超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

みなとみらい

塔屋出現!高さ約200m「ザ・タワー 横浜北仲」の建設状況(2019.3.24)

ザ・タワー 横浜北仲

 「横浜ランドマークタワー」(地上70階、高さ296.33m)の69階にある展望室から撮影した夜景です。中央が三井不動産レジデンシャル、丸紅によるみなとみらい線「馬車道」駅直結のタワーマンション「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)です。最高分譲価格が8億円ということでも話題となりました。


ザ・タワー 横浜北仲

 昼間に撮影した「ザ・タワー 横浜北仲」です。同時に3棟の超高層の建設中ですがここが中心地で最も高い棟となっています。


ザ・タワー 横浜北仲

 塔屋部分です。斜めのラインが特徴的です。


ザ・タワー 横浜北仲

 見た目は3フロア分ありますがマンション部よりも階高は低そうです。


ザ・タワー 横浜北仲

 反対側の「横浜マリンタワー」から見た「ザ・タワー 横浜北仲」です。

 「横浜マリンタワー」は2019年4月1日〜2022年3月31日までの間、改修工事のため全館一時休館となります。今週末を逃すと3年間ここからの景色は見られません。


ザ・タワー 横浜北仲

 最上部にズームです。


ザ・タワー 横浜北仲

 反対側に戻って地上から見た「ザ・タワー 横浜北仲」です。低層部は商業・文化施設で5階〜45階と52階〜58階が分譲のタワーマンション「ザ・タワー 横浜北仲」(1176戸)となります。その途中フロアの46階は展望フロア、レストラン、宿泊施設「オークウッド」のロビー、そして47階〜51階がその「オークウッド」の客室(175室)となります。


ザ・タワー 横浜北仲

 高層部にズームです。「オークウッド」から「ザ・タワー 横浜北仲」に変わる境目は見た目ではわかりません。


ザ・タワー 横浜北仲

 46階部分は横のラインが入っている箇所なのでわかりやすいです。


ザ・タワー 横浜北仲

 右下に駐車場が見えていますがここでは超高層ビルが計画されています。高さ等は不明ですがスカイラインを意識した街づくりをしているので、周辺と同じ150mくらいになるかと思います。


ザ・タワー 横浜北仲

 そのため将来的にこちら側の住戸は「オークウッド」より上のフロアでないと目の前に超高層ビルになる可能性があります。


ザ・タワー 横浜北仲

 この足元に見える駐車場でも詳細は不明ですが超高層ビルが計画されています。


ザ・タワー 横浜北仲

 それにしてもこのクラスのタワマンになると迫力が違いますね。階数が58階まであるため同じくらいの高さのオフィスビルよりも高く感じます。


ザ・タワー 横浜北仲

 足元ではペデストリアンデッキの建設も進んでおり隣の結婚式場「ノートルダム横浜みなとみらい」へと繋がっていました。ここを経由して水辺まで行けるようになります。

■物件概要■
名称:ザ・タワー 横浜北仲
プロジェクト名:(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
計画名:(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画
所在地:神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57-2他
用途:共同住宅・ホテル・店舗・駐車場
総戸数:1176戸(事業協力者住戸50戸含む、他に宿泊施設・店舗・事務所等)
階数:地上58階、地下1階
高さ:199.95m
構造:RC造(一部S造)
敷地面積:13,135.37
建築面積:8,760.92
延べ面積:168,286.99
建築主:三井不動産レジデンシャル、丸紅
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年11月1日着工〜2020年2月下旬竣工予定
入居:2020年4月下旬予定

高さ約90m!みなとみらい55-1街区「(仮称)LGグローバルR&Dセンター」に建築計画のお知らせ設置!

(仮称)LGグローバルR&Dセンター
完成予想図[出展:横浜市都市整備局]

 みなとみらい21中央地区55-1街区で計画されている「(仮称)LGグローバルR&Dセンター」の完成予想図です。当初の計画では地上18階、高さ92.1m、延床面積36,775屬之弉茲気譴討い泙靴燭、現地に建築計画のお知らせが設置され、地上16階、高さ89.935m、延床面積35,897.46屬半しだけ規模縮小となっていました。また、当初の計画では2018年10月着工、2021年4月オープンでしたが、2019年6月15日着工、2021年11月30日完了予定と少し後ろへずれています。

 フロア構成は当初の計画とほぼ変わらずだと思うので事業予定者決定時の情報を転載しておきます。3〜17階のどこか1フロアが減っただけかと思います。

1階 エンターテイメント施設、体験型施設
2階 複合コミュニケーション施設、オープンイノベーションルームデジタル工房
3〜12階 融合・複合型の研究室・実験室
13〜17階 事務所
18階 機械室


(仮称)LGグローバルR&Dセンター

 2019年1月27日のみなとみらい21の空撮です。写真中央やや下の赤い網掛けをした部分が「(仮称)LGグローバルR&Dセンター」の建設地です。


(仮称)LGグローバルR&Dセンター

 地上から撮影。この角地が建設地です。2013年10月に閉鎖した「横浜BLITZ」があった場所の向かい側です。最寄り駅はみなとみらい線「新高島」駅ですが「横浜」駅も徒歩圏です。


(仮称)LGグローバルR&Dセンター

 今はこのように草原となっていますが数カ月後には着工予定です。


(仮称)LGグローバルR&Dセンター 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)LG Global R&D Center 建設プロジェクト
所在地:神奈川県横浜市西区高島1丁目2番81(55-1街区)
用途:展示場、事務所、研究所
階数:地上16階、塔屋1階、地下2階
高さ:89.935m
構造:CFT造、S造(一部SRC造)
敷地面積:4,000.23
建築面積:2,493.00
延床面積:35,897.46
建築主:LG Holdings Japan
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2019年6月15日着工〜2021年11月30日竣工予定

高さ約100m!みなとみらい44街区「ウェスティンホテル横浜」の建設地に開発事業のお知らせ設置!

ウェスティンホテル横浜
外観パース[出展:積水ハウス]

 みなとみらい21中央地区44街区に建設される「ウェスティンホテル横浜」の完成予想図です。事業主は積水ハウスでホテルの運営はマリオット・インターナショナルが行うことになっています。

 規模は地上24階、延床面積約64,700屬犯表されていましがが現地に設置された開発事業のお知らせでは地上23階、塔屋1階、高さ99.95m、延床面積63,600屬箸覆辰討い泙靴拭24階は塔屋を含めた階数だったのかもしれません。


ウェスティンホテル横浜
外観パース[出展:積水ハウス]

 「ウェスティンホテル横浜」としては総客室数373室となりますが、他に長期滞在対応型ホテル201室も併設されます。2019年10月着工、2022年1月末竣工、2022年5月開業予定となっています。

 完成予想図を見る限りでは他の街区ともペデストリアンデッキで接続されるようなので、地上に降りることなく「横浜ランドマークタワー」などに行けるようになりそうです。最寄り駅はみなとみらい線「みなとみらい」駅で徒歩5分、JR「桜木町」駅まで徒歩12分となっています。


ウェスティンホテル横浜

 そんな「横浜ランドマークタワー」の展望台から見た「ウェスティンホテル横浜」の建設地です。現在は駐車場跡地の半分が更地なっています。


ウェスティンホテル横浜

 少し広角で撮影。近くでは「ぴあアリーナMM」が建設中です。「ぴあアリーナMM」で公演するアーティストが宿泊することも多々ありそうです。


ウェスティンホテル横浜

 さらに広角で撮影。このように「ウェスティンホテル横浜」の建設地はみなとみらいでも陸側の場所のため、海を望むような景色にはならなさそうですが、みなとみらいの超高層ビル群を目の前に見る迫力ある景色となりそうです。


ウェスティンホテル横浜

 地上から見た「ウェスティンホテル横浜」の建設地です。


ウェスティンホテル横浜

 地上から見ると結構な広さがあります。


ウェスティンホテル横浜

 空き地だらだったみなとみらいはどんどん開発が進んでいきますね。初めてみなとみらいに来た頃が懐かしいです。


ウェスティンホテル横浜 開発事業のお知らせ

 現地に設置された開発事業のお知らせです。

■物件概要■
名称:ウェスティンホテル横浜
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目2-4
用途:ホテル(付帯商業施設含む)及びタワーパーキング(駐車場棟)
総客室数:373室
階数:地上23階、塔屋1階
高さ:99.95m
敷地面積:9,604.59
建築面積:5,950
延床面積:63,600
建築主:積水ハウス
工期:2019年10月着工〜2022年1月末竣工予定
開業:2022年5月予定

空撮あり!会員制リゾートホテル「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」の建設状況(2019.2.2)

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 みなとみらいで建設中の「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」(地上14階、高さ60m)です。海側が丸く削り取られたようなデザインとなっています。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 日本ではなかなか見かけないデザインのホテルです。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 ベイコート倶楽部シリーズは完全会員制で一般客はゲスト以外は入ることすら出来ませんが、ここは一般のラグジュアリーホテル「ザ・カハラ・ホテル&リゾート 横浜」も併設されることが発表されています。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」は年間24泊タイプと12泊タイプの会員権があり、ロイヤルスイート(89.96〜137.36)が4029万1273円、ラグジュアリースイート(71.31〜96.21)が3021万2931円、ベイスイート(49.09〜73.22)が2018万4212円となっています。この他に年間の管理費が必要です。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 ベイコート倶楽部は客室グレード別シェアシステムとなっており、同じグレードなら全客室をシェアすることができます。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 特徴的な曲線部にズームです。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 こういったところはどこまで行ける空間となるんですかね?

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 こういった曲線の面もガラスカーテンウォールが取り付けられることになっています。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 高さはありませんが完成が楽しみな建物の一つです。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
 「横浜ランドマークタワー」から見た「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」です。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾートの空撮
 2019年1月27日にセスナから撮影した「横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート」です。海側には臨港パークがあります。

横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾートの空撮
 反対側からの空撮です。曲線部分が見える方がやっぱりいいですね。

みなとみらいの空撮
 最後にみなとみらいの全体の空撮です。賑やかになってきましたね〜。

■物件概要■
名称:横浜ベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート
計画名称:みなとみらい21中央地区20街区ホテル施設
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい一丁目9番他
用途:ホテル、自動車車庫
階数:地上14階、塔屋1階、地下1階
高さ:60.00m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造
敷地面積:9,486.76
建築面積:7,584.21
延床面積:48,114.46
建築主:リゾートトラスト
設計者:観光企画設計社
施工者:鹿島建設
工期:2017年8月1日着工〜2020年3月31日竣工予定
開業:2020年7月予定

最上階到達!地上58階「ザ・タワー 横浜北仲」の建設状況(2019.2.2)

ザ・タワー 横浜北仲の空撮
 2019年1月27日にセスナから撮影した「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)です。マンション左側の道路の地下がみなとみらい線「馬車道」駅で駅直結となります。また、左上に「横浜ランドマークタワー」の足元が見えていますがその辺りは徒歩圏となります。

ザ・タワー 横浜北仲
 そんな「横浜ランドマークタワー」の展望室から見た「ザ・タワー 横浜北仲」です。ここからの写真は2019年2月2日の撮影です。

ザ・タワー 横浜北仲
 角部屋の窓に50階の階数表示がありますが、数えて見ると最上階の58階に達しているようです。

ザ・タワー 横浜北仲
 ただ完成予想図を見るとこのような塔屋になるのでまだもう少し高くなります。

ザ・タワー 横浜北仲
 ちなみにこの完成予想図は現地看板を撮影したものです。

ザ・タワー 横浜北仲
 近くから見上げた「ザ・タワー 横浜北仲」です。

ザ・タワー 横浜北仲
 桜木町駅側から見た様子です。

ザ・タワー 横浜北仲
 汽車道から見た様子です。

ザ・タワー 横浜北仲
 低層部は商業・文化施設となり5階〜45階と52階〜58階が分譲マンション「ザ・タワー 横浜北仲」(1176戸)となります。その途中階の46階は展望フロア、レストラン、宿泊施設「オークウッド」のロビー、そして47階〜51階がその「オークウッド」(175室)の客室となります。

ザ・タワー 横浜北仲
 人気の物件でかなり前に完売していますが8億円の部屋も分譲され話題となりました。

ザ・タワー 横浜北仲
 全国のタワーマンションを撮り歩いていますが50階を超えてくると高さ感が跳ね上がる感じがします。

ザ・タワー 横浜北仲 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ザ・タワー 横浜北仲
プロジェクト名:(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
計画名:(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画
所在地:神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57-2他
用途:共同住宅・ホテル・店舗・駐車場
総戸数:1176戸(事業協力者住戸50戸含む、他に宿泊施設・店舗・事務所等)
階数:地上58階、地下1階
高さ:199.95m
構造:RC造(一部S造)
敷地面積:13,135.37
建築面積:8,760.92
延べ面積:168,286.99
建築主:三井不動産レジデンシャル、丸紅
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年11月1日着工〜2020年2月下旬竣工予定
入居:2020年4月下旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク