超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

空撮・遊覧飛行(東京・関東)

「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」は地上48階、高さ265mへ!

虎ノ門ヒルズ 完成予想図
虎ノ門ヒルズ 完成予想図[出典:森ビル]

 森ビルによる虎ノ門の大規模再開発「虎ノ門ヒルズ」の完成予想図です。現在は「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)が完成済みで、完成時は日本一の高さとなるタワーマンション「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)とBRTの発着所も整備される「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)が建設中です。

 そして超高層オフィスビルとなる「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」は計画中で階数や高さは不明で、高さ300mとの情報もありましたが、昨日の日経新聞に地上48階、高さ265m、2018年度着工、2022年度完成予定と記事が掲載されました。

 日経の記事によると『国際水準のホテルを整備して海外からのビジネスマンなどを受け入れる。最高層部分は起業家らが革新的なビジネスを発信できる拠点にする。』となっているのでホテルも入るようです。

▼日本経済新聞:2017年8月9日
森ビル、虎ノ門に超高層ビル 外資金融誘致へ新駅と一体開発


虎ノ門ヒルズ 完成予想図 配置図
虎ノ門ヒルズ 配置図[出典:森ビル]

 現在、日比谷線「虎ノ門新駅(仮称)」が建設中ですが「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」とはもちろん駅直結となります。また、地下通路を通ることによって銀座線「虎ノ門」駅まで繋がります。また、「虎ノ門ヒルズ」の各ビルとはデッキで繋がります。


虎ノ門ヒルズ ステーションタワーの建設地の空撮
 2016年10月にヘリから撮影した「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の建設地です。右側に見切れてる「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)が東京で最も高い超高層ビルですが、それを越す高さの地上48階、高さ265mとなります。

 ただ、東京では「大手町二丁目常盤橋地区」の地上61階、高さ390m、「虎ノ門・麻布台地区」の地上65階、高さ約330mと地上63階、高さ約270m、「日本橋一丁目中地区」の地上51階、高さ287mといった高さ265mを越す計画が4棟あります。全て計画通り完成すると東京で5番目の高さとなります。

虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
 地上から撮影した計画地方面です。現在は日比谷線「虎ノ門新駅(仮称)」が建設中です。

虎ノ門ヒルズ周辺の空撮
 「虎ノ門ヒルズ」の空撮です。配置図に周辺の再開発地区が描かれていましたが、周辺では超高層化が勢い良く進んでおり、ポツポツとあった超高層ビルが超高層ビル群へと成長しています。

■虎ノ門ヒルズ ステーションタワーの物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目
階数:地上48階
高さ:265m
工期:2018年度着工〜2022年度竣工予定

地上28階「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」の計画地と新綱島駅の様子(2017.7.15)

新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業 完成予想図[出典:横浜市]

 横浜市の綱島で計画されている「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。規模は地上28階、地下1階、高さ約99.8mで総戸数約240戸のタワーマンションとなります。また、手前の低層棟には商業、業務、区民文化センターが入ります。

▼横浜市:2016年2月16日
都市計画市素案説明会
新綱島駅(仮称)周辺地区における都市計画決定・変更について



新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業 位置図
新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業 位置想図[出典:横浜市]

 現在、相鉄・東急直通線の「新綱島駅」が建設中で、その周辺では土地区画整理事業も行われていますが、その南側の一帯が「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設地予定地です。左上にある「綱島駅」は東急東横線で駅より西側は店も多く賑わっており、東側はちょっと取り残された感じがありましたが「新綱島駅」の開業で大きく変わりそうです。


新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業 配置図
新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:横浜市]

 この配置図の左側が綱島街道沿いとなり、右側が「新綱島駅」がある方向となります。地下1階なので駅直結とはならないのかもしれませんが「新綱島駅」の目の前がタワーマンションとなります。


新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
 「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」の空撮です。大雑把ですが場所も記載しました。鶴見川に近い側がタワーマンションとなります。

新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
 7月15日に現地から撮影した「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。白いマンションが計画に含まれていない虫食いになっている場所です。

新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
 その隣の「新綱島駅」の建設地です。ここの一部も「新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業」の計画地となっています。

新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
 鶴見川の土手から撮影。

新綱島駅
 目の前から撮影。「新綱島駅」は地下のため今はどういった状態なのかはよくわかりません。

新綱島駅
 相鉄・東急直通線は2022年度下期開業予定です。

綱島の空撮
 最後に以前も載せた写真ですが綱島の空撮です。このように超高層とは無縁の地なのでタワーマンションが建つと綱島のランドマークとなりそうです。2018年度着工、2020年度完了予定ですが、駅の開業が遅れ気味なのでこちらも遅れるのかもしれません。

■新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名:新綱島駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:神奈川県横浜市港北区綱島東1丁目
用途:共同住宅、商業・業務施設、公益施設(区民文化センター)、駐車場(約110台)
総戸数:約240戸
階数:地上28階、地下1階
高さ:99.8m
敷地面積:約3,800
建築面積:約2,600
延床面積:約36,000
工期:2018年度着工、2020年度完了予定

地上51階、高さ287m「日本橋一丁目中地区」に超高層複合ビル建設へ!

日本橋一丁目中地区 完成予想図
日本橋一丁目中地区 完成予想図[出典:建設通信新聞]

 東京都中央区日本橋の「日本橋一丁目中地区」について本日の建設通信新聞や日刊建設工業新聞に掲載され概要が判明しました。A〜D街区まであり3棟が新たに建設され1棟は改修されます。事業協力者として地権者の三井不動産と野村不動産が参画しており、コンサルタントは日建設計が担当しています。

●C街区は地上51階、地下5階、高さ287m、延べ39万5000屬把秡愽瑤望Χ箸筌ンファレンス、中層部にオフィス、上層部にホテルとサービスアパートメントが入る超高層複合ビルとなります。
●A街区は地上5階、地下1階、高さ38m、延べ5000屬播絞泙篁務所が入るビルとなります。安井武雄が設計した日本橋野村ビル旧館は保存されます。
●B街区は地上7階、地下2階、高さ28m、延べ6000屬播絞泙隼務所が入る施設となります。
●D街区は「COREDO日本橋」が入る「日本橋一丁目三井ビル」で改修されC街区と接続されます。

 今後のスケジュールとしては2018年1月の都市計画決定を経て、2021年度着工、2025年度の完成を目指すこととなっています。

▼建設通信新聞:2017年7月24日
延べ40万屐高さ287m/21年度着工、25年度完成/日本橋一丁目中地区再開発

▼日刊建設工業新聞:2017年7月24日
日本橋一丁目中地区再開発(東京都中央区)/総延べ49・9万平米施設群に/準備組合


日本橋一丁目中地区の建設地の空撮
 2015年10月にヘリから撮影した「日本橋一丁目中地区」です。このように「日本橋一丁目三井ビル」と首都高に挟まれた場所が計画地となっています。この首都高の下には首都高地下化で話題となった日本橋川があり、その日本橋川沿いにはオープンスペースやプロムナード、店舗など、にぎわいと交流を創出する機能を配置する方針で、船着き場の増設なども計画されています。

 日本橋川周辺では「日本橋一丁目東地区」「日本橋一丁目1・2番街区」「八重洲一丁目北地区」「日本橋室町一丁目地区」と複数の再開発計画があり、首都高の地下化も含めて日本橋は大きく変化しそうです。

日本橋・丸の内・大手町の空撮
 日本橋・丸の内・大手町方面の空撮です。2年近く前の空撮なので今は既に建ち上がっている超高層ビルもあり、そして建設中の超高層ビルや、これから建設が始まる超高層ビルも多数あります。常盤橋地区の高さ390mの超高層ビルが2027年の竣工予定です。

 それまでにはこの「日本橋一丁目中地区」の高さ287mの超高層ビルも既に竣工している予定で、他にも八重洲の高さ250m前後の超高層ビルも完成しているはずなので、高さも棟数も含めて日本一の超高層ビル群となっていそうです。まだ表に出ていない再開発計画もあると思うので今後も超高層ビル群はどんどん成長しそうですね。

■日本橋一丁目中地区 C街区の物件概要■
所在地:東京都中央区日本橋1丁目
用途:事務所、店舗、カンファレンス、ホテル、サービスアパートメント
階数:地上51階、地下5階
高さ:高さ287m
敷地面積:1万5600
延床面積:39万5000
事業主:日本橋一丁目中地区再開発準備組合
事業協力者:三井不動産、野村不動産
コンサルタント:日建設計
工期:2021年度着工〜2025年度竣工予定

高さ約195m「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」が7月1日に工事着手!

勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 完成予想パース[出典:日刊建設工業新聞]

 本日の日刊建設工業新聞に「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」が7月1日に工事着手すると掲載されました。全体の工事完了予定は10年後の2027年7月31日です。建築主は勝どき東地区市街地再開発組合で参加組合員として三井不動産レジデンシャルが参画しています。また設計や施工などを担う特定業務代行者は清水建設と鹿島建設に決定しています。

 「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」では4つの地区に分けて4棟の建物が計画されており、各地区の規模は以下の通りとなっています。

・A1地区:地上58階、地下1階、高さ約195m、延べ約18万0245屐⊇斬(約1590戸)・公共公益施設
・A2地区:地上45階、地下1階、高さ約165m、延べ約13万4410屐⊇斬(約1070戸)・事務所・商業公共公益施設
・A3地区:地上3階、延べ約1200屐⊂男表
・B地区:地上29階、地下1階、高さ約106m、延べ約5万3350屐⊇斬(約460戸)・商業・公共公益施設

 明日から工事着手というのは解体工事が始まるということですかね。最近、現地まで見に行ってなかったので近いうちに現地に行ってみようと思います。

▼日刊建設工業新聞:2017年6月30日
勝どき東地区再開発(東京都中央区)/都に着工届け提出、7月1日工事着手/組合


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 断面図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 断面図[出典:東京都]


勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図
勝どき東地区第一種市街地再開発事業 配置図[出典:東京都]

 同再開発ではA2地区に勝どき駅に繋がる地下通路の出入口が設置される予定です。また、朝潮運河には晴海に繋がる人道橋も建設される予定となっています。勝どき東地区ぶ住む人にはあまり恩恵はないと思われる人道橋ですが「ドゥ・トゥール」(地上52階、高さ177.3m)などに住む人にとっては勝どき駅がグッと近くなります。


勝どき東地区第一種市街地再開発事業の空撮
 昨年10月の「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の空撮です。多少間違っているかもしれませんが計画地を赤く色を付けました。朝潮運河の両岸に巨大なタワーマンションが建ち並ぶこととなります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 地上58階、地下1階、高さ約195mとなるA1地区方面です。現在の計画では左の「THE TOKYO TOWERS」(地上58階、高さ193.5m)よりも少しだけ高くなります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 地上45階、地下1階、高さ約165mとなるA2地区方面です。こちらの低層部にはオフィスフロアが入ります。

勝どき東地区第一種市街地再開発事業
 地上29階、地下1階、高さ約106mとなるB地区方面です。現在は「黎明スカイレジテル」が建っています。A地区を建設後にB地区の建設が始まる予定となっています。

勝どき方面の空撮
 最後に勝どき方面の空撮です。左のトライスター型のタワーマンション「勝どき ザ・タワー」(地上53階、最高高さ178.78m)の竣工によって、この周辺での新規タワマン建設は一旦区切りが付いたところですが、これから「勝どき東地区第一種市街地再開発事業」の建設が始まります。

 周辺地区では他にもタワーマンションが計画されおり、写真左下ではツインタワーマンションとなる「豊海地区第一種市街地再開発事業」(地上56階、最高高さ189m)が計画されています。また、写真右下の方に位置する選手村には東京五輪後に50階建てツインタワーマンションが建設されます。月島駅近くでは「月島一丁目西仲通り地区第一種市街地再開発事業」(地上32階、最高高さ122.15m)が建設中で、晴海の端では「パークタワー晴海」(地上48階、最高高さ178.49m)も建設中です。月島では他にもタワーマンション計画もありこの辺りのタワーマンション群はまだまだ広がります。

有明に新規タワマン計画!地上33階「(仮称)有明北2-1-A街区開発計画」

(仮称)有明北2-1-A街区開発計画
(仮称)有明北2-1-A街区開発計画 完成予想図[出典:建設通信新聞]

 本日の建設通信新聞に「(仮称)有明北2-1-A街区開発計画」の概要が掲載されました。場所は有明のお台場側で有明スポーツセンターの北側で、規模は地上33階、地下1階、高さ約114m、延べ3万1000屐1階にカフェ、2階に保育所、シェアオフィスなどが入る総戸数約300戸のタワーマンションとなります。有明では最も細いタワーマンションとなります。また、のらえもんさんのブログによると東京建物の物件となるようです。

▼建設通信新聞(2017年6月22日)
3.1万屐18年8月着工/免震構造を採用/東京建物 有明北2-1-A街区計画


有明の空撮
 2015年10月の有明の空撮です。写真中央ちょっと上の三角形の敷地が「(仮称)有明北2-1-A街区開発計画」の建設地です。

 周辺には東京建物のブリリアシリーズのタワーマンションが建っており、左下から
「ブリリアマーレ有明タワー&ガーデン」(地上33階、最高高さ119.117m)
「ブリリア有明スカイタワー」(地上33階、最高化高さ118.27m)
そして右が
「ブリリア有明シティタワー」(地上33階、最高高さ119.4m)
です。

ここも東京建物ということなので4棟目のブリリアシリーズとなりそうです。

(仮称)有明北2-1-A街区開発計画
 「(仮称)有明北2-1-A街区開発計画」の建設地にズームです。写真上に写っているゆりかもめ「お台場海浜公園」駅が最寄り駅となります。住所的には江東区有明となりますがお台場と言っても良さそうな立地です。

有明の空撮
 こちらは2016年10月の有明の空撮です。左下の首都高沿いではトリプルタワーのタワーマンションとなる「(仮称)東京ベイ トリプルタワープロジェクト」(地上32〜33階、最高高さ119.40m)が建設中です。

 「(仮称)有明北2-1-A街区開発計画」は写真左上あたりです。有明でタワーマンションを買おうとしている人にとっては選択肢が増えることとなりそうですね。着工は2018年8月、竣工は2021年3月の予定です。

■(仮称)有明北2-1-A街区開発計画の物件概要■
計画名:(仮称)有明北2-1-A街区開発計画
所在地:東京都江東区有明1丁目
用途:共同住宅、商業、保育施設、地域貢献施設、シェアオフィス、駐車場
総戸数:約300戸
階数:地上33階、地下1階
高さ:約114m
構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
敷地面積:約4,900
延床面積:約3万1000
建築主:東京建物
工期:2018年8月着工〜2021年3月竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。