超高層マンション・超高層ビル

全国の超高層マンション、超高層ビルの建設現場を撮り歩いているブログです。

超高層ビル日記(東京編)

もうすぐ竣工!地上31階、高さ約145m「コモレ四谷 YOTSUYA TOWER」の建設状況(2019.12.8)

コモレ四谷

 四谷駅前で建設中の複合施設「CO・MO・RE YOTSUYAコモレ四谷)」の空撮(2019年11月30日撮影)です。オフィスビルとなる「YOTSUYA TOWER」(地上31階、高さ144.68m)と商業施設などが入る「CO・MO・RE Mall」で構成されています。



YOTSUYA TOWER

 四谷駅前から見た「YOTSUYA TOWER」(地上31階、高さ144.68m)です。



YOTSUYA TOWER

 場所はJR四ツ谷駅の道路を挟んだ斜め前が建設地です。



YOTSUYA TOWER

 建設地は外堀通り沿いで公務員宿舎や旧四谷第三小学校などの跡地です。



YOTSUYA TOWER

 広大な敷地で一番駅に近い側に「YOTSUYA TOWER」が配置されL字型に低層棟があります。駅から一番遠い角地は「コモレビの広場」が整備されます。



YOTSUYA TOWER

 四ツ谷駅周辺では一番高い超高層ビルのため四谷のランドマーク的存在となりそうです。



コモレ四谷

 低層棟部です。この辺りは7階建ての住宅となります。



コモレ四谷

 その反対側は4階建ての公益施設となります。外階段があるため屋上に行けそうです。



コモレ四谷

 最近はデッキなどがある施設が増えてきた気がします。



コモレ四谷

 建物はほぼ完成しているようで外構の整備が始まっていました。



コモレ四谷

 以前の情報だとここも住宅となりますがちょっと豪華過ぎません?



コモレ四谷

 目の前は外濠公園のため低層でも眺望は良さそうな場所です。



コモレ四谷

 一番駅に近い側の低層部です。「コモレ四谷2020年2月から順次開業」の文字が見えました。



コモレ四谷

 「出迎えの広場」と呼ばれるエントランス部分です。



コモレ四谷

 「CO・MO・RE YOTSUYA」の文字もありました。



YOTSUYA TOWER

 隣駅の「市ヶ谷」駅前から見た「コモレ四谷」です。外濠公園などがあるため緑の多い場所です。



YOTSUYA TOWER

 その外濠公園から見た紅葉と「YOTSUYA TOWER」です。



コモレ四谷 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:コモレ四谷 YOTSUYA TOWER
計画名称:(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都新宿区四谷一丁目50番地
用途:事務所、物販店舗、飲食店、共同住宅、大学、集会場、語学学校、付属自動車車庫、郵便局
総戸数:60戸
階数:地上31階、塔屋1階、地下3階
高さ:144.68m(最高144.68m)
構造:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造・鉄筋コンクリート造)
基礎工法:直接基礎、一部杭基礎
敷地面積:17,931.82
建築面積:10,310.07
延床面積:139,593.53
建築主:独立行政法人都市再生機構
事業パートナー:三菱地所・第5メック都市開発特定目的会社(三菱地所、阪急電鉄、太陽生命保険が出資するSPC)
基本設計:日本設計・三菱地所設計
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2016年9月10日着工〜2020年1月下旬竣工予定

白金高輪と麻布十番の間!地上22階「ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー」の建設状況(2019.12.8)

ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー
完成予想図[出展:公式HP]

 白金高輪駅と麻布十番駅の間に建設される「ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー」の完成予想図です。

 地上7階、地下2階のレジデンス棟と地上22階、地下2階、最高高さ79.405mのタワー棟で構成される分譲マンションで、三菱地所レジデンス、三菱倉庫、大栄不動産の3社が売主となっています。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー
完成予想図[出展:公式HP]

 軒高は70mでそれほど高くはありませんが高層階の部屋からはこのように東京タワーの全景が見られる立地となっています。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー
配置図[出展:公式HP]

 配置図です。L字型の敷地にレジデンス棟、タワー棟(免震構造)、ラウンジ棟が配置されます。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー

 2019年11月30日に空撮した「ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー」の建設地です。左端の大きな通りが麻布通りで、そこから奥に入って首都高を超えた場所が建設地となっています。首都高との間にも建物があり大きな通りにも面していないので静かな場所です。

 22階建てのタワー棟の建設地は一番奥側です。その手前のギザギザが印象的なマンションは「三田ハウス」です。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー

 2019年12月8日に現地から撮影した「ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー」の建設地です。左奥に見えるのは最寄駅となる「白金高輪」駅直結の「白金アエルシティ」で左のオフィスビルが「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)、右のタワーマンションが「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)です。

 公式サイトを見ると最寄駅の「白金高輪」駅までは徒歩8分、「麻布十番」駅は徒歩9分、「三田」駅は徒歩12分となっています。JR田町駅は最寄駅として記載はありませんでしたが三田駅のすぐ近くなので徒歩圏です。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー

 敷地面積は5,260,23屬箸なりの広さがあります。この場所には「三菱東京UFJ銀行事務センター」がありました。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー

 設計者と施工者はフジタとなっています。



ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。珍しく令和に修正されていませんでした。

■物件概要■
名称:ザ・パークハウス 三田ガーデン レジデンス&タワー
計画名称:(仮称)港区三田5丁目計画
所在地:東京都港区三田五丁目66番4
用途:共同住宅
総戸数:266戸(事業協力者住戸20戸含む)
階数:地上22階、地下2階
高さ:70.00m(最高高さ79.405m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎・直接基礎
敷地面積:5,260.23
建築面積:2,581.84
延べ面積:31,367.11
建築主(売主):三菱地所レジデンス、三菱倉庫、大栄不動産
設計者:フジタ
施行者:フジタ
工期:2018年11月27日着工〜2021年10月中旬竣工予定
入居:2021年12月上旬予定

目黒駅と五反田駅の間にJR東と野村不動産が32階建てタワーマンションなど建設へ!3棟構成「(仮称)西五反田3丁目プロジェクト」の建設地の様子(2019.12.10)

 昨日、ジェイアール東日本ビルディング、ジェイアール東日本都市開発、野村不動産によって目黒駅と五反田駅の間で大型複合開発「(仮称)西五反田3丁目プロジェクト」が計画されていることが判明しました。建設通信新聞で同プロジェクトを知ったのですが職場から徒歩圏なので早速現地を見てきました。

 同プロジェクトはA棟、B棟、C棟の3棟構成でA棟は地上13階、高さ69.5m、延べ39,000屐B棟は地上24階、高さ88.2、延べ20,000屐C棟は地上32階、最高高さ128.7m、延べ36,800屬竜模となっています。

▼建設通信新聞:2019年12月10日
JR東、野村不ら/西五反田3丁目プロジェクト基盤整備/竹中・鉄建JVで19年内着工



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト

 各棟の正確な配置は判明していませんが、現地に設置されていた建築計画のお知らせの設置場所から大雑把な配置を地図に書いてみました。この地図は現地に掲示されていた説明会の会場案内(説明会は既に終了)です。建設通信新聞の記事によると公園も整備されるとのことです。



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト C棟

 「(仮称)西五反田3丁目プロジェクト」の建設地です。既に広大な更地になっています。こちら側は「(仮称)西五反田3丁目プロジェクト C棟」(地上32階、最高高さ128.7m)の建設地あたりかと思います。C棟は総戸数301戸で分譲のタワーマンションとなります。野村不動産なので名称は「プラウドタワー目黒」ですかね。

 背後の超高層ビルは左が「DNP五反田ビル」(地上25階、高さ118.04m)、右のタワーマンションが「ファミーユ西五反田 東館」(地上31階、高さ109m)、中央奥が「ライオンズタワー目黒川」(地上23階、高さ78.225m)です。



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト C棟

 さらに右を見ると「シティタワー目黒」(地上25階、高さ89.9m)も見えます。



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト C棟

 計画地は傾斜地で目黒川側とはこのように結構な高低差があります。奥に見えるのは「ドレッセ目黒インプレスタワー」(地上23階、高さ69.95m)です。



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト C棟

 C棟の建築計画のお知らせはその「ドレッセ目黒インプレスタワー」から坂を下り始めた場所に設置されていました。



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト C棟 建築計画のお知らせ

 C棟の建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)西五反田3丁目プロジェクト C棟
所在地:東京都品川区西五反田三丁目247番18,249番1
用途:共同住宅
総戸数:301戸
階数:地上32階、地下1階
高さ:126.5m(最高高さ128.7m)
構造:RC造、SRC像
基礎工法:杭基礎、直接基礎
敷地面積:7,711.42
建築面積:1,400
延べ面積:36,800
建築主:野村不動産、ジェイアール東日本都市開発
設計者:竹中工務店
施行者:竹中工務店(予定)
工期:2020年7月15日着工〜2023年9月30日竣工予定



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト B棟

 目黒駅に一番近い側から撮影。建設地は目黒駅と五反田駅の間ですが目黒駅の方が少し近い場所です。



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト B棟

 仮囲いの中を撮影。この角地が「(仮称)西五反田3丁目プロジェクト B棟」(地上24階、高さ88.2m)の建設地あたりかと思います。B棟は総戸数195戸で賃貸のタワーマンションとなります。



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト B棟

 右側に見える低層のマンション「ラビ目黒」の目の前にもB棟の建築計画のお知らせが設置されていました。



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト

 その「ラビ目黒」前から見た建設地の様子です。この手前がB棟の建設地かと思います。奥側にはA棟の建築計画のお知らせが設置されていました。



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト B棟 建築計画のお知らせ

 B棟の建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)西五反田3丁目プロジェクト B棟
所在地:東京都品川区西五反田三丁目249番1,249番10
用途:共同住宅、保育所
総戸数:195戸
階数:地上24階、地下2階
高さ:88.2m(最高高さ88.2m)
構造:RC造、S像
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:3,853.14
建築面積:1,550
延べ面積:20,000
建築主:ジェイアール東日本都市開発
設計者:竹中工務店
施行者:竹中工務店(予定)
工期:2020年6月15日着工〜2022年9月30日竣工予定



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト A棟

 五反田駅側から撮影。



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト A棟

 この五反田駅側が「(仮称)西五反田3丁目プロジェクト A棟」(地上13階、高さ69.5m)の建設地あたりかと思います。



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト A棟

 地上13階ですが高さは69.5mあるのでマンションだと23階程度の高さとなります。

 計画地はかなり広いのでそれぞれゆとりある配置となりそうですね。今月の16日からは基盤整備工事が始まるとのことです。



(仮称)西五反田3丁目プロジェクト A棟 建築計画のお知らせ

 A棟の建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)西五反田3丁目プロジェクト A棟
所在地:東京都品川区西五反田三丁目175番1,249番1,249番2,249番17
用途:事務所、店舗、駐車場
階数:地上13階、地下1階
高さ:69.5m(最高高さ69.5m)
構造:S造、SRC造、RC像
基礎工法:杭基礎
敷地面積:7,786.48
建築面積:3,050
延べ面積:39,000
建築主:ジェイアール東日本ビルディング
設計者:日建設計
施行者:(仮称)西五反田3丁目プロジェクトA棟新築工事共同企業体(竹中・鉄建JV)(予定)
工期:2020年5月15日着工〜2022年4月30日竣工予定

空撮あり!地上45階タワーマンション「白金ザ・スカイ」の建設状況(2019.12.8)

白金ザ・スカイ
完成予想図[出展:公式HP]

 白金高輪駅からと徒歩3分の位置で建設中の「SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)」(地上45階、高さ156.10m)の完成予想図です。

 東京建物、長谷工不動産、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャルの5社が売主で総戸数1247戸(非分譲戸数477戸含む)という巨大な分譲のタワーマンションです。



白金ザ・スカイ
完成予想図[出展:公式HP]

 既に分譲中で次は2020年1月中旬から第1期4次の販売開始予定となっています。家族で住むような部屋は基本的には億ションで最上階の45階には5億円超えの部屋もありました。



白金ザ・スカイ 敷地配置図
敷地配置図[出展:公式HP]

 右側の東棟が地上45階、高さ156.10m、左の西棟が地上19階、そして左端には医療施設等となります。

 また、建設地の北側には首都高と古川があり、同再開発と連携して古川の護岸整備も行われ、水辺のプロムナードとして歩行者専用道路として整備されます。そして敷地南側には狭い路地がありますが同再開発によって拡幅され、その道路沿いには商業施設も入る計画となっています。



白金ザ・スカイ エントランス
完成予想図[出展:公式HP]

 2層吹き抜けとなっているエントランスです。ホテルのような佇まいです。



白金ザ・スカイ スカイラウンジ
完成予想図[出展:公式HP]

 東棟の27階部分には2層吹き抜けのスカイラウンジが設置されます。東京タワーなど東京都心を望むことができます。



白金ザ・スカイ オーナズスイート
完成予想図[出展:公式HP]

 「白金ザ・スカイ」には4つのゲストルームがありますが、これは東棟の27階に設置されるオーナーズスイートです。



白金ザ・スカイ オーナズスイート
完成予想図[出展:公式HP]

 そのオーナーズスイートには部屋の方までガラス張りのビューバスも設置されます。



白金ザ・スカイ 西棟ゲストルーム・ウエスト1
完成予想図[出展:公式HP]

 こちらは西棟の19階に設置されるゲストルーム・ウエスト1です。



白金ザ・スカイ 西棟スカイテラス
完成予想図[出展:公式HP]

 西棟の屋上にはこのようなスカイテラスも設置されます。



白金ザ・スカイ パーティールーム
完成予想図[出展:公式HP]

 西棟の19階にはルーフテラスを備えたパーティルームも設置されます。



白金ザ・スカイ ルーフテラス
完成予想図[出展:公式HP]

 こういったところにお呼ばれしてみたいものです。



白金ザ・スカイ

 2019年11月30日にヘリから撮影した「白金ザ・スカイ」の建設地です。首都高沿いの横長の敷地となっています。



白金ザ・スカイ

 左は「白金アエルシティ」で「NBFプラチナタワー」(地上26階、高さ116.35m)と「白金タワー」(地上42階、高さ141.9m)の2棟の超高層が建っていまです。白金と言えばこの2棟がランドマーク的存在でしたが、今後はこの「白金ザ・スカイ」も含めて複数のタワーマンションが建設されるので、どれがランドマークというのはなくなり白金と言えばタワーマンション群となりそうです。

 最寄り駅となる「白金高輪」駅はこの写真左下の道路の地下あたりにあります。



白金ザ・スカイ

 2019年4月1日着工、2022年12月下旬竣工予定となっています。地上部の建設が始まるのはまだまだ先になりそうです。



白金ザ・スカイ

 2019年12月8日に現地から撮影した「白金ザ・スカイ」の建設地です。



白金ザ・スカイ

 長細い敷地を端から端まで歩くと結構な距離があります。2013年6月17日の長谷工コーポレーションのプレスリリースでは2019年には供用開始でしたが、これだけの規模をまとめるには予定通りには行かないものなんでしょうね。



白金ザ・スカイ

 敷地の「白金高輪」駅側は細い路地しかないので今は撮影スポットが限られる再開発です。



白金ザ・スカイ

 最後に空撮をもう1枚。地上部の建設が始まれば首都高越しなど色々な場所から撮影できるようになるかと思います。こういった空撮が一番ですがお金がかかりますからね(^^;)



白金ザ・スカイ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)
計画名称:(仮称)白金一丁目東部北地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都港区白金一丁目1000番(地番)
用途:共同住宅、保育所、診療所、病院、工場、店舗、事務所、自動車車庫、自転車駐車場、倉庫
総戸数:1247戸(非分譲住戸477戸含む)
階数:地上45階、地下1階
高さ:156.10m(最高高さ156.10m)
構造:RC造一部S造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:11,087.01
建築面積:6,628.17
延べ面積:134,941.82
建築主:白金一丁目東部北地区市街地再開発組合
参加組合員(売主):東京建物、長谷工不動産、住友不動産、野村不動産、三井不動産レジデンシャル
設計者:梓設計
施行者:大林・長谷工建設共同企業体(代表施工者:大林組)
工期:2019年4月1日着工〜2022年12月下旬予定
入居:2023年3月下旬工予定

12月5日オープン!地上19階、高さ約103m「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)」の17階屋上広場からの眺め(2019.12.8)

渋谷フクラス

 12月5日に渋谷駅前にオープンした「渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)」(地上19階、高さ103.31m)です。

 2階〜8階は「東急プラザ渋谷」で9階〜16階はGMOインターネットグループが入居するオフィスフロア、そして17、18階は再び「東急プラザ渋谷」となっています。



渋谷フクラス

 これは11月1日にオープンした展望台「渋谷スカイ」から見下ろした「渋谷フクラス」で、この屋上広場は「SHIBU NIWA」と呼ばれる17階で誰でも自由に行ける場所となっています。18階はレストラン専用フロアとなっています。



渋谷スクランブルスクエア

 そんな「渋谷フクラス」に昨日行ってきました。これはその17階の屋上広場からの眺めです。正面には「渋谷スクランブルスクエア」(地上47階、高さ229.705m)がそびえ立っています。



渋谷ストリーム

 その隣にはGoogleが入居する「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)も見ることができます。



渋谷フクラスからの眺め

 代々木公園と新宿の超高層ビル群です。



パークコート渋谷ザ・タワー

 「パークコート渋谷 ザ タワー」(地上39階、最高高さ142.69m)も最上部だけギリギリ見えました。見た感じでは塔屋建設中のようでした。



渋谷フクラスからの眺め

 そこそこの高さがあるので無料スペースとしては広くて眺めの良い場所でした。



宮下公園

 この怪しげな建造物は建設中の「宮下公園」です。



渋谷フクラスからの眺め

 こちら方面は柵となっている窓が低くガラスを通さず直接見ることができます。



国立競技場

 完成した「国立競技場」も見えます。そう言えば聖火台はどこになったんでしょうね?



渋谷フクラスからの眺め

 六本木ヒルズや東京タワーも見ることができます。



渋谷フクラスからの眺め

 品川方面です。将来的には高輪ゲートウェイ駅周辺の超高層ビル群も見える角度ですが…手前では「渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」(地上39階、高さ179.97m)が建設されるので見ることは出来なさそうです。



渋谷フクラスからの眺め

 芝浦アイランドなど田町駅周辺の超高層ビル群です。



スクランブル交差点

 眼下には「スクランブル交差点」も見えました。ここは観光名所となっておりスクランブル交差点内で海外の方がよく写真を撮っています。慣れてしまったのか自分にとっては普通の光景です。



銀座線渋谷駅移設工事

 「銀座線渋谷駅移設工事」の建設現場も見下ろすことができました。この筒の方へ駅が移動します。



東急東横店

 「東急東横店」です。この辺りは「渋谷駅街区開発計画挟(中央棟・西棟)」として再開発が行われます。



渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 窓ギリギリですが「渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区」(地上39階、高さ179.97m)の建設地もこうして見下ろすことができました。地上29階、高さ133.00mとなるB街区は見えませんでした。



渋谷フクラス

 屋上広場です。



渋谷フクラス

 この上の18階はレストラン専用フロアとなっていました。





 以前も載せた試験点灯中の「渋谷フクラス」です。オープン後の夜の様子は見ていませんが、2週間くらい前に見たときはこうして色が変化することはありませんでした。今はどうなっているんでしょうね。色が次々に変わる様子は渋谷らしくて良かったんですけどね。

■物件概要■
名称:渋谷フクラス(SHIBUYA FUKURAS)
計画名称:道玄坂一丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都渋谷区道玄坂一丁目地内
用途:事務所、飲食店舗、物販店舗、自動車車庫、銀行の支店ほか
階数:地上18階、地下4階(建築基準法上は地上19階)
高さ:103.31m
敷地面積:3,335.53
建築面積;3,316.56
延床面積:58,679.49
構造:S造(一部SRC・RC造)
基礎工法:直接基礎
建築主:道玄坂一丁目駅前地区市街地再開発組合
事業協力者:東急不動産
設計者:清水建設
施工者:清水建設
工期:2015年11月1日〜2019年10月31日竣工
開業:2019年12月5日グランドオープン(東急プラザ渋谷)

マイページ
BLUE STYLE COM
本家の超高層ビルデータベースのHPです。

東京スカイツリー定点観測所
東京スカイツリーを定点観測するブログです。

ツイッター
当ブログの更新情報や超高層に関する最新情報、夜景の写真などを中心にツイートしています。
ブログランキング
人気ブログランキング
記事検索
Google
Web このブログ
ツイッター


月別
スポンサーリンク
カテゴリー
タグクラウド
アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
なかやん
江戸川区のタワーマンションに住んでいます。
メールは下記HPにあるアドレスまで。
スポンサーリンク