超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

空撮・遊覧飛行(北海道)

タワーマンション空撮シリーズの答え合わせ 後編(その19〜その36)

 昨日の前編に引き続いて今日は後編です。一応説明しておきますと緊急事態宣言中に#StayHome企画としてツイッターにタワーマンション空撮シリーズを載せてきましたが、緊急事態宣言の全面解除に伴いこのシリーズも終了させました。ツイッターでは場所やマンション名は載せていなかったのでその答えとして場所や名称を載せていきます。後編はその19〜その36までです。


その19
富久クロス

 都営新宿線の新宿三丁目駅と曙橋駅の間に位置する「富久クロス」(地上55階、最高高さ191m)です。手前の青い屋根はスーパーの上に建てられた地権者向けの戸建てエリアです。夜になると「富久クロス」の上部のみ縦線のライトアップされて、遠くから見ると神殿でもあるかのように見えます。



その20
ガレリアグランデとシティタワー有明

 有明、豊洲、晴海方面です。手前のタワーマンションは中央が「シティタワー有明」(地上33階、高さ114.7m)で、その左側が「ガレリアグランデ」(地上27階、最高高さ99.25m)です。この辺りは長い間何もない場所でしたが、写真左下の方に大型ショッピングモールの「有明ガーデン」が開業します。本来は既にオープンしているはずでしたがコロナウイルスの影響で開業が延期になっており、イオンスタイルなど一部店舗だけしか開業していません。



その21
パークコート麻布十番 ザ タワーとシティタワー麻布十番

 麻布十番駅が最寄り駅の「パークコート麻布十番 ザ タワー」(地上36階、高さ129.08m)と「シティタワー麻布十番」(地上38階、高さ129.92m)です。右上に東京タワーの足元が写っている通り東京タワーにも近い場所です。写真左下は「三田小山町西地区市街地再開発事業」の計画地で地上45階、最高高さ165mと地上33階、最高高さ125mのタワーマンションが建設される計画となっています。



その22
メガシティタワーズ

 大阪府八尾市の久宝寺駅前にある「メガシティタワーズ」です。地上40階、高さ143.8mと地上41階、高さ143.8mの巨大なツインタワーとなっています。右側の変わった形の建物は「八尾市立病院」です。



その23
ザ・パークハウス 西新宿タワー60

 新宿の西の方にある「ザ・パークハウス 西新宿タワー60」(地上60階、最高高さ208.97m)です。現時点でタワーマンションとしての高さは日本2位ですが60階という階数は日本一です。今後、高さは3棟のタワーマンションに抜かれますが、その中で60階を超えるタワーマンションは1棟のみです。詳しくは先週載せた「日本のタワーマンション高さランキング ベスト10」をご覧ください。



その24
テラス東陽町ネクスタワー

 東京都江東区南砂町にある「テラス東陽町ネクスタワー」(地上25階、最高高さ87.682m)です。手前の南砂住宅が面白かったのであまりトリミングせずに載せました。「テラス東陽町ネクスタワー」の左上に見えているタワーマンションは「スカイシティ南砂」(地上28階、高さ92.15m)で、1989年に24階から出火し日本初のタワーマンション火災として知られています。



その25
ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン

 札幌駅から西側へ徒歩8分の位置にある「ラ・トゥール札幌伊藤ガーデン」(地上30階、最高高さ99.990m)です。「ラ・トゥール」と言えば住友不動産の高級賃貸タワーマンションシリーズですが、東京以外ではここが初です。建設地は伊藤組土建名誉会長の伊藤義郎邸があった土地の一部で、目の前には「北大植物園」もあり緑に囲まれたタワーマンションとなっています。



その26
026

 飯田橋駅の南側です。左が住宅棟の「パークコート千代田富士見 ザ タワー」(地上40階、高さ149.14m)で右側はオフィス棟の「飯田橋グラン・ブルーム」(地上30階、高さ149.88m)です。両棟合わせた街区名「飯田橋サクラパーク」となっています。



その27
ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンとブリリア有明スカイタワー

 有明にある巨大なタワーマンション「ブリリアマーレ有明タワー&ガーデン」(地上33階、最高高さ119.117m)と「ブリリア有明スカイタワー」(地上33階、最高高さ118.27m)です。左下の空き地は東京オリンピックの「有明アーバンスポーツパーク」でBMXレーシング、BMXフリースタイル、スケートボードが行われます。こちら側の中層階以上ならば自宅からオリンピック観戦ができそうです。



その28
ブリリア有明シティタワー

 有明にある東京建物のブリリアの冠が付くもう一つのタワーマンション「ブリリア有明シティタワー」(地上33階、最高高さ119.4m)です。この背後ではさらにもう1棟のブリリアシリーズ「ブリリアタワー有明ミッドクロス」(地上33階、高さ113.80m)が建設中です。工事中に不発弾が3回も発見され工事中断が連発した不運のマンションです。



その29
シティタワーズ東京ベイ

 有明の一番新しいタワーマンション「シティタワーズ東京ベイ」で左からウエストタワー(地上32階、最高高さ118.97m)、セントラルタワー(地上33階、最高高さ118.97m)、イーストタワー(地上33階、最高高さ118.97m)となっています。有明地区では一番駅に近いタワーマンションで目の前には大型商業施設「有明ガーデン」があり最も利便性の高いタワーマンションです。左右対称のシンメトリーなデザインのため以前、左半分だけと右半分だけで合成してみる遊びをしてみましたが全く違和感がなかったです。→[遊んでみた結果]



その30
プラウドタワー木場公園

 木場公園前の「プラウドタワー木場公園」(地上27階、高さ88.77m)です。木場公園がある方向が東側でこちら側が西側となります。東側なら公園ビュー、西側なら都心ビュー。どちら側が人気なんでしょうね?個人的に選ぶなら超高層ビルマニアなので西側の都心ビューです。



その31
リバーシティ21のタワーマンション群

 月島駅の北側にあるリバーシティ21のタワーマンション群です。手前の川は隅田川で左下のタワーマンションは「パークシティ中央湊 ザ タワー」(地上36階、最高高さ128.96m)と「シティタワー銀座東」(地上22階、最高高さ76.00m)です。



その32
清澄白河のタワーマンション群

 清澄白河のタワーマンション群です。清澄白河駅がありますがこれは住所的には清澄と白河を足した名称です。このタワーマンション群があるのは白河側で左から順に「D'グラフォート清澄白河スパークリングタワー」(地上32階、最高高さ113.94m)、「パークハウス清澄白河タワー」(地上35階、最高高さ116.9m)、「イーストコモンズ清澄白河 フロントタワー」(地上32階、高さ113.7m)、「イーストコモンズ清澄白河 セントラルタワー」(地上33階、高さ116.7m)となっています。



その33
三田綱町パークマンション

 三田にある「三田綱町パークマンション」(地上19階、高さ52m、1971年竣工)です。日本初のタワーマンションと言われていますが、高さ60mを基準にすると埼玉県の「与野ハウス1号棟」(地上21階、高さ66m、1976年竣工)が日本初となります。背後の緑地は綱町三井倶楽部です。



その34
シティタワー池袋ウエストゲート

 池袋駅の北西側、最寄駅からだと要町の北側にある「シティタワー池袋ウエストゲート」(地上34階、高さ121.31m)です。パッと思いつく限りでは関東では一番スマートなタワーマンションの気がしています。大阪もスリムなタワーマンションが多いですがもしかしたら日本一スマートなタワーマンションかもしれません。



その35
品川(港南)のタワーマンション群

 品川駅の港南側に建ち並ぶタワーマンション群です。中央奥は「ワールドシティタワーズ」(地上40〜42階、最高高さ137〜139.85m)でここまで来ると天王洲アイル駅の方が近いです。「ワールドシティタワーズ」は人生で初めて訪問した分譲タワマンで思い出深いです。いつか自分も分譲タワマンに!と思ったものですが未だに安い賃貸タワマンです。



その36
汐留・月島・勝どき・晴海・豊洲・東雲のタワーマンション群

 最後は汐留、月島、勝どき、晴海、豊洲、東雲方面のタワーマンション群です。ラストは一番タワーマンションが写っているであろう写真を選びました。いっぱいあり過ぎるのでどれがどことかは省略です。たまにどこのタワーマンションが眺望最強なのか?と考えることがありますが未だに答えが出ません。ここに写っているタワーマンションに限定しても答えは出なさそうです。眺望に加えて利便性やマンションの質まで考えるとさらに答えは出なくなりそうです。


 以上、空撮タワーマンションシリーズでした!実はまだ他にも写真を用意していましたが緊急事態宣言解除により使わずに済みました。このまま早く日常が戻りますように!

北海道一のタワマン!地上48階、高さ約175m「北8西1地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子

北8西1地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:札幌市]

 札幌駅の北東側に建設されるタワーマンション「北8西1地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。この完成予想図が出た当時は地上50階、高さ180mの計画でしたが、現地に設置された建築計画のお知らせ(札幌スカイラインさん参照)では地上48階、塔屋2階、地下2階、高さ166.20m(最高高さ175.20m)、延床面積99,348.06屐∩躙与632戸の規模となっています。そのため最新の完成予想図とは異なるかと思います。

 建築主は札幌駅北口8・1地区市街地再開発組合、以前の情報と変わりなければ参加組合員として大和ハウス工業、住友不動産、東急不動産、NIPPOの4社が参画しています。

 計画よりは少し低くなりましたが大幅な規模縮小ではなくて良かったです。ただ、最初の計画では51階建てのツインタワーだったのでそれと比べると大幅な規模縮小となります。

▼札幌市
北8西1地区

▼札幌スカイライン
北8西1再開発地区の近況



北8西1地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:札幌市]

 完成予想図が出たときはタワーマンションの隣に12階建ての医療・福祉施設でしたが14階建てのホテルへと計画変更になっています。建築計画のお知らせではタワーマンションがA棟、ホテルがB棟となっています。



北8西1地区第一種市街地再開発事業
区域図[出典:札幌市]

 場所はこのように札幌駅の北東側です。赤い枠が札幌駅の目の前まで伸びていますが、この場所に地下鉄東豊線の地下通路を延伸して直結させる計画となっています。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 2019年6月24日にセスナから撮影した札幌駅方面の景色です。「北8西1地区第一種市街地再開発事業」の上を飛んでもらうのをすっかり忘れてしまっていたので写り込んでいる写真を探してみました。建設地の大部分が手前のビルで見えないのでだいたいの位置を赤枠で囲っています。

 昨日のブログに載せましたが、写真左下では高さ240mの「(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」の計画があり、「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の右側では高さ230mの「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区」の計画があります。

 これらが計画通り完成するとポツポツと建っている超高層が繋がって新たな超高層ビル群の出現となりそうです。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 今年の1月2日に「JRタワー」の38階展望室から撮影した北側の眺めです。左のタワーマンションが北海道で一番高いタワーマンション「D'グラフォート札幌ステーションタワー」(地上40階、最高高さ143.15m)です。

 写真右側が「北8西1地区第一種市街地再開発事業」の建設地で、ここに建設されるタワーマンションが北海道で最も高いタワーマンションとなります。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 建設地にズームです。建設地の北側(写真上)が札幌市立北九条小学校で、当初はツインタワーの計画だったのが小学校の日当たりが悪くなるとかあって1棟の計画になったと記憶しています。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 地上から撮影した「北8西1地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。この角が札幌駅に一番近い側でこの角に地上48階、最高高さ175.20mのタワーマンションが建設されます。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 2019年6月26日に組合設立認可(札幌駅北口8・1地区市街地再開発組合)、2020年3月31日に権利変換計画認可がありました。現地では既存建物の解体工事が始まっているという情報も見かけました。

 奥に見えるタワーマンションは「プレミスト札幌ターミナルタワー」(地上38階、最高高さ128.1m)です。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 札幌に帰省するたびに計画地をグルっと一周撮り歩いていましたが、毎年進展がなくボツ写真となっていました。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 次回からはついに工事進捗を撮ることができるようになりそうですが、直近だと6月に帰省予定だったのが新型コロナウィルスの影響で白紙状態です。



北8西1地区第一種市街地再開発事業

 最後は近くの歩道橋から撮影。この角に地上14階、最高高さ50.70m、延床面積14,462.97mのホテルが建設されます。

■物件概要■
計画名:北8西1地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(A棟)
所在地:北海道札幌市北区北八条西一丁目1番1,2の一部、3,4の一部、5の一部、6,7の一部、8
用途:共同住宅、店舗(物販、飲食、その他)、事務所、自動車車庫、多目的ホール
総戸数:632戸
階数:地上48階、塔屋2階、地下2階
高さ:166.20m(最高高さ175.20m)
構造:鉄筋コンクリート造・鉄骨造
敷地面積:9,712.88
建築面積:6,982.88
延床面積:99,348.06
建築主:札幌駅北口8・1地区市街地再開発組合
参加組合員:大和ハウス工業、住友不動産、東急不動産、NIPPO
設計者:大成建設
施工者:未定
工期:2020年7月1日着工〜2023年12月31日竣工予定

高さ240mのA案、高さ190mのB案「札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」の計画段階環境配慮書が公開

札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 2019年6月24日にセスナから撮影したJR札幌駅の南口側です。赤い網掛けをした場所では「(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」が計画されており、2020年4月30日に計画段階環境配慮書が札幌市のHPで公開されました。

 事業者は札幌駅南口北4西3地区市街地再開発準備組合、代表者はヨドバシホールディングスで敷地は旧札幌西武跡地などです。

▼札幌市(2020年4月30日〜5月29日)
(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 計画段階環境配慮書



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業
基壇部の配慮内容(札幌駅南?駅前広場に面する高さの一体性)[出典:札幌市]

 場所は札幌駅南口駅前広場の道路を挟んだ目の前で、その広場は高さ約50mの商業施設で囲まれています。



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業
基壇部(低層部)配置案[出典:札幌市]

 そのため低層部はこのように高さ約50mの計画となっており、その上の高層部はA案とB案の2案があります。どちらの案でも商業機能、宿泊機能、高機能オフィスで構成され延床面積は約23万屬箸覆辰討い泙后



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 A案
計画建築物 配置計画(A案:1棟案)[出典:札幌市]

 A案はこのように1棟、高さ約240mとなっています。



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 A案
計画建築物 断面計画(A案:1棟案)[出典:札幌市]

 このように札幌駅とは逆の大通り公園側に超高層ビルを配置する計画となっています。



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 B案
計画建築物 配置計画(B案:2棟案)[出典:札幌市]

 B案はこのように2棟構成で高さ約190mの業務棟と高さ約160mの宿泊棟となっています。宿泊棟とオフィスビルがお見合い部屋にならないようL字型の配置です。



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業 B案
計画建築物 断面計画(B案:2棟案)[出典:札幌市]

 このように札幌駅に近い側が宿泊棟で遠い側が業務棟です。



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 現時点で北海道で最も高い超高層ビル「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の38階にある展望室から見た「(仮称)札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。

 現在は未利用地、駐車場に加えて既存ビルがいくつかあります。北海道リアルエコノミーの記事によると、街区内に建つ「aune札幌駅前ビル」の所有者が東急と同グループのじょうてつとなり、他のビルの取得する動きをしており再開発に参画するもようとのことです。東急グループとヨドバシHDの関係は良好であり、隣にある東急百貨店の移転の可能性も考えられるとのことです。

 この街区の再開発がこのまま進めば低層部にヨドバシカメラが入るのは確実と思われますが、ヨドバシカメラだけでは広過ぎるので東急百貨店も入る可能性は多いにありそうです。

 気になるのは好調だったインバウンドが新型コロナウィルスの影響で壊滅的で、コロナが収束しても元の状態に戻るのかどうかといったところですかね。そうなると宿泊施設部の計画にも影響が出てくるかもしれないですね。

▼北海道リアルエコノミー(2020年4月30日)
JR札幌駅南口「北4西3」再開発に東急・じょうてつ参画へ 「aune札幌駅前ビル」取得



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 別方向からの空撮です。札幌駅の真ん中の目の前という一等地のため、個人的にはA案の高さ240mの超高層ビルを目指して欲しいところです。



札幌駅南口北4西3地区第一種市街地再開発事業

 別角度からもう1枚。「JRタワー」の隣の大きな駐車場「北5西1街区」では地上47階、高さ230mの超高層ビル建設を目指すことが発表されています。

 これからの計画が順調に進むと札幌駅前に高さ240mと高さ230mの超高層ビルが出現することになります。さらに写真には写っていないさらに右側では地上50階、高さ180mのタワーマンション計画「北8西1地区第一種市街地再開発事業」もあり、札幌駅前に超高層ビル群が出現する未来が来るかもしれません。

 こういった再開発は計画が進むに連れて現実的な規模に落ち着いてしまうことが多いですが、是非とも今の計画で実現して欲しいものです。

札幌駅前に地上47階、高さ230mを目指す「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区」の準備組合が設立!

札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発

 2019年11月11日、JR北海道と札幌市より札幌駅に隣接するの「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区」において「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区市街地再開発準備組合」設立したとニュースリリースが出ました。

 今年の6月にセスナをチャーターして撮影した計画地です。対象区域は「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の南東側の大きな駐車場がある「北5西1街区」と「JRタワー」の南側に隣接した商業施設「エスタ」がある「北5西2街区」で、2030年度末の開業を予定している北海道新幹線の札幌駅も隣接しています。

 「北5西1街区」には商業施設、オフィス、ホテルで構成される超高層ビルが計画されており、各種報道によると「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)と同規模の地上47階、高さ230mの超高層ビル建設を目指すとのことです。

 今後のスケジュールとしては2020年度上期までに基本計画、2022年度に都市計画決定、2023年度に事業認可・再開発組合設立を経て、2023年度に着工し2029年の秋に全体竣工、供用開始を予定しています。札幌は2030年の札幌冬季オリンピック・パラリンピックの招致を目指しており、それに間に合わせる計画となっているため計画延期といったことはなく着々と進むものと思われます。

▼JR北海道:ニュースリリース(2019年11月11日)
「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区市街地再開発準備組合」設立のお知らせ



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発
位置図[出展:JR北海道]

 エスタがある「北5西2街区」は約10,300屐現在は駐車場となっている「北5西1街区」は約12,100屬旅さがあり札幌駅前の一等地となっています。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発
創成東地区との連携[出展:JR北海道]

 このように「北5西1街区」は新幹線の札幌駅と接続され、創成川通をはさんで東側にも新幹線の改札口の設置が検討されています。

 ところで、新幹線の札幌駅の設置場所を決めるときに利便性の高い在来線ホームを転用する案もあったのですが、JR北海道が主張する現在の位置に決定しています。これは今回のこの再開発に繋げたいため他の案は無理だと言い張ったというような記事をどこかで見た記憶があります。JR北海道は赤字続きで稼ぎ頭は不動産業とのことらしいので有り得そうな話しです。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発
断面図[出展:JR北海道]

 このようにエスタがある「北5西2街区」と「北5西1街区」の低層部は商業施設となり両街区の1階はバスターミナルが設置されます。その両街区のバスターミナルの上には待合所となる「交通待合交流空間」も整備されます。「北5西1街区」の世界展開する高級ホテルが想定されています。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発
交通待合交流空間[出展:JR北海道]



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発

 今年の6月に撮影した「札幌駅交流拠点北5西1・西2地区」です。左の白い建物が「北5西2地区」となる「エスタ」で過去の報道なども見ると建て替えとなるようです。そしてこの正面にある駐車場が地上47階、高さ230mの超高層ビル建設を目指す「北5西1地区」です。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発

 「エスタ」から見た「北5西1地区」です。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発

 このように広大な駐車場となっています。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発

 「JRタワー」(地上38階、高さ173m)の38階展望室から見落とした「北5西1地区」です。左側の一部が新幹線の用地となりますが正確な境目は不明です。



札幌駅交流拠点北5西1・西2地区再開発

 少なくても「JRタワー」よりも高い超高層ビルが建設されることになりそうですが、こういった計画はだいたい最大規模を想定してそこから現実的な規模へと縮小されていきます。最終的にどのような規模になるのかは現時点ではわかりませんが高さ200mを超える超高層ビルにはなって欲しいものです。

 現在、高さ200mを超える超高層ビルがある都道府県は北から順に東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府だけです。ここに高さ200mを超える超高層ビルが建設されると北海道が6番目となります。2020年上期に基本計画決定のためその頃にはだいたいの規模が判明しそうです。

高さ100m「北海道百年記念塔」の空撮と現地の様子(2019年6月)

北海道百年記念塔の空撮

 札幌市厚別区、江別市、北広島市にまたがる野幌森林公園のシンボルタワー「北海道百年記念塔」(地上25階、高さ100m)の空撮です。野幌森林公園は野幌丘陵にあるため札幌中心部の展望台や山からもはっきりと確認することができます。



北海道百年記念塔の空撮

 野幌森林公園全体で見ると厚別区部分はほんの少しですが、その厚別区部分に「北海道百年記念塔」はあり、すぐ近くにはこのように厚別区と江別市の住宅街が広がっています。

 写真左端に北翔大学(旧浅井学園)、中央に札幌学院大学、右端に札幌啓成高校があり、さらに写真左上の方に行くとわの森三愛高校や酪農学園大学があります。きっと森の隣で土地があったため大学や高校が多数進出したものと思われます。



北海道百年記念塔の空撮

 このように野幌森林公園の敷地ギリギリまで住宅が広がっていますが、一歩中に入ると広大な原始林が広がっています。



北海道百年記念塔の空撮

 すぐ近くには北海道博物館もあります。この辺りは実家から近いこともあり何度か行ったことがありますが、子供の頃でよくわからないまま展示物を見ていました。今ここの博物館に行くと普通に楽しめそうな気がしますが今回は行く時間はありませんでした。

 また、木が倒れている一帯がありますがこれは去年の台風での倒木かと思われます。実家近くの公園でも多数の倒木があったそうです。



北海道百年記念塔の空撮

 この「北海道百年記念塔」ですが、北海道開拓百年を記念して建てられた塔で1970年竣工です。もうすぐ50周年といったところですが、腐食が進み修繕工事を行ってもどんどん老朽化し、金属片の落下もあり塔の周囲は立ち入り禁止となり、今年に入って解体方針が決定しました。解体時期は決定していませんが残念ながら今後解体されることになります。



北海道百年記念塔の空撮

 子供の頃から見てきた塔だったので解体方針は残念で仕方ありません。ただ、維持するにしても多額の費用がかかるので仕方のないことなのかもしれません。



北海道百年記念塔の空撮

 今すぐどうにかしないと倒壊するとかそういったことはないと思うので、しばらくはこのままの気がしますがどうなんでしょうね?


北海道百年記念塔の空撮

 ところで、野幌森林公園は地元の小学校の遠足の定番コースで、高校に入っても耐久遠足というのがあり10キロ歩いてここまで来たりもしました。そのときの記憶では平日でも賑わっていた場所だったのですが1人も見当たりませんね。駐車場も閑散としています。※ 2019年6月24日(月)の11時20分頃撮影。



北海道百年記念塔の空撮

 ただ、野幌森林公園には74年ぶりにヒグマが出没しており、そのため人が少ないだけなのかもしれません。札幌市の山ではヒグマは出没しますが、この辺りにはそんな山はありません。森は山まで連なって繋がっていますが途中に高速道路や国道があったりするので、そこを通ってきたのかどっか下をくぐれるとこがあったのか…どっちにせよ野幌森林公園にヒグマは驚きです。



北海道百年記念塔の空撮

 少し広角で撮影。森の中に街っぽいところがある場所が北海道開拓の村です。ここも子供の頃を最後に行っていませんが、今行くと子供のときよりも楽しめそうな気がします。

 また、わかりにくいですが左の森の中にある池が「瑞穂の池」で、原始林の中にある遊歩道から行ける場所のため何度も遊びに行っていました。気軽に行けるイメージでしたが、こうして上空から見るとそこそこの距離がありますね。



北海道百年記念塔の空撮

 それにしても本当に人がいなくて寂しいです。



TOPS森林公園パークハウス西参番街B棟の空撮

 おまけで最寄り駅の「森林公園」駅周辺の空撮です。中央のタワーマンションが「TOPS森林公園パークハウス西参番街B棟」(地上25階、高さ77.65m)です。中学生の頃に建設中の様子を自転車で見に行った思い出があります。



北海道百年記念塔

 地上から見た「北海道百年記念塔」です。



北海道百年記念塔

 子供の頃からずっと見てきた思い出補正もあるのかもしれませんがデザインは最高の塔だと思います。



北海道百年記念塔

 ドバイのブルジュ・ハリファもそうですが、このように上に行くに連れて細くなるデザインが好きです。



北海道百年記念塔

 先端の方にズームです。確かに外壁がベコベコで老朽化が進んでいるように見えます。



北海道百年記念塔

 高さはそれほどありませんが階段で登る展望台もありました。



北海道百年記念塔

 一般の人は使用できませんが中にはエレベーターもあります。



北海道百年記念塔

 塔の周りには池がありそこまで行くことができます。左の緑のシートで塞いでいるところからが立入禁止です。



北海道百年記念塔

 記憶はありませんが子供の頃はここの上に登って遊んでいたそうです。

■物件概要(住宅)■
名称:北海道百年記念塔
所在地:北海道札幌市厚別区厚別町小野幌
用途:モニュメント
階数:地上25階
高さ:100m
構造: 鉄骨トラス構造
建築主:北海道
設計者:井口健、久米建築事務所
施工者:伊藤組土建
工期:1968年11月着工〜1970年7月竣工

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク