プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
完成予想図[出典:公式HP]

 東京メトロ有楽町線「東池袋」駅直結のタワーマンション「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」(地上36階、最高高さ131.31m)の完成予想図です。プラウドの冠からわかる通り野村不動産の物件で売主も野村不動産単独です。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
完成予想図[出典:公式HP]

 近くには雑司ヶ谷霊園があるため遮る物のない視界が広がります。ただ、その雑司ヶ谷霊園との間には戸建てなどが建ち並ぶエリアがあるので、そこがもし再開発されると視界は狭くなります。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
完成予想図[出典:公式HP]

 Nタイプ(2LDK+WIC+SIC、80.01)、30階相当のリビングの完成予想図です。北側には池袋の超高層ビル群が建ち並んでいますが、南側は雑司ヶ谷霊園や低層の建物が多いため広範囲を見渡せます。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
駅直結[出典:公式HP]

 「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」はかなり注目されているようですが、それは何と言ってもこの駅直結というところではないでしょうか。ここは敷地内駅直結とかロビー階に直結ではなく、駅直結の地下通路から乗り換えなしにダイレクトに各住居フロアへアクセスが可能となっています。通勤等で駅を利用するのにこの利便性は大きいかと思います。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
敷地配置図[出典:公式HP]

 敷地面積は2,665.68屬妊織錙璽泪鵐轡腑鵑箸靴討篭垢なですが、周辺には広場や植栽が整備されます。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 「サンシャイン60」の最上階にある展望室からの眺めです。「アウルタワー」(地上52階、最高高さ189.2m)と「エアライズタワー」(地上42階、最高高さ150.46m)の隙間に見える建設現場が「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」です。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」にズームです。2基のタワークレーンで建設が進められています。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 撮影した2020年8月1日時点では1階部分の建設が始まっていました。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 現地から撮影。閉鎖中と書いてある場所に東池袋駅への出入り口がありましたが、同再開発によって再び出入り口は整備されます。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 東池袋駅直結ばかり注目されがちですが、目の前には都電荒川線(東京さくらトラム)の「東池袋四丁目」駅もあります。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 1階部分の鉄筋コンクリートです。ここまで来たらあとはどんどん高くなって行くだけです。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 周辺のタワーマンションの住民の方からすると、視界に影響が出るのでついに地上部の建設が始まってしまったか…という感じなんでしょうね。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 路地を入った場所から撮影。首都高下の幹線道路沿い以外からは撮影しにくい場所です。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ

 ただ、近くにオープンした「イケ・サンパーク」からは「プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ」のタワークレーンが見えました。建設がもう少し進むとマンション本体も見えてきます。



イケ・サンパーク

 その「イケ・サンパーク」からは池袋のタワーマンション群など今まで見られなかった光景が広がっていました。7月11日にオープンしたばかりの公園ですがもう賑わっていました。もっと知られてくるとさらに賑わいそうな公園です。



プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:プラウドタワー東池袋ステーションアリーナ
計画名:東池袋四丁目2番街区地区第一種市街地再開発事業
所在地:東京都豊島区東池袋四丁目254番(地番)
用途:共同住宅・店舗・診療所・子育て支援施設
総戸数:248戸 (うち非分譲住戸55戸)
階数:地上36階、地下2階
高さ:124.76m(最高高さ131.31m)
構造:鉄筋コンクリート造
基礎工法:現場造成杭
敷地面積:2,665.68
建築面積:1,324.16
延床面積:31,192.58
建築主:東池袋四丁目2番街区地区市街地再開発組合
参加組合員:野村不動産
設計者:日建設計・日建ハウジングシステム共同企業体
施工者:前田建設工業
工期:2019年2月12日着工〜2022年2月下旬竣工予定
入居:2022年3月下旬竣工予定