超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

サンシャイン60

池袋のシネコンタワー「キュープラザ池袋」が明日7月19日にグランドオープン

キュープラザ池袋

 明日、2019年7月19日(金)にグランドオープンする「キュープラザ池袋」(地上14階、高さ86m)です。6月2日に撮影しました。

 「キュープラザ池袋」はシネマコンプレックス、アミューズメント、カフェやレストラン、ショッピングなど全16店舗で構成される商業施設です。地下1階〜地上3階までは主に飲食店となり3階にはエリア初となる「プラザカプコン」もオープンします。

 4階〜13階は12スクリーン、2443席からなるシネコン「グランドシネマサンシャイン」となります。常設の映画館としては日本最大となる高さ18.9m × 幅25.8mの巨大スクリーンや、視野270度の3面マルチプロジェクション上映システムを備えた4DXもあります。ここのオープンに合わせて先週の7月12日にサンシャイン60通りにあった「シネマサンシャイン池袋」が閉館しています。

 建設地はボーリング場やバッティングセンターがあった「スポルト池袋」の跡地で、14階には再びバッティングセンターが入ります

▼東急不動産:ニュースリリース(2019年7月17日)
池袋エリアの新たなランドマーク「キュープラザ池袋」7月19日(金)午前10時30分グランドオープン



キュープラザ池袋

 低層部です。



キュープラザ池袋

 キュープラザは東急不動産が展開する都市型商業施設ブランドのひとつで、ここは「キュープラザ二子玉川」に続く5番目の施設となります。

■物件概要■
名称:キュープラザ池袋
計画名称:(仮称)東池袋一丁目シネマコンプレックス計画
所在地:東京都豊島区東池袋1丁目30-1
用途:映画館・店舗
階数:地上14階、塔屋1階、地下2階
高さ:86.00m(最高高さ86.00m)
構造:S造 一部RC・SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,837.19
建築面積:1,602.61
延床面積:16,576.72
建築主:東急不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2017年6月1日着工〜2019年9月30日竣工予定
開業:2019年7月19日


 本日、京都アニメーションで酷い事件がありました。京アニは劇場映画も制作しているのでここの映画館で作品が上映されることもあるかと思います。亡くられた方の中には映画館で自分が関わった作品を楽しみにしていた方も多くいたと思います。亡くられた方、ご家族、関係者の方々に心よりお悔やみ申し上げます。

上棟していた「プラウドタワー東池袋」の建設状況(2018.10.28)

プラウドタワー東池袋
 東池袋の建設中の「プラウドタワー東池袋」(地上20階、最高高さ75.89m)です。「サンシャイン60」の展望台からの撮影しました。

プラウドタワー東池袋
 このように既に上棟しています。来年2月中旬には竣工予定で3月下旬には入居開始予定となっています。

プラウドタワー東池袋
 広角で撮影。手前の空き地は造幣局跡地で大規模な防災公園、大学施設、タワーマンションなどが計画されています。

プラウドタワー東池袋
 近くから撮影。

プラウドタワー東池袋
 「東池袋」駅方面へ向かう路地から見た様子です。ちなみに有楽町線「東池袋」駅は徒歩5分、JR「池袋」駅は徒歩15分の距離です。他にも丸ノ内線「新大塚」駅徒歩9分、そして東京さくらトラム(都電荒川線)の駅も徒歩5分程度です。

プラウドタワー東池袋
 その東京さくらトラム(都電荒川線)の線路と「プラウドタワー東池袋」です。この角度から見るのが一番好きです。

■物件概要■
名称:プラウドタワー東池袋
計画名:東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋五丁目4000番(地番)
用途:共同住宅
総戸数:132戸 (非分譲22戸含む)
階数:地上20階、地下1階
高さ:69.99m(最高高さ75.89m)
構造:鉄筋コンクリート造、制震構造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:1,573.25
建築面積:885.00
延床面積:14,740.00
建築主:東池袋五丁目地区市街地再開発組合
売主:野村不動産
設計者:前田建設工業
施工者:前田建設工業
工期:2017年4月下旬着工〜2019年2月中旬竣工予定
入居:2019年3月下旬予定


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな超高層ビビルからソウルのビルを1枚。高さはあまりありませんが面白いデザインだったので載せました。

池袋に12スクリーンのシネコンタワー「キュープラザ池袋」が2019年7月開業!

キュープラザ池袋
外観 イメージ[出典:東急不動産]

 2018年10月24日、東急不動産より池袋で建設中のシネコンタワー名称を「キュープラザ池袋」(地上14階、高さ86m)に決定し、2019年7月に開業予定であるとニュースリリースが出ました。

 シネコン部分は4階〜14階で運営する12スクリーン、約2500席。名称は「グランドシネマサンシャイン」に決定しています。常設の映画館としては国内最大となる高さ18.9m、幅25.8mのスクリーンを備えた「IMAXレーザー/GTテクノロジー」シアターも設置されます。また、地下1階〜地上3階の低層フロアには11店舗が入り、そして屋上にはバッティングセンターが出店します。

▼東急不動産:ニュースリリース(2018年10月24日)
池袋エリアに新たなランドマークが誕生 施設名称は「キュープラザ池袋」に決定 2019年7月、シネマコンプレックスを含む 全13店舗で開業予定


キュープラザ池袋
エントランス イメージ[出典:東急不動産]

 「キュープラザ」は東急不動産の都市型商業施設ブランドの「キュープラザ池袋」は「キュープラザ二子玉川」に続く5番目の施設となるとのことです。


スポルト池袋
 建設地はこの「スポルト池袋」の跡地です。

キュープラザ池袋
 これは約3ヶ月前に撮影した建設中の「キュープラザ池袋」(地上14階、高さ86m)です。1枚目の外観イメージと同じ方向の地上から見た様子です。

キュープラザ池袋
 今は最上階近くまで伸びているかもしれません。

キュープラザ池袋
 「サンシャイン60」の展望台から見下ろした「キュープラザ池袋」です。

キュープラザ池袋
 写真左上の方にJR池袋駅があります。また写真上の方に見える建設中のビルは「豊島区庁舎・豊島公会堂」跡地の再開発「Hareza池袋(ハレザ池袋)」(地上33階、高さ158.28m)でこちらには10スクリーンのシネコンが出店する予定となっています。池袋が一気に映画の街となりそうな勢いです。

キュープラザ池袋 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:キュープラザ池袋
計画名称:(仮称)東池袋一丁目シネマコンプレックス計画
所在地:東京都豊島区東池袋1丁目30-1
用途:映画館・店舗
階数:地上14階、塔屋1階、地下2階
高さ:86.00m(最高高さ86.00m)
構造:S造 一部RC・SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,837.19
建築面積:1,602.61
延床面積:16,576.72
建築主:東急不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2017年6月1日着工〜2019年9月30日竣工予定
開業:2019年7月予定


■お知らせ■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!大きな書店の建築コーナーに置いてあると思いますが見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな超高層ビビルから釜山のタワーマンション群です。砂浜の目の前ではありませんが海の近くにタワマンが建ち並ぶ姿は好きな光景の一つです。

高さ約76m「プラウドタワー東池袋」の建設状況(2018.4.30)

プラウドタワー東池袋
 東池袋の都電荒川線沿線で建設中の「プラウドタワー東池袋」(地上20階、最高高さ75.89m)です。「サンシャイン60」の展望台から撮影しました。タワークレーン2基で建設中で2階部分の建設が始まっていました。

プラウドタワー東池袋
 建設地とサンシャインの間には造幣局跡地があり、防災公園、大学施設、タワーマンションなどが計画されています。

 ところでこの造幣局跡地と「プラウドタワー東池袋」の間には「(仮称)東池袋四丁目35番街区【C街区】共同建替事業計画」(地上14階、高さ45m)の共同住宅の建築計画のお知らせが出ていました。サンシャイン方面の眺望に影響が出そうです。

