超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

東京オリンピック

新国立競技場とその周辺施設の建設状況(2017.4.30)

新国立競技場

新国立競技場
 2017年4月30日撮影の「新国立競技場」の建設地です。現地に訪れるのは久しぶりでしたが着々と工事が進んでいました。

新国立競技場
 端の方を見るとトラックの部分でしょうか?既に円形となった工事が進んでいます。

新国立競技場
 国立競技場の建設現場は一生に一度見れるかどうかだと思うので機会があれば見ておくことをオススメします。隣の東京体育館側からこうして中を見ることができます。

新国立競技場
 建物は完成してしまえばいつでも見ることが出来ますが、建設中は今しか見ることができません。このような大規模な工事は迫力があって面白いです。

新国立競技場
 正直、ザハ案の「新国立競技場」が見たかったのですが、もうどうにもならないので隈研吾氏デザインの国立競技場が建ち上がって行く様子を楽しもうと思います。

新国立競技場
 中央奥に見える建設中のビルは後半に載せる「日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟」です。

新国立競技場
 こちらの端は遠くて現在どのような感じなのかはわかりませんが、巨大なクレーン車が見当たらないのでまだ最初に載せた場所とは進捗が異なってそうです。

新国立競技場 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■新国立競技場の物件概要■
名称:新国立競技場(仮称)
所在地:東京都新宿区霞ヶ丘10番1ほか、東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目15番1ほか
用途:観覧場・附属自動車車庫・自転車駐車場
階数:地上5階、地下2階
高さ:47.35m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、
基礎工法:直接基礎
敷地面積:113,039.62
建築面積:72,388.86
延床面積:193,573.03
建築主:日本スポーツ振興センター
設計者:新国立競技場整備事業 大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体
施工者:大成建設
工期:2016年12月1日着工〜2019年11月30日竣工予定



都営霞ヶ丘アパート

都営霞ヶ丘アパート
 「新国立競技場」の隣では「都営霞ヶ丘アパート」の解体工事が行われています。跡地は公園となる予定です。背後の白いマンションは「外苑ハウス」でこちらは地上22階建てのタワーマンションに建て替えられます。

都営霞ヶ丘アパート 解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。解体工期は9月1日までとなっています。



日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館

日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館
 解体工事が行われている「都営霞ヶ丘アパート」の隣では「日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館」(地上14階、最高65m)が建設されます。

日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館
 ここには公園がありましたが今は更地になっています。

日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館
日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館等の完成予想パース[出典:新宿区]

 この完成予想パースの中央のビルが「日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館」です。右側のタワーマンションが「外苑ハウス」の建て替えです。左のビルは次に載せる「日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟」です。


日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館の物件概要■
計画名:日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館(仮称) 建設計画
所在地:東京都新宿区霞ヶ丘町
用途:事務所・博物館・駐車場
階数:地上14階、地下1階
高さ:59.95m(最高65m)
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:9,988.16
建築面積:1,325
延床面積:19,500
建築主:公益財団法人 日本体育協会
設計者:三菱地所設計
施工者:未定
工期:2017年6月1日着工〜2019年5月1日竣工予定



日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟
 「日本体育協会・日本オリンピック委員会新会館」の隣で建設中の「日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟」(地上16階、最高72m)です。こちらは国立競技場西テニス場跡地で一足先に着工していたのでもうすぐ完成です。

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟
 元々は近くに「日本青年館」はあったのですが、新国立競技場の建設に伴い解体されました。そのため現在は休館中ですがここに2017年8月にグランドオープン予定となっています。同ビルには1250席規模のホールや会議室などが入り、そして高層階は総客室数220室の日本青年館ホテルとなります。

日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟の物件概要■
計画名:日本青年館・日本スポーツ振興センター本部棟
所在地:東京都新宿区霞ヶ丘町16番8号
用途:劇場、ホテル、事務所、駐車場
階数:地上16階、塔屋1階、地下2階
高さ:69.60m(最高高さ71.74m)
構造:地上・鉄骨造 地下・鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:9,988.16
建築面積:2,637.56
延床面積:31,844.03
建築主:日本青年館・日本スポーツ振興センター
設計者:久米設計
施工者:安藤・間
工期:2015年7月1日着工〜2017年6月8日竣工予定

東京2020大会後の選手村のイメージ図やまちづくりの概要発表

東京2020大会後の選手村のイメージ図
東京2020大会後の選手村のイメージ図[出典:東京都]

 昨日、東京都より東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会後の選手村のまちづくりについての概要をとりまとめたものが発表されました。選手の宿泊施設として一時使用する住宅棟などについては、市街地再開発事業として今年の4月に着手(基盤整備工事)し、大会時に必要な施設は2019年末を目途に整備されます。また、エネルギー計画や交通計画、晴海ふ頭公園の再整備についても一体的に取り組み整備していくことになっています。

 計画されている住宅は14〜18階の板状棟と地上50階の高層棟で住宅戸数は約5650戸(分譲・賃貸)を予定しています。50階建ての高層棟は東京五輪2020の後に建設される予定です。また、サービス付き高齢者向け住宅、シェアハウス、外国人向けサービスアパートメントも導入される計画で、分譲棟各住戸に家庭用燃料電池(エネファーム)を設置することとなっています。交通計画としてはBRTの発着ターミナル、カーシェア・シェアサイクルの共通ポート、船着場の併設が計画されています。特に記載はありませんでしたが、イメージ図を見ると晴海客船ターミナルがある部分は晴海ふ頭公園として再整備される計画のようです。

▼今後のスケジュール
2016年4月:市街地再開発事業に着手(基盤整備工事に着手)
2016年5月:特定建築者(住宅棟等の建築の実施者)の公募
2016年7月:特定建築者の選定
2017年1月:建築工事に着手
2019年12月(目途):大会時に必要な部分の整備完了
2020年7月〜:東京2020大会
大会後改修工事
2024年度:事業完了

▼東京都:報道発表資料(2016年4月1日)
東京2020大会後の選手村におけるまちづくりの整備計画について

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 2月6日に晴海客船ターミナルから撮影した2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地です。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 何やら工事が始まっていました。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 近づいてみると土手が出来ていました。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 工事内容は防潮堤建設工事で「平成27度晴海五丁目陸上防潮堤建設故事」と名称が付いていました。発注者は東京都港湾局 東京港建設事務所 オリンピック・パラリンピック施設整備課 施設工事係です。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 別方向の選手村計画地です。「(仮称)晴海五丁目西地区開発計画」として整備されます。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 中央清掃工場から見た選手村計画地です。

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の選手村計画地
 ここでは地質調査のボーリングが行われていました。着実に整備が進んでいます。

 ところで今日は4月1日なので日付が変わった頃に記事を1本載せています。良かったらそちらもご覧ください→東京タワーと東京スカイツリー入れ替え計画

国立競技場の解体状況(2015年5月3日撮影)

国立競技場の解体工事
 解体工事中の「国立競技場」です。昨日、新宿センタービルの最上階にある展望ロビーから撮影しました。もうここまで解体されてしまったので手遅れですが、新宿センタービルから定点撮影していれば良かったです。

国立競技場の解体工事
 PowerShotSX60HSを使って超望遠撮影。地上から確認出来る残り少ない構造物です。

国立競技場の解体工事
 後ほど載せますが、上の階段とこの階段が地上からも確認出来ました。

国立競技場の解体工事
 こちらの階段は仮囲いがあるので地上からはほぼ見えませんでした。

国立競技場の解体工事
 現地です。

国立競技場の解体工事
 GW中は解体工事も休みのようでした。

国立競技場の解体工事
 解体中の「JSC本部棟」です。

国立競技場の解体工事
 「日本青年館」(地上9階、高さ40.285m)です。こちらも解体されますが仮囲いが出来ていました。

国立競技場の解体工事
 地上からまだ見ることが出来る残り少ない構造物の階段です。

国立競技場の解体工事
 こちらの階段が一番キレイに見えましたが、姿を消すまで残りわずかかと思います。

国立競技場の解体工事
 仮囲いの透明部分から中を覗きこんでみました。

国立競技場から見た新宿の超高層ビル群
 国立競技場の解体が進んだこともあり、東京体育館の背後に新宿の超高層ビル群という光景が見られるようになりました。なかなか良い光景です。

 解体後はザハ・ハディドのデザインによる「新国立競技場」が建設されます。規模は地上6階、地下2階、高さ70m、延べ面積219,500屬如工期は2015年10月1日着工、2019年3月31日竣工予定となっています。建築主は日本スポーツ振興センターで、設計者は日建設計・梓設計・日本設計・アラップ設計共同体で施工者はスタンド工区が大成建設、屋根工区が竹中工務店の予定となっています。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

国立競技場の解体状況(2015年3月15日撮影)

国立競技場の解体工事
 本格的な解体工事が始まった「国立競技場」です。このように重機が入って豪快に解体工事が行われています。

国立競技場の解体工事
 都営大江戸線の国立競技場駅の出入口近くからも解体中の「国立競技場」を見ることが出来ます。

国立競技場の解体工事
 反対側から見るとこんな感じですが、このフェンスの向こう側ではガリガリと解体工事が行われています。

国立競技場の解体工事
 グルッと1周スタンド席がありましたが、既に2個所ほど完全にスタンドは撤去されています。

国立競技場の解体工事
 もう1個所のスタンド席が解体された場所です。このペースだと「国立競技場」が地上から姿を消すのはあっという間かもしれませんね。

国立競技場の解体工事
 フェンスの透明な部分から覗きこんだからこのように穴が開いている場所もありました。ここから廃材を出したりもしているようです。

国立競技場の解体工事
 東京都庁の展望室から見た「国立競技場」です。全体が見えるかと思ったら少し代々木のドコモビルに隠れていました。

国立競技場の解体工事
 ズームです。この日は視界がイマイチな日だったので画質もイマイチです。

国立競技場の解体工事
 ただ、こういった姿を見られるのも今だけです。解体中の「国立競技場」を見たければ早く行っておいた方が良さそうです。

国立競技場
 「SAYONARA国立競技場FINAL “FOR THE FUTURE”」を見に行ったときに撮影した「国立競技場」です。この時代が懐かしいです。

 解体後はザハ・ハディドのデザインによる「新国立競技場」が建設され2020東京オリンピックのメイン会場となります。規模は地上6階、地下2階、高さ70m、延べ面積219,500屬如工期は2015年10月1日着工、2019年3月31日竣工予定となっています。建築主は日本スポーツ振興センターで、設計者は日建設計・梓設計・日本設計・アラップ設計共同体で施工者はスタンド工区が大成建設、屋根工区が竹中工務店の予定となっています。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ

解体工事が始まった国立競技場と新国立競技場の建築計画のお知らせ(2015年2月21日撮影)

新国立競技場
新国立競技場の完成予想図[出典:日本スポーツ振興センター]

 2020年東京五輪に向けて国立競技場の建て替えも現場レベルでようやく本格的に動き出しました。当初のザハ・ハディドによる斬新なデザインから建築費の都合で縮小されましたが、この完成予想図のような新国立競技場が2020年東京五輪までに誕生することになります。

国立競技場の空撮
 似たような方向から空撮した現在の国立競技場です。撮影したのは約1年前でこのときはまだ現役で使用されていました。

国立霞ヶ丘陸上競技場等とりこわし工事(南工区)
 現地には解体工事のお知らせも掲示され、2014年12月18日から2015年9月30日までの工期で解体工事も始まっています。これは「国立霞ヶ丘陸上競技場等とりこわし工事(南工区)」で国立競技場本体の解体工事のお知らせです。

国立霞ヶ丘陸上競技場等とりこわし工事(北工区)
 「国立霞ヶ丘陸上競技場等とりこわし工事(北工区)」でJSC本部棟の解体工事のお知らせです。JSCとはJapan Sport Councilで日本スポーツ振興センターのことです。

国立競技場の空撮
 国立競技場の空撮をもう1枚。中央左端の建物がJSC本部棟だと思います。

解体工事中の国立競技場
 昨日撮影した国立競技場です。足場が組まれて解体工事が本格的に始まるところでした。

解体工事中の国立競技場
 このように国立競技場全体が足場で囲われており、もう国立競技場の姿を見ることは出来なくなりました。

新国立競技場の建築計画のお知らせ
 そして現地では新国立競技場の建築計画のお知らせが掲示されました。地上6階、地下2階、高さ70m、延べ面積219,500屐2015年10月1日着工、2019年3月31日竣工予定です。建築主は日本スポーツ振興センターで、設計者は日建設計・梓設計・日本設計・アラップ設計共同体と4社のタッグです。施工者は未定となっていますが、スタンド工区は大成建設、屋根工区は竹中工務店の予定となっています。

 超高層ブログなのでここで取り上げるべきか迷ったのですが、高さ70mなので今後も載せて行こうと思っています。

解体工事中の国立競技場
 千駄ヶ谷ゲートから見た国立競技場です。9月30日までが解体工期なのであっという間に解体されて行くものと思われます。

解体工事中の国立競技場
 建て替え反対派も多い国立競技場ですが、個人的にはザハ・ハディドによるデザインの新国立競技場をかなり楽しみにしています。

■新国立競技場(仮称)の物件概要■
名称:新国立競技場(仮称)
所在地:東京都新宿霞ヶ丘町10-1他 渋谷区千駄ヶ谷一丁目15-1他
用途:観覧場、集会場、博物館、飲食店・物品販売業を営む店舗、自動車車庫、その他用途
階数:地上6階、地下2階
高さ:70m
敷地面積:113,039.62
建築面積:78.400
延床面積:219,500
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
建築主:日本スポーツ振興センター
設計者:日建設計・梓設計・日本設計・アラップ設計共同体
施工者:スタンド工区は大成建設、屋根工区は竹中工務店の予定
工期:2015年10月1日着工〜2019年3月31日竣工予定


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。