シナガワグース跡地の複合施設
完成予想図[出典:京浜急行電鉄]

 京浜急行電鉄は品川駅西口前にあるホテル「SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)」(地上30階、高さ112.5m)を解体し、トヨタ自動車を共同事業者として新たな複合ビルを建設すると発表しました。

 延床面積は約20万崢兇罵囘咾魯フィス・MICE・商業・ホテルとなっており、オフィスにはトヨタ自動車が活用することに合意しています。各社の報道によると20年秋〜21年度初め頃に解体工事に着手、近隣の高輪ゲートウェイ駅周辺再開発と合わせた2024年に遅れない時期の完成を目指すとのことです。

 階数や高さの情報はまだありませんが、この完成予想図を見た感じだと28階程度、高さは120m程度ですかね。今年度中に具体的な規模と工程のめどをつけるとのことなので、続報が出たときにはまた当ブログでも載せようと思います。

▼京浜急行電鉄:IRニュース(2020年4月6日)
品川駅西口地区におけるシナガワ グース敷地を活用した当社開発に関するお知らせ

▼日本経済新聞(2020年4月6日)
京急、品川駅西口をトヨタと共同で再開発

▼建設通信新聞(2020年4月8日)
品川駅前に20万嵎9膸楡/シナガワグース敷地年度末から解体着手/京急電鉄とトヨタ

▼日刊建設工業新聞(2020年4月8日)
京急電鉄/シナガワグース建替(東京都港区)/トヨタと共同開発、延べ20万平米超に



シナガワグース跡地の複合施設
位置図[出典:京浜急行電鉄]

 場所は品川駅の北西側の品川駅西口地区にある「シナガワ グース」がある敷地で約2.5万屬旅さとなっています。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)

 品川駅前から見た「シナガワ グース」です。ここは旧「ホテルパシフィック東京」で京急が所有しておりホテル京急が運営していましたが2020年9月30日に営業終了。その後、複合施設の「シナガワ グース」として各区画を賃貸するテナントビルとして再開しており、現在のホテル部は「京急EXホテル品川」となっています。

参考:ウィキペディア
SHINAGAWA GOOS



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)

 2019年11月30日にヘリから撮影した品川駅方面の空撮です。右端に矢印を付けた建物が建て替えが行われる「SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)」です。右下は高輪ゲートウェイ駅です。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)

 「品川プリンスホテル」から見た「SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)」です。板状のホテルですが建替え後の完成予想図を見ると箱型のためこの景色も大きく変わりそうです。



SHINAGAWA GOOS(シナガワ グース)

 せっかくなので広角でもう1枚。どの位置にどれくらいの規模で建設されるんでしょうね。「品川プリンスホテル」からの眺望に大きく関わって来るのは間違いないですね。