プラウドタワー東池袋
 目の前から撮影した「プラウドタワー東池袋」です。このように目の前が都電荒川線ですが普通の電車と違ってそれほど騒音はないかと思います。

プラウドタワー東池袋
 中に入ってから路地から見た様子です。

プラウドタワー東池袋
 少し離れた場所から撮影。

プラウドタワー東池袋
 現地看板を撮影した完成予想図です。都電荒川線の両側に道路が整備される図になっていますが、実現するのは何年後なんでしょうね?土地の買収はある程度進んでいるように見えますがまだ時間がかかりそうな感じです。これについて調べたことはないので現地を何年も見てきた個人の感想です(^^;)

プラウドタワー東池袋 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プラウドタワー東池袋
計画名:東池袋五丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋五丁目4000番(地番)
用途:共同住宅
総戸数:132戸 (非分譲22戸含む)
階数:地上20階、地下1階
高さ:69.99m(最高高さ75.89m)
構造:鉄筋コンクリート造、制震構造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:1,573.25
建築面積:885.00
延床面積:14,740.00
建築主:東池袋五丁目地区市街地再開発組合
売主:野村不動産
設計者:前田建設工業
施工者:前田建設工業
工期:2017年4月下旬着工〜2019年2月中旬竣工予定
入居:2019年3月下旬予定

造幣局跡地の東京国際大学「池袋国際キャンパス」は地上22階、延べ3.5万屬法

東京国際大学「池袋国際キャンパス」
完成予想図[出典:東京国際大学]

 東京国際大学が「造幣局跡地再開発事業(豊島区造幣局地区防災公園街区整備事業)」で計画している「池袋国際キャンパス」の完成予想図です。地上22階、延べ約35,000屐∋楾は大成建設で2020年11月〜2023年5月までの工期で2023年9月の開校を予定しています。

 川越キャンパスの定員7000人のうち3500人を移転する計画で、その学生数3500人のうち2000人は100ヵ国超からの留学生で構成する計画となっています。川越キャンパスとは東武東上線・東京メトロ有楽町線一本で接続されているため、川越キャンパス、坂戸キャンパスと池袋国際キャンパスを結ぶ各種プログラムの開発も進めていくとのことです。

▼東京国際大学
池袋国際キャンパス計画

▼建設通信新聞(2018年1月10日)
22階延べ3.5万/設計施工は大成/東京国際大学の池袋キャンパス


東京国際大学「池袋国際キャンパス」
最寄り駅との関係図[出典:東京国際大学]

 場所はこのように「東池袋」駅が徒歩4人で最寄り駅となりますが、JR「池袋」駅も徒歩12分と徒歩圏です。


東京国際大学「池袋国際キャンパス」
 「サンシャイン60」の展望台から見た建設地です。広い空き地が「造幣局跡地」で、写真左下が東京国際大学「池袋国際キャンパス」となります。

 右下ではタワーマンションが計画されていますが詳細は不明です。そして上半分は防災公園となります。また、背景と同化してわかりにくいですが写真中央上あたりのタワークレーンは数日前に当ブログに載せた「プラウドタワー東池袋」(地上20階、最高高さ75.89m)です。

 他にも池袋駅の西口で大規模な再開発が計画されていたり、他にもタワーマンション計画があったりとしばらくは池袋の再開発が続きそうです。

■物件概要■
名称:東京国際大学「池袋国際キャンパス」
地区名:豊島区造幣局地区(市街地A画地)
所在地:東京都豊島区東池袋四丁目3277番202 の一部
階数:地上22階
敷地面積:10,000.05
延床面積:約35,000
施工者:大成建設
工期:2020年11月着工〜2023年5月竣工予定
開校:2023年9月予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク