(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 JR「渋谷」駅の南西側で建設中の「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の完成予想図です。組合員及び参加組合員として東急不動産が参画している大規模再開発です。

 左がA街区で地上39階、高さ179.97m、延べ18万4800屐低層部は商業施設、中高層部はオフィスビルとなります。

 右がB街区で地上29階、高さ133.00m、延べ6万9200屐低層部に商業施設、オフィスフロア、そして上半分くらいが住宅、サービスアパートメントとなります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
アーバン・コアイメージ[出典:東急不動産]

 渋谷駅前で整備中の歩道橋から見た完成予想図です。もちろんこの歩道橋とも接続され信号を渡らずに渋谷駅まで行くことができるようになります。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業
補助線街路第18号線上空横断橋イメージ[出典:東急不動産]

 計画地内には補助第18号線の整備されますが、その道路上に建設されるペデストリアンデッキから見た完成予想図です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 配置図
配置計画図[出典:東急不動産]

 このように変形の敷地となっており「(仮称)丘の上の広場」といった広場も整備されます。C棟はB棟の敷地にあった中渋谷教会で同再開発により移転しています。

 また、A街区とB街区の間にあった細い道路は同再開発により廃道されましたが「補助第18号線」として幅員15mに拡幅されて新しい道路として整備されます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業

 「渋谷スカイ」の展望台から見た「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業」の建設地です。手前がA街区、写真中央上がB街区です。

 左側の白い線が印象的な超高層ビルがGoogleが入居する「渋谷ストリーム」(地上36階、最高高さ179.95m)です。これとほぼ同じ高さの超高層ビルが目の前に建設されることになります。近くの建物は見えなくなりますが展望台の方が高いので視界がなくなることはありません。




(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区」(地上39階、高さ179.97m)の建設地です。「渋谷フクラス」から撮影しました。現地の作業予定では山留工事、RC連壁工事、仮設工事、躯体工事となっていました。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 建設地横の歩道橋から見た様子です。このような大規模再開発を眺められる場所があって良かったです。地上部の建設が始まるまでは仮囲いとクレーンの上の方しか見えないことが多いのでここは貴重な建設現場です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 山手線「渋谷」駅のホーム端から見た「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区」の建設地です。自宅から渋谷は都営とメトロを乗り継いで行った方が早いのですが、ここから撮るために行きか帰りにJRを使うようにしています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 こんなにあちこちから見ることができる建設現場はなかなかありません。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 「渋谷ストリーム」の低層部にあるデッキから見た建設地です。埼京線の工事のた見えにくくなってしまいました。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 A街区線路沿いの南端です。作業予定に躯体工事とありましたがここの部分のことなんですかね。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 この辺りは新しい道路が通るあたりだと思いますが閉鎖せずに一般の動線を確保しつつ工事が進められています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 計画地はB街区の方が高台となっており、その高台側から見たA街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 仮囲いのところでバンザイしてカメラを持ち上げて撮ると中を見ることもできます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区

 高台を下りたところから撮影。普通の工事現場はこのような感じで中が見えなことがほとんどです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(A街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 A街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町2-5,2-17,101-1,102-1 他
用途:事務所、店舗、駐車場 等
階数:地上39階、地下4階
高さ:179.97m
構造:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎、杭基礎
敷地面積:8,073
建築面積:7,900
延床面積:184,800
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:鹿島建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(A街区:鹿島建設)
工期:2019年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定




(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 「渋谷スカイ」から見下ろした「(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区」(地上29階、高さ133.00m)の建設地です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 渋谷駅前の歩道橋から見るとこの高台側がB街区です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 「渋谷ストリーム」からA街区はほとんど見えませんでしたが、B街区は高台のため建設地を真横に見ることができます。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区には広場も整備されますがその予定地側から見た様子です。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 B街区の西側は細い路地となっていますが、配置計画図を見ると幅員6mとなっているので多少は広くなるようです。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区

 急カーブがある場所から撮影。ここにはヤマハのビルがありました。そのためか配置計画図では「(仮称)音楽坂」となっています。



(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要(B街区)■
計画名:(仮称)渋谷駅桜丘口地区第一種再開発事業 B街区
所在地:東京都渋谷区桜丘町124番
用途:住宅、事務所、店舗、サービスアパートメント、駐車場 等
階数:地上29階、地下2階
高さ:133.00m
構造:鉄筋コンクリート造、鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:直接基礎(一部杭基礎)
敷地面積:8,479
建築面積:5,800
延床面積:69,200
事業主:渋谷駅桜丘口地区市街地再開発組合
設計者:戸田建設
施工者:鹿島・戸田建設共同企業体(B街区:戸田建設)
工期:2020年5月1日着工〜2023年11月30日竣工予定




中渋谷教会

中渋谷教会

 「渋谷スカイ」から見た「中渋谷教会」(地上4階、高さ17m)です。



中渋谷教会

 元々はB街区の敷地内にありましたが端の方に移転しました。



中渋谷教会



中渋谷教会

 ここへの移転が完了したため元々あった教会は解体されています。