超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

空撮・遊覧飛行(東京・関東)

地上36階「(仮称)港区西麻布四丁目計画((仮称)パークウェルステイト西麻布計画)」西麻布に三井不動産レジデンシャルが超高層有料老人ホーム!

西麻布三井ビルディング

 2016年10月15日にヘリから撮影した西麻布方面です。中央の周辺では一番大きなビルが「西麻布三井ビルディング」(地上19階、高さ78.95m)で現在は解体されていますが、跡地には三井不動産レジデンシャルによって「(仮称)港区西麻布四丁目計画」として地上36階、最高高さ128.43m、延べ46,480.00屬陵料老人ホームが建設されることになりました。

 三井不動産レジデンシャルでは2017年4月にシニアレジデンス事業部が新設し、「シニアのためのサービスレジデンス」の専用ブランド「パークウェルステイト」を展開中です。ここも「(仮称)パークウェルステイト西麻布計画」として開発が行われることが発表されています。



西麻布三井ビルディング

 2019年1月17日にセスナから撮影した解体中の「西麻布三井ビルディング」です。左上は六本木ヒルズです。



(仮称)港区西麻布四丁目計画

 こちらは2019年12月14日にヘリから撮影。場所は六本木ヒルズと渋谷の中間くらいで、六本木駅からも渋谷駅からもそこそこ距離がある場所です。一番近い駅は表参道駅となりますが徒歩13分程度で都心の駅空白地帯となっています。

 跡地に建設される「(仮称)港区西麻布四丁目計画(仮称)パークウェルステイト西麻布計画)」は有料の老人ホームとなるので、ここに住む人にとっては通勤は関係ないと思うのでこういった場所はちょうど良いのかもしれないですね。そして入所するには億単位の資産がある人達となると思うので、毎回タクシー移動でも経済的には何ら問題ないかと思います。



西麻布三井ビルディング

 約1年前の2019年3月21日に現地で撮影した解体中の「西麻布三井ビルディング」です。



西麻布パークタワーズ

 右側の「西麻布三井ビルディング」は「西麻布パークタワーズ ウエスト」とも呼ばれており、左がタワーズのもう片方「西麻布パークタワーズ イースト」となっています。



西麻布パークタワーズ

 解体工事のお知らせと一緒に設置されていた環境測定位置図です。



西麻布三井ビルディング

 六本木ヒルズから見た渋谷方面です。写真下の解体中のビルが「西麻布三井ビルディング」です。本当は解体前の写真を載せたかったのですが探し切れませんでした。

 中央の道路は首都高渋谷線と六本木通りで、その道路を挟んだ右隣の他よりちょっと背の高いビルが富士フイルムの西麻布本社「富士フイルム西麻布ビル」(地上18階、高さ70.1m)です。



西麻布三井ビルディング

 2019年5月12日に六本木ヒルズから撮影した「西麻布三井ビルディング」です。ここから時系列に載せていきます。



西麻布三井ビルディング

 2019年7月20日撮影。



西麻布三井ビルディング

 2019年9月14日撮影。



西麻布三井ビルディング

 2019年10月26日撮影。

 解体工事のお知らせでは2018年6月9日〜2019年11月30日までの工期となっていました。



西麻布三井ビルディング

 こちらは2020年2月1日に渋谷スクランブルスクエアの展望台「渋谷スカイ」から見た六本ヒルズ方面です。写真中央下でタワークレーンが見えている場所が「(仮称)港区西麻布四丁目計画(仮称)パークウェルステイト西麻布計画)」(地上36階、最高高さ128.43m)の建設地となります。100mを超えるような超高層ビルがない場所のため西麻布のランドマーク的な建物となりそうです。



西麻布三井ビルディング

 こちらも上の写真と同様に解体工期を過ぎた2019年12月14日の撮影ですがまだタワークレーンが残っているようでした。今、現地はどのような状況なんでしょうね?土日には不要不急の外出を控えているため撮りに行けないのが残念です。仕事で近くを通ることがあればついでに撮れるんですけどね。

 下記の物件概要はモエストロさんにツイッターのリプで教えて頂きました。早く現地に行ける日が来て欲しいです。

■物件概要■
仮称:(仮称)パークウェルステイト西麻布計画
計画名称:(仮称)港区西麻布四丁目計画
所在地:東京都港区西麻布四丁目168-1番地14筆
用途:有料老人ホーム
階数:地上36階、地下1階
高さ:124.80m(最高高さ128.43m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:7,018.51
建築面積:2,900.00
延床面積:46,480.00
建築主:三井不動産レジデンシャル シニアレジデンス事業部
設計者:大林組
施工者:未定
工期:2021年2月1日着工〜2024年2月29日竣工予定

地上39階、高さ約147mタワーマンション「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」5月から既存建物解体開始予定!

十条駅西口地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:日鉄興和不動産]

 埼京線の「十条」駅の西口で計画されているタワーマンション「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」(地上39階、高さ147m)の完成予想図です。事業主は十条駅西口地区市街地再開発組合で、参加組合として日鉄興和不動産と東急不動産が参画、特定業務代行者は前田建設工業、事業コンサルタントは日本設計となっています。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:日鉄興和不動産]

 「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」を行う再開発組合が2017年5月に設立認可されたときのスケジュールでは、2018年6月の着工予定でしたが動きはありませんでした。それが本日の建設通信新聞に今月1日から仮囲いやインフラ設備の切り回しを進め、5月の連休明けにも2021年2月末までの工期で解体工事に着手すると掲載されました。新しい着工予定は2021年度、竣工予定は2024年度となっています。

▼建設通信新聞(2020年4月3日)
備工事に着手/解体予定者は前田建設/十条駅西口地区再開発



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:東京都]

 2017年時点での計画では低層部に商業・業務施設、その上の中・高層部が住宅となるタワーマンションとなります。

 今回掲載している図は全て2017年の再開発組合の設立認可時に公開されたものです。当時の情報と今回の建設通信新聞の情報を比べると地上40階から地上39階、総戸数約540戸から約580戸、延床面積が約79,460屬ら約81,080屬畔儿垢砲覆辰討い泙后8与瑤大きく変わっていますが規模からすると変化の度合いは小さいので基本的な概要は当時のままかと思います。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 建設地はJR埼京線「十条」駅の西側で、駅前にある交通広場の南側と西側を囲むように配置されます。高層部は南側で北西側は商業施設部となります。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業
再開発施行地区[出典:日鉄興和不動産]

 再開発施行地区図を見ても西側の境目がよくわかりませんが、現地では仮囲いの設置が始まったとのことなので、解体工事が本格化した頃に現地に行けば境界がはっきりしそうです。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 2019年1月27日にセスナから撮影した「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」の計画地方面です。池袋上空に行く途中に撮影したのでこれ遠方からの空撮です。

 一応赤い網掛けをしましたが境界線がイマイチよくわからないのでかなり適当です。このように周辺には超高層がない場所のため地上39階、高さ147mのタワーマンションが完成するとかなり目立ちそうです。近くには高層マンションもほとんどない場所なのでどのほとんどのフロアが開けた視界となりそうです。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 2017年6月3日に撮影した「十条駅西口地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。再開発反対の看板を掲げている建物もありました。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 十条駅入口交差点から撮影。十条駅はこの道を真っすぐ奥に入った右側にあります。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 こちらの角地には十条駅西口地区の再開発事務所がありました。中には完成時の模型があるそうです。



十条駅西口地区第一種市街地再開発事業

 再開発区域内で駐車場となっていたのはここくらいで他はぎっしりと建物が建っていました。これから駅前の建物が一気に解体されることになりそうです。

■物件概要■
計画名称:十条駅西口地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都北区上十条一丁目、二丁目地内
用途:商業、業務、住宅、駐輪場
総戸数:580戸程度
階数:地上39階、地下2階
高さ:約147m
区域面積:約1.7ha
延床面積:約81,080
建築主:十条駅西口地区市街地再開発組合
参加組合員:日鉄興和不動産、東急不動産
特定業務代行者:前田建設工業
事業コンサルタント:日本設計
工期:2021年度着工〜2024年度竣工予定

住友不動産による中野駅前の37階タワマンと20階オフィス「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」が2020年3月に着工しました!

中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:住友不動産]

 中野駅前に建設される「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」において、2020年3月10日に権利変換計画認可を受け、起工式を行ない着工したと参加組合員である住友不動産よりニュースリリースが出ました。

 同再開発事業は中野駅南口の駅前に位置しており、完成予想図の右側にあたる敷地北側には地上20階、高さ約117mのオフィス棟、南側に地上37階、高さ約147mの住宅棟を建設する計画となっています。

 これは新宿側(東側)から見た完成予想図で今回のニュースリリースで公開されたイメージとなります。

▼住友不動産:ニュースリリース(2020年3月30日)
中野駅南口駅前で賑わいの創出「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」工事着手



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
イメージパース[出典:東京都]

 こちらは2018年7月に東京都のHPで公開された完成予想図です。建物の配置や大きさに大きな変更はなさそうですが、外観は大きく変わりオフィス棟の窓も少なくなっています。そして両棟の間にあった斜めの屋根も撤去されています。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:住友不動産]

 中野駅の南口駅前広場に隣接するオフィス棟の低層部は5層の店舗フロアとなります。

 住宅棟は総戸数約400戸となるタワーマンションで、今回のニュースリリースには分譲なのか賃貸なのかの記載はありませんでしたが、東京都の建築物環境計画制度で公開されている情報では分譲2戸、賃貸395戸となっています。分譲2戸は地権者住宅ということですかね。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業
整備イメージ図[出典:住友不動産]

 建設地はこのように中野駅の目の前で敷地内には丘の上の広場も整備されます。また、中野二丁目土地区画整理事業によって敷地東側には新しい道路も整備されます。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 最近は現地に行けていなかったのでここからは以前載せた写真と同じです。これは2015年1月にセスナから撮影した「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。建設地は東京都住宅供給公社の「中野駅前住宅」が建ち並んでいた場所で、赤い網掛けした場所の隣に森がありますが、ここには現在「コーシャハイム中野フロント」が建っています。

 この森の一部も今回の再開発地に含まれているかと思いますが境目がよくわらないので森部分は網掛けから外しています。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 広角で撮影した中野駅周辺です。赤い網掛けをしたあたりが「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。写真右上の方に新宿の超高層ビル群があります。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2019年9月7日に南口駅前広場から撮影した現地の様子です。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 そこから中に入った場所にある「中野駅前住宅」です。これは中野駅のホームから撮影したものですが当時は解体工事が始まるところでした。今はもう解体工事は終わっているようです。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業

 建設地は傾斜地となっておりその坂を下りた場所から見た様子です。このゲートから先にも道路が整備され、そしてその道路の左側には丘の上の広場も整備されます。



中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。これは設置当初に撮影したもののため今は数値が変わっているかもしれません。下記物件概要は今回のニュースリリースの値と建築物環境計画制度の値を優先して記載しています。

■物件概要(住宅棟)■
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 A棟
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
用途:住宅、店舗
総戸数:397戸
階数:地上37階、地下1階
高さ:146.84m
基礎工法:直接基礎
構造:RC造一部S造
敷地面積:4,404.85
建築面積:3,465.32
延床面積:49,343.93
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:西松建設
工期:2020年3月26日着工〜2024年2月29日竣工予定

■物件概要(オフィス棟)■
事業名:中野二丁目地区第一種市街地再開発事業 B棟
所在地:東京都中野区中野区中野二丁目地内
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上20階、地下2階
高さ:115.83m
基礎工法:直接基礎
構造:S造一部SRC造
敷地面積:5,676.67
建築面積:4,142.96
延床面積:49,759.50屐淵フィス部:42,398.94屐
建築主:中野二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施工者:西松建設
工期:2020年3月31日着工〜2024年2月29日竣工予定

六本木ヒルズの隣!地上55階、高さ約200m「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」が夏には本組合設立認可の見通し!

西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:野村不動産]

 六本木ヒルズの隣で計画されている「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」(地上55階、高さ約200m)の完成予想図です。約1年前に事業協力者である野村不動産、ケン・コーポレーション、竹中工務店から都市計画のけってについてのニュースリリース(当時のブログ記事)が出ていましたが、その続報が本日の建設通信新聞に掲載されました。

 記事によると西麻布三丁目北東地区市街地再開発準備組合が早ければ夏にも本組合設立の見通しとなったとのことです。野村不動産等のニュースリリースでは2019年度に本組合設立予定となっていたので1年ほど計画が後ろにずれるようです。新しいスケジュールは本組合設立後、2021年度の権利変換計画認可を経て解体工事に着手、2022年度着工、2026年度の完成が予定されています。

▼建設通信新聞:2020年3月31日
夏に本組合設立認可/延べ18万屐22年度着工/三田小山町西再開発



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:港区]

 昨年の2月に港区のHPで公開されていた断面図です。フロア構成は1、2階に商業施設、3〜5階に事務所、6階に駐輪場、7階〜47階が住宅フロア、そして48階〜54階がホテルという複合ビルとなります。

 建設通信新聞の記事では地上55階建てとなっていたので1フロア増えたか、塔屋の機械室も1フロアとして数えている可能性がありますが、低層部に商業施設・事務所、中層部から高層部にかけて住宅、そして高層部がホテルという構成は変わっていないと思われます。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:野村不動産]

 低層部の商業施設の完成予想図です。隣の六本木ヒルズとはペデストリアンデッキで接続される予定となっています。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:野村不動産]

 場所は「六本木ヒルズ」の西側、街で言うと渋谷側で、六本木駅からは自分の感覚では徒歩8分くらいの距離かと思います。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:野村不動産]

 再開発区域には周辺の寺社も含まれているので、これで容積率アップを図っているものと思われます。テレビ朝日通り沿いの寺社の目の前には大型広場も整備されます。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 昨年の12月14日にヘリから撮影した「六本木ヒルズ」です。この手前が「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」にズームです。赤い網掛けをした場所が計画地です。右下の少し離れた場所も配置図等を見ると計画地に含まれており、緑地が整備されることになっているので赤網掛けをしましたが、ここに建っているビルはストリートビューを見ると2018年はまだ建設中というかなり新しいビルです。まだ再開発の区域に含まれているのか今はもう再開発から抜けているのかは不明です。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 少し角度を変えてもう1枚。続報が出てときに使おうと思い建設地をグルっと飛んでもらって撮りました。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 周辺のビルを含めた空撮です。右上に東京タワーが見えていますが「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」からは六本木ヒルズに隠れて見えないような気がしています。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 ただ六本木ヒルズ方面以外は低層の建物が多いので開けた視界が広がりそうです。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 六本木ヒルズの右側の道路がV字型になっていますが、この角地が「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。

 「六本木ヒルズ 森タワー」は地上54階、最高高さ238.05mで同再開発は高さ約200m。高さ200mは六本木ヒルズの屋内展望台くらいかちょっと展望台よりちょっと低いくらいの高さですかね。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 最初の空撮とは反対側から撮影。奥に見える超高層ビル群は渋谷です。この角度だと「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」は「六本木ヒルズ 森タワー」の左にギリギリ見えるかどうかといった感じかと思います。



西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業

 最後にもう1枚。中央の縦に見える道路がテレビ朝日通りでその左側が「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。

 住宅部は分譲なのか賃貸なのかはわかりませんが、分譲ならば全戸億ションでも不思議ではない立地です。自分が住めるようなマンションではないことは間違いありませんが、どういったタワーマンションになるのか楽しみです。

■物件概要■
計画名:西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区西麻布3丁目
用途:住宅、事務所、商業、ホテル、子育て支援施設、神社及び寺院並びにこれらに付属する建築物
総戸数:約550戸
階数:地上55階、地下3階
高さ:約200m
構造:鉄筋コンクリート造
敷地面積:約10,250
建築面積:約5,090
延床面積:約96,000
事業者:西麻布三丁目北東地区市街地再開発組合(予定)
事業協力者:野村不動産、ケン・コーポレーション、竹中工務店
工期:2021年度解体着手、2022年度着工、2026年度竣工予定

地上45階、33階「三田小山町西地区第一種市街地再開発事業」夏には本組合設立認可の見通し!

三田小山町西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:港区]

 麻布十番駅のすぐ近くの三田小山町西地区で計画されている「三田小山町西地区市街地再開発事業」の完成予想図です。約4年前に都市計画案の縦覧で公開された資料の完成予想図になります。

 このように何年も前から計画がありましたが、本日の建設通信新聞に三田小山町西地区市街地再開発準備組合が夏にも本組合の摂理認可を得る見通しとなったと掲載されました。ようやく同再開発事業が動き出すこになります。

▼建設通信新聞:2020年3月30日
夏に本組合設立認可/延べ18万屐22年度着工/三田小山町西再開発



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:港区]

 敷地真ん中に道路を軸に上が北街区、下が南街区となっており、規模は以前の情報を合わせると北街区のトライスター型の住宅A棟が地上45階、地下1階、最高高さ165m、事務所棟が地上8階、高さ55mとなっています。

 また、南街区の住宅B棟が地上33階、地下1階、最高高さ125m、住宅C棟が地上16階、高さ80mとなっており、C棟の東側には公園も整備されます。

 北街区は総戸数約790戸、南街区は約510戸、合わせて約1300戸という巨大なタワーマンションとなります。場所からして億超えが当たり前のマンションとなると思いますが、戸数が多いので分譲されると都内の平均分譲価格を押し上げるマンションとなりそうです。

 参加組合員予定者は三井不動産レジデンシャル、日鉄興和不動産、三菱地所レジデンス、首都圏不燃建築公社、事業協力者は戸田建設と大成建設、コンサルタントはアール・アイ・エーが担当しています。



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業

 「三田小山町西地区市街地再開発事業」の計画地に赤い網掛けをした空撮写真(2019年12月14日撮影)です。建設地の隣は「パークコート麻布十番 ザ タワー」(地上36階、高さ129.06m)と「シティタワー麻布十番」(地上38階、高さ129.92m)が並んでいますが、これらよりも大きなタワーマンションが建設されることになります。

 右上には東京タワーが写っていますが、「パークコート麻布十番 ザ タワー」があるので東京タワーが見える部屋は意外と少ないのかもしれません。



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業

 位置図を無理やり空撮写真にはめ込んでみました。無理やり合成しているので多少のずれはありますが、だいたいこのような位置関係となります。



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業

 もう少し左側の空撮写真です。隣にはY字型が目立つ首都高の一ノ橋ジャンクションがあります。また大きな通りは麻布通りでこの地下に都営メトロ南北線の「麻布十番」駅があります。また、首都高とぶつかったところの左側の地下には都営大江戸線の「麻布十番」駅があります。



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業

 六本木ヒルズの展望台から見た「三田小山町西地区市街地再開発事業」の計画地方面です。写真中央あたりに地上45階、最高高さ165mの住宅A棟、その右側に地上33階、最高高さ125mの住宅B棟が将来見えるようになります。



三田小山町西地区第一種市街地再開発事業

 最後は3月21日に東京タワーから撮影した計画方面の眺めです。まだ解体工事などは行われていないようです。今後のスケジュールは2021年度の権利変換計画認可を経て2022年度に着工、2026年度の完成を予定しています。

■物件概要■
計画名称:三田小山町西地区第一種市街地再開
所在地:東京都港区三田一丁目
用途:共同住宅、事務所、店舗
総戸数:約790戸(北街区)、約510戸(南街区)
階数:地上45階、地下1階(北街区)、地上33階、地下1階(南街区)
高さ:約165m(北街区)、約125m (南街区)
敷地面積:約10,900(北街区)、約9,500(南街区)
建築面積:約5,900(北街区)、約4,700(南街区)
延床面積:約108,200(北街区)、約71,400(南街区)
事業主:三田小山町西地区市街地再開発準備組合
参加組合員(予定者):三井不動産レジデンシャル、日鉄興和不動産、三菱地所レジデンス、首都圏不燃建築公社
事業協力者:戸田建設と大成建設
コンサルタント:アール・アイ・エー
工期:2022年度着工、2026年度竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク