超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

ベルザ六本木ビル

「ベルザ六本木」など解体中「(仮称)六本木4丁目計画」の解体工事状況(2017.3.4)

(仮称)六本木4丁目計画
 3月4日に撮影した「(仮称)六本木4丁目計画」です。現在は「ベルザ六本木」や「六本木ことぶきビルディング」など既存ビルの解体工事などが行われています。

(仮称)六本木4丁目計画
 以前の情報だと解体後の跡地は香港の高級ホテルチェーンの「ランガム」が30階建てのホテルを建設する計画となっています。

(仮称)六本木4丁目計画
 六本木通り沿いから撮影した「(仮称)六本木4丁目計画」です。

(仮称)六本木4丁目計画
 六本木駅側から撮影。解体中のビルは色々あった「ベルザ六本木」です。

六本木ヒルズからの眺め
 六本木ヒルズからの眺めです。左の巨大な超高層ビルは「東京ミッドタウン」で、「(仮称)六本木4丁目計画」は写真右下あたりです。

(仮称)六本木4丁目計画
 「(仮称)六本木4丁目計画」にズームです。中央に少しだけ見えている解体工事現場が同計画地です。気になる人もいると思うで触れておくと左上はアメリカ大使館宿舎です。

(仮称)六本木4丁目計画解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。4月30日までの解体工期で小椋組によって行われています。

(仮称)六本木4丁目計画解体工事範囲図
 解体工事範囲図です。このあたりの土地は「湖雲寺」という寺が所有していたそうですが、土地を担保に再開発をしようとしたところ不動産ブローカーにいいようにやられて「湖雲寺」の土地はほとんどなくなって11基のお墓だけが残り、それらがネックとなって再開発の計画がストップしていたという過去があったようです。この範囲図のDの文字の左側あたりにその墓が残っているので、墓は残すことで話しがまとまったものと思われます。あとは計画通りランガムのホテルが建設されるかどうかですね。

(仮称)六本木4丁目計画解体工事「ベルザ六本木」など4棟の解体状況(2016.12.17)

(仮称)六本木4丁目計画
 既存ビルの解体工事が行われている「(仮称)六本木4丁目計画」です。六本木ヒルズの展望台から撮影しました。地上げなど色々あった場所で「ベルザ六本木」や「六本木ことぶきビルディング」などが解体中です。

六本木ヒルズからの眺め
 少し広角で撮影。四角を組み合わせたデザインのアメリカ大使館宿舎の近くです。解体後の跡地ですが、以前は香港の高級ホテルチェーンの「ランガム」が30階建ての高層ホテルを建設する計画がありました。この計画が今でも継続中なのかは不明です。

解体中のベルザ六本木
 解体中の「ベルザ六本木」です。

解体中の六本木ことぶきビルディング
 解体中の「六本木ことぶきビルディング」です。

(仮称)六本木4丁目計画
 首都高越しに見た「(仮称)六本木4丁目計画」です。それなりに広い敷地です。

(仮称)六本木4丁目計画解体工事範囲図
 現地に掲示されている(仮称)六本木4丁目計画解体工事範囲図です。Dと書いてある場所の左に湖雲寺の墓地(11基)がありましたが、範囲に入ってなさそうな感じがします。また、範囲内のビルが描かれていない場所は駐車場となっていた場所です。

(仮称)六本木4丁目計画解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。「Great eagle Tokyo特定目的会社」を発注者として小椋組によって2016年9月18日〜2017年4月30日の工期で解体工事が行われます。

「ベルザ六本木」など4棟が「(仮称)六本木4丁目計画解体工事」として来月から解体開始!

(仮称)六本木4丁目計画
 去年10月の六本木・赤坂方面の空撮です。この中で左下に名称を入れた場所で「(仮称)六本木4丁目計画」として解体工事のお知らせが設置されました。

 位置関係を説明しますと中央の建設中のビルが「六本木グランドタワー」(地上43階、高さ230.76m)で、その右側の首都高の下あたりが東京メトロ南北線の六本木一丁目駅となります。また、「(仮称)六本木4丁目計画」の目の前にある首都高を左側に行くと六本木駅があります。

(仮称)六本木4丁目計画解体工事
 「(仮称)六本木4丁目計画」の解体工事のお知らせです。正確には「(仮称)六本木4丁目計画解体工事」で全4棟の解体が「Great eagle Tokyo特定目的会社」を発注者として、2016年9月18日〜2017年4月30日までの工期で小椋組によって解体工事が行われます。

(仮称)六本木4丁目計画
 「(仮称)六本木4丁目計画」の現地です。左のビルは「ベルザ六本木ビル」です。右の仮囲いの奥には湖雲寺の墓地(11基)がありましたがどうなったのかは不明です。

(仮称)六本木4丁目計画
 この六本木4丁目のこの場所は、このブログでも何度か取り上げていますが不動産ブローカーによる地上げがあった場所で色々とこじれていたようですが、こうして来月から解体工事が始まるということは全て片が付いたということのようですね。

(仮称)六本木4丁目計画
 上のビルとの間にコインパーキングがありますが、この「六本木ことぶきビルディング」も同じ解体工事のお知らせが設置されていました。

 この一帯には香港の高級ホテルチェーンの「ランガム」が30階建ての高層ホテルを建設する計画があった場所ですが、今は再びその計画が動き出すのか気になるところです。

▼過去記事
2016/07/11:六本木4丁目のあの場所に仮囲いの設置開始
2016/07/11:六本木4丁目のあの場所の現地の様子

六本木4丁目のあの場所に仮囲いの設置開始

 以前、当ブログで「六本木4丁目のあの場所の現地の様子」として載せたあの場所に進展がありました。どんな場所かはそのブログ記事を見てもらいたいのですが、実はその当事者である株式会社パールリゾートの名前で約1ヶ月前に進展があったことをうかがえるコメントがありました。それが本物かどうかの判断が付きませんでしたが、今回見た現地の様子からして本物と判断して記事を進めます。

ベルザ六本木ビル
 あの場所とはこの「ベルザ六本木ビル」などが建つ六本木4丁目の首都高沿いの一帯であり、その中でこの「ベルザ六本木ビル」に株式会社パールリゾートが退去せずにずっと入居していました。それがブログのコメントによると6月7日付けで退去したようで、実際現地に行ってみると仮囲いの設置が始まっていました。

六本木4丁目
 隣のビルは以前から既に退去済みでしたが廃品が置かれるなど荒れていたのが、現在はこうして仮囲いが設置されていました。

六本木ことぶきビルディング
 「ベルザ六本木ビル」の近くに建つ「六本木ことぶきビルディング」も仮囲いの設置が始まるのか鉄パイプで囲われていました。

六本木4丁目
 ビルの反対側から見た様子です。目の前の道路を右側に行くと六本木駅があります。

六本木4丁目
 少し引きで見た様子です。このように背後には広めのパーキングもあり、ここも含めた一帯が再開発の計画地かと思います。正確な範囲はわかりませんが、右側の仮囲いの奥も計画地であり…

墓地
 そこには11基の墓地があります。この墓の扱いがどうなったかは不明です。

 この一帯の再開発計画として香港の高級ホテルチェーン「ランガム」が30階建ての高層ホテルで進出する計画があったのですが、資金決済が行われずに計画が頓挫しかけているとのことでした。ただ、今回退去も終わり仮囲いの設置が始まったので計画が再び動き出すのかもしれません。とりあえず一歩前進は間違いありません。

 この件に関しては自分でもよくわかっていないので文章がめちゃくちゃになってしまって申し訳ありません。まとめきれませんでした…。簡単にまとめると…仮囲いの設置が始まったよ!です。

六本木4丁目のあの場所の現地の様子

六本木4丁目
 六本木駅から霞が関方面の坂を下ったところの六本木4丁目のこの場所。テナントは続々と引っ越ししており周辺にはコインパーキングがあり、如何にも再開発が始まりそうな雰囲気となっており、再開発に興味がある人がここを通れば必ず気にになる場所です。

 そんなこの場所には香港の高級ホテルチェーンの「ランガム」が進出して30階建ての高層ホテルを建設する計画がありましたが、資金決済が行われずに計画が頓挫しかけているとのことです。

 ここにはもともと「湖雲寺」があり、土地を担保に再開発をしようとしたところ、ブローカーにどんどん食われて「湖雲寺」の土地はほとんどなくなり、土地の権利問題も複雑にこじれ、そして10数基のお墓が残り、それらがネックとなり決済が行われなかったようです。かなりかみくだいて書きましたが、以下にこれを扱った記事のリンクを貼っておくので詳細はそちらを参照してください。

▼週刊0510:2016年1月14日
「"迷刹"湖雲寺の祟り?――『六本木・500億円高層ホテル構想』が頓挫!」<事件>

▼NEWSポストセブン:2016年2月8日
資産100億円から所持金4万円になった金髪住職の後悔

ベルザ六本木ビル
 ここは不動産業界では有名な場所のようで、ツイッターでフォローしている不動産関係者の中でも話題となっていました。

警告
 なんだか色々あるようでこのような貼り紙も…撮影は1月24日です。

六本木4丁目
 周辺にはこうしてコインパーキングがあり、再開発が始まるのを待っています。

六本木4丁目
 裏にもコインパーキングがありますが、どこまでが同再開発の敷地なのかはわかりません。

六本木4丁目
 更地になっている場所もあります。

六本木4丁目
 その更地の奥に残ったお墓がありました。

 NEWSポストセブンの記事では「建設計画は中止されたわけではありません。地上げが完全に終了しておらず、権利問題で話がこじれているだけ。半年間、様子を見ようということです」(ホテル関係者)と記載されていたので、きっとどこかの不動産ブローカーが権利関係をまとめて再開発されるものだと思っていますが、実際、今後はどーなるんでしょうね?




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。