ブランズタワー芝浦
イメージパース[出典:港区]

 芝浦で建設中のタワーマンション「ブランズタワー芝浦」(地上32階、高さ110.66m)の完成予想図です。1年ちょっと前に港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書の縦覧で公開されたときの完成予想図のため今は多少変わっているかもしれません。

 当初は建築主は長谷工コーポレーション単体で「(仮称)芝浦二丁目計画」として建築計画のお知らせが出ていたのですが、今は東急不動産、近鉄不動産、京浜急行電鉄、長谷工コーポレーションの4社が建築主に名を連ねており、名称はタビーさんの記事によると東急不動産の「ブランズ」ブランドとなり「ブランズタワー芝浦」に決定しています。



ブランズタワー芝浦
断面図[出典:港区]

 この断面図は最高高さ約120mとなっていますが、最新の建築計画のお知らせでは最高高さ110.66mとなっており当初より約9m低くなっています。



ブランズタワー芝浦
1階平面図[出典:港区]

 マンション出入口と書いてある場所が最寄り駅のJR「田町」駅に一番近い側となります。



ブランズタワー芝浦

 「ブランズタワー芝浦」の建設地です。タワークレーンが1基設置されていました。

 背後のタワーマンションは左が「パークタワー芝浦ベイワード アーバンウィング」(地上29階、高さ97.14m)で右が「パークタワー芝浦ベイワード オーシャンウィング」(地上29階、最高部高さ104.84m)です。



ブランズタワー芝浦

 仮囲いには「BRANZ」の文字はありましたがマンション名の「ブランズタワー芝浦」はまだありませんでした。

 左奥に見えるタワークレーンは田町駅前の「msb Tamachi(ムスブ田町)」で建設中の「田町ステーションタワーN」(地上36階、高さ180.08m)です。



ブランズタワー芝浦

 田町駅に近い側から撮影。こちら側にエントランスが設置されます。



ブランズタワー芝浦

 仮囲いの中を覗いてみました。ここは「OCS旧本社ビル」の跡地です。



ブランズタワー芝浦

 タワークレーンが設置されましたが地上部の建設が始まるのはまだ先になりそうです。



ブランズタワー芝浦 建築計画

 建築計画のお知らせです。当初より延床面積が53,009.80屬ら50,842.82屬悗2,000岼幣綵名されています。

■物件概要■
名称:ブランズタワー芝浦
計画名称:(仮称)芝浦二丁目計画
所在地:東京都港区芝浦二丁目1番1号
用途:共同住宅・保育所
階数:地上32階、地下1階
高さ:109.86m(最高110.66m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:4,456.49
建築面積:2,036.46
延床面積:50,842.82
建築主:東急不動産、近鉄不動産、京浜急行電鉄、長谷工コーポレーション
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
工期:2018年11月1日着工〜2021年12月27日竣工予定