超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

プラウドタワー武蔵小杉

小杉町3丁目東地区の本組合設立!武蔵小杉で44階建てタワーマンション建設へ

小杉町3丁目東地区第一種再開発事業の完成予想図
小杉町3丁目東地区第一種再開発事業の完成予想図[出典:建設通信新聞]

 武蔵小杉駅近くの「小杉町3丁目東地区」では地上44階建てのタワーマンションの計画がありますが、最近は続報がないなと思っていたところ本日の建設通信新聞に続報が掲載されました。3月2日に小杉町3丁目東地区市街地再開発組合の設立総会が開かれ2014年度事業計画を承認したとのことです。

 参加組合員に三井不動産レジデンシャルと東急不動産が参画しており、今後は実施設計とともに施工者選定手続きを進めて2016年9月頃までに決定し、既存建物の解体工事に着手、そして2019年度内の完成を目指します。基本設計は日本設計、事業協力者に大成建設が参画しています。施工はそのまま大成建設になると思われます。

 建設通信新聞には完成予想図も掲載されていましたが、川崎市のHPに掲載されている完成予想図からより詳細な図になっていました。この完成予想図だと普通の箱型のタワーマンションに見えますが、平面図だと三角形のようになっています。

▼建設通信新聞:2015年3月4日
小杉町3丁目東地区再開発/本組合を設立/三井不レジ、東急不が参画

武蔵小杉の空撮
 今年1月の武蔵小杉の空撮です。「小杉町3丁目東地区」は名称を入れた場所で、「エクラスタワー武蔵小杉」(地上39階、高さ149m)と「プラウドタワー武蔵小杉」(地上45階、高さ158.95m)に挟まれています。近くではツインタワーとなる「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」(地上53階、高さ178.9m)も建設中です。

 イトーヨーカドーの上(北側)が「小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業」の高層棟で、右(東側)が低層棟となります。

小杉町3丁目東地区第一種再開発事業
 「小杉町3丁目東地区」の現地です。ずっと動きがなかったので最近は目視確認するだけで撮影はせずに素通りでした。そのためこれは2013年9月の撮影でちょっと古いです。この一帯が高層棟で地上44階建てのタワーマンションが建設されます。

小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業
 TSUTAYA小杉店などがあるこの一帯は地上4階建ての商業・業務施設となる低層棟が建設されます。

小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業 事業計画の構想の概要
 以前はこういった「小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業」の事業計画の構想の概要が設置されていました。右の図を見るとマンションの平面図が三角形というのがわかるかと思います。

小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業 事業計画のお知らせ
 事業計画の構想の概要が設置された後は「小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業」の事業計画のお知らせが設置されました。ただ、途中でこのお知らせは撤去されて最近は見かけることはありません。ただ、ようやく本格始動したのでまた事業計画のお知らせが設置されると思います。

■小杉町3丁目東地区第一種再開発事業の物件概要■
計画名:小杉町3丁目東地区第一種再開発事業
所在地:川崎市中原区小杉町3丁目414番地ほか
用途:共同住宅、商業・業務施設、公益施設
総戸数:約520戸
階数:地上44階、地下2階
高さ:高さ約160m
施行区域:約1.1ha
建築面積:約5,200
延床面積:約72,900
構造:RC・S造
事業主:小杉町3丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル、東急不動産
事業協力者:大成建設
事業コンサルタント:協同組合都市設計連合
基本設計:日本設計
施工:未定
工期:2016年9月着工〜2019年度竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイーストの空撮(2015年1月25日撮影)

武蔵小杉の空撮
 武蔵小杉の空撮です。中央を縦に通っている路線がJR南武線でこの空撮写真上が西側となります。

 その南武線の右側(北側)の大きく掘削している場所が「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」(地上53階、高さ178.90m)の建設地です。その上側(西側)にも広い敷地がありますが、そこは「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト」(地上53階、高さ178.90m)の建設地で53階建てのツインタワーとなります。

 ちなみに正式に名称が発表されているのはタワーズイーストだけで、タワーズウエストはまだ名称等は発表になっていません。ただ、99%タワーズウエストになると思います。

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト
 空撮は1月25日の撮影ですが、これは1月10日に現地で撮影した「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」の建設地です。地上から見ても今の段階は面白くないので現地写真はこれだけにしておおきます。

武蔵小杉の空撮
 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト」の下側の「プラウドタワー武蔵小杉」(地上45階、高さ158.95m)と「エクラスタワー武蔵小杉」(地上39階、高さ149m)に挟まれた場所では地上44階、高さ約160mの「小杉町3丁目東地区第一種再開発事業」があります。そこと南武線を挟んだ隣のホテル・ザ・エルシィ、NEC小杉ビル跡地でもタワーマンションの計画があります。

 そして黒系のオフィスビル「武蔵小杉タワープレイス」(地上23階、高さ100m)の背後では高さ180mのツインタワー計画「(仮称)日本医科大学武蔵小杉開発計画」があります。

 まだまだ武蔵小杉のタワーマンション建設ラッシュは止まらなさそうです。

武蔵小杉の空撮
 「パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン」の建設地です。ツインタワーは角度を付けて配置することが多いですが、ここは同じ向きに建設されます。

武蔵小杉の空撮
 逆光気味ですが西側から見た武蔵小杉です。

武蔵小杉のタワーマンション群の空撮
 完全に逆光ですが武蔵小杉のタワーマンション群全体です。中央やや右上で建設中のタワーマンションは「シティタワー武蔵小杉」(地上53階、高さ185m)です。

 現時点でも全国有数のタワーマンション群に成長しています。

パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイーストの完成予想図
パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデンの完成予想図[出典:公式HP]

 完成予想図を見るとペデストリアンデッキが描かれているので、武蔵小杉駅まで信号を渡らずに行けるようになるようです。

 高層階に設置される共用施設としては屋上にスカイガーデン、49階にビューバス、48階にビューラウンジ、ゲストサロン、カンファレンスルームがあります。もちろん低層階にも共用施設はあります。

■パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイーストの物件概要■
名称:パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト
計画名:(仮称)小杉町二丁目地区開発計画A地区
所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町2丁目276-1他(地番)
用途:共同住宅、飲食店舗、学習塾、集会場、保育所、診療所
総戸数:592戸(他に店舗7区画、コンベンション施設)
階数:地上53階、地下1階
高さ:178.90m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:8,498.46
建築面積:5,306.26
延床面積:71,003.60
建築主(売主):三井不動産レジデンシャル、JX日鉱日石不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2014年7月10日着工〜2017年12月下旬竣工予定
販売:2015年6月下旬第1期販売開始予定
入居:2018年3月下旬予定


人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

地上54階ツイン「小杉町二丁目開発計画」と地上44階「小杉町3丁目東地区」の現在状況(2014年3月末)

武蔵小杉駅周辺の空撮
 約1年前の撮影ですが武蔵小杉駅周辺の空撮です。武蔵小杉はご存知の通りタワーマンションの建設ラッシュが続いており、この空撮写真には写っていませんが現在、昨日載せた「シティタワー武蔵小杉」(地上53階、高さ185m)が建設中で、この空撮に写っている「プラウドタワー武蔵小杉」(地上45階、高さ158.95m)は今は既に外観がほぼ完成したところまできています。そしてこれからは「(仮称)小杉町二丁目開発計画」(地上54階、高さ180m、ツインタワー)の建設がはじまり、「小杉町3丁目東地区第一種再開発事業」(地上44階、高さ約160m)も1年以内に動き出すと思われます。
 武蔵小杉は東急東横線、目黒線の武蔵小杉駅(オレンジ色の建物がある場所)、JR南武線の武蔵小杉駅(縦文字のところ)、JR横須賀線の武蔵小杉駅(左下)があり、周辺にはタワーマンションが林立しています。武蔵小杉は現時点でも全国有数のタワーマンション密集地帯ですが、今後もタワーマンションは増えて行きます。

(仮称)小杉町二丁目開発計画
 「(仮称)小杉町二丁目開発計画」の武蔵小杉駅側の計画地です。JX日鉱日石エネルギーの社宅が建っていた場所ですが既に解体されていました。

(仮称)小杉町二丁目開発計画
 「(仮称)小杉町二丁目開発計画」の武蔵小杉駅から遠い側の計画地です。こちらはJX日鉱日石エネルギーの社宅が解体中でした。この両敷地に地上54階、高さ180mの三井不動産レジデンシャルのタワーマンションが建つことになります。

(仮称)小杉町二丁目開発計画 事業計画のお知らせ
 「(仮称)小杉町二丁目開発計画」の事業計画のお知らせです。設計者と施工者が以前は鹿島建設でしたが竹中工務店に変更になっていました。

■(仮称)小杉町二丁目開発計画の物件概要■
計画名:(仮称)小杉町二丁目開発計画
所在地:川崎市中原区小杉町二丁目228番1ほか4筆
用途:店舗、事務所、集会所、保育所、共同住宅

--- A地区 ---
総戸数:640戸
階数:地上54階、地下1階
高さ:高さ180.00m
敷地面積:8,480.00
建築面積:5,550.00
延床面積:69,130.00

--- B地区 ---
総戸数:640戸
階数:地上54階、地下1階
高さ:高さ180.00m
敷地面積:8,650.00
建築面積:5,160.00
延床面積:70,170.00

構造:RC造、一部S造
事業主:三井不動産レジデンシャル、JX日鉱日石不動産
設計:竹中工務店
施工:竹中工務店
工期:2014年8月1日着工〜2017年7月末日竣工予定

小杉町3丁目東地区第一種再開発事業
 「小杉町3丁目東地区第一種再開発事業」の計画地です。TSUTAYAなどがある一帯が計画地でイトーヨーカドーを避けるようなL字型の敷地となります。ただタワーマンションが建つのはJR南武線の線路側で、この写真あたりは低層の商業施設部分となる予定です。

小杉町3丁目東地区第一種再開発事業 事業計画のお知らせ
 「小杉町3丁目東地区第一種再開発事業」の事業計画のお知らせです。以前はこの事業計画のお知らせが掲示されていたのですが、今回は発見出来ませんでした。何かあったんですかね?

■小杉町3丁目東地区第一種再開発事業の物件概要■
計画名:小杉町3丁目東地区第一種再開発事業
所在地:川崎市中原区小杉町3丁目414番地ほか
用途:共同住宅、商業・業務施設、公益施設
総戸数:約520戸
階数:地上44階、地下3階
高さ:高さ約160m
敷地面積:約8,350
建築面積:約5,120
延床面積:約76,000
構造:RC造、SRC造、一部S造
事業主:小杉町3丁目東地区市街地再開発準備組合
設計:日本設計
施工:未定
工期:2015年7月着工〜2018年12月竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

「パークシティ武蔵小杉ザ グランドウイングタワー」など武蔵小杉駅の東側(2013年9月28日)

パークシティ武蔵小杉ザ グランドウイングタワー
東横線の武蔵小杉駅の南側で建設中のタワーマンション
パークシティ武蔵小杉ザ グランドウイングタワー」(地上38階、高さ141.74m)です。
外観は既に完成しているようでした。

パークシティ武蔵小杉ザ グランドウイングタワー
ちょっと逆光気味ですが別角度から見た
パークシティ武蔵小杉ザ グランドウイングタワー」です。

手前で建設中の建物は4階建ての商業施設「ララテラス」です。
グランドウイングタワーはここを通って武蔵小杉駅に直結となります。

武蔵小杉のタワーマンション群
武蔵小杉のタワーマンション群です。

左側が「パークシティ武蔵小杉ザ グランドウイングタワー」(地上38階、高さ141.74m)
中央が「パークシティ武蔵小杉 ミッドスカイタワー」(地上59階、高さ203.5m)
右側が「パークシティ武蔵小杉 ステーションフォレストタワー」(地上47階、高さ162.8m)
といったように「パークシティ武蔵小杉」が3棟並んでいます。

そして手前の建設中の敷地が商業施設の「アリオ武蔵小杉」となります。
敷地のほんの一部しか写真には写っていませんが
アリオ武蔵小杉」はかなり広い敷地です。

ここ最近の武蔵小杉駅周辺の再開発によって商業施設が増えていますが
ここが完成すれば武蔵小杉の人の流れが大きく変わりそうですね。

アリオ武蔵小杉の完成予想CG
現地に設置されている「アリオ武蔵小杉」の完成予想CGです。
ちなみに「アリオ武蔵小杉」という名称はまだ仮称のようです。

シティタワー武蔵小杉
アリオ武蔵小杉」の隣の敷地では住友不動産のタワーマンション
シティタワー武蔵小杉」(地上53階、高さ185m)が建設中です。

販売は2013年11月上旬でこれからのようです。
武蔵小杉のタワーマンションは好調に売れているようなので
ここも人気が出るのではないでしょうか?

シティタワー武蔵小杉の完成予想CG
現地に設置されている「シティタワー武蔵小杉」の完成予想CGです。
武蔵小杉のタワーマンションでは初の黒っぽいデザインです。

武蔵小杉のタワーマンション群
新川崎駅前から見た武蔵小杉のタワーマンション群です。

左端で建設中のタワーマンションが
プラウドタワー武蔵小杉」(地上45階、高さ160m)です。

今は他のタワーマンションとちょっと離れて見えていますが
今後は先ほど紹介した「シティタワー武蔵小杉
ツインタワーの「小杉町二丁目開発計画」(地上54階、高さ180m)
(仮称)小杉駅北口地区開発計画」(地上48階、高さ170m)
がニョキニョキ生えて来ます。

これだけのタワーマンション群が出来上がって行く様子は
今後はもう見ることが出来ないかもしれないですね。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

「プラウドタワー武蔵小杉」と武蔵小杉駅の西側(2013年9月28日)

プラウドタワー武蔵小杉
武蔵小杉駅の西側にある中原区役所の隣で建設中のタワーマンション
プラウドタワー武蔵小杉」(地上45階、高さ158.95m)です。

既に上棟しているように見えますが
竣工は2015年1月下旬を予定しています。

商業施設が入る低層の北棟、東棟があるので
そちらの建設がこれからでまだ期間があるんですかね。
東棟は覚えていませんが北棟の部分はまだ建物がなかったと思います。

小杉町二丁目開発計画
プラウドタワー武蔵小杉」の北側、南武線を超えたところの
小杉町二丁目開発計画」(地上54階、高さ180m)です。
ツインタワーのタワーマンションが計画されています。

今はJX日鉱日石エネルギーの社宅が建っていますが
1階部分の窓が塞がれ解体工事着手間近といった感じでした。

小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業
プラウドタワー武蔵小杉」の東側で計画されている
小杉町3丁目東地区第一種市街地再開発事業」(地上44階、高さ160m)です。
ここにもタワーマンションが計画されています。

他にも近くでは「(仮称)小杉駅北口地区開発計画」(地上48階、高さ170m)
というタワーマンションの計画もあります。

エクラスタワー武蔵小杉
武蔵小杉駅直結のタワーマンション
エクラスタワー武蔵小杉」(地上39階、高さ149m)です。

低層階は商業施設が入る「武蔵小杉東急スクエア」となっています。
また、5階には「川崎市立中原図書館」も入っています。


今回は武蔵小杉駅の西側を載せましたが
次回は武蔵小杉駅の東側を載せようと思います。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク