超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

超高層ビル日記(東京編)

住友不動産の24階オフィスビル「西品川一丁目地区(A街区)」の建設状況(2017.8.5)

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 品川区役所前から撮影した建設中の超高層ビル「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」(地上24階、高さ114.12m)です。住友不動産のHPでは「住友不動産大崎プロジェクト」と掲載されているため名称はまだ決まっていないようです。

 左の建設中のタワーマンションは昨日のブログに載せた「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)」(地上22階、高さ82.59m)です。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 近くから見上げてみました。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 少し斜めから撮影。横幅のあるビルですがいい撮影スポットを見つけられていません。隣に新幹線が通っているのでそこからならよく見えそうです。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 大崎駅側から撮影。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 低層部以外の外観は完成していますが足元にはガラスが置いてありました。そろそろ低層部の工事も始まりそうですね。年明けには竣工予定です。

大崎の超高層ビル群
 大崎駅のペデストリアンデッキから撮影した大崎の超高層ビル群です。一番南側(写真左端)が「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」です。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)
 ズームです。大崎駅からは徒歩6分となっていますが、体感では改札まではもっと時間がかかります。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)の物件概要■
仮称:住友不動産大崎プロジェクト
計画名称:西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物(A街区)
所在地:東京都品川区西品川一丁目778番1他
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上24階、塔屋1階、地下2階
高さ:114.12m
構造:RC造、SRC造、S造(柱CFT造)、柱頭免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:19,927.70
建築面積:7,748.92
延床面積:177,988.56
建築主:西品川一丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設計者:日建設計
施工者:大成建設
工期:2015年7月9日着工〜2018年1月10日竣工予定

住友不動産の22階タワマン「西品川一丁目地区(B街区)」の建設状況(2017.8.5)

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 品川区役所前から撮影した建設中のタワーマンション「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)」(地上22階、高さ82.59m)です。ここは住友不動産の分譲マンション「(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト」として公式HPがオープンした時期もあったのですが、分譲開始前にHPは閉鎖されてしまっています。今後は不明ですが建設工事は順調に進んでいるようです。

 右背後のオフィスビルは同じ「西品川一丁目地区」で建設中の「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(A街区)」(地上24階、高さ114.12m)です。両棟はハの字型に配置され、その間には約6000屬箸いβ腟模な広場が配置されます。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 近くから撮影。16階まで建設が進んでいました。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 横幅のある大きなマンションです。公式HPがあった当時の情報では総戸数423戸(非分譲住戸262戸含む)となっていました。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 建設地は傾斜地で坂を登ったところから撮影。

大崎
 一気に場所を変えて大崎駅のペデストリアンデッキから撮影。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
 「西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)」にズームです。大きな2段の階段状の外観となりますがその1段目がわかります。

西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区) 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクトの物件概要■
仮称:(仮称)大崎複合再開発タワープロジェクト
計画名称:西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物(B街区)
所在地:東京都品川区西品川一丁目778番1他
用途:共同住宅、駐車場、その他
総戸数:423戸(※非分譲住戸262戸含む/その他事業所用区画有り)
階数:地上23階、地下1階(建築確認申請上は地上22階、塔屋1階、地下2階)
高さ:82.59m
構造:RC造、免震構造
基礎工法:場所打鉄筋コンクリート杭
敷地面積:10,153.09
建築面積:2,799.99
延床面積:41,429.90
建築主:西品川一丁目地区市街地再開発組合(参加組合員:住友不動産)
設計者:日建設計
施工者:前田建設工業(住宅工区)、大成建設(事業所工区)
工期:2016年1月5日着工〜2018年8月31日竣工予定

高さ129m「住友不動産御成門タワー」の建設状況(2017.8.5)

住友不動産御成門タワー
住友不動産御成門タワー 完成予想図[出典:住友不動産]

 都営三田線「御成門」駅のすぐ上に建設中の超高層オフィスビル「住友不動産御成門タワー」(地上22階、高さ129m)の完成予想図です。1フロア300坪超、免震構造、無停電対応のオフィスビルとなります。

住友不動産御成門タワー
 御成門交差点から撮影した建設中の「住友不動産御成門タワー」です。

住友不動産御成門タワー
 山手線側に移動して撮影。ビルの背後には東京タワーがあります。

住友不動産御成門タワー
 キレイな箱型ではなくL字型に近いオフィスビルになるようです。

住友不動産御成門タワー
 御成門駅から東京タワーに向かうときに通る「芝公園」から撮影。

住友不動産御成門タワー
 東京タワーから撮影。周辺のビルと比べた感じからして高さ60mを超えたくらいでしょうか?まだまだ高くなります。

住友不動産御成門タワー
 少し広角で撮影。東京タワーから見ると汐留の超高層ビル群の手前に建つこととなります。

住友不動産御成門タワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■住友不動産御成門タワーの物件概要■
名称:住友不動産御成門タワー
所在地:東京都港区芝公園1丁目
用途:事務所・集会所
階数:地上22階、塔屋2階、地下2階
高さ:129.00m
敷地面積:3,710.24
建築面積:1,770.86
延床面積:33,695.44
構造:鉄造骨、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、免震構造
基礎工法:杭基礎(場所打ち鋼管コンクリート杭)
建築主:住友不動産
設計者:日建設計
施工者:三井住友建設
工期:2015年6月1日着工(地下解体も含む)〜2018年4月30日竣工予定

36階建てタワマン「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」に野村不動産が参画

東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
東池袋四丁目2番街区地区 建物外観[出典:野村不動産]

 昨日、2017年8月9日に野村不動産より前田建設工業とともに「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」の特定業務代行者に選定され、野村不動産は参加組合員としても事業参画することになったとプレスリリースが出ました。7月31日に東京都へ組合設立認可申請を行い、10月の本組合設立認可を予定しています。

 同再開発の規模は地上36階、地下2階、高さ約125mで、総戸数約230戸のタワーマンションとなり低層部の1階〜3階は店舗、生活支援施設(保育所・クリニックモール等)となります。

 今後のスケジュールとして2017年10月組合設立認可、2018年9月権利変換計画認可、は2019年6月着工、2022年4月竣工の予定となっています。

▼野村不動産:プレスリリース(2017年8月9日)
「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」 特定業務代行者・参加組合員として事業参画


東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
東池袋四丁目2番街区地区 北側広場[出典:野村不動産]

東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
東池袋四丁目2番街区地区 南側広場[出典:野村不動産]

東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
 「東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。駐車場や白いマンションなどが建っている場所で、すぐ隣には都営荒川線「東池袋四丁目」駅があります。また、左端に写っていますが東京メトロ有楽町線「東池袋」駅の出入口も目の前で駅直結となります。

東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
 「サンシャイン60」の展望台から撮影。中央の白いマンションと都営荒川線の間が計画地です。

池袋
 広角で見るとこのような感じで「アウルタワー」(地上52階、最高高さ189.2m)と「エアライズタワー」(地上42階、最高高さ150.46m)の間に見える場所が計画地となります。また、この写真の両端でツインタワーが計画されています。池袋の超高層ビル群はゆっくりと成長し続けています。

■東池袋四丁目2番街区第一種市街地再開発事業の物件概要■
計画名:東池袋四丁目2番街区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋4丁目2番
用途:住宅、店舗、事務所、駐車場、駐輪場等
総戸数:約230戸
階数:地上36階、地下2階
高さ:約125m
構造:RC造
敷地面積:約2,660
延床面積:約30,650
特定業務代行者:野村不動産、前田建設工業
建築主:東池袋四丁目2番街区市街地再開発準備組合
参加組合員:野村不動産
事業コンサルタント:日建設計
工期:2019年6月着工〜2022年4月竣工予定

「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」は地上48階、高さ265mへ!

虎ノ門ヒルズ 完成予想図
虎ノ門ヒルズ 完成予想図[出典:森ビル]

 森ビルによる虎ノ門の大規模再開発「虎ノ門ヒルズ」の完成予想図です。現在は「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)が完成済みで、完成時は日本一の高さとなるタワーマンション「虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー」(地上54階、最高高さ221.55m)とBRTの発着所も整備される「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(地上36階、最高高さ185.415m)が建設中です。

 そして超高層オフィスビルとなる「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」は計画中で階数や高さは不明で、高さ300mとの情報もありましたが、昨日の日経新聞に地上48階、高さ265m、2018年度着工、2022年度完成予定と記事が掲載されました。

 日経の記事によると『国際水準のホテルを整備して海外からのビジネスマンなどを受け入れる。最高層部分は起業家らが革新的なビジネスを発信できる拠点にする。』となっているのでホテルも入るようです。

▼日本経済新聞:2017年8月9日
森ビル、虎ノ門に超高層ビル 外資金融誘致へ新駅と一体開発


虎ノ門ヒルズ 完成予想図 配置図
虎ノ門ヒルズ 配置図[出典:森ビル]

 現在、日比谷線「虎ノ門新駅(仮称)」が建設中ですが「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」とはもちろん駅直結となります。また、地下通路を通ることによって銀座線「虎ノ門」駅まで繋がります。また、「虎ノ門ヒルズ」の各ビルとはデッキで繋がります。


虎ノ門ヒルズ ステーションタワーの建設地の空撮
 2016年10月にヘリから撮影した「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」の建設地です。右側に見切れてる「虎ノ門ヒルズ 森タワー」(地上52階、最高高さ255.5m)が東京で最も高い超高層ビルですが、それを越す高さの地上48階、高さ265mとなります。

 ただ、東京では「大手町二丁目常盤橋地区」の地上61階、高さ390m、「虎ノ門・麻布台地区」の地上65階、高さ約330mと地上63階、高さ約270m、「日本橋一丁目中地区」の地上51階、高さ287mといった高さ265mを越す計画が4棟あります。全て計画通り完成すると東京で5番目の高さとなります。

虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
 地上から撮影した計画地方面です。現在は日比谷線「虎ノ門新駅(仮称)」が建設中です。

虎ノ門ヒルズ周辺の空撮
 「虎ノ門ヒルズ」の空撮です。配置図に周辺の再開発地区が描かれていましたが、周辺では超高層化が勢い良く進んでおり、ポツポツとあった超高層ビルが超高層ビル群へと成長しています。

■虎ノ門ヒルズ ステーションタワーの物件概要■
名称:(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目
階数:地上48階
高さ:265m
工期:2018年度着工〜2022年度竣工予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

BLUE STYLE 第二事業部
超高層ビル以外を扱う2ndブログです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。