超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

空撮・遊覧飛行(東京・関東)

地上65階、高さ235mツインタワマン!西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業が都市計画決定!

新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想イメージ[出展:野村不動産]

 2019年3月15日に「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」が都市計画決定のお知らせが野村不動産、住友商事、東京建物、一般財団法人首都圏不燃建築公社、前田建設工業より発表がありました。

 「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」は「東京オペラシティタワー」(地上54階、最高高さ234.371m)と「新宿パークタワー」(地上52階、高さ235m)の間が計画地で、地上65階、高さ235mの全体で約3200戸となる分譲のツインタワーマンションとなります。これは勝どきの巨大マンション「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)の総戸数2794戸を抜いて日本最大のツインタワーです。また、タワーマンションとしての高さは昨日のブログに載せた「虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業」に抜かれますが、階数については今のところ日本最高階数のタワーマンションとなります。

 2000年に発表された当初の計画では地上77階、高さ338mの超高層ビルなど壮大な計画でしたが、これでもかなり規模を縮小してようやく建設に向けて動き出しそうです。今後のスケジュールは2020年度に本組合設立認可、2021年度に権利変換計画認可、2022年度に着工(解体工事を含む)、2029年度に竣工予定となっています。順調に進んでも完成するのは約10年度です。

▼野村不動産:ニュースリリース(2019年3月18日)
『西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業』都市計画決定のお知らせ(野村不動産 他)


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
遠景イメージ図[出展:新宿区]

 建設地はこのように新宿の超高層ビル群の端で初台との間の超高層空白地帯を埋める形となります。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
遠景シミュレーションイメージ図[出展:新宿区]

 第65階新宿区景観まちづくり審議会で公開された資料にはこういった遠景シミュレーション図も掲載されています。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想イメージ[出展:野村不動産]

 それにしても65階建ての巨大ツインタワーはかなりの迫力となりそうですね。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
計画図(立面図)[出展:新宿区]

 立面図を見ると塔屋を含めた高さが235mとなるようです。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
計画図(断面図)[出展:新宿区]

 このように低層部には店舗フロアも設置されますがほとんどが住宅フロアとなります。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
開発事業予定区域 敷地配置図[出展:野村不動産]

 区域面積は約4.8haというかなりの広さとなります。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
位置図[出展:野村不動産]

 このようにA-1街区〜A-3街区までありツインタワーはA-1街区に建設されます。A-1街区には広場も整備されます。



新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
大屋根の完成イメージ[出展:野村不動産]

 その広場の完成イメージです。一部には大きな屋根もある広場が整備されます。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
広場の完成イメージ[出展:野村不動産]

 その広場から見た完成イメージです。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
水道道路の拡幅イメージ[出展:野村不動産]

 敷地北西側の水道道路は拡幅されます。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
歩行者デッキの完成イメージ[出展:野村不動産]

 A-1街区の北棟と南棟の間に整備される歩行者デッキの完成イメージです。


新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
 2019年1月27日にセスナから撮影した「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。超高層ビルを撮り始めた頃から再開発の話があった場所なので、着工するまではどうなるかわからないと思っています(^^;)

新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
 もう少し広角で撮影した「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」方面です。最寄り駅は右下のオペラシティの地下にある「初台」駅となります。他にも「都庁前」駅も徒歩圏です。写真上部あたりにある「新宿」駅も徒歩圏ですが1キロちょっとあるようなのでそれなりに時間がかかります。

■物件概要(A-1街区)■
仮称:西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目8〜19番
用途:住宅、店舗、事務所、生活支援施設、駐車場、保育所等
総戸数:北棟 約1650戸、南棟 約1550戸
階数:地上65階、地下2階
高さ:235m
構造:RC一部S造
敷地面積:約29,800
建築面積:北棟 約9,100屐南棟 約10,800
延床面積:北棟 約181,600屐南棟 約203,100
建築主:西新宿三丁目西地区市街地再開発準備組合
参加組合員:野村不動産、東京建物、住友商事、首都圏不燃建築公社
事業協力者:前田建設工業
工期:2022年度着工、2029年度竣工予定

解体される地上20階「国際赤坂ビル」の解体工事準備状況(2019.3.16)

国際赤坂ビル
 数年前の撮影ですが赤坂、永田町方面の空撮です。この中で左下の赤色の網掛けをしているビルが「国際赤坂ビル」(地上20階、高さ76.4m)で解体の準備が始まりました。

国際赤坂ビル
 昨日撮影した「国際赤坂ビル」です。解体工事の発注者は積水ハウス、解体工事の施工者は大成建設で解体工期は2019年2月1日〜2020年5月15日までとなっています。

国際赤坂ビル
 場所は「溜池山王」駅のすぐ上で敷地内に駅への出入口があります。また、少し地下通路を歩くことになりますが「国会議事堂前」駅にも繋がっています。

国際赤坂ビル
 この写真右端の部分が仮囲い設置の真っ最中でした。

国際赤坂ビル
 建設通信新聞の記事によると、日生が持ち分の50%を取得しており積水ハウスと日生の両社で建替え事業の具体化に取り組むとのことでまだ詳細は決定していないようです。

 右後ろに見えているのが道路を渡ったところに建つ「山王パークタワー」(地上44階、最高高さ194.45m)で、ここまでの規模は敷地的に無理だと思いますが駅直結の好立地のため超高層ビルに建て替えとなるかと思います。

国際赤坂ビル 解体工事のお知らせ
 解体工事のお知らせです。ところでこのように地上20階となっていますが目視では18階までしかありません。たぶん塔屋が2階ありそれを含めた数値かと思います。

高さ約121m「(仮称)神田錦町二丁目計画」の建設状況(2019.3.2)

(仮称)神田錦町二丁目計画
 東京スカイツリーの天望回廊から撮影(2019.02.20)した神田錦町で建設中の「(仮称)神田錦町二丁目計画」(地上21階、最高高さ120.85m)です。

(仮称)神田錦町二丁目計画
 左が大手町の超高層ビル群、右が神保町、秋葉原、御茶ノ水あたりの超高層ビル群です。最寄り駅は多数あり以下の駅が徒歩圏となっています。

・都営新宿線『小川町駅』徒歩3分
・東京メトロ丸の内線『淡路町駅』徒歩3分
・東京メトロ千代田線『新御茶ノ水駅』徒歩3分
・東京メトロ半蔵門線『神保町駅』徒歩5分
・東京メトロ東西線『竹橋駅』徒歩6分
・東京メトロ千代田線『大手町駅』徒歩7分
・JR各線『神田』駅、『御茶ノ水駅』徒歩10分

(仮称)神田錦町二丁目計画
 2019年3月2日に現地で撮影した「(仮称)神田錦町二丁目計画」です。

(仮称)神田錦町二丁目計画
 窓の所の白い枠が特徴的なオフィスビルです。

(仮称)神田錦町二丁目計画
 これにより総日射量の約70%が削減されるそうです。

(仮称)神田錦町二丁目計画
 1階は都市型食品スーパーなど店舗フロアとなります。2階は多目的ホール、3階は貸会議室、4階は設備フロア、そして5階〜21階がオフィスフロアとなります。

(仮称)神田錦町二丁目計画
 手前に小さな建物がありますが、ここは再開発に参加していないため残ります。

(仮称)神田錦町二丁目計画
 こちら側の角地の既存建物は解体中ですがその隣のビルは残るようです。建設地の大部分は東京電機大学神田キャンパスと神田警察署の跡地です。

(仮称)神田錦町二丁目計画
 2019年1月27日の「(仮称)神田錦町二丁目計画」の空撮です。周りには超高層ビルがない場所のため高さ約121mの規模としては目立つオフィスビルとなっています。

(仮称)神田錦町二丁目計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:(仮称)神田錦町二丁目計画
所在地:東京都千代田区神田錦町二丁目2-1他
用途:事務所・店舗・集会場・自動車車庫等
階数:地上21階、塔屋2階、地下1階
高さ:104.57m(最高高さ120.85m)
構造:鉄骨造・一部鉄骨鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:9,761.29
建築面積:5,010.67
延床面積:85,351.56
建築主:住友商事
設計者:日建設計
施工者:大林組
工期:2017年5月1日着工〜2020年3月31日竣工予定

白金高輪駅近くに新規タワマン!23階建てタワマンに建替「(仮称)日興パレス建替計画」の建設地の様子(2019.3.10)

(仮称)日興パレス建替計画
 数年前の白金高輪駅周辺の空撮です。2週間くらい前のブログで白金高輪駅周辺の再開発情報を載せましたがさらに2箇所の再開発が判明ました。左下の水色の網掛け部分と右上のピンク色の網掛け部分です。一覧にすると以下の再開発が進行中、または計画中です。

黄色:白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業(地上45階、高さ156.1m、2023年3月)
赤色:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業(地上40階、高さ約140m、2025年度)
水色:(仮称)日興パレス建替計画(地上23階、最高高さ80.14m、2023年9月)
青色:(仮称)高輪一丁目共同建替計画(地上35階、高さ135.64m、2022年11月)
緑色:(仮称)港区高輪1丁目計画(地上26階、最高高さ96.63m、2022年3月)
ピンク:三田五丁目西地区市街地再開発(マンションを中心とした施設を検討中)

また網掛けしていない既に完成していない部分としては以下があります。
・白金タワー(地上42階、高さ141.9m、2005年11月)
・NBFプラチナタワー(地上26階、高さ116.35m、2005年11月)
・プレイス白金ブライトレジデンス(地上20階、高さ59.95m、2005年6月)
・グローリオ白金高輪(地上19階、高さ59.89m、2004年1月)
・レキシントン・スクエア白金高輪(地上21階、高さ72.04m、2006年2月)
・高輪コミュニティーぷらざ(シティハイツ高輪)(地上18階、高さ60.8m、1995年)

上記以外でも、右側の網掛けしていない部分の「白金高輪駅前東地区」では「白金高輪駅前東地区まちづくり協議会」が発足しています。白金高輪駅周辺は山手線内側で最大のタワーマンション群となりそうです。

(仮称)日興パレス建替計画
 空撮では水色の網掛けをした「(仮称)日興パレス建替計画」(地上23階、最高高さ80.14m)です。その名の通り「日興パレス白金」の建替です。最近は単体でのタワーマンションへの建替が増えてきました。

(仮称)日興パレス建替計画
 着工は2020年10月1日、竣工は2023年9月30日予定です。

(仮称)日興パレス建替計画
 場所は「プレイス白金ブライトレジデンス」(地上20階、高さ59.95m)の南側です。

(仮称)日興パレス建替計画
完成予想図[出展:NEXT ARCHITECT & ASSOCIATES]

 設計を担当するNEXT ARCHITECT & ASSOCIATESのHPに外観など「(仮称)日興パレス建替計画」の詳細な情報が掲載されていました。総戸数92戸の免震のタワーマンションとなります。


(仮称)日興パレス建替計画 建築計画
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)日興パレス建替計画
所在地:東京都港区白金一丁目343番1
用途:共同住宅
総戸数:92戸
階数:地上23階、塔屋1階、地下1階
高さ:77.09m(最高高さ80.14m)
敷地面積:1,614.97
建築面積:822.25
延床面積:9,999.37
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎及び直接基礎
建築主:日興パレス白金マンション建替組合
設計者:NEXT ARCHITECT & ASSOCIATES
施工者:未定
工期:2020年10月1日着工〜2023年9月30日竣工予定


三田五丁目西地区
 おまけで「三田五丁目西地区」の様子です。

三田五丁目西地区
 こちらは詳細が出たらまた撮りに行こうと思います。

地上26階「(仮称)港区高輪1丁目計画」の建設状況(2019.2.23)

(仮称)港区高輪1丁目計画
 昨日のブログにも載せた3年数ヶ月前に撮影した白金高輪駅上空の空撮です。色を付けた場所ではタワーマンションが計画されており、右下の緑色を付けた場所では三菱地所レジデンスによる「(仮称)港区高輪1丁目計画」(地上26階、最高高さ96.63m)の建設が始まっています。

黄:白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業(地上45階、高さ156.1m、2023年3月)
赤:白金一丁目西部中地区第一種市街地再開発事業(地上40階、高さ約140m、2025年度)
青:(仮称)高輪一丁目共同建替計画(地上35階、高さ135.64m、2022年11月)
緑:(仮称)港区高輪1丁目計画(地上26階、最高高さ96.63m、2022年3月)

色を付けた場所の概要は上記の通りで「(仮称)港区高輪1丁目計画」がまず最初に竣工する予定となっています。

(仮称)港区高輪1丁目計画
 近くの歩道橋から見た「(仮称)港区高輪1丁目計画」の建設地です。既存ビルの解体は終わっており既に着工しています。

(仮称)港区高輪1丁目計画
 背後の高台でも別のマンションが建設中です。

(仮称)港区高輪1丁目計画
 白金高輪駅周辺では複数のタワーマンションが建設されますが、どういった部分で各マンションは勝負するんでしょうね?購入する方もどういったところを決め手にして買うんでしょうね?もしこの辺りのタワマンをどこでも買えるだけの経済力があれば、自分ならば部屋からの眺望最優先で選びます。

(仮称)港区高輪1丁目計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。建築計画のお知らせが設置された当初より工期が半年以上後ろにずれています。また建築面積、延べ面積も少しだけ修正されています。

■物件概要■
計画名称:(仮称)港区高輪1丁目計画
所在地:東京都港区高輪一丁目110番1,112番110
用途:共同住宅
総戸数:164戸
階数:地上26階、地下1階
高さ:90.00m(最高高さ96.63m)
敷地面積:2,000.14
建築面積:836.15
延床面積:17,781.40
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:三菱地所レジデンス
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
工期:2019年1月下旬着工〜2022年3月下旬竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク