超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

超高層ビル日記(埼玉編)

地上29階「シティタワー所沢クラッシィ」の建設状況!ペデストリアンデッキで所沢駅直結タワマンです(2020.9.18)

シティタワー所沢クラッシィ

 所沢駅にペデストリアンデッキで直結となるタワーマンション「シティタワー所沢クラッシィ」(地上29階、高さ約99m)です。シティタワーは住友不動産、クラッシィは住友商事のブランドでこの2社が売主の物件です。



シティタワー所沢クラッシィ

 公式HPの完成予定は2021年1月中旬となっていますが、見た感じでは建物は既に完成しており1,2階の店舗部分は既に開業している店もありました。



シティタワー所沢クラッシィ

 撮影時(2020年9月18日)の店舗はこのようになっていました。



シティタワー所沢クラッシィ

 その店舗フロアの2階部分に接続するペデストリアンデッキは建設中で、現地にある看板の工期では2021年3月31日頃までとなっていました。



シティタワー所沢クラッシィ

 建設中のペデストリアンデッキです。既存のデッキと繋がり所沢駅まで直結となります。



シティタワー所沢クラッシィ

 ただ、そのペデストリアンデッキはこの写真のみずほ銀行の横に繋がるのですが、駅まで行くには左側に曲がって手前にあるバスターミナルをグルっと回る必要があります。駅まで行くには右側に曲がって一旦地上に降りた方が早いです。ただ、西武所沢に直結となるのは大きいかと思います。



シティタワー所沢クラッシィ

 建設中のペデストリアンデッキと「シティタワー所沢クラッシィ」です。所沢には多数のタワーマンションがありますがどれも駅からは微妙に離れており、ここが圧倒的に一番駅に近いタワーマンションとなります。



シティタワー所沢クラッシィ

 目の前の交差点から撮影。ペデストリアンデッキができることでこの交差点での信号待ちの必要がなくなります。



シティタワー所沢クラッシィ

 角の黒系の部分は住友不動産らしいデザインとなっています



シティタワー所沢クラッシィ 現地案内図
現地案内図[出典:公式HP]

 このように「シティタワー所沢クラッシィ」の隣では大規模商業施設の建設が予定されています。この商業施設が完成すると所沢の中では最強のタワーマンションとなりそうです。



シティタワー所沢クラッシィ 共用空間図
共用空間図[出典:公式HP]

 エントランスホールはペデストリアンデッキのある2階となり、3階にパーティルームやキッズスペースといった共用施設を配置して、4階〜29階が住宅フロアとなります。



シティタワー所沢クラッシィ エントランスホール完成予想図
エントランスホール完成予想図[出典:公式HP]

 エントランスホールは和を感じるデザインとなるようです。現在は先着順受付で20戸が販売されており、間取りは2LDK〜3LDK、専有面積は54.21屐81.18屐販売価格は4900万円〜1億3100万円となっています。

■物件概要■
名称:シティタワー所沢クラッシィ
仮称:(仮称)所沢駅前 直結タワー計画
計画名称:所沢駅西口北街区第一種市街地再開発事業
所在地:埼玉県所沢市東住吉11-1
用途:住宅、商業・業務施設、駐車場等
総戸数:311戸(※非分譲住戸29戸、その他店舗9区画)
階数:地上29階、塔屋2階、地下2階
高さ:約99m
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)、制震構造(1階〜3階は粘性体制震壁、4階〜22階は間柱型摩擦ダンパー方式)
基礎工法:直接基礎
敷地面積:4,012.60
建築面積:2,369.80
延べ面積:38,529.53
建築主:所沢駅西口北街区市街地再開発組合
売主:住友不動産、住友商事
設計者:INA新建築研究所
施行者:前田・西武建設共同企業体
工期:2017年8月1日着工〜2021年1月中旬竣工予定
入居:2021年1月下旬予定

地上29階、地上27階「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」の概要が判明!蕨駅前に住友不動産のトリプルタワマンが誕生します!

蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:住友不動産]

 住友不動産より蕨駅西口の再開発「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」において、再開発組合の設立認可を受け2020年9月1日に組合を設立したとニュースリリースが出ました。これまでは傘下組合参加予定者でしたが正式に参加組合員として事業参画するとのことです。

 場所はJR京浜東北線「蕨」駅に隣接した西口地区で、同じ住友不動産による「シティタワーズ東京ベイ」を彷彿とさせるトリプルタワーマンションが誕生します。新規に建設されるタワーマンションはAエリアとBエリアで両棟合わせて415戸が計画されています。

 この完成予想図の左がAエリア、中央がBエリア、右が既存の「シティタワー蕨」となっており、それぞれの概要は以下のようになっています。
・Aエリア:地上29階、地下1階、高さ99.86m、延床面積約23,188屐⊇斬陝⊂Χ閥般鎧楡
・Bエリア:地上27階、地下1階、高さ95.63m、延床面積約31.698屐⊇斬陝公共公益施設(図書館、行政センター)、商業業務施設
・シティタワー蕨:地上30階、地下1階、高さ99.98m、延床面積、31,751.81屐⊇斬陝店舗

▼住友不動産:ニュースリリース(2020年9月2日)
地域の歴史と調和し賑わい創出を図る駅前コンパクトシティ「蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業」再開発組合設立



蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業 計画配置図
計画配置図[出典:蕨市]

 住友不動産のニュースリリースに掲載されていた計画配置図は小さかったので蕨市で公開されていた同じ図です。このように駅前広場に隣接した場所がAエリア、線路沿いがBエリアとなります。蕨駅西口広場や区画街路、先行工区(西口地区7番街区;シティタワー蕨)に連続するプロムナードも整備されます。



蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業 計画図
計画図[出典:蕨市]

 既存建物も入ったこちらの図の方がわかりやすいと思いますが計画地はこの通り「蕨」駅の目の前です。





 関東以外の人には「蕨」はあまり馴染みがないと思いますが読み方は「わらび」です。蕨駅は西川口駅と南浦和駅の間にある駅で蕨市内では唯一の駅となります。その蕨市の面積は5.11平方キロメートルで国内の市の中では最も面積が狭い市です。



蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:住友不動産]

 Aエリア側から見た完成予想図です。



蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:住友不動産]

 プロムナードの隣には広場も整備されます。板状のBエリアの低層部には 図書館と行政センターといった公共公益施設や商業業務施設が配置されます。



蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:住友不動産]

 このようにプロムナードや広場を活用したイベントを誘致する計画もあります。

 また、この完成予想図の奥を見るとAエリアとBエリアはペデストリアンデッキで接続される計画となっています。



シティタワー蕨

 先行工区に建設された「シティタワー蕨」(地上30階、高さ99.98m、2010年6月竣工)です。これと同じデザインのタワーマンションがこの右側に建設されることになります。

■物件概要■
事業名称:蕨駅西口地区第一種市街地再開発事業
所在地:埼玉県蕨市中央1丁目
用途(Aエリア):住宅、商業業務施設
用途(Bエリア):住宅、公共公益施設(図書館、行政センター)、商業業務施設
総戸数:415戸(A・Bエリア)
階数(Aエリア):地上29階、地下1階
階数(Bエリア):地上27階、地下1階
高さ(Aエリア):99.86m
高さ(Bエリア):95.63m
区域面積:約 1.3ha
延床面積:54,887屐Aエリア:23,188屐Bエリア:31,698屐
事業者:蕨駅西口地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
工期:2021年7月着工〜2025年1月竣工予定
総事業費:約266億円(予定)

高さ100mタワマン&オフィス「大宮駅西口第3-A・D地区再開発」の参加組合員予定者が東京建物、日本土地建物、大和ハウス工業に決定!

大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 完成予想イメージ
完成予想イメージ[出典:東京建物]

 大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発準備組合は、東京建物、日本土地建物、大和ハウス工業の3社を「大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業」における参加組合員予定者に決定したと発表がありました。

 同再開発は大宮駅から西側へ約400mの位置で施工面積約1.5haの区域で、高さ約100mの住宅棟とオフィス棟が建設されます。住宅棟は地上27階建て、オフィス棟は24階建てでしょうか、敷地面積約9,500屬紡个靴同箴果明僂鰐85,000屐⊇斬靈縦蠍与瑤鰐230戸となっています。事業協力者は清水建設、総合コンサルタントは佐藤総合計画となっています。

 今後のスケジュールとして2020年度に組合設立認可、2021年度に権利変換計画認可を経て、2022年度に着工(解体工事を含む)、2025年度に竣工を予定しています。

▼東京建物:ニュースリリース(2020年8月5日)
「大宮駅西口第3−A・D地区第一種市街地再開発事業」
東京建物・日本土地建物・大和ハウス工業を参加組合員予定者に決定




大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 1F 商業通路イメージ(まちなかガレリア)
1F 商業通路イメージ(まちなかガレリア)[出典:東京建物]

 住宅棟とオフィス棟の間に整備される商業通路の「まちなかガレリア」の完成予想図です。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 2F 商業吹き抜けイメージ
2F 商業吹き抜けイメージ[出典:東京建物]

 吹き抜け空間のある2層の商業施設が計画されているようです。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 北西側広場イメージ(まちなかプレイス)
北西側広場イメージ(まちなかプレイス)[出典:東京建物]

 大宮駅から遠い側の敷地北西側には「まちなかプレイス」と呼ばれる広場も整備されます。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 敷地イメージ図
敷地イメージ図[出典:東京建物]

 敷地の南西側に住宅棟、北東側にオフィス棟が配置され、敷地を斜めに通り抜ける位置に商業通路の「まちなかガレリア」が整備されます。この「まちなかガレリア」となる場所には現在道路があり五差路となっています。その五差路も同再開発によって解消されます。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 計画図
計画図[出典:東京建物]

 「大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業」の東側(図の右側)では「大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業」が計画されており、新しい道路も整備される計画となっています。

 つまり、この辺りの地区では建物が新しく建替えられるだけではなく地区内の道路が廃道、新設され新しい街へと生まれ変わります。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京建物]

 大宮駅徒歩圏の場所で敷地南東側には「大宮ソニックシティ」があります。



大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業 位置図
大宮駅西口第3-B地区 位置図[出典:さいたま市]

 これは「大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業」の位置図です。このように「大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業」の東側で計画されており新しい道路も整備されることがわかります。



大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業 完成予想図
大宮駅西口第3-B地区 完成予想図[出典:さいたま市]

 その「大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業」では商業業務、住宅(511戸)で構成される地上28階、地下1階、高さ約99.45m、延床面積約66,234屬離織錙璽泪鵐轡腑鵑覆匹計画されています。詳細は以前に載せた当ブログ記事をご覧ください。

地上28階、高さ約100mタワマン「大宮駅西口第3-B地区」が特定業務代行者を公募!本格的に再開発開始か!?



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業

 ちょっと古いですが2014年2月にセスナから撮影した大宮です。赤い網掛けをした場所が「大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。写真上が大宮駅です。



大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業

 別角度からもう1枚。大宮駅周辺はまだまだ再開発されそうな場所が色々とあるので、今後も再開発がポツポツと出て来るかもしれないですね。

■物件概要■
計画名称:大宮駅西口第3-A・D地区第一種市街地再開発事業
所在地:埼玉県さいたま市大宮区桜木町2丁目の一部
用途:商業、業務、住宅、駐車場
総戸数:約230戸
階数:地上27階
高さ:約100m
敷地面積:約9,500
延床面積:約85,000
建築主:大宮駅西口第3-A・D地区市街地再開発組合(予定)
参加組合員:東京建物、日本土地建物、大和ハウス工業
事業協力者:清水建設
総合コンサルタント:佐藤総合計画

川口の地上28階タワマン「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」の建設地の様子(2019.11.9)

川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:野村不動産]

 川口に建設される野村不動産のタワーマンション「川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業」(地上28階、高さ99.85m)の完成予想図です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
完成予想図[出展:野村不動産]

 1階〜3階は約9,000屬龍閥函Χ般鎧楡(44室)で4階〜28階が住宅部分(481戸)となります。

 ところで野村不動産のタワーマンションと言えば「プラウドタワー」を冠にした名称が多いですが、川口では既に「プラウドタワー川口」(地上21階、高さ66.60m)が建設中のためここは違う名称になります。「プラウド」の冠は付くと思いますがどういった名称になるんでしょうね。




川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業
位置図[出展:野村不動産]

 建設地は川口駅から東へ約300m、樹モール(川口銀座商店街)沿いで、ディスカウントストアの「ザ・プライス川口店」等があった場所です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 GWに来たときはまだ既存ビルはありまだ営業していたのですが、それから約半年後に行くとすっかり既存ビルは解体されていました。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 川口駅前から続く六間道路沿いから見た建設地です。松屋などがあるこの左側の区画は再開発には含まれていません。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 商店街に面しているため人通りが多く、なるべく人を入れないで撮ろう思うとなかなか全体は撮れません。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 これはいい感じに撮れました。「ザ・プライス川口店」があったのは写真奥側でこの辺りは小さな店舗が並んでいました。

 奥に見えるタワーマンションは「イーストゲートタワー川口」(地上31階、最高高さ99.95m)と「リビオアクシスプレイス」(地上23階、最高高さ76.9m)です。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 左のマンションは「リビオ川口セルフィア」(地上14階)で再開発には参加していません。この南側(写真左側)には駐車場があったのですが、そこでは1,2階が店舗となる13階建てマンションの建設が始まっていました。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業

 仮囲いの中です。ほぼ更地なっていました。12月1日には着工予定となっています。



川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名:川口栄町3丁目銀座地区第一種市街地再開発事業 施設建築物等新築工事
所在地:埼玉県川口市栄町三丁目601番地
用途:共同住宅、物品販売業を営む店舗、飲食店、事務所、診療所、自動車車庫
総戸数:481戸(店舗、事務所等44室)
階数:地上28階、地下2階
高さ:99.85m
敷地面積:9,069.41
建築面積:5,441.51
延床面積:66,683.48
建築主:川口栄町3丁目銀座地区市街地再開発組合
参加組合員: 野村不動産
設計者:INA新建築研究所
施工者:未定
特定業務代行者:前田建設工業・埼和興産共同企業体
工期:2019年12月1日着工〜2023年3月31日竣工予定

地上28階、高さ約100mタワマン「大宮駅西口第3-B地区」が特定業務代行者を公募!本格的に再開発開始か!?

大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業
完成予想図(全景)[出典:さいたま市]

 大宮駅から西側へ徒歩数分、大宮ソニックシティの北側「大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業」の特定業務代行者を公募すると建設通信新聞で報じられました。事業者は大宮駅西口第3-B地区市街地再開発組合で参加組合員として日鉄興和不動産、三井不動産レジデンシャル、丸紅都市開発が参画しています。応募資格等の詳細は建設通信新聞の記事を御覧ください。

▼建設通信新聞:2019年9月30日
10月4日まで要項配布/大宮駅西口第3-B地区特定業務代行者/再開発組合



大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業
完成予想図(B棟)[出典:さいたま市]

 最初の完成予想図の左に描かれていた建物がA棟で規模は地上14階、高さ約46.85m、敷地面積約609屬紡个靴瞳築面積は約318屐延べ面積約3,823屬如⊂Χ閥般魁⊇斬(65戸)で構成されます。

 そしてこのタワーマンションがB棟で規模は地上28階、地下1階、高さ約99.45m、敷地面積約7,593屬紡个靴瞳築面積は約4,461屐延べ面積約66,234屬如⊂Χ閥般魁⊇斬(511戸)、駐車場で構成されます。

 今後の予定としては2019年度中の権利変換計画認可、2020年4月以降の解体着手を目指します。



大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業
位置図(B棟)[出典:さいたま市]

 「大宮駅西口第3地区」はこの位置図の通り結構広くE地区まであり、その中心に位置するのが今回の「大宮駅西口第3-B地区」となります。B地区の西側がA・D地区でこちらではタワーマンションと超高層オフィスビルが計画されています。



大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業

 ちょっと古いですが2014年2月のセスナによる大宮駅周辺の空撮です。左の赤い網掛けした部分が「大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業」の計画地となります。道路として整備される部分もB地区に含まれているのでその部分も赤い網掛けをしています。



大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業

 今年の5月5日に撮影した「大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業」方面です。



大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業

 この日はどなたかのライブがあったようで物販待ち?の行列が出来ていました。



大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業

 高層マンションと窓に店名などが貼れているビルが再開発に参加しないため、この場所が虫食い状態となります。

■物件概要(B棟)■
計画名称:大宮駅西口第3-B地区第一種市街地再開発事業
所在地:埼玉県さいたま市大宮区桜木町二丁目の一部
用途:商業業務・住宅・駐車場
総戸数:511戸(B棟)
階数:地上28階、地下1階
高さ:約99.45m
構造:RC造
敷地面積:約7,593
建築面積:約4,461
延床面積:約66,234
建築主:大宮駅西口第3-B地区市街地再開発組合
参加組合員:日鉄興和不動産、三井不動産レジデンシャル、丸紅都市開発
実施設計:松田平田設計
事業協力者:前田建設工業

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク