超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

民間賃貸マンション(東京)

パークアクシスシリーズ?大塚駅前の賃貸タワマン!高さ約83m「(仮称)豊島区北大塚一丁目計画」の建設状況(2019.9.14)

(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 サンシャイン60の展望台から見た大塚駅方面の眺めです。写真下の森の隣が数日前のブログに載せたサンケイビルのタワーマンション「南大塚厳弉莊設工事」(地上23階、高さ80.16m)の建設地です。そして今日は写真上で建設中の「(仮称)豊島区北大塚一丁目計画」(地上22階、最高高さ83.33m)を載せていきます。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 「(仮称)豊島区北大塚一丁目計画」(地上22階、最高高さ83.33m)にズームです。三井不動産レジデンシャルによる総戸数216戸の賃貸のタワーマンションとなります。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 現地から撮影。山手線「大塚」駅の目の前が建設地です。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 大塚は都電荒川線(東京さくらトラム)も通っており大塚駅前には大塚駅前停留所があります。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 大塚駅前から撮影。三井不動産レジデンシャルの賃貸マンションなので「パークアクシス」シリーズになるかと思います。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 「(仮称)豊島区北大塚一丁目計画」の家賃はどれくらいになるんでしょうね?総戸数216戸のうち半数以上の126戸がワンルームです。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 山手線の駅前で池袋まで1駅。大塚駅周辺では最高クラスの家賃設定になるんですかね。大塚の家賃相場がわかりませんが…



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 都電と一緒に撮影。都電が来るのを待てばこういった景色がたくさん撮れる場所です。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 北口側の大塚駅前から撮影。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画

 北口を出て道路を一本渡れば到着です。



(仮称)豊島区北大塚一丁目計画 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)豊島区北大塚一丁目計画
所在地:東京都豊島区北大塚1丁目16
用途:共同住宅(賃貸)、店舗
総戸数:216戸(ワンルーム住戸126戸)
階数:地上22階、塔屋1階
高さ:78.78m(最高83.33m)
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
基礎工法:場所打ち鋼管コンクリート杭工法
敷地面積:1,208.64
建築面積:705.53
延床面積:12,330.39
建築主:三井不動産レジデンシャル
設計者:鴻池組
施行者:鴻池組
工期:2018年5月下旬着工〜2020年3月下旬竣工予定

地上22階超高級賃貸マンション「ラ・トゥール渋谷神南」の建設状況(2018.9.1)

ラ・トゥール渋谷神南
 渋谷で建設中の住友不動産の超高級賃貸マンション「ラ・トゥール渋谷神南」(地上22階、高さ84.28m)です。

ラ・トゥール渋谷神南
 「メイジハイツ」の跡地が建設地で建築計画の知らせが設置された当初は住友不動産のマンション事業本部となっていましたが、途中からマンション事業本部の文字が削除され、ラ・トゥールシリーズの超高級賃貸マンションとなりました。

ラ・トゥール渋谷神南
 公式HPを見るとワンフロア2・3邸、全戸角住戸、総戸数54戸、間取りは全て2LDK(73屐130)となっています。

ラ・トゥール渋谷神南
 場所は建設中の渋谷区役所近くで目の前は代々木競技場や代々木公園で、渋谷駅までは徒歩12分、原宿駅までは徒歩9分といった場所です。

ラ・トゥール渋谷神南
 「渋谷ヒカリエ」の11階から見た「ラ・トゥール渋谷神南」です。手前の茶色のマンションは1999年竣工の16階建て賃貸マンション「パーク・アベニュー神南」です。現在賃貸に出ている部屋を見ると7階南東角2LDK+WIC(68.82)で月額36万円、14階西2LDK+WIC(83.19)で44万8000円となっています。これと比較すると「ラ・トゥール渋谷神南」は新築かつ代々木公園側は抜けた視界となっているので一番安い部屋でもかなりの額となりそうです。

ラ・トゥール渋谷神南 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:ラ・トゥール渋谷神南
計画名称:(仮称)渋谷区神南一丁目計画
所在地:東京都渋谷区神南町1丁目5-15
用途:共同住宅
階数:地上22階、地下1階
高さ:84.28m
敷地面積:775.13
建築面積:391.13
延床面積:6,974.35
構造:鉄筋コンクリート造(制震構造)、一部鉄筋鉄骨コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:住友不動産
設計:大成建設
施工:大成建設
工期:2016年4月上旬着工〜2019年1月竣工予定
入居:2019年1月予定

着工!地上18階「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」の建設状況(2018.5.5)

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)
 「(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)」(地上18階、最高高さ70m)の建設地です。左奥で建設中のビルは今朝のブログに載せた「(仮称)竹芝地区開発計画 A街区(業務棟)」(地上40階、高さ208.83m)で道路を挟んだ隣が住宅棟となります。

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)
 建設地はゆりかもめ「竹芝」駅の隣接地で改札があるフロアからはこうして建設地を見下ろすことができます。重機は見当たりませんが4月27日に東急不動産と鹿島建設より着工したとニュースリリースが出ています。

▼東急不動産:ニュースリリース(2018年4月27日)
(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)新築着工 〜職住近接の新たなライフスタイルを提案〜

(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟)
住宅外観イメージ[出典:東急不動産]

 業務棟のスキップテラスから見た住宅外観イメージです。「帆」をモチーフに曲線を強調した世界へ羽ばたく先進的な外装デザインとなっています。
デザインとしました。

 住宅棟は賃貸住宅となりますが、一般賃貸住宅、サービスアパートメント、シェアハウスの3種類からなる賃貸住宅で1R〜3LDKの住戸プランが計画されています。


(仮称)竹芝地区開発計画
竹芝駅側から見た住宅棟・業務棟外観イメージ[出典:東急不動産]

 竹芝駅側から見た外観イメージです。デッキも描かれていますが業務棟を通ってそのまま「浜松町」駅まで繋がるようになります。


(仮称)竹芝地区開発計画 B街区(住宅棟) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
仮称:(仮称)竹芝地区開発計画建築計画(住宅棟)新築工事
所在地:東京都港区海岸一丁目20番3号(地番)
用途:共同住宅、店舗、保育所
階数:地上18階、地下0階
高さ:60m(最高70m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:3,434.49
建築面積:2,223.44
延床面積:19,560.41
建築主:アルベログランデ(東急不動産、鹿島建設)
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション、鹿島建設
工期:2018年4月20日着工〜2020年6月30日竣工予定

すみふの高級賃貸!高さ約84m「(仮称)神南一丁目プロジェクト」の建設状況(2018.4.1)

(仮称)神南一丁目プロジェクト
 渋谷の「メイジハイツ」跡地で建設中のタワーマンション「(仮称)神南一丁目プロジェクト」(地上22階、高さ84.28m)です。

 当初は建築主が住友不動産のマンション分譲事業本部でしたが、途中からマンション分譲事業本部の名前が外されていました。結局は住友不動産の超高級賃貸マンション「ラ・トゥール」シリーズとなるようです。ワンフロア2、3邸で全戸角住戸、総戸数は54戸で間取りは全て2LDK(73屐130)の予定となっています。

(仮称)神南一丁目プロジェクト
 この屋根があるような部分は視界が狭くなりそうな感じもしますが、こちらは南西側なので西日を避けるにはいいのかもしれませんね。

(仮称)神南一丁目プロジェクト
 こちらのまだ防護ネットで覆われている部分が北西側で代々木体育館や代々木公園方面となります。

(仮称)神南一丁目プロジェクト
 渋谷区役所前交差点から撮影。こういった場所の住心地ってどうなんでしょうね?渋谷駅に行くにも人が多くて大変と思いましたが、こういったところに住む人は車移動が基本ですかね。渋谷駅までは徒歩12分、原宿駅までは徒歩9分の位置です。

(仮称)神南一丁目プロジェクト
 ここは分譲予定から賃貸となりましたが、大崎の「大崎ガーデンレジデンス」(地上23階、高さ82.59m)も分譲予定から賃貸となっています。内部で何か方針転換があったんですかね。

(仮称)神南一丁目プロジェクト 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:(仮称)神南一丁目プロジェクト
所在地:東京都渋谷区神南町1丁目5-15
用途:共同住宅
階数:地上22階、地下1階
高さ:84.28m
敷地面積:775.13
建築面積:391.13
延床面積:6,974.35
構造:鉄筋コンクリート造(制震構造)、一部鉄筋鉄骨コンクリート造
基礎工法:杭基礎
建築主:住友不動産
設計:大成建設
施工:大成建設
工期:2016年4月上旬着工〜2018年9月末日竣工予定

住友不動産の高級賃貸マンション「大崎ガーデンレジデンス」の建設状況(2018.3.10)

大崎ガーデンレジデンス
 「大崎ガーデンシティ」で建設中の大規模マンション「大崎ガーデンレジデンス」(地上23階、高さ82.59m)です。

 一時期は住友不動産の分譲マンション「(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト」として公式HPがオープンしたこともあったのですがHPは閉鎖。そして現在は住友不動産の賃貸マンション「大崎ガーデンレジデンス」として公式HPがオープンしています。

 総戸数423戸という大規模マンションですが、以前の情報だと非分譲住戸262戸となっていました。これは地権者住宅のことだと思うので、実際に住友不動産の賃貸となるのは全体の半分以下かもしれません。間取りは1R〜4LDKで専有面積は25屐101屬箸覆辰討い泙垢賃料などは未定となっています。

大崎ガーデンレジデンス
 建設地は傾斜地ですが、その一番上から見た「大崎ガーデンレジデンス」です。建築確認申請上は地上22階、地下2階となっていますが運用上は地上23階、地下1階となります。

大崎ガーデンレジデンス
 幅があるマンションなので近くから全体は撮れません。

大崎ガーデンレジデンス
 こちら側は南側となります。最初の写真が北側です。

大崎ガーデンレジデンス
 こうして撮ると全体は入りますが、横幅を表現しきれません。。

大崎ガーデンレジデンス
 ただ、こうして撮った方がタワーマンションらしい外観ですね。

大崎ガーデンシティ
 品川区役所前から撮影。背後のオフィスビルは同じ「大崎ガーデンシティ」内に建つ「住友不動産大崎ガーデンタワー」(地上24階、高さ114.12m)です。

大崎ガーデンシティ
 ちなみに「大崎ガーデンシティ」の広場部分は一部開放されています。最初の写真もこの広場内から撮影しています。

大崎
 大崎駅のペデストリアンデッキから見た大崎の超高層ビル群の一部です。

大崎ガーデンレジデンス
 この隙間から見えるのが「大崎ガーデンレジデンス」です。都心側となる北側には巨大なオフィスビルが多数建っているので都心側の眺望はほぼなさそうです。ただ、南側は住宅街がメインなので開けた眺望となりそうです。

■物件概要■
名称:大崎ガーデンレジデンス
計画名称:西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物(B街区)
所在地:東京都品川区西品川1丁目2-1
用途:共同住宅、駐車場、その他
総戸数:423戸
階数:地上23階、地下1階(建築確認申請上は地上22階、塔屋1階、地下2階)
高さ:82.59m
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、免震構造
基礎工法:場所打鉄筋コンクリート杭
敷地面積:10,153.09
建築面積:2,799.99
延床面積:41,429.90
建築主:西品川一丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設計者:日建設計
施工者:前田建設工業(住宅工区)、大成建設(事業所工区)
工期:2016年1月5日着工〜2018年8月31日竣工予定

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク