超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

パークコート麻布十番ザタワー

住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの建設状況(2016.3.5)

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 「泉ガーデンタワー」下から撮影した「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」(地上43階、高さ230.76m)です。

 「泉ガーデンタワー」と同じく住友不動産によるオフィスビルで、ガラスカーテンウォールは両棟とも同じようなグリーンとなっています。現在は「住友不動産六本木三丁目プロジェクト」として公式サイトがオープンしています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 反対側から撮影。一部飛び出た日本の超高層ビルでは見かけないデザインとなっています。どのフロアに入居するのかはわかりませんがテレビ東京の本社が入居する予定となっています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
 29階のスカイロビーへ続くシャトルエレベーターがある側から撮影。スカイロビーの一つ下の28階は免震フロアとなっています。建築基準法では地上40階、塔屋2階、地下5階となるようですが、傾斜地に建っていることにより運用上では地上43階、地下2階となります。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区
 建物本体の工事が随分と進んだのかビル本体周辺の工事も進みだしています。

六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業方面の夜景
 これは2月17日に「パークコート麻布十番 ザ タワー」から撮影した夜景です。左の一番大きな超高層ビルが「六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟」でその右側が「泉ガーデンタワー」です。明るい時間帯だと両棟とも緑色のガラスカーテンウォールで目立ちます。

■住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクトの物件概要■
プロジェクト名:住友不動産六本木三丁目東地区プロジェクト
計画名称:六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業南街区 業務棟
所在地:東京都港区六本木三丁目12番41、他
用途:事務所、店舗、変電所(公益施設)、駐車場
階数:地上43階、塔屋2階、地下2階(建築基準法では地上40階、塔屋2階、地下5階)
高さ:230.76m(※4FLより)
構造:SRC造・RC造・S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積(共通):17,371.73m2
建築面積(共通):9,413.44
延床面積(共通):202,500.74
建築主:六本木三丁目東地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:大成・大林建設共同企業体
工期:2013年6月着工〜2016年3月竣工予定

パークコート麻布十番ザ タワーからの夜景13枚

パークコート麻布十番ザ タワーから見た東京タワー夜景
 「パークコート麻布十番ザ タワー」(地上36階、高さ129.08m)にお呼ばれしたときに24階ビューラウンジから撮影した東京タワー夜景です。東京タワーが目の前に見える夜景は、江戸川区の自宅から見る夜景とは比べ物にならないくらい凄かったです。

パークコート麻布十番ザ タワーから見た汐留方面
 東京タワーの右側に見える汐留方面です。

パークコート麻布十番ザ タワーから見た汐留方面
 汐留の超高層ビル群にズームです。こうして見るとやっぱり大きな超高層ビル群です。

パークコート麻布十番ザ タワーから見た虎ノ門方面
 東京タワーの左側に見える虎ノ門方面の夜景です。

パークコート麻布十番ザ タワーから見た虎ノ門・愛宕方面
 左が「虎ノ門ヒルズ」、右の上が細くなっている2棟が「愛宕グリーンヒルズ」です。奥には東京駅周辺の超高層ビル群の頭が見えています。

東京アメリカンクラブと麻布台パークハウス
 東京アメリカンクラブと麻布台パークハウスです。

パークコート麻布十番ザ タワーから見た虎ノ門・六本木方面
 虎ノ門、六本木方面方面です。

パークコート麻布十番ザ タワーから見た虎ノ門・六本木方面
 今度は同じ方向を屋上のティアラデッキから撮影しました。ここは住民でもフロントで鍵を借りないと入れないそうです。

パークコート麻布十番ザ タワーから見た東京ミッドタウン方面
 東京ミッドタウン方面です。東京ミッドタウンの方が高台なのでより大きく見えます。

パークコート麻布十番ザ タワーから見た六本木ヒルズ方面
 六本木ヒルズ方面です。右奥は新宿の超高層ビル群です。

パークコート麻布十番ザ タワーから見た白金方面
 白金方面です。

パークコート麻布十番ザ タワーから見た品川方面
 品川方面です。

パークコート麻布十番ザ タワーから見た品川方面
 品川の超高層ビル群にズームです。新駅の再開発などがあるのでこの方向の10年後の景色は大きく変わってそうです。

 ○○さん、今回「パークコート麻布十番ザ タワー」に呼んでくださりありがとうございました!また、マンション名の公開許可もありがとうございました。いつかは都心に住みたいと思う夜景でした。ただ、このような場所に住める収入がなくて残念です(笑)

三田小山町西地区の都市計画案の縦覧開始!

 このブログでも何度か取り上げている「三田小山町西地区」ですが、昨日、2月22日から3月7日までの期間で都市計画案の縦覧が開始されました。それに伴い港区のHPにおいて資料が公開されています。

▼東京都港区:2016年2月22日
三田小山町西地区に関する都市計画案について

三田小山町西地区の完成予想図
三田小山町西地区の完成予想図[出典:港区]

 たぶん今回が初公開の「三田小山町西地区」の完成予想図です。


三田小山町西地区の配置図
三田小山町西地区の完成予想図[出典:配置図]

 配置図と見比べた方がわかりやすいかと思いますが、トライスター型の住宅A棟が一番大きく地上45階、地下1階、最高高さ165mとなります。次の大きな住宅B棟は地上33階、地下1階、最高高さ125mとなります。そして住宅C棟は高さ80m、事務所棟高さ55mとなります。


三田小山町西地区の配置図
 配置図をGoogleMapに重ねあわせてみました。かなり大きな再開発ということがわかるかと思います。場所は麻布十番駅のすぐ近くで東隣には「パークコート麻布十番 ザ タワー」(地上36階、高さ129.06m)が建っていますが、それよりも大きなタワーマンションとなります。

六本木ヒルズから見た三田小山町西地区
 六本木ヒルズから見た「三田小山町西地区」の計画地です。配置図などと見比べて計画地に色を付けてみました。多少ずれいるかもしれませんが、名称を入れたあたりに各棟が建設されます。

六本木ヒルズから見た三田小山町西地区
 同方向を少し広角で見た様子です。この位置にトライスター型のタワーマンションはかなり目立ちそうです。

六本木ヒルズ方面の夜景
 近くの某タワーマンションから撮影した六本木ヒルズ方面の夜景です。「三田小山町西地区」に建つタワーマンションからはこれと同じような夜景が望めるようになります。すぐ隣に「パークコート麻布十番 ザ タワー」が建っているので東京タワーが見える部屋は少なさそうです。完成予定は2023年度とまだかなり先なのでそれまでに周辺の景色は色々と変わっているかもしれません。

■三田小山町西地区市街地再開発事業の物件概要■
[北街区]
住宅A棟:地上45階、地下1階、高さ165m
事務所棟:高さ55m
延床面積:約108,200
敷地面積:約10,900
建築面積:約5,900

[南街区]
住宅B棟:地上33階、地下1階、高さ125m
住宅C棟:高さ80m
延床面積:約71,400
敷地面積:約9,500
建築面積:約4,700

[今後のスケジュール]
2016年6月:都市計画決定
2017年度:市街地再開発組合設立認可
2018年度:権利変換計画認可
2019年度:工事着工
2023年度:工事完成

三田小山町西地区の地上45階建てと33階建てタワーマンション計画

三田小山町西地区の空撮
 以前載せた写真の使い回しですが麻布十番駅の東側に位置する三田小山西地区の空撮です。赤枠で囲った部分が「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」で地上45階建てと33階建てのタワーマンションなどが計画されています。

 昨日から「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」の環境影響評価書案に係る見解書の縦覧が開始されており、何か新しい情報がないかと思っていたところ建設通信新聞に同再開発の記事が掲載されました。今まで判明している情報と合わせて計画概要を載せていきます。

 計画地は三田1丁目の北西側で麻布十番駅や一ノ瀬JCTのすぐ近くで「パークコート麻布十番 ザ タワー」(地上36階、高さ129.08m)の隣の約2万0400屬良瀉呂任后左に橋が写っていますがその橋から「パークコート麻布十番 ザ タワー」にかけて新しく道路が整備されます。この空撮は上がちょうど北となりますが、その道路で分断して北街区と南街区に分かれます。

 北街区の北側に地上10階、高さ約50mの事務所棟が建設されます。1階が店舗、2階以上がオフィスフロアとなります。そして「パークコート麻布十番 ザ タワー」の西側には地上45階、高さ約165m、総戸数約790戸となる住宅A棟が建設されます。3階以上が住宅フロアとなります。以前見た配置図ではトライスター型となります。総延べ面積は約10万8200屐敷地面積は約1万0900屐建築面積は約5900屬任后

 南街区の西側には地上33階、高さ約125mの住宅B棟と東側には地上16階、高さ約66mの住宅C棟が建設されます。C棟の1階は店舗となります。総延べ面積は約7万1400屐敷地面積は約9500屐建築面積は約4650屬任后

 事業協力者は戸田建設と大成建設、事業計画のコンサルタント業務をアール・アイ・エーで、スケジュールは2015年度に都市計画決定、2017年着工、2020年の完成予定となっています。

▼建設通信新聞:2015年3月12日
新年度に都計決定/総延べ18万屐17年着工/三田小山町西地区市街地再開発

(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業 A棟_20141227
 現地で撮影した「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」のA街区方面です。この橋から中央の「パークコート麻布十番 ザ タワー」にかけて新しく道路が整備されます。

(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業 B棟_20141227
 「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」のB街区方面です。左に見切れているのは「シティタワー麻布十番」(地上38階、高さ129.92m)

六本木ヒルズから見た麻布十番方面
 六本木ヒルズから見た「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」方面の景色です。近隣のタワーマンション「パークコート麻布十番 ザ タワー」と「シティタワー麻布十番」の相場と、それらよりも規模が大きく麻布十番駅にも近いことを考えると普通のサラリーマンには手が出せないかなり高額なタワーマンションとなりそうです。

■(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業の物件概要■
[北街区]
住宅A棟:地上45階、地下1階、高さ約165m
事務所棟:地上10階、地下1階、高さ約50m
総延べ面積:約10万8200
敷地面積:約1万0900
建築面積:約5900

[南街区]
住宅B棟:地上33階、地下1階、高さ約125m
住宅C棟:地上16階、地下1階、高さ約66m
総延べ面積:約7万1400
敷地面積:南街区約9500
建築面積:南街区約4650

[全体]
敷地面積:約2万0400
総戸数 :計約1300戸
事業協力者:戸田建設、大成建設
事業計画のコンサルタント:アール・アイ・エー
見解書:トーニチコンサルタント

[今後の予定]
都市計画決定:2015年
解体工事着手:2017年
建物竣工:2020年


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

麻布十番に地上45階と33階建てタワーマンション計画!「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」

(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業
 麻布十番駅東側の三田小山地区の空撮です。現在は「パークコート麻布十番 ザ タワー」(地上36階、高さ129.08m)と「シティタワー麻布十番」(地上38階、高さ129.92m)が建っていますが、その西側には「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」が計画されています。
 「パークコート麻布十番」の住民の方に「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」がそろそろ動き出すようだと聞いていたのですが、本日の建設通信新聞に計画概要が載りました。

▼建設通信新聞(2014年6月3日)
戸田、大成が事業協力/4棟延べ18万/三田小山町西地区再開発準備組合

 三田小山町第3・5地区市街地再開発準備組合は「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」を計画しており、北街区(写真上)には地上45階、地下1階、高さ約165mの住宅A棟と地上10階、高さ約50mの事務所棟、南街区には地上33階、地下1階、高さ約125mの住宅B棟と地上16階、高さ約66mの住宅C棟を建設する予定で、総戸数は両街区合わせて約1300戸となっています。事業協力者は戸田建設と大成建設で、事業計画のコンサルタント業務はアール・アイ・エーとなっています。また、計画では2015年に都市計画決定、2017年に解体工事に着手、2020年に竣工、2021年に供用開始となっています。

 今回提出された「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」の環境影響評価調査計画書では配置がどうなっているかはわかりませんが、以前の計画のままだと北街区はトライスター型のタワーマンションになります。パークコート麻布十番 ザ タワーってどうですか?Part2に分譲時に公表されていた配置図の画像がありますが、棟数は変わっていないので配置もほとんど変わっていないのかなと思います。(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業の環境影響評価調査計画書は6月11日まで縦覧出来るので見に行けばはっきりすると思いますが見に行く時間はありません。。

 「パークコート麻布十番 ザ タワー」と「シティタワー麻布十番」は一般の人には手が届かない高額なマンションですが、「(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業」は他よりも麻布十番駅に近いこともあり、さらに高額なマンションになるかもしれないですね。ただ全体で1300戸と戸数が多いのでどう分譲して行くのか注目ですね。

(仮称)三田小山町西地区市街地再開発事業の物件概要
北街区
住宅A棟:地上45階、地下1階、高さ約165m
事務所棟:地上10階、地下1階、高さ約50m
敷地面積:約1万0900
建築面積:約5900

南街区
住宅B棟:地上33階、地下1階、高さ約125m
住宅C棟:地上16階、地下1階、高さ約66m
敷地面積:南街区約9500
建築面積:南街区約4650

全体
敷地面積:約2万0400
建築面積:約1万0550
総戸数 :計約1300戸

今後の予定
都市計画決定:2015年
解体工事着手:2017年
建物竣工:2020年
供用開始:2021年


 「超高層ビビル4日本編2」発売中です!超高層ビル好きなら楽しめる内容なのでよろしくお願いします!


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。