東京三田再開発プロジェクト
外観完成予想図[出典:公式HP]

 田町駅から品川方面へ徒歩5分の位置で建設中の超高層オフィスビル「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上42階、高さ215m)の完成予想図です。既に公式HPもありますが、名称は決定しておらず「東京三田再開発プロジェクト」と呼ばれています。

 背後に薄く同じ赤色を使ったデザインのビルが描かれていますが、これは住友不動産の「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)です。同再開発も住友不動産の超高層ビルのためツインビルの北館か!?となりますが、東側のちょっと離れた場所に「住友不動産三田ツインビル東館」(地上17階、高さ85.5m)があります。



東京三田再開発プロジェクト
完成予想図[出典:東京都都市再生分科会]

 建設地は「札の辻交差点」のある角地で現在はL字型の歩道橋がありますが、その歩道橋は拡大され芝浦方面に繋がる「札の辻橋」に接続され、そして反対側は高台の三田四丁目方面にも繋がります。

 目の前を通る大きな通りは「第一京浜」で右下に伸びる道路は「三田通り」です。歩道橋からは「三田通り」の先に「東京タワー」が見える有名なスポットとなっています。



東京三田再開発プロジェクト
配置図[出典:東京都]

 「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」は大きく騎攻茵↓恭攻茵↓軍攻茲吠かれており、地上42階、高さ215mの超高層オフィスビルが建設されるのは騎攻茲箸覆辰討い泙后

 恭攻茲砲蝋發橘22.5mの幼稚園や学校、広場が整備され、高台側の軍攻茲砲話肋9階、高さ31.5mの住宅棟1と地上4階、高さ約12.5mの住宅棟2が建設されます。

 左側の「住富不動産三田ツインビル西館」は今回の再開発には含まれていませんが、同じ住友不動産ということもあり広場や緑地が繋がります。



東京三田再開発プロジェクト

 最寄り駅の「田町」駅前の歩道橋から見た「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」方面です。道路の先にある超高層ビルは「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)で、この右側あたりに「東京三田再開発プロジェクト」(地上42階、高さ215m)が建設中です。



東京三田再開発プロジェクト

 目の前にある歩道橋から見た「東京三田再開発プロジェクト」の建設地です。既存ビルは姿を消し重機複数台で建設工事が始まっています。



東京三田再開発プロジェクト

 まだまだ工事序盤といった感じですね。



クウェート大使館

 高台側にはマンションがありましたが、そこも同再開発によって解体されたため「クウェート大使館」の全景が見えるようになっています。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 複合棟2の建設地方面です。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 こちらはまだ既存ビルがあったり、解体中だったりとなっています。既存の学校施設があるので、複合棟2が建設され学校が移転したら残りのビルの解体工事が始まるのかもしれません。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 複合棟2

 学校ではない雑居ビルは解体工事が始まっていました。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 高台から見た「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。木があるため敷地の一部しか見えませんが、地上部の建設が始まると良い観察スポットとなりそうです。ちなみに「三田ツインビル西館」の裏にあるエレベーターを使うと行ける場所です。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 高台の「三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1」(地上9階、高さ31.5m)の建設地です。「旧東急アパート本館・別館」が建っていた場所ですが既に解体されています。



クウェート大使館

 そのためここからも「クウェート大使館」がキレイに見えるようになっています。住宅棟の地上部の建設が始まると見えなくなるので今だけのスポットです。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 解体から施工への切り替えで仮囲いの持ち主も変わるタイミングだったようで道路沿いの仮囲いの一部が一時的に撤去されていました。このようにそこそこの高さがあるので、地上9階、高さ31.5mという規模でも実際の高さ感は15階建てくらいはありそうです。



住友不動産三田ツインビル西館

 住宅棟の建設地越しに見た「住友不動産三田ツインビル西館」(地上43階、最高高さ179.3m)です。高層部は住友不動産の高級賃貸マンション「ラ・トゥール三田」となっています。公式サイトを見ると6部屋の空きがあり、最上階の東側(海側)の3LDK(183.9)で月額139万円となっています。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業 住宅棟-1

 ここに建設される住宅棟は分譲202戸、賃貸22戸の計画となっていますが、どれくらいの価格帯になるんでしょうね。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 このマンションなども計画地に含まれているはずですが解体が始まる気配はありませんでした。



三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業

 少し坂を下ったところのこの場所までが計画地かと思いますが



蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

 その坂の途中にある「蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)」です。



蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

 2005年に着工してから未だに建設中のため、サグラダ・ファミリアにちなんで三田のガウディとも呼ばれています。



蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

 ここも計画地に含まれていますが、結局どうなるのか気になるところです。



蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

 個人的にはこの場所で完成を見届けたいです。



蟻鱒鳶ル(アリマストンビル)

 何年後に完成するのかはわかりませんが(^^;)

■物件概要(複合棟-1)■
仮称:東京三田再開発プロジェクト
計画名称:(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再発事業 複合棟-1 新築工事
所在地:東京都港区三田三丁目11番2他
用途:事務所、貸会議室等、店舗、駐車場
階数:地上42階、塔屋1階、地下4階
高さ:215m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:19,170
建築面積:8,140
延床面積:200,540
建築主:三田三・四丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:久米設計
施工者:大林組
工期:2019年10月中旬着工〜2023年12月中旬竣工予定