超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

みなとみらい

Zepp横浜も入る高さ71.41mの「(仮称)MM21地区47街区開発計画」が着工!

(仮称)MM21地区47街区開発計画 完成予想図
(仮称)MM21地区47街区開発計画 完成予想図[出典:三菱地所、コーエーテクモゲームス]

 みなとみらい21地区47街区の「(仮称)MM21地区47街区開発計画」(地上15階、高さ71.41m)の完成予想図です。昨日、2017年12月1日に着工したと発表がありました。建築主は三菱地所ですが完成後にオフィス部分とホール部分をコーエーテクモゲームスが取得します。

 完成は2020年1月の予定で地下1階〜地上8階がコーエーテクモゲームスの本社オフィス、9〜15階が約230室の「東急REIホテル」となります。そして1、2階にはスタンディングで約2000名収容できる規模の「(仮称)KT Zepp Yokohama」も入ります。この完成予想図の左側部分がZepp部分かと思われます。

 Zeppとなる部分は設計段階からZeppとコーエーが共同で計画を進めており、「Zepp」の音楽ライブハウスとしての特長と、コーエーテクモゲームスのエンタテインメント事業のノウハウを取り入れた新しいスタイルのホールとなります。そのため仮称にコーエーテクノの「KT」が付いており、正式名称も「Zepp Yokohama」とならずに、仮称のまま「KT Zepp Yokohama」となるのかもしれません。

▼三菱地所:ニュースリリース(2017/12/01)
みなとみらい21地区47街区 コーエーテクモゲームス新本社を含む複合施設着工


(仮称)MM21地区47街区開発計画
 完成予想図と同じ方向から見た「(仮称)MM21地区47街区開発計画」の建設地です。この真逆の場所には2013年10月14日に閉鎖となった「横浜BLITZ」がありました。

(仮称)MM21地区47街区開発計画
 別角度から撮影。奥には「横浜ランドマークタワー」が見えています。

(仮称)MM21地区47街区開発計画
 その「横浜ランドマークタワー」からの眺めです。赤色を付けた場所が「(仮称)MM21地区47街区開発計画」の建設地です。

 ところでこの写真の左下にはぴあが1万人規模のアリーナを建設します。そして右上のサッカーコートが見える場所にはケン・コーポレーションが2万人規模の音楽専用アリーナを建設します。みなとみらいは一気に音楽の街となりそうです。

(仮称)MM21地区47街区開発計画
 建設地にズームです。以前はLIXILのショールームやスーパーオートバックスがありました。

(仮称)MM21地区47街区開発計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。撮影日した11月19日時点では施工者は未定となっていましたが清水建設が施工者です。

■物件概要■
名称:(仮称)MM21地区47街区開発計画
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい四丁目3番2
用途:事務所(地下1階、1〜8階)、ホテル(1,9〜15階)、ホール(1〜2階)、店舗(1階)、駐車場
階数:地上15階、地下1階
高さ:71.41m
構造:S・SRC・RC造
敷地面積:8,670
建築面積:5.789.02
延床面積:36,713.60
建築主:三菱地所
設計者:三菱地所設計
施工者:清水建設
工期:2017年12月上旬着工〜2020年1月24日竣工予定

第一期最高価格8億円!高さ約200m「ザ・タワー 横浜北仲」の建設状況(2017.11.19)

ザ・タワー 横浜北仲
 横浜ランドマークタワーから撮影した第一期(730戸)の販売が始まった「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)です。タワークレーン3基で2階部分まで建設が進んでいました。

ザ・タワー 横浜北仲
 「ザ・タワー 横浜北仲」はみなとみらい線「馬車道」駅直結徒歩1分で北仲通地区で建設中です。周辺では現在「アパホテル&リゾート〈横浜ベイタワー〉」(写真左:地上35階、高さ135.04m)と「横浜市市庁舎移転新築工事」(写真右:地上32階、高さ155.4m)も建設中です。

ザ・タワー 横浜北仲
 地上から撮影。

ザ・タワー 横浜北仲
 総戸数は1176戸(事業協力者住戸5戸を含む)で第一期では一気に730戸が販売中です。

ザ・タワー 横浜北仲
 販売価格は10階、1LDK、44.03屬4550万円から58階、3LDK、212.30屬8億円となっています。ちなみに57階の同じ間取りは7億8000万円で価格差は2000万円となります。その次に高い部屋は58階、3LDK、147.91屐3億5700万円でこちらの57階の部屋は3億3500万円で価格差は2200万円です。最上階プレミアの上乗せ価格は約2000万円といったところです。

ザ・タワー 横浜北仲
 低層階は商業施設となり5階〜45階と52階〜58階が分譲マンション、地上46階は展望フロア、レストラン、宿泊施設「オークウッド」のロビー、そして47階〜51階がその「オークウッド」(175室)の客室となります。分譲マンションの途中フロアに違う施設が入る珍しい構成となります。珍しいというか、他にそういった構成のタワーマンションは思いつきません。

ザ・タワー 横浜北仲
 運河越しに撮影。

ザ・タワー 横浜北仲
 ウォーターフロントの立地はいいですね。

ザ・タワー 横浜北仲
 第一期は12月3日まで受付中ですが倍率はどれくらいになるんでしょうね?ここは人気のタワマンです。

ザ・タワー 横浜北仲
 両端にタワークレーンが見えていますが、その他にも周辺では超高層ビル計画があり、「オークウッド」の上野フロア以外は抜けた視界にはならないかもしれません。

ザ・タワー 横浜北仲 完成予想図
ザ・タワー 横浜北仲 完成予想図"[出典:公式HP]

 完成予想図では2棟描かれていますが、この他にもっと近い場所に2棟の超高層が計画されています。ただ、その2棟の具体的な規模等はまだ出ていないのでいつ建設されるのかもわかりません。


ザ・タワー 横浜北仲 ハーバーテラス完成予想図
ザ・タワー 横浜北仲 ハーバーテラス完成予想図"[出典:公式HP]

 共用施設として屋上にはハーバーテラスとスカイテラス、25階にはゲストルームとビューラウンジ、5階にはフィットネスルームなどが設置されます。


ザ・タワー 横浜北仲 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■ザ・タワー 横浜北仲の物件概要■
名称:ザ・タワー 横浜北仲
プロジェクト名:(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
計画名:(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画
所在地:神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57-2他
用途:共同住宅・ホテル・店舗・駐車場
総戸数:1176戸(事業協力者住戸50戸含む、他に宿泊施設・店舗・事務所等)
階数:地上58階、地下1階
高さ:199.95m
構造:RC造(一部S造)
敷地面積:13,135.37
建築面積:8,760.92
延べ面積:168,286.99
建築主:三井不動産レジデンシャル、丸紅
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年11月1日着工〜2020年2月下旬竣工予定
入居:2020年4月下旬予定

高さ113.9m「みなとみらい21中央地区58街区」の事業予定者が鹿島建設(代表)等に決定!

みなとみらい21中央地区58街区
「みなとみらい21中央地区58街区」開発事業計画の完成イメージ[出典:鹿島建設]

 横浜市が公募していた「みなとみらい21中央地区58街区」の事業予定者に鹿島建設、住友生命保険相互会社、三井住友海上火災保険の3社で構成するグループが選定されたと発表がありました。

 規模は地上21階、地下1階、高さ113.9m、延床面積80.480屬妊侫蹈構成は1階に飲食、物販店舗、2階にプラネタリウム、デジタルプラネットカフェ、保育所、3階にイノベーターコミュニティラウンジ、インキュベートオフィス、カンファレンススクエア、アーバンテラス、4階にクリニックモール、そして5階〜21階がオフィスフロアとなります。地下は駐車場です。

 敷地面積は9,307.95屬埜募時の土地の価格は87億3908万円9700円でした。今後のスケジュールは2019年4月着工、2021年7月の竣工予定となっています。

▼鹿島建設:プレスリリース(2017年10月23日)
「みなとみらい21中央地区58街区」の事業予定者に選定

▼横浜市都市整備局:記者発表(2017年10月21日)
みなとみらい21地区58街区の事業予定者を決定しました!!

みなとみらい21中央地区58街区の空撮
 かなり古いですが2013年1月のみなとみらい21の空撮です。赤く色を付けば場所が「みなとみらい21中央地区58街区」です。みなとみらい線「新高島」駅から徒歩1分、横浜駅からも徒歩6分の位置です。

みなとみらい21の超高層ビル群
 今年5月に撮影した「横浜ランドマークタワー」の展望台からの眺めです。

みなとみらい21中央地区58街区
 その中央奥のこの部分が「みなとみらい21中央地区58街区」です。

みなとみらい21中央地区58街区
 こちらは今年の8月27日に近くから撮影。手前の工事現場は「(仮称)京急グループ本社ビル」(地上18階、高さ85.55m)で、その後ろの草原が「みなとみらい21中央地区58街区」です。ちなみにこの58街区は高さ180mまでOKの場所でした。残念。

■みなとみらい21中央地区58街区の物件概要■
所在地:神奈川県横浜市西区高島一丁目2番50Aほか12筆
用途:事務所、にぎわい施設、店舗、駐車場
階数:地上21階、地下1階
高さ:113.9m
構造:S造(制震構造)
敷地面積:9,307.95
延床面積:80.480
事業者:鹿島建設、住友生命保険相互会社、三井住友海上火災保険
工期:2019年4月着工〜2021年7月竣工予定
開業:2021年秋頃開業予定

2基目のタワークレーン組立て中!高さ約200m「ザ・タワー 横浜北仲」の建設状況(2017.8.27)

ザ・タワー 横浜北仲
 横浜ランドマークタワーの展望台から撮影した北仲通地区で建設中の「ザ・タワー 横浜北仲」(地上58階、高さ199.95m)です。2基目のタワークレーンが組立て中で、現地作業工程では本体工事、杭・溝真柱工事となっていました。

ザ・タワー 横浜北仲
 2基目のタワークレーンの隣では地下部の鉄筋コンクリートの型枠が見えています。

ザ・タワー 横浜北仲
 「ザ・タワー 横浜北仲」はみなとみらい線「馬車道」駅直結徒歩1分となりますが、写真右下に少しだけ写っている桜木町駅は徒歩8分の距離で徒歩圏となります。

ザ・タワー 横浜北仲
 同じ方向から見た完成予想図です。現地看板を撮影しました。横浜ランドマークタワーからでは高さ約200mでもこのような感じに見えるようです。

ザ・タワー 横浜北仲
 地上から見た建設地です。現在2基目のタワークレーンが組立て中のため、次に撮影に行くときには地上部の建設が始まっているかもしれません。

ザ・タワー 横浜北仲
 その2基目のタワークレーンです。今日にでも組立ては終わりそうです。

ザ・タワー 横浜北仲
 現地看板を撮影した「ザ・タワー 横浜北仲」を見上げた完成予想図です。低層階は商業施設、5階〜45階と52階〜58階が総戸数1176戸(事業協力者住戸50戸含む)の分譲マンション、地上46階は展望フロア、レストラン、宿泊施設「オークウッド」のロビーとなり、47階〜51階がその「オークウッド」(175室)の客室となります。デザインが切り替わっているフロアが46階となります。高層部には居住者専用の共用施設や屋上デッキが整備されます。

ザ・タワー 横浜北仲
 現地版の完成予想図をもう1枚。左に白い形だけ描かれているのは建設中の「アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>」(地上35階、高さ135.50m)です。また、この完成予想図には描かれていませんが右側には「横浜市庁舎」(地上32階、高さ155.4m)が建設中です。そしてさらに周辺では2棟の超高層ビルが計画されています。

ザ・タワー 横浜北仲 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■ザ・タワー 横浜北仲の物件概要■
名称:ザ・タワー 横浜北仲
プロジェクト名:(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
計画名:(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画
所在地:神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57-2他
用途:共同住宅・ホテル・店舗・駐車場
総戸数:1176戸(事業協力者住戸50戸含む、他に宿泊施設・店舗・事務所等)
階数:地上58階、地下1階
高さ:199.95m
構造:RC造(一部S造)
敷地面積:13,135.37
建築面積:8,760.92
延べ面積:168,286.99
建築主:三井不動産レジデンシャル、丸紅
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年11月1日着工〜2020年2月下旬竣工予定
入居:2020年4月下旬予定

高さ約200m「(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト」の建設状況(2017.5.30)

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
 横浜の北仲通地区で建設中の「(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト」(地上58階、高さ199.95m)です。横浜ランドマークタワーの展望台から撮影しました。現在は地下躯体工事が行われていました。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
 ここに建設される建物は三井不動産レジデンシャルと丸紅が建築主で、5階〜45階と52階〜58階が総戸数1176戸(事業協力者住戸50戸含む)の分譲マンション、地上46階は展望フロア、レストラン、宿泊施設「オークウッド」のロビーとなり、47階〜51階がその「オークウッド」(175室)の客室となります。また、低層階は商業施設となります。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
 さらに広角で撮影。仮称の通りみなとみらい線「馬車道」駅直結となりますが、写真右下の方にある桜木町駅も徒歩圏となる立地です。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
 地上から撮影。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
 ゲートが開いていたので中を撮影。鉄筋が地上からも見えている状態だったので、もうすぐ地上部の建設が始まるのかもしれません。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
 反対側のゲートから撮影。高層部でデザインが変わる場所が46階となります。高層部には居住者専用の共用施設や屋上デッキが整備されます。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト 完成予想図
 現地看板を撮影した「(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト」の完成予想図です。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト 完成予想図
 「横浜ランドマークタワー」から見た場合の完成予想図です。周辺には横浜市庁舎など超高層ビルが数棟建設される予定となっています。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト 完成予想図
 地上に近い場所から見た完成予想図です。

(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクトの物件概要■
プロジェクト名:(仮称)馬車道駅直結 横浜北仲タワープロジェクト
計画名:(仮称)横浜市中区北仲通5丁目計画
所在地:神奈川県横浜市中区北仲通5丁目57-2他
用途:共同住宅・ホテル・店舗・駐車場
総戸数:1176戸(事業協力者住戸50戸含む)
階数:地上58階、地下1階
高さ:199.95m
構造:RC造(一部S造)
敷地面積:13,135.37
建築面積:8,760.12
延べ面積:168,225.33
建築主:三井不動産レジデンシャル、丸紅
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年11月1日着工〜2020年2月下旬竣工予定
入居:2020年4月下旬予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。