超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

空撮・遊覧飛行(東京・関東)

地上31階タワマン「平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」の組合設立認可!

平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
完成イメージパース[出典:東京都]

 昨日、2018年11月14日に「平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」について、東京都より「平井五丁目駅前地区市街地再開発組合」の設立が認可されました。参加組合員として野村不動産が参画しており野村不動産からもプレスリリースが出ています。

 「平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」はJR「平井」駅北口駅前広場に面した場所に位置しており、地上31階、地下1階、高さ約110m、延べ約44,100屐¬370戸のタワーマンションとなります。今後は2019年11月の権利変換計画認可、2020年4月の着工、2023年8月の竣工を予定しています。

▼東京都:報道発表資料(2018年11月13日)
平井五丁目駅前地区市街地再開発組合の設立を認可します

▼野村不動産:プレスリリース(2018年11月14日)
「平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」市街地再開発組合設立認可のお知らせ


平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
断面図[出典:東京都]

 このように1階、2階は店舗フロアとなり、3階の一部が保育所となります。マンション部は3階〜31階となります。


平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 正方形ではない区画全体が再開発区域となっており、尖った部分には広場が整備されます。店舗フロアのメインは平井駅に近い側となります。


平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:東京都]

 建設地はこのように広場を挟んだ駅前となります。平井は江戸川区ですが荒川と旧中川に囲まれた場所で荒川より都心側に位置しています。


平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
 ちょっと古いですが2012年2月の平井駅周辺の空撮です。赤色を付けた場所が「平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」(地上31階、高さ約110m)の建設予定地です。平井駅の右側に見えるタワーマンションは「ビューネタワー平井」(地上21階、高さ70.8m)で駅の両側にタワーマンションが建つことになります。

■物件概要■
事業名:平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都江戸川区平井五丁目17,18,19 番
用途:住宅・店舗・保育所・駐車場等
目標戸数:約370戸
階数:地上31階、地下1階
高さ:約110m
区域面積:約0.7ha
建築面積:約2,100
延床面積:約44,100
事業者:平井五丁目駅前地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産
事業協力者:前田建設工業
工期:2020年4月着工〜2023年8月竣工予定
総事業費:約198億円


■宣伝■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな超高層ビビルからインチョンのタワーマンション群です。公園が整備され道路も広く新しい街といった感じでした。

既存建物解体中!地上35階「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の様子(2018.10.28)

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 約3年前の撮影ですが白金高輪駅周辺の空撮です。左のタワーマンションは「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)で、緑色のビルは「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)、そして赤色を付けた部分では「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」(地上35階、高さ135.64m)が計画されています。

 「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」は2015年6月の着工予定だったのですが解体工事すら始まることはありませんでした。それが現地ではついに解体工事が始まっています。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 「(仮称)高輪一丁目共同建替計画」の計画地です。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 3月7日までの工期で解体工事が行われています。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 建築計画のお知らせが設置された当初は地上37階、高さ147.14m、延べ29.179.414屬任靴燭、現在の数値を見ると地上35階、高さ135.64m、延べ29.823.698屬箸覆辰討り、高さと階数は減りましたが延べ面積が少しだけ増えています。以前の建築計画のお知らせと見比べると他にも色々と変更が入っています。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画
 2019年2月20日着工、2022年11月30日竣工予定です。数日前に載せた「白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ156.1m)は2023年3月31日竣工予定です。両棟とも同じ頃に竣工ですがどういった価格帯で攻め合うのか見ものですね。

(仮称)高輪一丁目共同建替計画 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。設計者はHOU一級建築士事務所、施工者は未定となっていますが東京都環境局のHPでは設計者は西松建設・東急設計コンサルタント設計共同体、施工者は西松建設となっています。

■物件概要■
名称:(仮称)高輪一丁目共同建替計画
地名地番:東京都港区高輪一丁目107-1,107-11外
用途:共同住宅、店舗
総戸数:280戸
階数:地上35階、地下3階
高さ:135.64m(最高部高さ135.64m)
敷地面積:2,047.66
建築面積:829.44
延べ面積:29,823.698
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:高輪一丁目共同建替計画マンション建替組合
設計者:HOU一級建築士事務所?西松建設・東急設計コンサルタント設計共同体?
施工者:未定?西松建設?
工期:2019年2月20日着工〜2022年11月30日竣工予定


■お知らせ■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!書店で見つからないときはamazonなど通販もよろしくお願いします!そんな超高層ビビルから釜山で建設中だったタワーマンションの建設中の様子をもう1枚載せておきます。

飯田橋にミサワホームとトヨタホームが24階建てタワマン!「(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画」の建設地の様子(2018.10.13)

(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画 新築工事
 ちょっと古いですが約7年前の飯田橋の空撮です。そんな飯田橋駅近くで久しぶりに新規のタワーマンションが建設されます。

 赤い印を付けた場所が建設地で「(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画 新築工事」として地上24階、高さ82m、延べ9,999.80屬料躙与99戸の分譲のタワーマンションとなります。建築主はミサワホームとトヨタホームで2018年11月上旬着工、2021年3月下旬竣工予定です。

(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画 新築工事
 「(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画 新築工事」の建設地です。

(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画 新築工事
 それにしても長年超高層を撮ってきていますがミサワホームもトヨタホームも建築主として名前を見たのは初めての気がします。どのようなタワーマンションとなるんでしょうね?24階建てで99戸の予定のため角住戸率が物凄く高くなりそうです。

(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画 新築工事
 工程表を見ると現在は地中障害撤去となっていました。

(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画 新築工事
 すぐ近くには「プラウドタワー千代田富士見」(地上38階、高さ129.6m)が建っています。

飯田橋
 駅前の歩道橋から見た飯田橋駅方面です。中央やや左あたりが「(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画 新築工事」の建設地です。

飯田橋
 文京シビックセンターからの眺めです。中央やや左あたりが建設地ですがここから見えるかどうかは微妙なところかと思います。

(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画 新築工事 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画 新築工事
所在地:東京都千代田区飯田橋4丁目7-4他
用途:共同住宅
総戸数:99戸
階数:地上24階
高さ:82.00m
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:1,745.02
建築面積:910.00
延床面積:9,999.80
施工者:ミサワホーム、トヨタホーム
設計者:淺沼組
施工者:淺沼組
工期:2018年11月上旬着工〜2021年3月下旬竣工予定


■お知らせ■
超高層ビビル5 韓国編
 超高層ビビルシリーズの第5弾『超高層ビビル5 韓国編』発売中です!大きな書店の建築コーナーに置いてあると思いますが見つからないときはamazonなど通販でよろしくお願いします!そんな中から1枚。インチョンの松島です。大きな公園が配置されその周囲に超高層が建ち並ぶ様子は格好良かったです。

高さ235mツインタワマン「西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」の環境影響評価書案の縦覧開始

(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 西新宿三丁目西地区市街地再開発準備組合は西新宿三丁目西地区で計画されている地上65階、高さ235mツインタワーマンション「(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」に係る環境影響評価書案(環境アセス)を提出し、2018年8月27日から9月25日まで期間で縦覧が開始されました。そして日刊建設工業新聞や建設通信新聞にそれ関する記事も掲載されました。

▼日刊建設工業新聞(2018年8月28日)
西新宿三丁目西地区再開発(東京都新宿区)/都がアセス書案縦覧開始/準備組合

▼建設通信新聞(2018年8月28日)
準備組合がアセス書案/延べ39万屐工期76ヵ月/西新宿三丁目西再開発


(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:建設通信新聞]

 記事によると敷地面積約2万9800屬帽眩愿2棟、別棟2棟の計4棟を建設。規模は南棟が地上65階、地下2階、高さ235m、延べ約20万3100屐∨姪錣地上65階、地下2階、高さ235m、延べ約18万1600屐∧姪1が地上10階、地下1階、延べ約3700屐∧姪2が地上9階、延べ1500屬箸覆辰討い泙后

 高層棟は同じ高さ、同じ階数のツインタワーとしては日本最高層となります。そのためタワーマンションとしての規模も大きく全体で約3200戸という規模となります。


(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:内閣府]

 高層棟の主な用途は共同住宅ですが低層部は商業施設となります。南棟は業務延べ約4800屐⊂Χ髪笋挂1万4700屐共同住宅が延べ約15万3000屬婆1550戸、北棟は商業延べ約9000屐共同住宅が延べ約15万7000屐¬1650戸となっています。


(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出典:日刊建設工業新聞]

 今後の予定として2018年度の都市計画決定、2019年度の組合設立を目指し、準備・解体工事も含めた工期の計画は2021年度から2027年度で、2028年度の施設全体の供用開始となっています。参加組合員として野村不動産、東京建物、住友商事、首都圏不燃建築公社が参画、事業協力者は前田建設工業となっています。


(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
 以前載せた空撮と同じですが「(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。当初の計画では地上77階、高さ338mの超高層ビル、地上62階、高さ255mのツインタワーのタワーマンションなどが計画されていましたが、計画が白紙となり今の高さ235mツインタワマンとなってようやく動き出しています。

(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
位置図[出典:新宿区]

 新宿のHPに掲載された都市計画案の説明会会場を示す位置図に正確な区域が掲載されていました。赤い枠が地区計画区域(約4万8000屐法⇔个力箸第一種市街地再開発事業区域(約2万9800屐法∪弔ぬ隶が都市計画道路(幅員変更区間)となっています。

 隣には東京オペラシティ、地区計画区域内にはNTT東日本がありますが、それらに接続する歩行者デッキも整備されます。

■物件概要■
仮称:(仮称)西新宿三丁目西地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都新宿区西新宿3丁目の一部
用途:住宅、商業、業務、駐車場、保育所等
総戸数:北棟 約1650戸、南棟 約1550戸
階数:地上65階、地下2階
高さ:235m
構造:RC一部S造
敷地面積:約2万9800
延床面積:北棟 約18万1600屐南棟 約20万3100
建築主:西新宿三丁目西地区市街地再開発準備組合
参加組合員:野村不動産、東京建物、住友商事、首都圏不燃建築公社
事業協力者:前田建設工業
工期:2021年度着工、2027年度竣工予定
供用開始:2028年度予定

日本橋の高さ287m超高層ビル「(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画」の環境影響評価書の縦覧開始

(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
イメージパース[出典:内閣府]

 昨日、7月31日から8月14日までの期間で「(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画」に係る環境影響評価書の縦覧が開始されました。日刊建設工業新聞や建設通信新聞でも記事が掲載されましたが、記事を見る限りでは昨年、国家戦略特区として内閣府で公開された内容と変わりはないようです。

 昨年載せたブログ記事とほぼ同じ内容になりますが、ここからは「(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画」の概要について載せていきます。

 「(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画」はA街区からD街区の4つの街区に分かれており、C街区は地上51階、地下5階、高さ約287m、約395,000屬猟狭眩悒咼襪箸覆蠅泙后D街区は「COREDO日本橋」が入る「日本橋一丁目三井ビル」で既に建設済みですが、C街区とは地下と地上で繋がる通路が整備されます。B街区とC街区は日本橋側沿いにある低層の2棟です。

▼日刊建設工業新聞:2018年8月1日
日本橋一丁目中地区再開発(東京都中央区)/アセス書作成、20年度着工へ/準備組合

▼建設通信新聞:2018年8月1日
延40万屐工期65ヵ月/日本橋一丁目中再開発/準備組合


(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
イメージパース[出典:内閣府]

 日本橋から見たらイメージパースです。現在は日本橋川の上に首都高があるので完成してもこの角度から見ることは出来ませんが、その首都高は約3200億円かけて地下化が計画されている区間となっています。正直、そこまでお金をかけて地下化する必要があるのかなと思っています。


(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
断面図[出典:内閣府]

 C街区の大部分は事務所ですが高層部は国際級ホテルとなり、低層部には大規模カンファレンスも整備されます。用途に住宅も入っているのですがサービスアパートメントのような住宅になるものと思われます。


(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
配置図[出典:内閣府]

 C街区の超高層部は昭和通り側となります。A街区とB街区は日本橋川に面しており親水広場、船着場の増設も行われます。


(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
位置図[出典:内閣府]

 計画地は東京メトロと都営地下鉄の日本橋駅近くで、地下接続通路や新設改札口等の整備により駅に接続されることとなります。また、東京駅も徒歩圏です。

 日本橋川周辺では複数の再開発が計画されています。本当に首都高の地下化を行うのかわかりませんが、日本橋の再開発はしばらく続くこととなりそうです。


(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
 約1年前の撮影ですが「(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画」の建設地方面です。現在、この角地では「(仮称)日鐵日本橋ビル建替計画」(地上18階、最高高さ91.66m)が建設中で既に鉄骨が組まれています。

(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
 反対側から見た計画地です。左の低層のビルがA街区となる「日本橋野村ビル旧館」で耐震補強をして保存されることとなっています。

(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
 このビルも解体されC街区となりますが、超高層となるのはこの奥です。

(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
 以前も載せた「(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画」の計画地の空撮です。左側の「日本橋一丁目三井ビル」も赤く色を付けていますが、同再開発では改修工事が行われますが建て替えなどはありません。

■物件概要(C街区)■
事業名:(仮称)日本橋一丁目中地区再開発計画
所在地:東京都中央区日本橋1丁目
用途:事務所、商業店舗、ホテル、住宅、カンファレンス施設、ビジネス支援施設、駐車場等
階数:地上51階、地下5階
高さ:約287m
敷地面積:約15,600
延床面積:約395,000
事業主:日本橋一丁目中地区再開発準備組合
事業協力者:三井不動産、野村不動産
コンサルタント:日建設計
工期:2020年度着工(解体)〜2025年度竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。