超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

北海道一のタワマン!地上48階、高さ約175m「北8西1地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子

北8西1地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:札幌市]

 札幌駅の北東側に建設されるタワーマンション「北8西1地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。この完成予想図が出た当時は地上50階、高さ180mの計画でしたが、現地に設置された建築計画のお知らせ(札幌スカイラインさん参照)では地上48階、塔屋2階、地下2階、高さ166.20m(最高高さ175.20m)、延床面積99,348.06屐∩躙与632戸の規模となっています。そのため最新の完成予想図とは異なるかと思います。

 建築主は札幌駅北口8・1地区市街地再開発組合、以前の情報と変わりなければ参加組合員として大和ハウス工業、住友不動産、東急不動産、NIPPOの4社が参画しています。

 計画よりは少し低くなりましたが大幅な規模縮小ではなくて良かったです。ただ、最初の計画では51階建てのツインタワーだったのでそれと比べると大幅な規模縮小となります。

▼札幌市
北8西1地区

▼札幌スカイライン
北8西1再開発地区の近況



北8西1地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:札幌市]

 完成予想図が出たときはタワーマンションの隣に12階建ての医療・福祉施設でしたが14階建てのホテルへと計画変更になっています。建築計画のお知らせではタワーマンションがA棟、ホテルがB棟となっています。



北8西1地区第一種市街地再開発事業
区域図[出典:札幌市]

 場所はこのように札幌駅の北東側です。赤い枠が札幌駅の目の前まで伸びていますが、この場所に地下鉄東豊線の地下通路を延伸して直結させる計画となっています。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 2019年6月24日にセスナから撮影した札幌駅方面の景色です。「北8西1地区第一種市街地再開発事業」の上を飛んでもらうのをすっかり忘れてしまっていたので写り込んでいる写真を探してみました。建設地の大部分が手前のビルで見えないのでだいたいの位置を赤枠で囲っています。

 昨日のブログに載せましたが、写真左下では高さ240mの「(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」の計画があり、「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の右側では高さ230mの「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区」の計画があります。

 これらが計画通り完成するとポツポツと建っている超高層が繋がって新たな超高層ビル群の出現となりそうです。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 今年の1月2日に「JRタワー」の38階展望室から撮影した北側の眺めです。左のタワーマンションが北海道で一番高いタワーマンション「D'グラフォート札幌ステーションタワー」(地上40階、最高高さ143.15m)です。

 写真右側が「北8西1地区第一種市街地再開発事業」の建設地で、ここに建設されるタワーマンションが北海道で最も高いタワーマンションとなります。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 建設地にズームです。建設地の北側(写真上)が札幌市立北九条小学校で、当初はツインタワーの計画だったのが小学校の日当たりが悪くなるとかあって1棟の計画になったと記憶しています。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 地上から撮影した「北8西1地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。この角が札幌駅に一番近い側でこの角に地上48階、最高高さ175.20mのタワーマンションが建設されます。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 2019年6月26日に組合設立認可(札幌駅北口8・1地区市街地再開発組合)、2020年3月31日に権利変換計画認可がありました。現地では既存建物の解体工事が始まっているという情報も見かけました。

 奥に見えるタワーマンションは「プレミスト札幌ターミナルタワー」(地上38階、最高高さ128.1m)です。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 札幌に帰省するたびに計画地をグルっと一周撮り歩いていましたが、毎年進展がなくボツ写真となっていました。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 次回からはついに工事進捗を撮ることができるようになりそうですが、直近だと6月に帰省予定だったのが新型コロナウィルスの影響で白紙状態です。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 最後は近くの歩道橋から撮影。この角に地上14階、最高高さ50.70m、延床面積14,462.97mのホテルが建設されます。

■物件概要■
計画名:北8西1地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(A棟)
所在地:北海道札幌市北区北八条西一丁目1番1,2の一部、3,4の一部、5の一部、6,7の一部、8
用途:共同住宅、店舗(物販、飲食、その他)、事務所、自動車車庫、多目的ホール
総戸数:632戸
階数:地上48階、塔屋2階、地下2階
高さ:166.20m(最高高さ175.20m)
構造:鉄筋コンクリート造・鉄骨造
敷地面積:9,712.88
建築面積:6,982.88
延床面積:99,348.06
建築主:札幌駅北口8・1地区市街地再開発組合
参加組合員:大和ハウス工業、住友不動産、東急不動産、NIPPO
設計者:大成建設
施工者:未定
工期:2020年7月1日着工〜2023年12月31日竣工予定

高さ240mのA案、高さ190mのB案「札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」の計画段階環境配慮書が公開

札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 2019年6月24日にセスナから撮影したJR札幌駅の南口側です。赤い網掛けをした場所では「(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」が計画されており、2020年4月30日に計画段階環境配慮書が札幌市のHPで公開されました。

 事業者は札幌駅南口北4西3地区市街地再開発準備組合、代表者はヨドバシホールディングスで敷地は旧札幌西武跡地などです。

▼札幌市(2020年4月30日〜5月29日)
(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 計画段階環境配慮書



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業
基壇部の配慮内容(札幌駅南?駅前広場に面する高さの一体性)[出典:札幌市]

 場所は札幌駅南口駅前広場の道路を挟んだ目の前で、その広場は高さ約50mの商業施設で囲まれています。



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業
基壇部(低層部)配置案[出典:札幌市]

 そのため低層部はこのように高さ約50mの計画となっており、その上の高層部はA案とB案の2案があります。どちらの案でも商業機能、宿泊機能、高機能オフィスで構成され延床面積は約23万屬箸覆辰討い泙后



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 A案
計画建築物 配置計画(A案:1棟案)[出典:札幌市]

 A案はこのように1棟、高さ約240mとなっています。



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 A案
計画建築物 断面計画(A案:1棟案)[出典:札幌市]

 このように札幌駅とは逆の大通り公園側に超高層ビルを配置する計画となっています。



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 B案
計画建築物 配置計画(B案:2棟案)[出典:札幌市]

 B案はこのように2棟構成で高さ約190mの業務棟と高さ約160mの宿泊棟となっています。宿泊棟とオフィスビルがお見合い部屋にならないようL字型の配置です。



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 B案
計画建築物 断面計画(B案:2棟案)[出典:札幌市]

 このように札幌駅に近い側が宿泊棟で遠い側が業務棟です。



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 現時点で北海道で最も高い超高層ビル「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の38階にある展望室から見た「(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。

 現在は未利用地、駐車場に加えて既存ビルがいくつかあります。北海道リアルエコノミーの記事によると、街区内に建つ「aune札幌駅前ビル」の所有者が東急と同グループのじょうてつとなり、他のビルの取得する動きをしており再開発に参画するもようとのことです。東急グループとヨドバシHDの関係は良好であり、隣にある東急百貨店の移転の可能性も考えられるとのことです。

 この街区の再開発がこのまま進めば低層部にヨドバシカメラが入るのは確実と思われますが、ヨドバシカメラだけでは広過ぎるので東急百貨店も入る可能性は多いにありそうです。

 気になるのは好調だったインバウンドが新型コロナウィルスの影響で壊滅的で、コロナが収束しても元の状態に戻るのかどうかといったところですかね。そうなると宿泊施設部の計画にも影響が出てくるかもしれないですね。

▼北海道リアルエコノミー(2020年4月30日)
JR札幌駅南口「北4西3」再開発に東急・じょうてつ参画へ 「aune札幌駅前ビル」取得



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 別方向からの空撮です。札幌駅の真ん中の目の前という一等地のため、個人的にはA案の高さ240mの超高層ビルを目指して欲しいところです。



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 別角度からもう1枚。「JRタワー」の隣の大きな駐車場「北5西1街区」では地上47階、高さ230mの超高層ビル建設を目指すことが発表されています。

 これからの計画が順調に進むと札幌駅前に高さ240mと高さ230mの超高層ビルが出現することになります。さらに写真には写っていないさらに右側では地上50階、高さ180mのタワーマンション計画「北8西1地区第一種市街地再開発事業」もあり、札幌駅前に超高層ビル群が出現する未来が来るかもしれません。

 こういった再開発は計画が進むに連れて現実的な規模に落ち着いてしまうことが多いですが、是非とも今の計画で実現して欲しいものです。

札幌市に大和ハウス工業のタワマン!地上30階「(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」の建設状況(2020.1.2)

(仮称)新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト
I街区 完成予想図[出展:札幌市]

 新さっぽろ駅のすぐ近くに建設される「(仮称)新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト」の完成予想図です。

 地上30階建てのタワーマンション、地上12階建てのホテル、地上5階、延べ約48,300屐紛ν冀鷦崗譟Ω共駐輪場含む)の商業施設、そして医療モールが建設されます。各施設は楕円形の「アクティブリンク(空中歩廊)」で接続され、JR「新札幌駅」の北側まで空中歩廊が整備され、駅直結ではありませんが信号を渡ることなく駅まで行けるようになります。また、この完成予想図の右下に描かれている部分は地下鉄「新さっぽろ駅」の出入り口です。

 医療施設は2022年5月、分譲マンションは2022年11月、ホテル、商業施設は2023年3月の竣工予定となっています。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト
全体配置図[出展:大和ハウス工業]

 同再開発は「(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」となっており、I街区とは離れた場所に大学と専門学校が建設されるG街区があります。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト

 2019年6月の空撮で赤い網掛けがI街区、紫色の網掛けがG街区です。両街区合わせて大和ハウス工業、大和リース、医療法人新さっぽろ脳神経外科病院、医療法人新札幌整形外科病院、医療法人記念塔病院、学校法人札幌学院大学、学校法人産業技術学園の6者による共同開発となっています。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト

 現地に設置されているI街区の配置図です。医療施設Aが新さっぽろ脳神経外科病院、医療施設Bが新札幌整形外科病院、医療施設Cが記念塔病院となります。敷地一番南に位置する共同住宅は分譲のタワーマンションで地上30階、延べ約22,800屐∩躙与約210となります。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト

 2020年1月2日に撮影した「(仮称)新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト」方面です。アークシティホテルの看板の後ろのビルは再開発に参加せずに残るビルで、その左に見える立体駐車場やその背後が再開発される場所となります。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト

 その立体駐車場の隣から見た建設地です。以前は団地がありましたが全て解体されています。見落としがなければ現地には新さっぽろ脳神経外科、大和ハウス工業による医療施設などが入るビル、立体駐車場の建築計画のみ設置されていました。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト

 タワーマンションが建設される側から撮影。奥に見える超高層ビルは「ホテルエミシア札幌(旧シェラトンホテル札幌)」(地上32階、高さ115m、総客室数512室)で厚別区で最も高い建物です。ここに建設されるタワーマンションの高さは不明ですが高さ100m未満と思われるのでこれよりは低くなるかと思います。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト

 奥に見える立体駐車場があるあたりが商業施設となります。この目の前には地上7階建ての立体駐車場が建設されます。場所は駅前ですが周辺は車社会のため大きな駐車場は必須です。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト

 奥の方には病院が建設されます。駐車場の奥に見える白い建物は札幌北辰病院で新札幌駅前には大きな病院が揃う地区になります。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト

 設置されていた建築計画のお知らせでは2月1日着工と3月1日着工となっていました。次回訪問時にはあちこちで建設工事が行われているかと思います。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト

 タワーマンションの建設地方面です。新札幌は地元なので宝くじが当たれば別荘として買いたい場所です。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト

 駅直結のショッピングモールのデッキから撮影。将来的にはここからもタワーマンションが見えるようになります。



ドーコン本社ビル

 ところで、同じ場所から右を見ると立体駐車場棟の設計を担当した「ドーコン本社ビル」があります。工事中にも見えますがこれは昨年火災に見舞われたためで現在は閉鎖されています。いつになったら復活するんでしょうね。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G街区開発プロジェクト
G街区 完成予想図[出展:札幌市]

 超高層ではありませんが同じ再開発扱いのため「(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G街区開発プロジェクト」も載せておきます。左が産業技術学園、右が札幌学院大学となっています。札幌学院大学としては一大プロジェクトのようであちこちで新札幌キャンパスのポスターを見ました。2021年4月には開学予定です。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G街区開発プロジェクト

 現地に設置されていた配置図です。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G街区開発プロジェクト

 2020年1月3日に撮影した札幌学院大学の建設地あたりです。



(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G街区開発プロジェクト

 産業技術学園の建物は一足先に建設が進んでいました。

■物件概要(住宅棟)■
計画名:(仮称)新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト 住宅棟
所在地:札幌市厚別区厚別中央一条6丁目493-12他(地番)
用途:分譲マンション
総戸数:約210戸
階数:地上30階
構造:RC造
敷地面積:約4,230
建築面積:約1,350
延床面積:約22,800
事業者:大和ハウス工業
工期:2020年3月着工〜2022年11月竣工予定
入居:2022年12月予定

札幌市に大京のタワマン!地上28階「南2西3南西地区第一種市街地再開発事業」の建設状況(2020.1.2)

南2西3南西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:南2西3南西地区市街地再開発組合]

 札幌市電「狸小路」駅の目の前で建設中の「南2西3南西地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ約111.55m)の完成予想図です。形は変わっていませんが以前公開されていた完成予想図からはデザインが色々と変わっています。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業
断面図[出展:札幌市]

 建設地はドン・キホーテが入っていたビルで再開発後のビルも地下2階から7階までが商業施設等となり、そして中高層部の28階までがライオンズマンションでお馴染みの大京の分譲マンション(総戸数133戸)となります。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:南2西3南西地区市街地再開発組合]

 低層部の完成予想図です。左に描かれているのが札幌市電で「狸小路」駅の目の前です。ただ、日常使う交通機関はここのすぐ下にある地下街のポールタウンの両端にある大通駅やすすきの駅となりそうな場所です。そのポールタウンとは直結となります。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:南2西3南西地区市街地再開発組合]

 このようにアーケード街の狸小路に面しており、そして近くには商業施設も多数ある場所のため普段の買い物には困らなさそうな場所です。ただ、食品スーパーは…あるんですかね?札幌生まれの札幌育ちですがこの辺りで食品スーパーのイメージだけはありません。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業

 2019年6月にセスナから撮影した札幌の街並です。写真下の赤い網掛けをした場所が「南2西3南西地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。写真左上のJR札幌駅まで地下街と地下通路で繋がっていますが地下鉄で行くことができます。

 ところで東京オリンピックのマラソンが札幌となりコースも決まったのでコースとなる主要な場所に名称を入れてみました。スタートは大通公園で大通駅と書いてあるあたりがスタートとフィニッシュ地点となります。スタート後は左に行って大通公園をグルっと2周しあとに大通駅のところで曲がって「南2西3南西地区第一種市街地再開発事業」の目の前を通っていきます。その後は南平岸方面まで走って創成川通と書かれた場所にきます。その後は写真左上の北大を通って道庁赤れんがの前を通るなどして大通公園に戻ってきてます。そこからさっぽろテレビ塔のところから創成川通に入ってもう一周してゴールとなります。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業

 「南2西3南西地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。地上からは今はどのような状態なのかよくわかりませんでした。ただ2019年10月1日には安全祈願祭が行われて着工しています。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業

 札幌市電と狸小路と建設地です。今の時期は初音ミクとコラボした雪ミク電車も運行しているようですが、残念ながらそのタイミングではありませんでした。



南2西3南西地区第一種市街地再開発事業

 さっぽろテレビ塔から見た建設地方面です。写真中央あたりが「南2西3南西地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。真後ろの山は高さ531mの藻岩山で白い線が見える場所にロープウェイが通っています。

■物件概要■
事業名:南2西3南西地区第一種市街地再開発事業
所在地:北海道札幌市中央区南2条西3丁目20番
用途:商業、業務、共同住宅、公共駐輪場
総戸数:133戸
階数:地上28階、地下2階
高さ:109.95m(最高高さ111.55m、117m?)
構造:鉄骨造・鉄筋コンクリート造・鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:約3,698.76
建築面積:約3,280
延床面積:約43,610
建築主:南2西3南西地区市街地再開発組合
事業協力者:大京
設計者:NTTファシリティーズ・プランテック総合計画事務所
施工者:佐藤工業・岩田地崎建設・岩倉建設共同企業体
工期:2019年3月18日着工〜2022年度竣工予定

苗穂駅直結ツインタワー!地上27階、地上25階「プレミストタワーズ札幌苗穂」の建設状況(2020.1.2)

プレミストタワーズ札幌苗穂

プレミストタワーズ札幌苗穂

 札幌の苗穂駅前で建設中のツインタワーマンション「プレミストタワーズ札幌苗穂」の完成予想図です。現地に「北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業」として現地に設置されている看板を撮影しました。

 場所は札幌駅の隣駅である「苗穂」駅の南口駅前広場に隣接した場所で、東側(完成予想図右)がA街区となる地上25階建てのアクアゲート、西側(完成予想図左)がB街区となるブライトゲートとなります。建築主は北3東11周辺地区市街地再開発組合で売主は大和ハウス工業です。

 「北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業」としての敷地はA街区〜D街区まであり、B街区はブライトゲートの他に医療、商業施設と地上14階建ての高齢者向け分譲住宅(総戸数77戸)が建設され、C街区には地上4階建ての寺院、D街区には地上4階建てのオフィスビルが建設されます。



プレミストタワーズ札幌苗穂

 左がブライトゲートで札幌駅方面、右がアクアゲートで千歳空港方面となります。



プレミストタワーズ札幌苗穂

 JR苗穂駅とは2階レベルで屋根付きの空中歩廊で接続されます。雪国でこの空中歩廊で駅直結というのはかなりポイントが高いです。札幌駅からすすきのまで地下だけで行けるので、外に出ることなくだいたいの場所に行けることになりそうです。



プレミストタワーズ札幌苗穂

 札幌駅の駅ビル「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の38階展望室から撮影した「プレミストタワーズ札幌苗穂」の建設地方面です。



苗穂

 苗穂駅を挟んだ隣では昨日のブログに載せた「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」(地上27階、最高高さ89.45m)が建設中です。



苗穂

 同方向の夜景です。入居が始まるとこの方向の夜景も賑やかになりそうです。ただこの展望室の目の前では地上47階、高さ230m級を目指す「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区」が計画されているため将来的にはこの方向の夜景は見れなくなるかもしれません。




プレミストタワーズ札幌苗穂 アクアゲート

プレミストタワーズ札幌苗穂 アクアゲート

 「プレミストタワーズ札幌苗穂 アクアゲート」(地上25階、最高高さ85.29m)の建設地です。苗穂駅の改札内から撮影しました。そろそろ地上部の建設も始まりそうな感じでした。



プレミストタワーズ札幌苗穂 アクアゲート

 地上から撮影。この通り駅のすぐ隣です。背後で建設中のタワーマンションが「ザ・グランアルト札幌 苗穂ステーションタワー」(地上27階、最高高さ89.45m)で、その右後ろあたりにショッピングモールの「アリオ札幌」があります。



プレミストタワーズ札幌苗穂 アクアゲート 建築計画のお知らせ

 アクアゲートの建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プレミストタワーズ札幌苗穂 アクアゲート
計画名:北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業に伴う施設建築物等【A街区】
所在地:北海道札幌市東区北3条東11丁目335-2、北3条東12丁目99-4
用途:共同住宅、物品販売店舗、飲食店、その他(通路)、自動車車庫、自転車駐輪場
総戸数:204戸(管理事務室1戸、ゲストルーム2戸、ラウンジ1戸、集会室1戸)
階数:地上25階、地下1階
高さ:83.79m(最高高さ85.29m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
敷地面積:4,282.72
建築面積:1,841.36
延床面積:23,384.78
建築主:北3東11周辺地区市街地再開発組合
売主:大和ハウス工業
設計者:山下設計
施工者:岩田地崎建設・丸彦渡辺建設・田中組・札幌工業建設工事共同企業体
工期:2019年5月7日頃着工〜2021年11月下旬竣工予定
入居:2022年2月中旬予定



プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート

プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート

 「プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート」(地上27階、最高高さ89.69m)の建設地です。苗穂駅から撮影しました。何やら屋根がありますが…



プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート

 地上から見るとこのように仮設の屋根だけで、これは雪よけに使用する屋根かと思います。



プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート

 雪国ならではの光景ですかね。



プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート 建築計画のお知らせ

 ブライトゲートの建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プレミストタワーズ札幌苗穂 ブライトゲート
計画名:北3東11周辺地区第一種市街地再開発事業に伴う施設建築物等【B街区】
所在地:北海道札幌市東区北3条東10丁目18-1、-2、-3、-23、-25、-32 東11丁目20-4、-5、-6、-8、-9
用途:共同住宅、物品販売店舗、飲食店、診療所、その他(通路)、自動車車庫、自転車駐輪場
総戸数:204戸(管理事務室1戸、ゲストルーム2戸、ラウンジ1戸、集会室1戸)
階数:地上27階
高さ:88.19m(最高高さ89.69m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
敷地面積:7,531.67
建築面積:3,895.72
延床面積:32,873.00
建築主:北3東11周辺地区市街地再開発組合
売主:大和ハウス工業
設計者:山下設計
施工者:岩田地崎建設・丸彦渡辺建設・田中組・札幌工業建設工事共同企業体
工期:2019年5月7日頃着工〜2022年3月下旬竣工予定
入居:2022年6月中旬予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク