汐留の超高層ビル群の空撮
 汐留の超高層ビル群の空撮です。この超高層ビル群とは線路を挟んだ矢印を入れた場所に「浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業」という地上37階、高さ約140mのタワーマンション計画があるのですが、港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧が開始されました。

▼港区環境アセスメント
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧(浜松町一丁目)
※ 閲覧期間:平成26年9月1日(月曜日)〜平成26年10月1日(水曜日)となっているので、この期間を過ぎると見られなくなると思います。

 場所は空撮の通りの場所でイタリア街に隣接しています。最寄駅は浜松町駅となりますが、大門駅、汐留駅、御成門駅、新橋駅あたりまで徒歩圏です。

浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業
 これは「世界貿易センタービル」の展望室から見た「浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。まだごちゃっと既存建物が建っていますが、この左側の方に地上37階、高さ約140mの住宅棟が、右側の方には高さ55mの事務所棟が建設されます。これだとわかりにくいので現地の写真も100%撮ってはいるのですが、30分くらい探しても見つけることが出来ませんでした…。

浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業の配置図
浜松町一丁目地区の配置図[出典:環境影響調査書案]

 配置図はこのようになっています。

浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業の断面図
浜松町一丁目地区の断面図[出典:環境影響調査書案]

 断面図です。中央には立体駐車場が設置されるので中層階までは内廊下となりそうです。高層階は吹き抜けとなっているので高層階は外廊下ですかね?

浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業の完成予想図
浜松町一丁目地区の完成予想図[出典:環境影響調査書案]

 完成予想図です。西向きの東京タワーが見える部屋が一番人気になる予感がします。東側は浜離宮が見えますが、汐留の超高層ビル群で視界の大部分が遮られます。

■浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名:浜松町一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区浜松町一丁目3、4、5番地
用途:住宅、事務所、店舗、保育所、地域活動施設 等
総戸数:約560戸
階数:地上37階、塔屋2階、地下1階
高さ:約140m(住宅棟)、約55m(事務所棟)
敷地面積:約5,165(別途、提供公園:約300)
建築面積:約3,100
延床面積:約65,200
構造:鉄筋コンクリート造(中間免震構造)、一部鉄骨造
事業者:浜松町一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産レジデンシャル
工期:平成26年度着工〜平成29年度竣工予定
供用開始:平成29年度予定


超高層ビビル4日本編2」発売中です。超高層ビビルをよろしくお願いします。

人気ブログランキンに参加しています。
本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