超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

空撮・遊覧飛行(東京・関東)

「(仮称)芝浦二丁目計画」長谷工が高さ約120mのタワーマンション計画!

(仮称)芝浦二丁目計画の建設地の空撮
 港区芝浦で計画されている「(仮称)芝浦二丁目計画」の建設地の空撮です。この赤色を付けた場所に長谷工コーポレーションによって最高高さ約120m、延床面積約54,000屬離織錙璽泪鵐轡腑鷏弉茲港区に提出された環境影響調査計画書により判明しました。

 建設地は賃貸マンションの「パークタワー芝浦ベイワード アーバンウィング」(地上29階、高さ97.14m)の南側です。屋上にRマークがある方が分譲棟で「パークタワー芝浦ベイワード オーシャンウィング」(地上29階、最高部高さ104.84m)です。一番手前にあるの「インプレストタワー芝浦エアレジデンス」(地上25階、高さ88.24m)で4棟のタワーマンションが密集することとなります。

▼港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧(仮称)芝浦二丁目計画】
http://www.city.minato.tokyo.jp/kankyoushidouasesutan/shibaura2.html
平成29年2月13日(月曜日)〜平成29年3月12日(日曜日)まで


(仮称)芝浦二丁目計画の建設地の空撮
 場所はこっちの空撮の方がわかりやすいですかね。芝浦アイランドの南側(写真右側)に行った場所が計画地です。

(仮称)芝浦二丁目計画
 昨日撮影した「(仮称)芝浦二丁目計画」の計画地です。

(仮称)芝浦二丁目計画
 まだまだ普通にオフィスとして稼働しており再開発がある雰囲気はありませんでした。

(仮称)芝浦二丁目計画
 着工予定は2019年度、竣工予定は2022年度です。そのためあと数年前このままかと思います。

■(仮称)芝浦二丁目計画の物件概要■
計画名称:(仮称)芝浦二丁目計画
所在地:東京都港区芝浦2丁目1番1 他
用途:住宅、保育施設等
階数:不明
高さ:約120m
基礎工法:杭併用べた基礎
敷地面積:約4,500
延床面積:約54,000
事業者:長谷工コーポレーション
工期:2019年度着工〜2022年度竣工予定

「(仮称)新橋田村町地区開発計画」の概要判明!地上27階、高さ約150mの複合ビル建設へ

(仮称)新橋田村町地区開発計画 計画地の空撮
 港区西新橋1丁目で計画されている「(仮称)新橋田村町地区開発計画」の計画地の空撮です。今年の1月12日から縦覧開始された環境影響調査計画書から高さ150mの超高層ビル計画が明らかになっていましたが、本日の日刊建設工業新聞に概要が掲載されました。

 計画地は日比谷公園から虎ノ門方面に行った場所でウインズ新橋などがあった一帯です。規模は地上27階、地下2階、高さ約150m、延べ10万6000屬如∋楡濆柔は事務所、店舗、駐車場、保育所、地元関連施設となります。今後のスケジュールは2017年度中の都市計画決定と本組合設立、権利変換計画の認可を経て2018年度の着工、2021年度の竣工を目指します。

▼日刊建設工業新聞(2017年2月9日)
新橋田村町地区再開発(東京都港区)/高さ150米の複合ビル建設計画/準備組合

▼港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧
事業名:(仮称)新橋田村町地区開発計画
縦覧期間:平成29年1月12日(木曜日)〜平成29年2月11日(土曜日)
http://www.city.minato.tokyo.jp/kankyoushidouasesutan/shinbashitamura.html


(仮称)新橋田村町地区開発計画 計画地位置図
(仮称)新橋田村町地区開発計画 計画地位置図[出典:港区]


(仮称)新橋田村町地区開発計画 完成予想図
(仮称)新橋田村町地区開発計画 完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 A街区とB街区に分けて再開発は行われ、A街区に27階建ての超高層ビルが建設されます。A街区北側に拡幅整備する区画道路1号の沿道では旧江戸城外堀の歴史性に配慮した外構デザインを取り入れるとのことです。


(仮称)新橋田村町地区開発計画
 「(仮称)新橋田村町地区開発計画」の計画地です。右手前のビルは「物産ビル別館」で、そのビルを所有する三井物産都市開発が地権者として参画します。

(仮称)新橋田村町地区開発計画
 こちらの駐車場になっている場所も計画地です。ここには別の建築計画のお知らせが出ていた時代もありました。

(仮称)新橋田村町地区開発計画
 ウインズ新橋が入っていたビルは既に解体されています。

(仮称)新橋田村町地区開発計画
 再開発事業の施行予定区域は約1.2haと結構な広さがあります。

(仮称)新橋田村町地区開発計画
 西新橋一丁目交差点から撮影。りそな銀行が入っているビルの背後に「(仮称)新橋田村町地区開発計画」の超高層ビルが建設されます。

■(仮称)新橋田村町地区開発計画の物件概要■
計画名:(仮称)新橋田村町地区開発計画
所在地:東京都港区西新橋一丁目4 番 外
用途:事務所、店舗、駐車場 等
階数:地上27階、地下2階
高さ:約150m
敷地面積:約7,700
延床面積:約106,000
事業主:新橋田村町地区市街地再開発準備組合
工期:2018年度着工〜2021年度竣工予定

高さ約240m「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」の環境影響評価書案を提出!

 昨日、2月6日に八重洲二丁目中地区再開発準備組合が「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」の環境影響評価書案を提出しましたが、それに関する記事が本日の建設通信新聞と日刊建設工業新聞に掲載されました。

▼建設通信新聞:2017年2月7日
19年度の着工目指す/環境アセス書を提出/八重洲二丁目中地区再開発準備組合

▼日刊建設工業新聞:2017年2月7日
八重洲二丁目中地区再開発(東京都中央区)/環境影響評価書案作成/準備組合


八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:建設通信新聞]

 「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」は東京駅八重洲側、銀座寄りの外堀通り沿い一帯約2.2haが計画地で、地上46階、塔屋1階、地下4階、最高高さ約240m、延べ41万8000屬竜模で計画されています。事業協力者として三井不動産と鹿島建設が参画、再開発コンサルタント業務は日建設計が担当しています。

 フロアの大部分はオフィスフロアとなりますが、高層階に外国人の中長期間の利用を想定した居住・滞在施設が設置され、低層部には店舗の他に、国家戦略特区の枠組みを活用したインターナショナルスクールも入る予定となっています。また、地下にはバスターミナルが設置されます。外堀通り沿いでは他にも「八重洲二丁目1地区」(地上45階、高さ約245m)と「八重洲一丁目6地区」(地上54階、高さ約250m)の再開発が計画されており、そこの地下にもバスターミナルが整備されます。


八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 低層部の屋上は一部がせり出す「ステップガーデン」として緑化されます。


八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業の空撮
 「八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業」の計画地の空撮(2016年10月)です。計画地の左が「グラントウキョウ サウスタワー」(地上42階、最高高さ205m)、右が「京橋エドグラン」(地上32階、最高高さ170.41m)で、それらよりも大きな超高層ビルが建つこととなります。

東京駅周辺の超高層ビル群の空撮
 少し広角で撮影。このように東京駅のすぐ近くです。山手線内側の丸の内、大手町はどんどん超高層化されてきましたが、これからは山手線外側が熱いです。

東京駅周辺の超高層ビル群の空撮
 せっかくなので空撮をもう1枚。中央の道路が外堀通りでその通り沿いに超高層ビルが建ち並びます。

八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業
 何度か撮りに行っているのですが、写真があり過ぎて発掘できなかったので、前に載せたグランルーフから撮影した現地の写真です。今後のスケジュールとしては2019年1月に準備・仮設工事、2月から解体工事に入り、そして2020年4月に山留工事、8月に杭工事、掘削・地下躯体工事、2021年6月に地上躯体・外装工事、そして全体工事完了は2023年5月末の予定となっています。

■(仮称)八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業の概要■
計画名称:(仮称)八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都中央区八重洲2丁目4〜7
用途:オフィス、サービスアパートメント、店舗、インターナショナルスクール、バスターミナル、駐車場
階数:地上46階、塔屋1階、地下4階
高さ:約240m
構造:S・SRC造
敷地面積:約19,500
建築面積:約15,700
延床面積:約418,000
内訳(事務所:約311,300屐店舗:約30,900屐居住・滞在施設:約26,000屐▲ぅ鵐拭璽淵轡腑淵襯好ール:約9,500屐▲丱好拭璽潺淵襦約3,900屐駐車場:約36,400)
事業協力者:三井不動産、鹿島建設
再開発コンサルタント業務:日建設計
工期:2019年度着工〜2023年度竣工予定

勝どき東地区第一種市街地再開発事業の特定業務代行者が清水建設と鹿島建設に決定!

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:東京都]

 勝どき東地区ではこのような大規模なタワーマンションが計画されていますが、「勝どき東地区市街地再開発組合」が特定業務代行者として清水建設と鹿島建設に決定したと各建設系新聞で報道されました。参加組合員は三井不動産レジデンシャル、事業コンサルタントと基本設計は現代建築研究所、日本設計で、今後のスケジュールは調整中とのことです。また、計画規模は以下の通りです。

・A1地区:地上58階、地下1階、高さ約195m、延べ約18万0245屐⊇斬(約1590戸)・公共公益施設
・A2地区:地上45階、地下1階、高さ約165m、延べ約13万4410屐⊇斬(約1070戸)・事務所・商業公共公益施設
・A3地区:地上3階、延べ約1200屐⊂男表
・B地区:地上29階、地下1階、高さ約106m、延べ約5万3350屐⊇斬(約460戸)・商業・公共公益施設

▼建設通信新聞:2017年2月2日
清水・鹿島JVに決定/4棟構成延べ約37万/勝どき東地区再開発組合

▼日刊建設工業新聞:2017年2月2日
勝どき東地区再開発(東京都中央区)/特定業務代行に清水建設と鹿島/組合


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]

 配置図にも描かれていますが、計画では勝どき駅と繋がる約140mの地下通路と、朝潮運河を超えて晴海へ繋がる人道橋が建設される予定となっています。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業の空撮
 2016年10月15日の「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の空撮です。朝潮運河の勝どき側が建設地で、現在は月島倉庫などがあります。左の白いマンション「黎明スカイレジテル」も建設地でそこがB地区となります。これからどういったスケジュールになるかはわかりませんが、以前のスケジュールだとA地区が終わってからB地区の計画でした。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業の空撮
 少し広角で撮影。どんどんタワーマンション密度が高くなっています。

勝どき方面の空撮
 さらに広角で撮影。左の月島側でも色々とタワーマンション計画があります。

勝どき・晴海方面の方面
 写真右側の豊海ではツインタワーとなる「豊海地区第一種市街地再開発事業」(地上56階、最高高さ189m)が計画されています。

勝どき方面の空撮
 巨大なツインタワーは「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)ですが、A1棟はこれと同程度の高さのタワーマンションとなります。

勝どき・晴海方面の空撮
 朝潮運河の両岸は巨大なタワーマンションが建ち並ぶこととなります。

勝どき・晴海・月島方面の空撮
 広角で見ると東京スカイツリーまで見えます。なかなかのタワーマンション群ですがまだまだ増えます。

南池袋二丁目C地区に高さ180mのツインタワー計画

南池袋二丁目C地区
 サンシャイン60から撮影した「南池袋二丁目C地区」です。この再開発について建設通信新聞に記事が掲載されました。その記事によると南池袋二丁目C地区市街地再開発準備組合が、高さ約180mのツインタワーのタワーマンションを計画しており、総延床面積は15万屬鯆兇─⊇燦与瑤1000戸を超える規模になるとのことです。今後のスケジュールとしては2017年度末の都市計画決定、2018年度末に組合設立、2020年度以降の着工を目指します。

 計画地の手前側が東池袋駅方面で北側となり、細長い敷地のため北棟と南棟に分けたツインタワーが計画されています。

▼建設通信新聞:2017年1月12日
2棟総延べ15万崢/17年度の都計決定目指す/南池袋二丁目C再開発

ブリリアタワー池袋(としまエコミューゼタウン)
 西隣のC地区に建設された「としまエコミューゼタウン」(地上49階、高さ189m)です。低層部が豊島区庁舎で、中層階、高層階が「ブリリアタワー池袋」となっています。

南池袋二丁目C地区方面の空撮
 画質が悪いですが池袋方面の空撮です。池袋はゆっくりと超高層化しているため、気が付けばそれなりに大きな超高層ビル群となっていそうです。

■南池袋二丁目C地区の物件概要■
所在地:東京都豊島区南池袋2丁目
用途:共同住宅、事務所、店舗、医療・福祉施設
階数:不明
高さ:約180m(ツインタワー)
区域面積:約1.5ha
延床面積:約15万岼幣(2棟)
準備組合:南池袋二丁目C地区市街地再開発準備組合
事業推進パートナー:住友不動産、野村不動産、都市再生機構
事業協力者:清水建設
事業推進コンサルタント:INA新建築研究所、ポリテックエイディディ
工期:2020年度以降




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。