):20,442.44
建築面積(合計):13,262.54
延床面積(合計):180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定
開業:2019年9月12日

ホテルオークラ東京別館が野村不動産によって43階建てタワマンに建て替えが判明!別館の空撮と高さ約188m「オークラ東京」の建設状況(2019.2.11)

ホテルオークラ東京の空撮
 2019年1月27日にセスナから撮影した「ホテルオークラ東京」の建替え「The Okura Tokyoオークラ東京)」です。色々建設中のビルが見えていますが中央やや左のガラスカーテンウォールのビルのある場所です。そして写真下の横長の低層の建物が「ホテルオークラ東京別館」で野村不動産によって建て替えられることが港区の環境アセスにより判明しています。

 建て替えの事業者は野村不動産で計画名称は「(仮称)六本木一丁目計画」となっており、敷地面積は約9,260屬派瀉脇鄲Δ肪肋43階、地下2階、高さ約180m、延べ6万3500屬僚斬霤錙敷地北側に地上21階、高さ約115m、延べ4万7500屬了務所棟が配置される計画となっています。

 建物周辺にはまとまった規模の広場状空地、南西側には公園を設ける計画で、住宅棟と事務所棟の間は敷地の高低差を活かした立体的なオープンスペースと緑化空間で繋げる方針となっています。

 2021年度に新築工事に着手、2024年度に竣工、2025年度に供用を開始する予定となっています。ホテルオークラ東京が関わるのか野村不動産に売却するのかわかりませんが資料を見る限りではホテルは入らなさそうです。

▼港区環境アセスメント:2019年2月11日
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧【(仮称)六本木一丁目計画】

▼日刊建設工業新聞:2019年2月13日
野村不/ホテルオークラ別館建替(東京都港区)/総延べ11万平米、21年度着工

▼建設通信新聞:2019年2月13日
オークラ別館を再開発/業務・住宅の11万/野村不動産


ホテルオークラ東京別館
 数年前に撮影した「ホテルオークラ東京別館」です。この建物が見られるのも残り数年となるようです。

The Okura Tokyo(オークラ東京)
 別館の隣で建て替え工事中の「The Okura Tokyoオークラ東京)」です。左が「オークラ プレステージタワー」(地上41階、高さ188.65m)で右が「オークラ ヘリテージウイング」(地上17階、高さ約75m)です。

オークラ プレステージタワー
 「ホテルオークラ東京本館」の面影は全くなくガラスカーテンウォールを使った近代的な今風の外観となっていますが、一部内装は旧本館で使用していたものを移設、再現されます。

オークラ プレステージタワー
 「オークラ プレステージタワー」の8階〜25階はオフィスフロア、27階はフィットネ&スパ、28階〜40階は368室の客室(37階はクラブラウンジ)、そして最上階の41階は飲食店、チャペル、宴会場となります。

オークラ プレステージタワー
 一度は宿泊してみたいホテルですが金銭的都合により無理そうです。

オークラ ヘリテージウイング
 「オークラ ヘリテージウイング」です。こちらはホテル専用棟となります。

オークラ ヘリテージウイング
 このように傾斜地に建っているため見る場所によっては高さ感が全然違います。

オークラ ヘリテージウイング
 坂の上から見ると17階建てもあるようには見えまえん。

大倉集古館
 角地では「大倉集古館」の改修・増築工事中が行われています。

大倉集古館
 外観の工事はこのようにほぼ終わったようでした。

ホテルオークラ東京の空撮
 最後にもう一度「ホテルオークラ東京」周辺の空撮です。この辺りはニョキニョキと超高層ビルが建設され続けています。道路が碁盤の目になっていないのでごちゃっとした感じはありますが、それはそれで個人的に好きな要素です。

■物件概要■
名称:オークラ プレステージタワー
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:368室
階数:地上41階、地下1階(建築基準法:地上38階、地下4階)
高さ:188.65m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積(合計):20,442.44
建築面積(合計):13,262.54
延床面積(合計):180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定
開業:2019年9月上旬

地上41階、高さ約188m「オークラ東京」の建設状況(2018.12.9)

オークラ プレステージタワー
 「ホテルオークラ東京」の建替え「The Okura Tokyo(オークラ東京)」の「オークラ プレステージタワー」(地上41階、高さ188.65m)です。建替え前の「ホテルオークラ東京本館」の面影は全くなくガラスカーテンウォールの近代的な外観となりましたが、内装は旧本館で使用していたものを移設、再現する箇所もあります。

The Okura Tokyo(オークラ東京)
 角地にあった「大倉集古館」では改修・増築工事中が行われています。また、左の建物はホテルのみが入る「オークラ ヘリテージウイング」(地上17階、高さ約75m)です。急な傾斜地が建設地のためここから見ると17階建てには見えません。

オークラ プレステージタワー
 フロア構成は8階〜25階がオフィスフロア、27階がフィットネ&スパ、28階〜40階が368室の客室(37階はクラブラウンジ)、そして最上階の41階は飲食店、チャペル、宴会場となります。

オークラ プレステージタワー
 このようにかなり急な傾斜地が建設地となっています。ここの坂は歩いて登るのも結構大変です。

The Okura Tokyo(オークラ東京)
 北側から見た様子です。左の「オークラ プレステージタワー」の客室からはどの方向でも絶景が楽しめそうです。

オークラ プレステージタワー
 「虎ノ門ヒルズ」の広場から撮影。

オークラ プレステージタワー
 近くでは2日前に載せた「東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー」(地上37階、高さ179.95m)が建設中です。

The Okura Tokyo(オークラ東京) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:オークラ プレステージタワー
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:368室
階数:地上41階、地下1階(建築基準法:地上38階、地下4階)
高さ:188.65m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積(合計):20,442.44
建築面積(合計):13,262.54
延床面積(合計):180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定
開業:2019年9月上旬


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな中からソウルで撮影した超高層ビルです。ジャッキー・チェンに滑ってもらいたい外観のビルでした。

塔屋建設中!地上41階、高さ約188m「オークラ東京」の建設状況(2018.10.7)

オークラ プレステージタワー
 東京タワーのトップデッキから見た建設中の「The Okura Tokyoオークラ東京)」の「オークラ プレステージタワー」(地上41階、高さ約188m)です。右手前は虎ノ門パストラル跡地で建設中の「東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー」(地上37階、高さ179.95m)です。

オークラ プレステージタワー
 「オークラ プレステージタワー」にズームです。最上階に到達して塔屋部分の建設が行われていました。

オークラ プレステージタワー
 現地で見上げた「オークラ プレステージタワー」です。

オークラ プレステージタワー
 フロア構成は7階までが飲食店や宴会場、グランドチャペルなど、8階〜25階がオフィスフロア、27階がフィットネ&スパ、28階〜36階と38階〜40階が368室の客室、途中の37階がクラブラウンジ、そして最上階の41階は飲食店、チャペル、宴会場となります。大雑把に言うと低層部が飲食店等、中層部がオフィスフロア、高層部がホテルといった感じです。

The Okura Tokyo(オークラ東京)
 「オークラ プレステージタワー」(地上41階、高さ約188m)の隣ではホテルのみが入る「オークラ ヘリテージウイング」(地上17階、高さ約75m)が建設中です。坂の一番下を1階扱いとしているのか17階建てには見えません。

オークラ ヘリテージウイング
 坂の上から見るとさらに17階建てには見えません。

The Okura Tokyo(オークラ東京)
 また敷地内では「大倉集古館」の改修・増築工事中が行われています。

オークラ プレステージタワー
 少し離れた場所から撮影。左手前の頭だけ見えている建物が「ホテルオークラ東京 別館」で「ホテルオークラ東京本館」の建替え前と同じようなデザインとなっています。建て替え後は右手前のビルのような雰囲気で「ホテルオークラ東京本館」の面影は全くありません。ただ、内装は旧本館で使用していたものを移設したり再現したりする箇所もあります。

■物件概要■
名称:オークラ プレステージタワー
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:368室
階数:地上41階、地下1階(建築基準法:地上38階、地下4階)
高さ:188.65m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積(合計):20,442.44
建築面積(合計):13,262.54
延床面積(合計):180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定
開業:2019年9月上旬


■お知らせ■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!大きな書店の建築コーナーに置いてあると思いますが見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな中から1枚。ソウルで建設中のタワーマンションです。日本と違って外壁は後からなのか廃墟感がありました。

最上階の41階到達!ホテルオークラ東京本館建替え「オークラ東京」の建設状況(2018.8.18)

The Okura Tokyo(オークラ東京)
 「ホテルオークラ東京本館」の建替え「The Okura Tokyoオークラ東京)」です。左の高層棟が「オークラ プレステージタワー」(地上41階、高さ約188m)、右の中層棟が「オークラ ヘリテージウイング」(地上17階、高さ約75m)です。

 左の隙間に見える建設中のビルは「東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー」(地上37階、高さ179.95m)です。周辺では複数の超高層ビルが建設中かつまだ着工していない超高層ビルが複数あり、年々超高層ビル群が成長中している場所です。

The Okura Tokyo(オークラ東京)
 坂を登った場所から見た「The Okura Tokyoオークラ東京)」です。中央は改修・増築工事中の「大倉集古館」です。

オークラ プレステージタワー
 「オークラ プレステージタワー」(地上41階、高さ約188m)です。フロア構成は7階までが飲食店や宴会場、グランドチャペルなど、8階〜25階がオフィスフロア、27階がフィットネ&スパ、28階〜36階と38階〜40階が368室の客室、途中の37階がクラブラウンジ、そして最上階の41階は飲食店、チャペル、宴会場が設置されます。

オークラ プレステージタワー
 一度は宿泊してみたいホテルですが軽く予算オーバーするのは間違いありません(^^;)

オークラ プレステージタワー
 中層のホテル専用棟「オークラ ヘリテージウイング」(地上17階、高さ約75m)です。坂の上から撮っているので低く感じます。

オークラ プレステージタワー
 六本木一丁目から見た「オークラ プレステージタワー」です。

オークラ プレステージタワー
 ズームです。最上階の41階まで達しています。

オークラ プレステージタワー
 「虎ノ門ヒルズ」前から撮影。

オークラ プレステージタワー
 「虎ノ門ヒルズ」の敷地に入って撮影。「ホテルオークラ東京」の面影は全くありませんが、内装などは旧本館で使用していたものを移設したり再現したりする箇所もあります。

The Okura Tokyo(オークラ東京) フロア構成
フロア構成図[出典:ホテルオークラ]

The Okura Tokyo(オークラ東京) 配置図
配置図[出典:ホテルオークラ]

オークラ ヘリテージウイング
ヘリテージロビー[出典:ホテルオークラ]

オークラ プレステージタワー
メインロビー[出典:ホテルオークラ]

■物件概要■
名称:オークラ プレステージタワー
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:368室
階数:地上41階、地下1階(建築基準法:地上38階、地下4階)
高さ:188.65m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積(合計):20,442.44
建築面積(合計):13,262.54
延床面積(合計):180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定
開業:2019年9月上旬

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク