超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

虎ノ門ヒルズ(環状2号線プロジェクト)

高さ約265m「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」都市再生特別地区(虎ノ門一・二丁目地区)都市計画(素案)の概要が公開!

虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成予想図[出典:内閣府]

 森ビルによる虎ノ門の大規模再開発「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の概要が『都市再生特別地区(虎ノ門一・二丁目地区) 都市計画(素案)の概要』として内閣府の国家戦略特区のHPにて公開されました。

 この完成予想図ではA-3街区が見えていませんが、A-1〜A-4街区とB街区の5つの街区で構成されることとなります。各街区の概要は以下の通りとなっています。

A-1街区:地上49階、地下4階、高さ約265m、約237,000屐∋務所・集会所・店舗・ホテル・駐車場等
A-2街区:地上4階、地下3階、高さ約30m、約8,800屐店舗等
A-3街区:地上12階、地下1階、高さ約70m、約7,900屐∋務所・住宅・店舗、駐車場等
A-4街区:公園
B街区:地上17階、地下2階、高さ約100m、約26,200屐∋務所・店舗、駐車場等

 A街区は2019年度着工、2022年度竣工予定、B街区は2018年度着工、2020年度竣工予定となっています。

▼内閣府:国家戦略特区(2017年8月14日)
第12回 東京都都市再生分科会 配布資料


虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 断面イメージ
虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 断面イメージ[出典:内閣府]

 A-1街区の低層部に商業施設、事務所、ホテルが入りますが、ホテル部はA-3街区よりは高い位置となるようです。そのA-3街区には住宅も入りますが低層部が住宅となります。

 A-1街区の最上部はビジネス発信拠点となりますが、これはフォーラム、ギャラリー、レストラン等、様々なニーズやイベント形態に対応した多機能複合型拠点として整備されます。

 B街区最上階の情報・交流拠点には、日本の文化や技術に関する書籍・コンテンツを中心としたライブラリー機能、文化体験や交流イベント等を開催可能なイベントスペース・ギャラリーなどが整備され屋上広場も設置されます。


虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 配置図
虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 配置図[出典:内閣府]

 この配置図の右下が「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)ですが、そこからA-2街区、A-1街区、A-3街区から虎の門病院へとペデストリアンデッキで繋がります。A-4街区は公園となります。


虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成予想図[出典:内閣府]

 国道1号線(桜田通り)を超えるデッキの完成予想図です。正面がステーションタワーで背後が森タワーで、この地下が東京メトロ日比谷線「虎ノ門新駅(仮称)」となります。


虎ノ門ヒルズ
虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 完成予想図[出典:内閣府]

 現在「虎ノ門ヒルズ 森タワー」の南側には完成時は日本一の高さとなるタワーマンション「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)、北側にはBRTの発着所も整備される「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)が建設中です。「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」も含めてそれら全てが完成すると「虎ノ門ヒルズ」はこのような超高層ビル群となります。

 今は「虎ノ門ヒルズ 森タワー」が虎ノ門のランドマークとなっていますが、その光景も大きく変わることとなります。


虎ノ門ヒルズ ステーションタワーの建設地の空撮
 先週載せたのと同じ写真ですが「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の建設地の空撮です。

虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
 こちらも前回と同じ写真ですが地上から見た建設地方面です。工事が行われていますがこれは日比谷線「虎ノ門新駅(仮称)」の工事です。

■虎ノ門ヒルズ ステーションタワーの物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
街区:虎ノ門一・二丁目地区 A-1街区
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目
用途:事務所、集会所、店舗、ホテル、駐車場等
階数:地上49階、地下4階
高さ:約265m
敷地面積:約9,900
延床面積:約237,000
工期:2019年度着工〜2022年度竣工予定

■虎ノ門一・二丁目地区 B街区の物件概要■
名称:虎ノ門一・二丁目地区 B街区
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目
用途:事務所、店舗、駐車場等
階数:地上17階、地下2階
高さ:約100m
敷地面積:約1,700
延床面積:約26,200
工期:2018年度着工〜2020年度竣工予定

高さ日本一のタワマン!虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワーの建設地の様子(2017.1.28)

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 完成予想図
(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 完成予想図[出典:森ビル]

 今年の3月に着工する「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)の完成予想図です。この完成予想図の通り「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)の隣接地に建設されます。1月24日には既に地鎮祭が行われています。

 現在の日本一の高さのタワーマンションは大阪の「北浜タワー」(地上54階、最高高さ209.35m)ですが、この「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」が最高高さ221.55mで日本一となります。ただし「虎ノ門・麻布台地区」では森ビルによって地上63階、高さ約270mと地上53階、高さ約240mのタワーマンションが計画されています。そしてさらには地上65階、高さ約330mの超高層ビルも計画されており、その高層部の56階〜65階は住宅フロアとなります。日本一が短期間で塗り替えられることとなりそうです。

▼森ビル:ニュースリリース(2017年1月18日)
拡大・進化する虎ノ門ヒルズ
「ビジネスタワー」および「レジデンシャルタワー」着工へ



(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 断面図
(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 断面図[出典:森ビル]

 フロア構成は4階〜11階がサービスアパートメントとなり、12階〜54階がグローバルレベルのレジデンス約550戸となります。その住宅は森ビルの高級住宅ブランド「MORI LIVING」シリーズの最高峰となります。また、2階には子育て支援施設、1階〜3階は約1000屬両Χ閥間、会員制「ヒルズスパ」が設置されます。


虎ノ門ヒルズ 完成予想図
虎ノ門ヒルズ 完成予想図[出典:森ビル]

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」の隣では昨日のブログに載せた「(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)が本日着工予定です。そして規模は不明ですが完成予想図的に高さ250m前後はありそうな「(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」も計画されています。


虎ノ門ヒルズ 配置図
虎ノ門ヒルズ 配置図[出典:森ビル]

 周辺ではこのように森ビル関連以外でも複数の大規模な再開発が進行中です。水面下では他にも計画があると思うので、この辺りの超高層ビル群はどんどん拡大していきそうです。


(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 1月28日撮影の「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」の建設地です。「虎ノ門ヒルズ 森タワー」から撮影しました。左後ろは愛宕山です。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 敷地の大部分では既存ビルの解体は終わっていますが、敷地角にはこのように既存ビルが複数残っています。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 愛宕山側から撮影。

虎ノ門ヒルズ 森タワー
 すぐ隣の「虎ノ門ヒルズ 森タワー」です。ペデストリアンデッキでレジデンシャルタワーを経由して愛宕山まで繋がります。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 地上から撮影。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
 この角地のみ既存ビルが残っていますが、もうそろそろ解体されそうです。

(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワーの物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー
計画名称:(仮称)愛宕山周辺地区(I地区)新築計画
所在地:東京都港区愛宕一丁目2番6 外
用途:共同住宅、店舗、駐車場、子育て支援施設
総戸数:
階数:地上54階、塔屋1階、地下4階
高さ:215.25m(最高高さ221.55m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造・鉄骨鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎・現場造成杭
敷地面積:6,535.76
建築面積:4,000
延床面積:121,000
建築主:森ビル
設計者:竹中工務店
デザイナー(外装):インゲンホーフェン・アーキテクツ
デザイナー(内装):トニーチー・アソシエイほか
施工者:竹中工務店
工期:2017年3月20日着工〜2020年4月30日竣工予定

2月着工!地上36階「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」の建設地の様子(2017.1.28)

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 完成予想図
(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 完成予想図[出典:森ビル]

 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)の隣接地に建設される「(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)の完成予想図です。2017年1月17日に起工式を執り行い、2月に着工(建築計画のお知らせでは2月1日着工)することが森ビルより発表されています。

▼森ビル:ニュースリリース(2017年1月18日)
拡大・進化する虎ノ門ヒルズ
「ビジネスタワー」および「レジデンシャルタワー」着工へ



(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 完成予想図
(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 完成予想図[出典:森ビル]

 低層部の完成予想図です。約1200屬慮園や教会なども建設され、空港リムジンバスや都心と臨海を結ぶBRTも発着可能なバスターミナルなども設置されます。また、日比谷線の「虎ノ門新駅(仮称)」や銀座線「虎ノ門」駅とも直結となります。


(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 断面図
(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 断面図[出典:森ビル]

 フロア構成は5階〜36階が総貸室面積約94,000屬離哀蹇璽丱襯譽戰襪離フィスフロアとなります。4階には約3,000屬離ぅ離戞璽轡腑鵐札鵐拭爾開設され、地下1階〜地上3階の約6,300屬療絞泪侫蹈△砲蓮虎ノ門ヒルズエリアの生活を支える高品質の食品スーパーや大型飲食施設、物販店舗が入ります。

 虎ノ門ヒルズエリアでは竣工時にはタワーマンションとしては日本最高高さとなる「(仮称)虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)がもうすぐ着工します。他にも「(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」という巨大なオフィスビルも建設され、区域面積7.5ha、延床面積80万屬乏搬腓垢襪海箸箸覆蠅泙后森ビルのニュースリリースの言葉を借りると、虎ノ門ヒルズは国際水準のオフィス、住宅、ホテル、商業施設、交通インフラなどを備えた「国際新都心・グローバルビジネスセンター」へと進化します。


(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 1月28日撮影の「(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」の建設地です。まだ解体中の既存ビルもありますが…

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 敷地の大部分は既存ビルの解体工事は終わっています。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 敷地を見た感じだと地上部が解体工事中の既存ビルは2つ前の角地のビルとこのビルくらいかと思います。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 南西角です。このあたりに教会が建設されます。元々敷地内に日本基督教団芝教会がありました。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 「虎ノ門ヒルズ 森タワー」から撮影。鉄骨が組まれ始めるまでの撮影スポットとなります。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
 次に撮影に行くときには既存ビルの地上部は全て解体されていそうです。

(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。最高高さ185.415mはかなりの高さですが、200m超えが建ち並ぶ中では普通の大きさに見えるかもしれません。

■(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーの物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
事業名:虎ノ門一丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(高層棟)
所在地:東京都港区虎ノ門一丁目201番1
用途:事務所、店舗、ビジネス支援施設、駐車場 等
階数:地上36階、塔屋3階、地下3階
高さ:183.415m(最高185.415m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
敷地面積:10,064.60
建築面積:8,403.69
延床面積:173,223.90
施工者:虎ノ門一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:森ビル、西松建設、京阪電気鉄道、東京都市開発
設計者:森ビル
デザイナー:(外装)インゲンホーフェン・アーキテクツ、(内装)ワンダーウォールほか
施工者:大林組、きんでん、三機工業、斎久工業
工期:2017年2月1日着工〜2019年12月31日竣工予定

虎ノ門ヒルズの最上部の空撮(2016.10.15)

虎ノ門ヒルズの空撮
 「虎ノ門ヒルズ」(地上52階、最高高さ255.5m)の最上部の空撮です。見る角度によって形が変わって見えるデザインですがこのような形状になっています。ヘリが着陸できるヘリポート(Hマーク)はありませんが、ヘリがホバーリングするためのレスキュースペース(Rマーク)は設置されています。

虎ノ門ヒルズの空撮
 ちょうど1人外に出ているデッキは入居するホテル「アンダーズ東京」の52階のチャペルかと思います。

虎ノ門ヒルズの空撮
 少しだけ移動した場所からもう1枚。高さ247m、最高高さ255.5mとなっていますが、Rマークのレスキュースペースがある場所が247mで、そのすぐ横の工作物の先が255.5mということのようです。公称の高さはレスキュースペースのある高さ247mが採用されており、「東京ミッドタウン」の地上54階、高さ248.1mに次いで東京で2番目の高さということになっていますが、本当は「虎ノ門ヒルズ」が東京で現在最も高い超高層ビルです。

 これに関しては事業主の東京都が、東京で一番のビルを建てたと言われるのを嫌がったといった内容の記事が出たこともあります。真偽は不明です。

虎ノ門ヒルズの空撮
 最後に「虎ノ門ヒルズ」全体の空撮です。現在はこの1棟のみで目立っていますが、将来的には3方向に新たな超高層ビルが建設されます。また写真左端の方でもさらに別の超高層ビルが建設されるため巨大な超高層ビル群の誕生となります。

■虎ノ門ヒルズの物件概要■
名称:虎ノ門ヒルズ
計画名:東京都市計画事業 環状第二号線新橋・虎ノ門地区 第二種市街地再開発事業III街区
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目23-1〜4
用途:事務所・店舗(物販・飲食)・カンファレンス・住宅・ホテル・駐車場
レジデンス:虎ノ門ヒルズレジデンス(37階〜46階) 総戸数:172戸
ホテル:アンダーズ東京(47階〜52階) 客室数:164室
階数:地上52階、塔屋1階、地下5階
高さ:高さ247m(最高高さ255.5m)
敷地面積:約17,100
建築面積:約9,400
延床面積:約244,400
構造:鉄骨造、(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
事業者:東京都
建築主:森ビル
設計者:日本設計
施工者:大林組
工期:2011年4月1日着工〜2014年5月29日竣工

「虎ノ門ヒルズ」に行ってみた!両隣の再開発予定地も見てきた

虎ノ門ヒルズ
 2014年6月11日に開業した「虎ノ門ヒルズ」(地上52階、最高高さ255.5m)です。昨日、ワールドカップの日本vsコートジボワール戦を自宅で観戦した後に行って来ました。

 「虎ノ門ヒルズ」は1〜4階がショップ、レストランフロア、6階〜35階がオフィスフロア、37階〜46階が住宅フロア「虎ノ門ヒルズレジデンス」、47階〜52階がホテル「アンダーズ東京」となっています。最上階の52階にはチャペルがあり、14日に加藤あいさんが挙式・披露宴を行ったことでも話題になりました。

虎ノ門ヒルズ
 この東側がメインエントランスとなるのでしょうか?最寄駅は「虎ノ門ヒルズ」を中心に虎ノ門駅、神谷町駅、内幸町駅などがあり、どの駅からもそれなりに歩くので四方から人がやって来ます。周りをグルッと一周しましたが、どの方向からも人が来ていました。

虎ノ門ヒルズ
 一つ上の写真の左端に見える換気塔部分の周りは噴水階段になっていました。って、この写真じゃ全然わからないですね。水量も少なかったように思います。

虎ノ門ヒルズ
 南西側の入り口です。今回は六本木一丁目からあちこち撮りながら「虎ノ門ヒルズ」まで来たのでここから中に入りました。

虎ノ門ヒルズ
 西側の2階屋上部分にある広場です。

環状2号線
 環状2号線も見えました。ここはちょうど地下から出たきたところです。

虎ノ門ヒルズ
 何かよくわからない場所もありました。ブヨンブヨンした不思議な素材で出来ていました。写真を見て気付いたのですが右端に「東京タワー」が見えていました。

虎ノ門ヒルズ
 芝生と「グランスイート虎ノ門」(地上21階、高さ79.97m)です。「グランスイート虎ノ門」はたまたま隣接地に建っているタワーマンションにも見えますが、事業名は「環状第二号線新橋・虎ノ門地区第二種市街地再開発事業 II街区」で、環状2号線の工事に伴う再開発の一つです。

虎ノ門ヒルズ
 南側の2階屋上です。

トラのもん
 「虎ノ門ヒルズ」の中に入ってみると「トラのもん」がいました。中は飲食店がメインのようで特に見るところはなかったのですが、店はどこも大勢の客で凄かったです。

トラのもん
 4階で見つけた「トラのもん」です。探せばあちこちにいるのかもしれません。

西松ビル 2階北側のデッキから見た西松建設の本社ビル「西松ビル」です。西松建設は「虎ノ門ヒルズ」に仮移転することになっています。これは「西松ビル」を含む一帯「虎ノ門一丁目地区」で再開発計画があり、そのための一時移転となります。

虎ノ門10森ビル
 「虎ノ門10森ビル」です。ここも「虎ノ門一丁目地区」で再開発されます。周辺には他にも森ビルのナンバーズビルなどがあり、2020年の東京五輪までには再開発ビルが建設される予定となっています。高さ200m程度を想定との情報もあるので超高層ビルになるのは確実です。

虎ノ門9森ビル
 「虎ノ門ヒルズ」の南側です。ここには「虎ノ門9森ビル」などが建っており、この一帯の「虎ノ門・愛宕地区」でも再開発が計画されています。こちらはどの辺りまでが範囲かはよくわかりませんが、ここも超高層ビルが建設されると思われます。

虎ノ門9森ビル隣の地質調査
 「虎ノ門9森ビル」の隣の敷地では地質調査のボーリングが行われていました。

 「虎ノ門ヒルズ」が完成したので、「虎ノ門一丁目地区」と「虎ノ門・愛宕地区」の再開発が一気に動き出すのかもしれないですね。

■虎ノ門ヒルズの物件概要■
名称:虎ノ門ヒルズ
計画名:東京都市計画事業 環状第二号線新橋・虎ノ門地区 第二種市街地再開発事業III街区
所在地:東京都港区虎ノ門1丁目23-1〜4
用途:事務所・店舗(物販・飲食)・カンファレンス・住宅・ホテル・駐車場
レジデンス:虎ノ門ヒルズレジデンス(37階〜46階) 総戸数:172戸
ホテル:アンダーズ東京(47階〜52階) 客室数:164室
階数:地上52階、塔屋1階、地下5階
高さ:高さ247m(最高高さ255.5m)
敷地面積:約17,100
建築面積:約9,400
延床面積:約244,400
構造:鉄骨造、(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
事業者(施工者):東京都
特定建築者(建築主):森ビル
設計:日本設計
施工:大林組
工期:2011年4月1日着工〜2014年5月29日竣工
開業:2014年6月11日

超高層ビビル4日本編2」発売中です。よろしくお願いします〜。


人気ブログランキンに参加しています。
ポチッとして頂けると順位を見ることが出来ます。
でも同時にポイントも加算されます。
そんな本日もポチっとお願い致しますm(_ _)m
ここをクリック人気ブログランキングへ




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。