超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

超高層ビル日記(東京編)

「海喜館」の解体状況!事業主は旭化成不動産レジデンスです(2020.5.27)

海喜館

 解体工事中の「海喜館」です。緊急事態宣言が解除され通常出勤に戻ったので昼休みに職場から徒歩で行って撮ってきました。場所は五反田で桜田通りと目黒川が交差している辺りです。



海喜館

 積水ハウスが地面師グループに架空取引で土地購入代金55億5000万円だまし取られた事件がありましたが、その事件の舞台となったのがこの「海喜館」です。



海喜館

 結局、積水ハウスは土地を取得できず旭化成不動産レジデンスが土地を取得しています。



海喜館

 ここの写真のみ追記です。2020年5月29日の夕方に前を通ると木々がほとんど伐採されてすっきりしていました。この写真を撮っていると後ろから「ここ何かあったっけ?」「古い家があったよね。」といった会話が聞こえてきました。世間の認知度はやっぱりあまりないものなんですね。



海喜館

 事業主は旭化成不動産レジデンス、解体工事は西松建設によって2020年3月30日〜2020年6月30日までの工期で行われています。



海喜館

 建築計画のお知らせは見当たらなかったので解体後はどうなるのかは不明ですが、個人的にはタワーマンションを期待しています。



DSC00703_海喜館

 超高層専門ブログなのでここから見える超高層を一つ紹介。中央奥に見えるガラスカーテンウォールのオフィスビルが学研の本社ビル「学研ビル」(地上24階、最高高さ119.3m)です。



海喜館

 手前には駐車場がありましたが閉鎖されいますが、解体後にまた駐車場として一時利用だと寂しいですがどうなるんでしょうね?



海喜館

 「海喜館」の周りにあった木々はまだ残っていますが、これもどうなるんでしょうね?わからないことばかりで申し訳ないです。



海喜館

 仮囲いの中では建物の解体工事が進んでいました。



海喜館他 解体工事のお知らせ

 解体工事のお知らせです。早く建築計画のお知らせが見たいです。

今月末竣工予定の「Hareza Tower(ハレザタワー)」と「Hareza池袋(ハレザ池袋)」の様子(2020.2.11)

Hareza池袋(ハレザ池袋)

 「サンシャイン60」の展望台から撮影した建設中の「Hareza池袋ハレザ池袋)」です。中央の超高層ビルがオフィス棟の「Hareza Tower(ハレザタワー)」(地上33階、高さ158.28m)で、その手前には「東京建物 Brillia HALL」と「としま区民センター」があります。

 これらの建物と目の前にある「中池袋公園」を含めて「ハレザ池袋」です。「中池袋公園」は文化と賑わいを発信するイベントにも使用されます。



Hareza池袋(ハレザ池袋)

 左側に「西武池袋本店」が見えている辺りに「池袋」駅があり、その駅前にある「明治通り」を北側に徒歩4,5分程度の距離です。写真左下の写真中央下へ伸びている通りがサンシャイン60通りでランドワンのところを曲がると「ハレザ池袋」に着きます。



Hareza Tower(ハレザタワー)

 「中池袋公園」から撮影した「Hareza Tower(ハレザタワー)」(地上33階、高さ158.28m)です。2〜6階は10スクリーン約1700席のTOHOシネマズのシネコン(2020年7月オープン予定)となり、オフィスフロアは7階〜32階(7階はオフィスロビー)となります。今月末の5月31日が竣工予定です。

 オフィスフロアは約500坪あり、開口工事を行うことで最大5階層の内階段の設置が可能となっています。オフィスでの上下の移動は面倒なので階段を設置する企業はそこそこあるのではと思っています。



Hareza Tower(ハレザタワー)

 明治通り側の池袋駅に近い方から撮影。



Hareza Tower(ハレザタワー)

 建設地は「豊島区庁舎」の跡地で2092年9月23日までの定期借地権付きとなっています。つまり72年後には更地にして豊島区に返却することになります。その頃の東京はどんな感じなんでしょうね?



Hareza Tower(ハレザタワー)

 路地を少し入った場所から撮影。



Hareza Tower(ハレザタワー)

 JRの線路を超える池袋大橋から撮影。



Hareza Tower(ハレザタワー)

 池袋駅の西口から少し北側に行った場所から撮影。超高層空白地帯だったのでそれなりに目立ちます。ただ、この左側の方では「ハレザタワー」(地上33階、高さ158.28m)よりも高いオフィスビル「東池袋一丁目地区市街地再開発事業」(地上30階、高さ約180m)の計画があります。



東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

 「豊島公会堂」跡地に建設された「東京建物 Brillia HALL」です。本当の名称は「豊島区立芸術文化劇場」ですが、東京建物がネーミングライツを取得しており2029年4月30日まで「東京建物 Brillia HALL」となります。ホールは2階に位置しており、1階にはポニーキャニオン運営のライブハウス「harevutai」とドワンゴ運営のサテライトスタジオ「ハレスタ」が入っています。

 2019年10月26日にプレオープン、2019年11月1日にオープンしてこけら落としシリーズが上演され劇場として稼働していましたが、今はコロナウイルスの影響で臨時休業となり各種公演が中止となっています。



Hareza池袋(ハレザ池袋)

 「東京建物 Brillia HALL」前には広場のような空間があります。正面の建設中の「ハレザタワー」の角部分には階段状の半屋外劇場空間「シネマプラザ」となります。



東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

 明治通り側から撮影。各建物の低層部のデザインが統一されています。



Hareza池袋(ハレザ池袋)

 「ハレザタワー」と「東京建物 Brillia HALL」を結ぶデッキです。



としま区民センター

 「ハレザ池袋」を構成する3つ目の建物の「としま区民センター」です。こちらにも小ホールや多目的ホールがあります。



としま区民センター

 裏にあるこのビルも「としま区民センター」です。

■物件概要■
名称:ハレザタワー(ハレザ池袋 オフィス棟)
計画名:(仮称)豊島プロジェクト(A敷地)
所在地:東京都豊島区東池袋1丁目18番1
用途:事務所、映画館、店舗、駐車場
階数:地上33階、地下2階
高さ:158.28m
構造:S造+RC造+SRC造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:3,619.67
建築面積:2,190.81
延床面積:68,652.71
事業者:東京建物、サンケイビル
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島建設
工期:2016年12月1日着工〜2020年5月31日竣工予定

品川プリンスホテルと高輪ゲートウェイ駅から見た「品川開発プロジェクト(第鬼)」の計画地の様子(2020.3)

品川開発プロジェクト(第鬼)

品川開発プロジェクト(第鬼)
完成予想図[出典:内閣府]

 3月14日に暫定開業した「高輪ゲートウェイ」駅の大規模駅前開発「品川開発プロジェクト(第鬼)」の完成予想図です。左の2棟が4街区、その右が3街区、その右の低層の建物が2街区、そして一番右端が1街区となっており、それぞれ令和7年3月31日(2025年)の完成予定となっています。

 2020年4月3日には国土交通大臣によって都市再生特別措置法の規定に基づき、同年3月6日付けで東日本旅客鉄道株式会社から申請のあった民間都市再生事業計画(品川開発プロジェクト(第1)期))について認定しています。

▼国土交通省:2020年4月3日
民間都市再生事業計画(品川開発プロジェクト(第1)期))を認定
〜JR高輪ゲートウェイ駅前に歩行者広場・交通広場、国際ビジネス交流拠点を整備〜




品川開発プロジェクト(第鬼)
断面図[出典:東日本旅客鉄道]

 最初の完成予想図とは逆側から見た断面図ですが、各街区の概要は以下のようになっています。

1街区:地上45階、地下3階、高さ173m、延べ149,000屐共同住宅、各種学校、物販店舗、飲食店等
2街区:地上6階、地下4階、高さ45m、延べ31,000屐劇場、展示場、集会所、飲食店等
3街区:地上31階、地下5階、高さ167m、延べ211,000屐∋務所、物販店舗、飲食店等
4街区:地上30階、地下3階、高さ164m、延べ460,000屐∋務所、物販店舗、飲食店、ホテル、集会場等



品川開発プロジェクト(第鬼)
完成予想図[出典:東日本旅客鉄道]

 南北に細長い敷地で田町駅側が1街区、高輪ゲートウェイ駅前が4街区、そして品川駅側に将来構想とし5街区、6街区があり、各街区はペデストリアンデッキで接続されます。6街区の隣の品川駅前には北口広場も整備される計画があるので、将来的には品川駅と繋がることになりそうです。




品川開発プロジェクト(第鬼)

 2020年3月21日に「品川プリンスホテル」から撮影した「高輪ゲートウェイ」駅方面の眺めです。



品川開発プロジェクト(第鬼)

 少しズームです。



品川開発プロジェクト(第鬼)

 「品川開発プロジェクト(第鬼)」全体にズームです。奥が1街区、手前の駅前が4街区です。



品川開発プロジェクト(第鬼)

 建築計画のお知らせと一緒に設置されている配置・位置図です。このようにかなり長細い敷地となっています。毎回書いている気がしますが何でこの位置に「高輪ゲートウェイ」駅だったんでしょうね。品川駅に近過ぎますし利便性を考えれば3街区前だったと思うんですけどね。この位置が再開発後の街の価値を一番高められるとかそういった計算があるとは思いますが…




品川開発プロジェクト(第鬼) 1,2,3街区

品川開発プロジェクト(第鬼)

 「品川プリンスホテル」から撮影した「品川開発プロジェクト(第鬼) 1,2,3街区」方面です。1街区は一番奥ですが1街区と2街区の境目がどこなのか現時点ではよくわかりませんでした。2街区と3街区の境目は敷地内に通路がある場所かと思います。その通路の下にはあの背の低いトンネル「高輪橋架道橋」がありましたが既に閉鎖されているはずです。



品川開発プロジェクト(第鬼)

 3月15日に「高輪ゲートウェイ」駅から見た1,2,3街区方面です。1街区は地上45階、高さ173mのタワーマンションとなり、2街区は低層の建物で劇場などが入る文化創造施設、3街区は地上31階、高さ167mのオフィスビルとなります。



品川開発プロジェクト(第鬼) 1街区
完成予想図[出典:内閣府]

 1街区からは国道15号及び三田・田町方面へと繋がる歩行者通路・緑地が整備されます。そのため1街区のタワーマンションは田町駅や三田駅も最寄り駅として利用できそうです。



品川開発プロジェクト(第鬼) 1街区 建築計画のお知らせ

 1街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要 1街区■
名称:品川開発プロジェクト(第鬼) 1街区
所在地:東京都港区芝浦4丁目、三田3丁目
主要用途:共同住宅、各種学校、飲食店、自動車車庫
階数:地上45階、地下3階、塔屋2階
高さ:173m
構造:鉄筋コンクリート造 一部 鉄骨造
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:12,700
建築面積:5,900
延べ面積:149,000
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川駅車両基地跡地開発に係る整備計画策定業務協同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
施工者:未定
工期:2021年6月1日着工〜2025年3月31日竣工予定


品川開発プロジェクト(第鬼) 2街区 建築計画のお知らせ

 2街区の建築計画のお知らせです。超高層ではないので物件概要は省略します。



品川開発プロジェクト(第鬼) 3街区 建築計画のお知らせ

 3街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要 3街区■
名称:品川開発プロジェクト(第鬼) 3街区
所在地:東京都港区港南2丁目
主要用途:事務所、物販店舗、飲食店、地域冷暖房施設、自動車車庫等
階数:地上31階、地下5階、塔屋1階
高さ:167m
構造:鉄骨造 一部 鉄筋鉄骨コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:13,000
建築面積:10,100
延べ面積:211,000
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川駅車両基地跡地開発に係る整備計画策定業務協同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
施工者:未定
工期:2020年10月1日着工〜2025年3月31日竣工予定




品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 「品川プリンスホテル」から撮影した「品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区」方面です。テントなどがありますがこれは9月初旬までの期間限定のイベント空間で東京オリンピック・パラリンピックの「東京2020ライブサイト」の会場にもなる予定でした。コロナウイルスの影響でオリンピックが来年に延期となりましたが、この期間限定施設はどうなるのかは不明です。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 ここらかは「高輪ゲートウェイ」駅から見た4街区を南側から順に載せていきます。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 撮影時はこのようにまだ整備中でした。外出自粛中のため今はどうなったかは見に行けていません。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 4街区の着工予定は来年5月1日ですが、暫定施設を延期されたオリンピックに向けて使用することにするならば着工は遅れそうです。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 こちら側は何やら工事をしていました。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 これは何の工事なんでしょうね?



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区

 スロープがあるので地下駐車場か何かですかね。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区
完成予想図[出典:東日本旅客鉄道]

 4街区と3街区(右端)の完成予想図です。4街区は地上30階、高さ164mで図の真ん中がオフィス、左の高層部がホテルとなります。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区
完成予想図[出典:東日本旅客鉄道]

 2棟合わせて4街区のため延べ約46万屬箸いΦ模となります。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区
完成予想図[出典:内閣府]

 4街区前に整備される約6,500屬旅場です。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区
完成予想図[出典:内閣府]

 途中で3街区前に駅を設置すれば良かったのにと書きましたが、こういった大規模な広場を整備するなら4街区前しかなさそうです。そう考えると4街区前がベストだったとも思えてきます。



品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区 建築計画のお知らせ

 4街区の建築計画のお知らせです。

■物件概要 4街区■
名称:品川開発プロジェクト(第鬼) 4街区
主要用途:事務所、物販店舗、飲食店、ホテル、集会場、自動車車庫等
階数:地上30階、地下3階、塔屋1階
高さ:164m
構造:鉄骨造 一部 鉄筋鉄骨コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:38,300
建築面積:31,100
延べ面積:460,000
建築主:東日本旅客鉄道
設計者:品川駅車両基地跡地開発に係る整備計画策定業務協同企業体(構成員代表者:JR東日本設計)
施工者:未定
工期:2021年5月1日着工〜2025年3月31日竣工予定




高輪ゲートウェイ駅

高輪ゲートウェイ駅

 ここからはおまけで「品川プリンスホテル」から見た「高輪ゲートウェイ」駅です。



高輪ゲートウェイ駅

 「高輪ゲートウェイ」駅は隈研吾氏による建築デザインで知られていますが、このように夜の駅が凄かったです。



高輪ゲートウェイ駅

 こうして上から見られる場所がホテルやオフィス、マンションしかないのが残念です。どこか展望台があるといいのですがこの辺りにはないですね。



高輪ゲートウェイ駅

 車両基地もキレイでした。また見てみたい景色です。





 「品川プリンスホテル」から見た「高輪ゲートウェイ」駅周辺のタイムラプスです。色々な路線の電車が頻繁に通るので面白かったです。

地上38階、高さ180m「(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業」の環境影響評価調査計画書が公開され規模判明!

(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業
 2019年12月14日に撮影した「北青山三丁目地区」方面の空撮です。赤い網掛けをした部分において4月24日に東京都都市整備局より「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト(沿道一体型開発区域)」の基本計画がまとまったと発表がありましたが、5月21日に東京都より「(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業」として環境影響評価調査計画書が公開されました。

 その計画書より明らかになった規模は地上38階、塔屋2階、地下2階、高さ約180m、延床面積は約185,000屬如業務、商業、宿泊施設等で構成されます。手前のビルは「エイベックス新本社ビル」(地上18階、高さ102.60m)でこれよりも遥かに高い超高層ビルが建設されることになります。

 「(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業」の左側は賃貸のタワーマンション「クラス青山」(地上25階、最高高さ99.90m)で、わかりにくいですがさらに左側には「都営北青山三丁目丁目アパート」(地上20階、高さ70m)があります。これらを含めた地区が「北青山三丁目地区」となっています。

▼東京都(2020年4月24日)
「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」沿道一体型開発区域の基本計画がまとまりました!

▼東京都(2020年5月21日)
「(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業」環境影響評価調査計画書



都営青山北町アパート

 「(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業」の計画地の大部分は「都営青山北町アパート」となっています。一等地に残る団地ですが2022年度からは解体工事が始まり、2023年度には新築工事着工、2026年度に工事が完了し2027年度に供用開始予定となっています。



(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 場所は表参道駅から北東側に行った所で外苑前駅からも近い場所です。




(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 計画地は「北青山三丁目地区」のB地区で青山通りに面した約2.2haの敷地です。



(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 ビル本体は青山通り側に配置され、通りから中に入った側には広場が整備されます。隣の「クラス青山」と「都営北青山三丁目丁目アパート」側も奥側に緑地が整備され一体的な広場となるかと思います。



(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 このように地下に駐車場、低層部に商業施設と宿泊施設、そしてビルの大部分がオフィスフロアとなります。



(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 この辺りは微妙な高さの超高層しかなかったのでランドマーク的存在になりそうです。ただ、少し北側に行った場所の「外苑前」駅前では「(仮称)神宮外苑地区市街地再開発事業」があり、地上38階、地下4階、高さ約190mと地上40階、塔屋1階、地下2階、高さ約185mの超高層ビル計画もあります。主役はこちらに持っていかれるかもしれません。

■物件概要■
仮称:(仮称)北青山三丁目地区市街地再開発事業
所在地:東京都港区北青山三丁名の一部
用途:業務、商業、宿泊、駐車場等
階数:地上38階、塔屋2階、地下2階
高さ:約180m
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積:2.2ha
建築面積:10,200
延床面積:185,000
事業者:独立行政法人都市再生機構
工期:2022年度着工〜2026年度竣工予定

地上36階「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」の完成後の様子(空撮含む写真36枚)

虎ノ門ヒルズの空撮

 2019年12月14日にヘリから撮影した「虎ノ門ヒルズ」です。左から順に以下のように建ち並んでいます。

・虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー(地上54階、最高高さ221.55m)
・虎ノ門ヒルズ 森タワー(地上52階、最高高さ255.5m)
・虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー(地上36階、最高高さ185.415m)

 この他に森タワーの背後では「虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」(地上49階、最高高さ265.75m)も建設中で、森タワー1棟だけだった虎ノ門ヒルズが拡大中です。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーの空撮

 空撮時はまだ建設中だった『虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー』(地上36階、最高高さ185.415m)ですが、2020年1月15日に竣工しています。ちなみに空撮の中でこの写真のみ11月30日の撮影です。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーの空撮

 森タワーの足元が入っていないのが残念ですが近くから撮影。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーの空撮

 屋上部分の空撮です。ビジネスタワーは普通ですが森タワーの最上部はなかなか面白いデザインです。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 竣工後の2020年3月22日に撮影した『虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー』(地上36階、最高高さ185.415m)です。

 フロア構成は地下1階〜地上3階が商業施設、1階にバスターミナル、4階にインキュベーションセンター「ARCH」、そして5階〜36階がオフィスフロアとなっています。

 それではグルっと一周外観を載せていきます。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 ビジネスタワーと森タワーはこのようにペデストリアンデッキで接続されています。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 森タワー側から見たペデストリアンデッキです。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 通路の両側には植栽がある屋根付きのペデストリアンデッキです。



芝教会

 そのペデストリアンデッキから見た「芝教会」です。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 『虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー』の2階部分です。地下1階〜地上3階は商業施設部となりますが、撮影時はまだ一部しかオープンしていないようでした。全て開業すると計58店舗、約7,600屬両Χ閥間となります。3階にいは東京中の名店26店舗が一堂に集まる食のランドマーク「虎ノ門横丁」を開設されます。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 植栽やベンチがありました。オフィスが本格的に稼働し始めるとこの辺りも賑わってくるかと思います。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 エスカレーターなどもありますが地上に降りる階段もあります。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 水が流れ落ちるオブジェもありました。



アーバン・ファミマ!!

 2階には「アーバン・ファミマ!!」がオープンしていました。このファミマは初めて見ました。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 1階部分に行き来できるエスカレーターです。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 北側には細い通路がありました。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 北側には休憩所みたいなところもあり、この左側には椅子などもあったのですが前を歩いていたサリーマンがドカッと座ったので写真は諦めました。ほぼ人がいない状態だったのにタイミング悪すぎです。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 北側には地上降りる階段がありました。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 その階段を降りたところにはオフィスのエントランスに繋がる出入り口です。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 東側の通り側は広々とした空間になっています。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 普通の歩道だったのが大きく拡幅され歩きやすくなっています。



港区立西桜公園

 その通りとは反対の西側です。境目がよくわかりませんがこの辺りは「港区立西桜公園」となっています。「西桜」と書いて「さいおう」と読むようです。

 また、ビジネスタワー側の1階部分はもBRTも発着可能なバスターミナルとなっています。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 そのバスターミナルは東京BRTと空港バス専用ってことなんですかね。開業したらはっきりしそうです。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 ビジネスタワーの2階に繋がる階段です。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 あちこちに植栽があるビルとなっています。



虎ノ門ヒルズ

 「港区立西桜公園」から見上げた「虎ノ門ヒルズ」です。



港区立西桜公園と芝教会

 公園のベンチと「芝教会」です。



港区立西桜公園

 そのベンチ部分から見た「港区立西桜公園」です。公園というよりここは広場といった感じです。



芝教会

 「芝教会」です。元々は現在の西桜公園がある場所にありましたが再開発に伴って場所を少し移動して建替えられました。



芝教会



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 地下と繋がるエスカレーターです。



虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー

 1人分の幅しかないエスカレーターとなっています。



地下通路

 その先には東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅と繋がる地下通路があります。この地下通路は途中に出入り口はありません。今後は日比谷線新駅の「虎ノ門ヒルズ」駅とも地下通路で繋がる計画となっています。

■物件概要■
名称:虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー
事業名:虎ノ門一丁目地区第一種市街地再開発事業 施設建築物(高層棟)
所在地:東京都港区虎ノ門一丁目200番1
用途:事務所、店舗、ビジネス支援施設、駐車場 等
階数:地上36階、塔屋3階、地下3階
高さ:183.365m(最高185.365m)
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、場所打ちコンクリート杭
敷地面積:10,064.60
建築面積:8,356.85
延床面積:172,924.69
施工者:虎ノ門一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:森ビル、西松建設、京阪電気鉄道、東京都市開発
設計者:森ビル
デザイナー:(外装)インゲンホーフェン・アーキテクツ、(内装)ワンダーウォールほか
施工者:大林組
工期:2017年2月1日着工〜2020年1月15日竣工

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク