超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

超高層ビル日記(神奈川編)

「ぴあ」がみなとみらい地区に約1万人収容の新アリーナ建設へ!

ぴあ 横浜みなとみらい 新アリーナ
ぴあ 横浜みなとみらい 新アリーナ 完成予想図[出典:ぴあ]

 本日、2017年7月20日にチケットぴあでお馴染みのぴあ株式会社より、みなとみらい38街区の土地を三菱地所から借り受け、収容客数1万人規模の大型コンサートアリーナを建設、運営すると発表がありました。

 新アリーナの規模は地上4階、地下1階、高さ約32m、延べ約21,000屬巴綫併で約1万人の収容客数となります。アリーナの開業は2020年春を予定しています。

▼ぴあ:ニュースリリース(2017年7月20日)
収容1万人規模の大型音楽アリーナを横浜・みなとみらい地区に2020年春開設


みなとみらいの超高層ビル群
 これは「横浜ランドマークタワー」からの眺めですが、左下の更地が新アリーナの建設予定です。超高層ブログですがこのように超高層ビルが建ち並ぶ地域のため載せました。

 最寄り駅はみなとみらい線「みなとみらい」駅徒歩7分、JR「桜木町」駅徒歩9分といった感じとなりますが、横浜駅にも歩いて行ける距離です。

ぴあ 横浜みなとみらい 新アリーナ
 建設地にズームです。以前、ここには中古車販売店がありました。ニュースリリースを見るとこの区画全部ではなく2/3くらいを使うようです。

■施設概要詳細■
所在地:神奈川県横浜市西区みなとらい3-2(38街区)
用途:アリーナ(興行場)、一部飲食店
階数:地上4階、地下1階
高さ:約32m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
敷地面積:12,000
建築面積:約9,500
延床面積:約21,000
建築主:ぴあ
設計者:佐藤工業、とお
施工者:佐藤工業
工期:2017年12月着工〜2020年春竣工予定
開業:2020年春予定

海老名市ツインタワマン!地上25階「グレーシアタワーズ海老名」の建設状況(2017.7.9)

グレーシアタワーズ海老名
 「ららぽーと海老名」の西側に建設されるツインタワーマンション「グレーシアタワーズ海老名」の完成予想図です。現地看板を撮影しました。「グレーシア」の冠からわかる通り相鉄不動産が事業主ですが、他にも売主として伊藤忠都市開発と鹿島建設が名を連ねています。

各棟の概要は以下の通りです。
THE WEST:地上25階、高さ91.70m、238戸、2020年1月下旬竣工予定
THE EAST:地上25階、高さ91.69m、239戸、2019年5月下旬竣工予定

グレーシアタワーズ海老名
グレーシアタワーズ海老名 完成予想図[出典:公式HP]

 建設地はこのように「ららぽーと海老名」のすぐ隣でJR相模線「海老名」駅に徒歩3分の立地です。また、海老名駅自由通路を通って相鉄本線「海老名」駅、小田急小田原線「海老名」駅には徒歩5分の距離です。


グレーシアタワーズ海老名
 「ららぽーと海老名」から見た「グレーシアタワーズ海老名」の建設地です。今年の5月1日着工なのでまだまだこれからといった感じです。

グレーシアタワーズ海老名
 地上から撮影。建設地の南側には「ホテルルートイン海老名駅前」が建っています。

グレーシアタワーズ海老名 開発行為等計画の概要
 開発行為等計画の概要です。

■グレーシアタワーズ海老名の物件概要■

▼名称:グレーシアタワーズ海老名
▼所在地:神奈川県海老名市扇町14番12,13,14(地番)
▼用途:共同住宅
▼総戸数
・イースト棟:239戸(事業協力者住戸1戸含む)
・ウエスト棟:238戸
▼階数
・イースト棟:地上25階
・ウエスト棟:地上25階
▼高さ
・イースト棟:91.69m
・ウエスト棟:91.70m
▼構造:鉄筋コンクリート造、免震構造
▼敷地面積
・イースト棟:4,683.23
・ウエスト棟:4,683.23
▼建築面積
・イースト棟:1,470.36
・ウエスト棟:1,466.58
▼延床面積
・イースト棟:21,926.60
・ウエスト棟:21,916.00
▼建築主:相鉄不動産
▼売主:相鉄不動産、伊藤忠都市開発、鹿島建設
▼設計者:鹿島建設
▼施工者:鹿島建設
▼工期
・イースト棟:2017年5月1日着工〜2019年5月下旬竣工予定
・ウエスト棟:2017年5月1日着工〜2020年1月下旬竣工予定
▼入居
・イースト棟:2019年7月下旬予定
・ウエスト棟:2020年4月上旬予定

海老名市最高層タワマン!地上31階「リーフィアタワー海老名アクロスコート」の建設地の様子(2017.7.9)

ViNA GARDENS
ViNA GARDENS(ビナガーデンズ) 完成予想図[出典:公式HP]

 小田急線「海老名」駅とJR相模線「海老名」駅の間に海老名駅間地区「ViNA GARDENS(ビナガーデンズ)」の完成予想図です。タワーマンションや超高層オフィスビルが建ち並ぶ大規模再開発が計画されています。


リーフィアタワー海老名アクロスコート
リーフィアタワー海老名アクロスコート 完成予想図[出典:公式HP]

 その中で海老名駅自由通路の西側(図の左側)の真ん中のタワーマンション「リーフィアタワー海老名アクロスコート」の公式HPがオープンしました。

▼公式HP
https://www.odakyu-leafia.jp/mansion/ebina-tower/index.html


リーフィアタワー海老名アクロスコート
リーフィアタワー海老名アクロスコート 完成予想図[出典:公式HP]

 地上31階、高さ99.95mで海老名市最高層のタワーマンションとなります。事業主は小田急不動産、三菱地所レジデンス、小田急電鉄で総戸数は304戸となります。


ViNA GARDENS
 海老名駅自由通路から見た「ViNA GARDENS(ビナガーデンズ)」の西側です。まだ敷地の大部分が空き地か駐車場です。

リーフィアタワー海老名アクロスコート
 その中でこの黒い建物が最近した「ローソンViNA GARDENS店」で、その背後の駐車場が「リーフィアタワー海老名アクロスコート」の建設地となります。

リーフィアタワー海老名アクロスコート
 着工予定は8月1日なので今はまだ駐車場として利用されています。

リーフィアタワー海老名アクロスコート
 現地に設置されている開発行為等計画の概要では規模が全く同じとなるA棟、B棟が記載されており、B棟は来年1月4日の着工予定となっています。まだ公式HPは見当たりませんがB棟は一番西側のタワーマンションのことかと思います。

駐車場の一部閉鎖のお知らせ
 駐車場に入口にはの7月25日(火)をもって一部閉鎖のお知らせが出ていました。ちょうど着工の一週間前に閉鎖なので予定通り8月1日からは建設工事が始まりそうです。

リーフィアタワー海老名アクロスコート 建築計画のお知らせ
 開発行為等計画の概要です。

■リーフィアタワー海老名アクロスコートの物件概要■
名称:リーフィアタワー海老名アクロスコート
所在地:神奈川県海老名市めぐみ町512番11(地番)
用途:共同住宅
総戸数:304戸
階数:地上31階
高さ:99.95m
構造:鉄筋コンクリート(一部鉄骨)造、基礎免震構造
敷地面積:約5,035.77
建築面積:2,936.00
延床面積:34,061.00
建築主:小田急不動産、三菱地所レジデンス、小田急電鉄
設計者:アール・アイ・エー
施工者:三井住友建設
工期:2017年8月1日着工〜2019年10月下旬竣工予定
入居:2020年1月下旬予定

事業計画の構想概要設置!高さ約116m「川崎市新本庁舎整備事業」の現庁舎解体状況(2017.6.10)

新本庁舎全体パース
新本庁舎全体パース[出典:川崎市]

 川崎市の本庁舎の建て替え「川崎市新本庁舎整備事業」の全体パースです。庁舎の老朽化、構造上の制約から耐震補強工事の実施が困難、本庁機能が分庁舎や周辺の民間ビルに分散しているといった理由から、建て替えが行われることになりました。

 建替え後の規模は地上25階、地下2階、高さ約116m、延べ63,900屬嚢埓機能の他に議会機能なども入る庁舎となります。平成27年4月時点での総事業費は430億円となっています。


新本庁舎 完成予想図
新本庁舎 完成予想図[出典:川崎市]

 川崎市役所新本庁舎基本・実施設計業務委託に関する公募型プロポーザルで最優秀者に久米設計が決定されていますが、そのときの資料で公表された新本庁舎の完成予想図です。左下の広場は現在の川崎市役所第二庁舎がある場所です。


24階、屋上階平面図
24階、屋上階平面図[出典:川崎市]

 その資料で公開された平面図です。24階に展望ロビー、25階部分にあたる屋上部分にスカイデッキが設置される計画となっています。


川崎市新本庁舎整備事業
 2017年6月10日撮影した川崎市役所本庁舎です。現在は解体工事が行われています。

川崎市新本庁舎整備事業
 かなり解体工事が進んでいました。

川崎市新本庁舎整備事業
 解体中の川崎市役所本庁舎をグルっと一周してみました。

川崎市新本庁舎整備事業

川崎市新本庁舎整備事業
 まだ一番外側の外壁が残っていましたが、中はかなり解体が進んでいるようでした。解体工期は2017年7月31日までとなっています。

川崎市新本庁舎整備事業
 「川崎駅前タワー・リバーク」(地上22階、最高高さ97.2m)からの眺めです。右側の最頂部にパラボナアンテナのようなものが見えるビルが「川崎市役所第3庁舎」(地上18階、高さ80m)で、その左側、写真中央あたりに「川崎市新本庁舎」が建設されます。

川崎市新本庁舎整備事業 土地利用の計画図
 現地に掲示されていた事業計画の構想の概要から土地利用の計画図です。

川崎市新本庁舎整備事業 事業計画の構想の概要
 事業計画の構想の概要です。

■川崎市新本庁舎整備事業の物件概要■
名称:川崎市新本庁舎
計画名称:川崎市新本庁舎整備事業
所在地:神奈川県川崎市川崎区宮本町1番地 ほか5筆の一部
用途:庁舎
階数:地上25階、地下2階
高さ:約116m
構造:免震構造
敷地面積:約7,830
延床面積:63,900
建築主:川崎市長
設計者:久米設計
工期:2019年10月頃着工〜2024年3月頃竣工予定
※ 新本庁舎は2022年度完成予定

高さ約60m「ブランズ横浜」の建設状況(2017.5.30)

ブランズ横浜
 横浜駅から西側へ徒歩6分の位置で建設中の「ブランズ横浜」(地上17階、高さ59.868m)です。見た感じでは最上階の17階まで達しているようでした。

ブランズ横浜
 建設地は高島屋の「横浜商品管理センター」跡地で1階〜3階は商業・業務フロアとなり、2階と3階部分には商業・業務フロアのガーデンが整備されます。4階以上が住宅フロアで4階には住民専用のオーナーズガーデンも整備されます。さらにマンションの屋上にはオーナーズテラスも設置されます。

ブランズ横浜 開発事業のお知らせ
 開発事業のお知らせです。建築主に東神開発が入っていますが、これは一部土地の所有者でもある高島屋の子会社です。

■ブランズ横浜の物件概要■
名称:ブランズ横浜
計画名称:(仮称)横浜北幸ビル開発計画
所在地:神奈川県横浜市西区北幸2丁目11番1外
用途:店舗、事務所、共同住宅
総戸数:210戸
階数:地上17階、地下1階
高さ:59.868m
敷地面積:4,281.61
建築面積:3,071.82
延床面積:32,425.36
構造:鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
建築主:東神開発(高島屋の子会社)、東急不動産
設計者:東急設計コンサルタント
施工者:西松建設
工期:2015年5月15日着工〜2018年1月中旬竣工予定
入居:2018年2月下旬予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。