超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

超高層ビル日記(東京編)

六本木ヒルズ西側に地上54階、高さ200mのタワーマンション(高層部はホテル)「西麻布三丁目北東地区市街地再開発事業」を建設へ!

西麻布三丁目北東地区市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出展:港区]

 「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」の詳細やデザインが港区の環境アセスメントによって判明ました。規模は地上54階、最高高さ約200m、敷地面積約10,250屐延床面積約99,700屬如工期は2021年度着工、2025年度竣工予定となっています。

 事業者は西麻布三丁目北東地区市街地再開発準備組合で事業協力者として野村不動産、ケン・コーポレーション、竹中工務店が参画しています。

▼港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧:2019年2月11日
西麻布三丁目北東地区市街地再開発事業


西麻布三丁目北東地区市街地再開発事業 断面図
断面図[出展:港区]

 フロア構成は1、2階に商業施設、3〜5階に事務所、6階に駐輪場、そして7階〜47階が住宅フロアとなり、48階〜54階がホテルという複合ビルとなります。


西麻布三丁目北東地区市街地再開発事業 平面図
1F平面図[出展:港区]

 南北に細長い敷地ですが建物は北側に配置し南側の寺社の周りに広場が整備されます。


西麻布三丁目北東地区市街地再開発事業 配置図
配置図[出展:港区]

 場所は六本木ヒルズの西側(渋谷側)です。最寄り駅も「六本木」駅となります。


西麻布三丁目北東地区市街地再開発事業の建設地の空撮
 2019年1月27日のセスナによる「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」方面の空撮です。赤色を付けたあたりが計画地で左側の首都高側に高さ200mのタワーマンションが建設されます。背後の「六本木ヒルズ 森タワー」が地上54階、最高高さ238.05mです。高さ200mは展望台部分よりちょっとだけ低い位置くらいかと思います。

西麻布三丁目北東地区市街地再開発事業
 以前載せたのと同じ写真ですがそんな「六本木ヒルズ 森タワー」の展望台から見下ろした「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。敷地の境界線は墓地を避けた形となります。

西麻布三丁目北東地区市街地再開発事業
 地上から見た様子です。配置図で歩行者デッキと書かれていた場所あたりから撮影しています。

西麻布三丁目北東地区市街地再開発事業
 計画地と六本木ヒルズの間の道路から見た様子です。大きな広場のある新しいビルへと生まれ変わります。

六本木ヒルズ方面の空撮
 六本木ヒルズ方面の空撮です。東京ミッドタウンなど周辺の超高層ビルとは少し離れているため六本木ヒルズの存在感が凄まじいです。六本木ヒルズレジデンスのメゾネットタイプの最上階は家賃500万円までありたまに売りに出る地権者住宅?は15億円まで見たことがあります。「西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業」は分譲なのか賃貸なのかわかりませんが普通の世帯では手が出ない物件となりそうですね。

■物件概要■
計画名:西麻布三丁目北東地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区西麻布3丁目
用途:住宅、事務所、商業、ホテル(宿泊施設)、駐車場、寺社
階数:地上54階
高さ:約200m
敷地面積:約10,250
延床面積:約99,700
事業者:西麻布三丁目北東地区市街地再開発準備組合
事業協力者:野村不動産、ケン・コーポレーション、竹中工務店
工期:2021年度着工、2025年度竣工予定

ホテルオークラ東京別館が野村不動産によって43階建てタワマンに建て替えが判明!別館の空撮と高さ約188m「オークラ東京」の建設状況(2019.2.11)

ホテルオークラ東京の空撮
 2019年1月27日にセスナから撮影した「ホテルオークラ東京」の建替え「The Okura Tokyoオークラ東京)」です。色々建設中のビルが見えていますが中央やや左のガラスカーテンウォールのビルのある場所です。そして写真下の横長の低層の建物が「ホテルオークラ東京別館」で野村不動産によって建て替えられることが港区の環境アセスにより判明しています。

 建て替えの事業者は野村不動産で計画名称は「(仮称)六本木一丁目計画」となっており、敷地面積は約9,260屬派瀉脇鄲Δ肪肋43階、地下2階、高さ約180m、延べ6万3500屬僚斬霤錙敷地北側に地上21階、高さ約115m、延べ4万7500屬了務所棟が配置される計画となっています。

 建物周辺にはまとまった規模の広場状空地、南西側には公園を設ける計画で、住宅棟と事務所棟の間は敷地の高低差を活かした立体的なオープンスペースと緑化空間で繋げる方針となっています。

 2021年度に新築工事に着手、2024年度に竣工、2025年度に供用を開始する予定となっています。ホテルオークラ東京が関わるのか野村不動産に売却するのかわかりませんが資料を見る限りではホテルは入らなさそうです。

▼港区環境アセスメント:2019年2月11日
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査計画書の縦覧【(仮称)六本木一丁目計画】

▼日刊建設工業新聞:2019年2月13日
野村不/ホテルオークラ別館建替(東京都港区)/総延べ11万平米、21年度着工

▼建設通信新聞:2019年2月13日
オークラ別館を再開発/業務・住宅の11万/野村不動産


ホテルオークラ東京別館
 数年前に撮影した「ホテルオークラ東京別館」です。この建物が見られるのも残り数年となるようです。

The Okura Tokyo(オークラ東京)
 別館の隣で建て替え工事中の「The Okura Tokyoオークラ東京)」です。左が「オークラ プレステージタワー」(地上41階、高さ188.65m)で右が「オークラ ヘリテージウイング」(地上17階、高さ約75m)です。

オークラ プレステージタワー
 「ホテルオークラ東京本館」の面影は全くなくガラスカーテンウォールを使った近代的な今風の外観となっていますが、一部内装は旧本館で使用していたものを移設、再現されます。

オークラ プレステージタワー
 「オークラ プレステージタワー」の8階〜25階はオフィスフロア、27階はフィットネ&スパ、28階〜40階は368室の客室(37階はクラブラウンジ)、そして最上階の41階は飲食店、チャペル、宴会場となります。

オークラ プレステージタワー
 一度は宿泊してみたいホテルですが金銭的都合により無理そうです。

オークラ ヘリテージウイング
 「オークラ ヘリテージウイング」です。こちらはホテル専用棟となります。

オークラ ヘリテージウイング
 このように傾斜地に建っているため見る場所によっては高さ感が全然違います。

オークラ ヘリテージウイング
 坂の上から見ると17階建てもあるようには見えまえん。

大倉集古館
 角地では「大倉集古館」の改修・増築工事中が行われています。

大倉集古館
 外観の工事はこのようにほぼ終わったようでした。

ホテルオークラ東京の空撮
 最後にもう一度「ホテルオークラ東京」周辺の空撮です。この辺りはニョキニョキと超高層ビルが建設され続けています。道路が碁盤の目になっていないのでごちゃっとした感じはありますが、それはそれで個人的に好きな要素です。

■物件概要■
名称:オークラ プレステージタワー
計画名:(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地:東京都港区虎ノ門2丁目10
用途:ホテル・オフィス・飲食店舗・駐車場
総客室数:368室
階数:地上41階、地下1階(建築基準法:地上38階、地下4階)
高さ:188.65m
構造(地上):鉄骨造
構造(地下):鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
敷地面積(合計):20,442.44
建築面積(合計):13,262.54
延床面積(合計):180,096.52
建築主:ホテルオークラ
設計者:(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設(代表)、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ、谷口建築設計研究所、観光企画設計社)
施工者:大成建設
工期:2016年6月1日着工〜2019年6月28日竣工予定
開業:2019年9月上旬

地上30階「千住ザ・タワー」の建設状況(2019.1.27)

千住ザ・タワー
 北千住で建設中の「千住ザ・タワー」(地上30階、高さ110m)の完成予想図です。現地看板を撮影しました。1、2階が商業施設や子育て支援施設、3階が住宅用駐輪場で4階〜30階がレジデンスフロアとなります。また、屋上には共用施設として展望テラスも設置されます。

千住ザ・タワーの建設地の空撮
 2019年1月27日にセスナから撮影した「千住ザ・タワー」の建設地の空撮です。飛行ルート的にギリギリでしか撮影出来ませんでした。。。

千住ザ・タワーの建設地の空撮
 上の空撮はこの空撮をトリミングしたものでこの写真の右上にある北千住駅すら入れることが出来ませんでした…。もうちょっと左とか言えれば良かったのですが離陸後すぐに酔ってグロッキー状態で無理でした(^^;)

千住ザ・タワー
 空撮と同じ日に撮影した「千住ザ・タワー」の建設地です。

千住ザ・タワー
 地下の躯体工事が行われていました。

千住ザ・タワー
 建設地は「千住ほんちょう商店街」沿いでトポス北千住店などがあった場所です。

千住ザ・タワー
 こちら側には旧足立都税事務所がありました。

千住ザ・タワー
 空撮写真からもわかる通り建設地は大きな通りに面していません。建設資材の搬入作業など大変そうです。

千住ザ・タワー 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:千住ザ・タワー
計画名称:千住一丁目地区第一種市街地再開発事業施設建築物新築工事
所在地:東京都足立区千住一丁目72番地 他
用途:共同住宅、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
総戸数:184戸(事業協力者住戸5戸含む)ほかに店舗、事務所、子育て支援施設等
階数:地上30階、地下1階
高さ:110m
敷地面積:3,419.52
建築面積:2,300
延床面積:24,300
構造:鉄筋コンクリート造
基礎:現場造成杭
建築主:千住一丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:三菱地所レジデンス
売主:三菱地所レジデンス・三菱倉庫・杉本興業
設計者:梓設計
施工者:フジタ
工期:2017年4月1日着工〜2020年12月下旬竣工予定
入居:2021年2月下旬予定

地上31階「アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉」の建設状況(2019.1.20)

アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉
 現地看板を撮影した「アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉」(地上31階、高さ108m)の完成予想図です。総客室数1111室という大規模ホテルで「アーバンリゾート」がコンセプトとなっており、地下1階には露天風呂付き大浴殿、最上階の31階には隅田川を見渡すことができる展望レストラン、そして屋上テラスには屋外プールが併設されます。

アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉
 「アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉」の建設地です。背後に見える白い大きな建物は「江戸東京博物館」です。

アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉
 タワークレーンが設置され鉄骨が組まれ始めていました。

アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉
 鉄骨が組まれ始めたばかりのためが1フロアが意外と小さく感じます。

アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉
 全体的な大きさがわかってくるのはもう少し先ですかね。

アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉
 ただどこのアパホテルも見た目以上に客室数が多いのでこの大きさなのかもしれませんね。

アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉
 建設地のすぐ近くには「両国国技館」もあります。最寄り消えは両国駅でJRと都営大江戸線が使えます。

アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:アパホテル&リゾート〈両国駅タワー〉
所在地:東京都墨田区横網1丁目12番5
用途:ホテル
客室数:1111室(ダブル851室、ツイン251室、デラックスツイン7室、セミスイート2室)
階数:地上31階、地下2階
高さ:108m
構造:鉄骨造(一部SRC造)
基礎工法:場所打ちコンクリート杭
敷地面積:3,084.81
建築面積:1,300
延床面積:25,169.75
建築主:アパ
設計者:新居千秋都市建設設計
施行者:熊谷組
工期:2017年6月1日着工〜2019年8月31日竣工予定
開業:2020年春予定

地上41階「シティタワー武蔵小山」の建設状況(2019.2.2)

シティタワー武蔵小山
外観完成予想図[出展:公式HP]

 武蔵小山で建設中のタワーマンション「シティタワー武蔵小山」(地上41階、高さ144.504m)の完成予想図です。41階建てのタワー棟と9階建てのレジデンス棟があり2棟で総戸数506戸となります。


シティタワー武蔵小山
外観完成予想図[出展:公式HP]

 住友不動産のシティタワーシリーズと言えば個人的には黒のイメージですが、ここはこのように明るい色の外観となります。


シティタワー武蔵小山
スカイラウンジ&パーティルーム完成予想図[出展:公式HP]

 36階には共用施設としてスカイラウンジ&パーティルームが設置されます。どこまで正しい景色かはわかりませんが東京タワーと東京スカイツリーが同じくらいの高さで並んで見えるようです。また、タワー棟の4階にゲストルームとキッズルーム、レジデンス棟の4階にライブラリーとスタディルームが設置されます。


シティタワー武蔵小山
 「シティタワー武蔵小山」の建設地です。タワークレーンが2基設置されていました。次回訪問時には地上部が見えるようになっているかもしれません。

シティタワー武蔵小山
 別角度からもう1枚。右のタワーマンションは今朝のブログに載せた「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」(地上41階、最高高さ144.95m)です。デベロッパーは違いますが同じ階数かつほぼ同じ高さとなります。また、左のマンションは「パークホームズ武蔵小山」(地上19階、高さ59.9m)です。

シティタワー武蔵小山 建築計画のお知らせ
 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:シティタワー武蔵小山
仮称:(仮称)武蔵小山駅1分超高層住友不動産プロジェクト
事業名:武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都品川区小山三丁目 地内
用途:共同住宅、店舗、事務所、公益施設、駐車場、駐輪場
総戸数:506戸(非分譲住戸188戸含む)
階数:地上41階、地下2階
高さ:144.504m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:5,416.38
建築面積:3,257.06
延べ面積:53,456.13
建築主:武蔵小山駅前通り地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施行者:五洋建設
工期:2018年3月15日着工〜2021年6月15日竣工予定
入居:2021年8月中旬予定




マイブック
最新コメント
楽天トラベル
マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。



超高層に関する最新情報をツイートしています。また、ツイッターでしか公開していない写真もあります。
まとめ
ジッダ・タワー(旧称:キングダム・タワー)
サウジアラビアで建設中の世界一の高さ1000mを超える超高層ビルの建設風景をまとめています。

第2ロッテワールドタワー
ソウルで建設中の地上123階、高さ555mの超高層ビルの建設風景をまとめています。

432 Park Avenue
ニューヨークで建設中の超細長い高さ426mの超高級レジデンスの建設風景をまとめています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。