超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

空撮・遊覧飛行(大阪・関西)

日本初上陸のWホテル!地上31階「W OSAKA」の建設状況(2020.2.24)

W OSAKA

 「コンラッド大阪」から撮影した本町・心斎橋方面の眺めです。この中央に見える黒いビルがマリオット・インターナショナルが運営するWホテル「W OSAKA」(地上31階、最高高さ117.339m)です。ホテルの所有者は建築主である積水ハウスとなっています。



W OSAKA

 その「W OSAKA」にズームです。日本初上陸となる「Wホテル」はマリオット・インターナショナルが展開するの一つで、デザイン主導型のラグジュアリー・ライフスタイルホテルブランドです。

 2018年1月に積水ハウスからマリオットから出たプレスリリースでは総客室数337室でそのうち50室がスイートルームとなっていました。ただ、プレスリリースでは地上27階、塔屋2階、地下1階となっていましたが、現地に設置されている建築計画のお知らせでは地上31階、地下1階となっているので、多少規模拡大しているかもしれません。



W OSAKA

 2020年2月24日に現地から撮影した「W OSAKA」です。形は普通の箱型ですが少し凹ませた縦線が特徴的なデザインです。

 建築設計・監理は日本設計で設計顧問は安藤忠雄、施工者は竹中工務店となっています。



W OSAKA

 目の前の道路は御堂筋で北側に行くと本町駅、南側に行くと心斎橋駅があります。場所は両駅の中間くらいに位置していますが心斎橋駅の方が若干近いです。



W OSAKA

 ちょっと古いですが2014年1月の空撮です。左下の赤い網掛けをした部分が「W OSAKA」の建設地です。



W OSAKA

 別角度からもう1枚。矢印を入れた場所あたりが建設地です。6年前の空撮なので今はこの景色に超高層が何棟も増えています。



W OSAKA 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。



W OSAKA 東立面図

 東立面図です。プール、フィットネスセンター、スパ施設も備えるホテルとなりますが、どのあたりに設置されているんでしょうね。



W OSAKA 配置図

 配置図です。ホテルとは関係ありませんが御堂筋は一方通行なのにこれだけの幅があるのは凄いですね。

■物件概要■
名称:W OSAKA
計画名:(仮称)心斎橋ホテル計画
所在地:大阪府大阪市中央区南船場4丁目25番11他22筆
用途:ホテル
総客室数:337室
階数:地上31階、地下1階
高さ:117.399m
構造:鉄骨造
敷地面積:2,544.46
建築面積:1,974.66
延床面積:35,812.16
事業主:積水ハウス
設計者:日本設計
設計顧問:安藤忠雄
施工者:竹中工務店
工期:2018年10月1日着工〜2020年10月30日竣工予定
開業:2021年2月予定

難波にタイのセンタラ・ホテル&リゾート!地上34階「センタラグランドホテル大阪」の建設地の様子(2020.2.24)

センタラグランドホテル大阪
完成予想図[出典:関電不動産開発]

 「なんばパークス」の南側で計画されている「センタラグランドホテル大阪」(地上34階、高さ141.56m)の完成予想図です。

 同施設はタイの「センタラ・ホテル&リゾート」が日本初進出となるハイエンドホテルで総客室数は515室、フィットネスセンター、多彩なレストラン、宴会施設等が整備されます。タイと日本の文化を融合した佇まいの開放感のあるロビー、最上階には会議・イベントのためのフレキシブルなレイアウトが可能なスペースに加えて、ラウンジ、360度大阪の景色を楽しむことができる屋上レストラン・スカイバーも計画されています。

▼関電不動産開発:ニュースリリース(2019年10月1日)
難波中二丁目における開発について

▼ニッピ:お知らせ(2019年10月1日)
当社なんば地区所有地の開発について  



センタラグランドホテル大阪
位置図[出典:ニッピ]

 同事業はセンタラ・ホテル&リゾート、大成建設、関電不動産開発の3社が出資者間協定を締結し、Centara Osaka特定目的会社を設立のうえ、ニッピが所有する大阪市浪速区難波中二丁目の土地4,404.72屬魍発します。ニッピの所有地において南海電気鉄道との間で一般定期借地権設定契約を締結し、南海電気鉄道がCentara Osaka特定目的会社に転貸することになります。

 計画地は「なんばパークス」の南側にあった駐車場の北側部分です。ニッピによると残りの南側は駐車場として運営が続けられますが、本格的開発の実現を目指して引き続き努力していくとのことです。



センタラグランドホテル大阪

 約6年前の2014年1月11日にセスナから撮影した「なんばパークス」方面の空撮です。この左下にある駐車場の右側が「センタラグランドホテル大阪」の計画地です。



センタラグランドホテル大阪

 中央のタワーマンションは「ザ・なんばタワー レジデンス・イン・なんばパークス」(地上46階、最高高さ155.7m)です。「センタラグランドホテル大阪」はこれより少し低い地上34階、高さ141.56mとなります。



センタラグランドホテル大阪

 最初の空撮とは反対側から撮影。右側に見える駐車場が計画地です。

 左の超高層オフィスビルは「なんばパークス パークスタワー」(地上31階、最高高さ149.65m)です。



センタラグランドホテル大阪

 2020年2月24日に撮影した「センタラグランドホテル大阪」の計画地です。2020年3月31日までの期間で埋蔵文化発掘調査が行われています。



センタラグランドホテル大阪

 その翌日の2020年4月1日から「センタラグランドホテル大阪」が着工予定となっています。



センタラグランドホテル大阪

 現地に設置されている建築計画のお知らせでは施工者は未定となっていましたが設計者と同じ大成建設になるものと思われます。



センタラグランドホテル大阪

 計画地に西側には「ヤマダ電機 LABI1なんば」がありペデストリアンデッキも整備されているのでこうして計画地を上から望むことができます。



センタラグランドホテル大阪

 反対側から見た計画地です。



(仮称)難波中二丁目開発計画のうちA敷地計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。名称は「(仮称)難波中二丁目開発計画のうちA敷地計画」といった仮称が付いていますが、当ブログは「センタラ・ホテル&リゾート」のプレスリリースでは「Centara Grand Hotel Osaka」となっているので「センタラグランドホテル大阪」として扱います。



(仮称)難波中二丁目開発計画のうちA敷地計画 建築計画のお知らせ

 建築計画に一緒に掲載されている配置図と北側立面図です。配置図の上が「なんばパークス」側、左が「ヤマダ電機 LABI1なんば」側です。



(仮称)難波中二丁目開発計画のうちA敷地計画 旅館業施設計画の概要

 旅館業施設計画の概要です。総客室数515室、総定員数1086名となっています。

■物件概要■
名称:センタラグランドホテル大阪
計画名:(仮称)難波中二丁目開発計画のうちA敷地計画
所在地:大阪府大阪市浪速区難波中二丁目20番2、21番1
用途:ホテル、店舗
総客室数:515室
階数:地上34階、塔屋1階
高さ:141.56m
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造
敷地面積:4,404.72
建築面積:3,580.50
延床面積:39,128.47
建築主:Centara Osaka特定目的会社
設計者:大成建設一級建築士事務所
施工者:未定
工期:2020年4月1日着工〜2023年3月31日竣工予定

1月7日に着工した地上48階「シティタワー大阪本町」の建設地の様子

シティタワー大阪本町
完成予想図[出展:住友不動産]

 大阪の堺筋本町駅近くに建設される住友不動産の免震構造のタワーマンション「シティタワー大阪本町」(地上48階、高さ165m)です。公式HPにはまだ全体の完成予想図は掲載されていませんが、着工のニュースリリースに完成予想図が掲載されています。シティタワーらしい黒を使ったデザインです。

▼住友不動産:ニュースリリース(2019年1月17日)
単独事業主で市内最大 大阪の中心地に誕生する全854戸・地上48階建て超高層免震タワー「シティタワー大阪本町」着工


シティタワー大阪本町
完成予想図[出展:住友不動産]

 低層部です。10mを超えるガラス貼りのエントランスです。総戸数は854戸で大阪市で単独売主としては最大規模とのことです。


シティタワー大阪本町

 ちょっと古いですが約5年前の空撮です。赤色を付けた部分が「シティタワー大阪本町」の建設地です。「堺筋本町」駅まで徒歩3分、「本町」駅まで徒歩5分といった立地です。白い超高層ビルは「大阪国際ビルディング」(地上32階、高さ125.11m)でこれよりも大きなタワーマンションとなります。


シティタワー大阪本町
 約2ヶ月前に撮影した「シティタワー大阪本町」の建設地です。撮影時は地下躯体解体の工事が行われていましたが今年の1月7日に着工しています。

シティタワー大阪本町
 建設地の東側には「りそなグループ大阪本社ビル」(地上24階、高さ121m)が建っています。また奥に見えるのは同じ住友不動産の「シティタワー大阪」(地上50階、高さ169.8m)で、これと同じくらいの高さのタワーマンションがこの場所に建設されます。

シティタワー大阪本町
 このように南側と東側に超高層ビルが建っています。

シティタワー大阪本町
 ビル好きとしては一番眺めが良さそうな梅田方面は今のところ視界は開けています。ただ梅田方面は北側となります。個人的には日当たりは全く気しないので常時順光となる北向きは好きです。

シティタワー大阪本町 配置図
 配置図です。このように四方の道路は広くありませんが、大阪はこうした場所に数多くタワーマンションが建っています。

シティタワー大阪本町 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。数値は公式HPの値を優先して記載しています。2019年9月下旬から販売開始予定です。

■物件概要■
名称:シティタワー大阪本町
計画名:(仮称)備後町計画
所在地:大阪府大阪府大阪市中央区備後町2丁目
用途:共同住宅、一部店舗
総戸数:854戸
階数:地上48階、塔屋2階、地下1階
高さ:165m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
敷地面積:5,594.24
建築面積:3,308.51
延床面積:88,188.90
建築主:住友不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2019年1月17日着工〜2021年11月中旬竣工予定
入居:2022年3月上旬予定

プレミスト靱本町の建設地の様子(2016.4.30)

プレミスト靱本町の建設地の空撮
 2014年1月の梅田方面の空撮です。この写真中央やや右側に矢印と名称を入れた場所では分譲マンションの「プレミスト靱本町」(地上19階、高さ59.58m)が建設中です。「靱本町」と書いて「うつぼほんまち」と読みます。

 建設地背後の緑地は「靭公園」で、最寄り駅は写真右側の方にある徒歩4分の本町駅です。大きな公園も駅も近い立地です。

プレミスト靱本町
 2016年4月30日撮影の「プレミスト靱本町」の建設地です。

プレミスト靱本町 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

プレミスト靱本町 配置図
 配置図です。

プレミスト靱本町 立面図
 立面図です。公式HPはオープンしているのですが完成予想図は見当たりませんでした。

■プレミスト靱本町の物件概要■
名称:プレミスト靱本町
所在地:大阪府大阪市西区靱本町1丁目83番1(地番)
用途:共同住宅
総戸数:88戸
階数:地上19階、地下1階
高さ:59.58m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
敷地面積:903.62
建築面積:637.48
延床面積:8,634.60
事業者:大和ハウス工業株
設計者:ユーデーコンサルタンツ
施工者:西松建設
工期:2016年3月1日着工〜2018年1月31日竣工予定
入居:2018年2月下旬予定

地上38階「(仮称)グランドメゾン内久宝寺町2丁目タワー計画」の建設地の様子(2016.4.30)

(仮称)グランドメゾン内久宝寺町2丁目タワー計画の計画地の空撮
 2014年1月に谷町六丁目駅付近の上空から撮影した大阪城方面です。この中で赤色を付けたビルが「旧総通本社ビル」で、その跡地では積水ハウスによるタワーマンション「(仮称)グランドメゾン内久宝寺町2丁目タワー計画」(地上38階、高さ131.18m)が計画されています。

(仮称)グランドメゾン内久宝寺町2丁目タワー計画
 こちらは2016年4月30日に現地から撮影した「(仮称)グランドメゾン内久宝寺町2丁目タワー計画」の計画地です。左のタワーマンションが「D'グランセ上町台ハイレジデンス」(地上28階、高さ95.58m)で、これよりも高い地上38階、高さ131.18mのタワーマンションがこの場所に建設されます。

(仮称)グランドメゾン内久宝寺町2丁目タワー計画
 計画地の中です。「旧総通本社ビル」の解体は完了しており更地となっていました。

IMG_8704_(仮称)グランドメゾン内久宝寺町2丁目タワー計画_建築計画
 「(仮称)グランドメゾン内久宝寺町2丁目タワー計画」の建築計画のお知らせです。着工は年明けの2017年1月中旬予定で主運行は2020年7月下旬予定です。

(仮称)グランドメゾン内久宝寺町2丁目タワー計画 配置図
 配置図です。現地の写真は上の赤印方面から撮影しています。

(仮称)グランドメゾン内久宝寺町2丁目タワー計画 立面図
 立面図です。低層階から25階まで同じようなデザインが続き、26階からデザインが変わり、そして31階からまたデザインが変わります。間取りもこのデザインが変わる箇所でどんどん豪華になって行くのかもしれません。

■(仮称)グランドメゾン内久宝寺町2丁目タワー計画の物件概要■
事業名:(仮称)グランドメゾン内久宝寺町2丁目タワー計画
所在地:大阪府大阪市中央区内久宝寺町二丁目18番1他
用途:共同住宅
階数:地上38階、塔屋2階
高さ:131.18m
構造:鉄筋コンクリート造 一部鉄骨造
敷地面積:3,185.89
建築面積:1,527.51
延床面積:33,043.87
建築主:積水ハウス
設計者:前田建設工業
施工者:前田建設工業
工期:2017年1月中旬頃着工〜2020年7月下旬頃竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク