超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

プラウドタワー千代田富士見

東京駅丸の内駅前広場整備/飯田橋駅ホーム移設/山手線新型車両「E235系」

東京駅丸の内駅前広場整備


東京駅丸の内駅前の空撮
 今年2月の東京駅丸の内駅舎前の空撮です。2012年10月に東京駅丸の内駅舎の保存・復原工事が完成しましたが、駅前はこの通りカートのコースのような状態になっています。そんな東京駅丸の内駅舎前ですが、昨日JR東日本より東京駅丸の内駅舎前の駅前広場整備計画がまとまったとプレスリリースがありました。

東京駅丸の内駅前広場整備のイメージ図
JR東のプレスリリースより東京駅丸の内駅前広場整備のイメージパース

 このように広場の中央部には大きな歩行者空間、その両側に交通広場が配置されます。上の空撮写真を見て頂ければわかると思いますが、中央部の方向者空間は道路を挟んでそのまま皇居方面へと続きます。また、東京駅前の道路も大きく変わります。詳細はJR東日本のプレスリリースを御覧ください。
 この東京駅丸の内駅前広場整備の完成は2017年春の予定ですが、交通広場は2105年冬の使用開始予定となっています。

▼JR東日本:プレスリリース(2014年7月2日)
東京駅丸の内駅前広場整備について [PDF/439KB]

東京駅丸の内地下エリア整備計画図
JR東のプレスリリースより東京駅丸の内地下エリア整備計画図

 東京駅丸の内駅前広場整備と同時に東京駅丸の内地下エリアも整備されます。現時点でも地下エリアはありますが、それが一部拡張し再整備されるようです。これもまた詳細はJR東日本のプレスリリースを御覧ください。

▼JR東日本:プレスリリース(2014年7月2日)
東京駅丸の内地下エリア整備について [PDF/115KB]

KITTEから見た東京駅丸の内駅舎前
 KITTEから見た東京駅丸の内駅舎前です。今は首都の名前が着く駅前としては殺風景なので整備計画がようやく出て良かったです。

KITTEから見た東京駅丸の内駅舎前の夜景
 KITTEから見た東京駅丸の内駅舎前の夜景です。周辺には超高層ビルが建ち並んでいます。

飯田橋駅のホームの移設


飯田橋駅の移設の平面図
JR東のプレスリリースより飯田橋駅の移設に関する平面イメージ図

 東京駅丸の内駅舎前ばかりではなくJR飯田橋駅のホームの移設と西口駅舎の建て替えも同日にプレスリリースされました。
 現在はこの図のように東口側の弧を描いている部分にホームがあるため列車とホームの隙間が大きくなっている箇所があります。これを解消するため西側(新宿側)の直線部分に約200m移設するというものです。これと同時に西口駅舎を建て替え、そして駅前広場も整備されることになりました。完成時期は決まっていませんが2020年の東京五輪に間に合わせるように工事を進めたいとのことです。

▼JR東日本:プレスリリース(2014年7月2日)
JR中央線飯田橋駅ホームにおける抜本的な安全対策の着手について [PDF/202KB]

神楽坂アインスタワーから見た飯田橋西口方面
 「神楽坂アインスタワー」(地上26階、高さ86.25m)から見たJR飯田橋駅の西口方面です。文字がある部分あたりがホーム移設後の駅の中央あたりになります。西口ユーザーは歓迎だと思いますが、東口ユーザーは駅が遠くなるので複雑でしょうね。

 ところで左側の上部だけ見えているタワーマンションが「プラウドタワー千代田富士見」(地上38階、高さ129.6m)です。この右側には「富士見二丁目3番街区再開発」があります。どのような規模になるのかはわかりませんがタワーマンションが建設されると思います。

 また、写真右側に東京駅周辺の超高層ビル群が見えていますが、現在は「飯田橋サクラパーク」の高さ150mの巨大な板状のオフィスビルとタワーマンションが建っているので今はほとんど見えないかと思います。これは2012年2月の撮影です。

山手線の新型車両「E235系」


山手線の新型車両「E235系」外観イメージ
JR東のプレスリリースより山手線の新型車両「E235系」外観イメージ

 超高層マンション・超高層ビルブログなので普段は電車は扱っていませんが、同日に山手線の新型車両「E235系」がプレスリリースされたので載せておきます。2015年3月以降から走行試験を行い、2015年秋頃から山手線で営業運転の開始予定となっています。

▼JR東日本:プレスリリース(2014年7月2日)
新型通勤電車(E235系)量産先行車新造について [PDF/181KB]


超高層ビビル4日本編2」発売中です。なかなかamazonの在庫が復活しないですね。書店や他のサイトではまだまだあるのでそちらでよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

「パークコート千代田富士見 ザ タワー」「飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業」

飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業 事務所棟
JR飯田橋駅の西口から徒歩1分くらいの場所で建設中の
飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業 事務所棟」(地上30階、高さ150m)です。

現在20階くらいでしょうか?
ちょっと見ない間に随分と大きくなっていました。

パークコート千代田富士見 ザ タワー
こちらは隣で建設中の住宅棟
パークコート千代田富士見 ザ タワー」(地上40階、高さ150m)です。

三井不動産レジデンシャルの分譲のタワーマンションで
第一期の販売価格が4990万円〜4億4980万円でした。

第二期は2月下旬から販売開始のようですが
またお金持ちしか手を出せない価格帯になると思います。

プラウドタワー千代田富士見レジデンス
飯田橋から少し九段下方面に行ったところで建設中の
プラウドタワー千代田富士見レジデンス」(地上21階、最高高さ80m)です。

中央奥に見えるタワーマンションが飯田橋駅前に建つ
プラウドタワー千代田富士見」(地上38階、高さ129.6m)です。

同じ野村不動産の分譲のタワーマンションで
名称の違いは「レジデンス」が付くかどうかです。

飯田橋・御茶ノ水方面
自宅マンションから見た飯田橋・御茶ノ水方面です。

今まで全く気付いていなかったのですが、ふと見ると
飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業
が見えていました。

パークコート千代田富士見 ザ タワー
もタワークレーンが見えているのでそのうち本体が見えて来ます。

飯田橋・水道橋方面の空撮
飯田橋・水道橋方面の空撮です。
各建物の位置関係はこんな感じです。

プラウドタワー千代田富士見
の下あたりがJR飯田橋駅です。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

「パークコート千代田富士見 ザ タワー」と「プラウドタワー千代田富士見レジデンス」(2012年11月14日)

飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業 事務所棟
JR飯田橋駅の西口のすぐ目の前で建設中の
飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業 事務所棟」(地上30階、高さ150m)です。

高さ150mで横幅が結構ある巨大なオフィスビルが建設されます。

パークコート千代田富士見 ザ タワー
同じ敷地内では巨大な分譲のタワーマンション
パークコート千代田富士見 ザ タワー」(地上40階、高さ150m)
が建設中です。

最近、第一期の販売価格が発表になりましたが
4990万円〜4億4980万円という一般人には手の出せない価格帯でした。
ちなみに最多価格帯が9100万台…

こんなに高いとは思っていなかったのでビックリです。

ちなみに「パークコート」のブランド名からわかる通り
三井不動産レジデンシャルの物件です。

プラウドタワー千代田富士見レジデンス
同じく飯田橋駅を最寄駅とする分譲のタワーマンション
プラウドタワー千代田富士見レジデンス」(地上21階、最高部高さ80m)
も近くで建設中です。
奥に見えるタワークレーンが最初に載せた業務棟です。

右側に見えるタワーマンションが
プラウドタワー千代田富士見」(地上38階、高さ129.6m)です。

ここと同じく野村不動産のタワーマンションで
名称が最後に「レジデンス」が付くかどうかの差しかありません。
ちょっと紛らわしいような気が…

こちらは駅前ではありませんが九段下駅も徒歩圏です。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

「パークコート千代田富士見 ザ タワー」(飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業)(2012年8月26日)

パークコート千代田富士見 ザ タワー
飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業」の住宅棟
パークコート千代田富士見 ザ タワー」(地上40階、高さ150m)です。
タワークレーンが設置されていました。

横幅のある巨大な分譲のタワーマンションで
名前からわかる通り三井不動産レジデンシャルの物件です。

パークコート千代田富士見 ザ タワー
別の場所から見ると1階部分が建設中でした。
マンションなのでゆっくり伸びて行くと思います。

飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業 事務所棟
隣の飯田橋駅側に建つ事務所棟(地上30階、高さ150m)です。
こちらはまだタワークレーンは設置されていませんでしたが
鉄骨は組み出していました。

東京スカイツリーから見た飯田橋駅周辺
東京スカイツリー」の「天望回廊」から見た飯田橋水道橋方面です。

中央の灰色の超高層ビルが
ガーデンエアタワー」(地上35階、高さ152.6m)です。

その左に見えるタワークレーンが
パークコート千代田富士見 ザ タワー」です。

右に見えるタワーマンションが飯田橋駅の隣に建つ
プラウドタワー千代田富士見」(地上38階、高さ129.6m)です。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

「飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業」の空撮と「神楽坂アインスタワー」から見た様子

飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業の空撮
JR飯田橋駅の西口で建設中の
飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業」の空撮です。

左側には地上30階、高さ150mの事務所棟
右側には地上40階、高さ150mの住宅棟
が建ちます。

地上から見てもどこまで工事が進んでいるのかイマイチわかりませんが
上空から見ると順打ち工法で地下躯体の工事が行われているのがわります。

飯田橋周辺の空撮
飯田橋駅周辺の超高層ビル群の空撮です。

写真中央の飯田橋駅前に建つタワーマンションが
プラウドタワー千代田富士見」(地上38階、高さ129.6m)です。

そして写真左下にギリギリ写っているタワーマンションが
神楽坂アインスタワー」(地上26階、高さ86.25m)です。

神楽坂アインスタワーから見た東京駅周辺の超高層ビル群
その「神楽坂アインスタワー」の高層階から見た
東京駅方面の超高層ビル群です。

ちょうど数日前、「神楽坂アインスタワー」にお住まいの
K様宅に訪問して撮影させて頂きました。

今はこのように「日本武道館」や東京駅周辺の超高層ビル群が見える
超高層ビルマニアにとっては最高の眺望ですが
これらを隠すかのように「飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業」が建ちます。

どんな感じの壁になってしまうかは
三井不動産のニュースリリースをご覧下さい。

▲三井不動産:2011年6月2日
飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業」
業務・商業棟および住宅棟新築工事 6月2日起工式挙行



人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク