浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:港区]

 浜松町に建設されるタワーマンション「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」(地上46階、高さ約190m)の完成予想図です。港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧により新たな概要と完成予想図が公開されました。以前と比べると高さはそのままに階数が47階から46階に1フロア減り、そして低層部の外観が大きく変更となっています。

 規模は地上46階、地下2階、高さ約190m、敷地面積約5,890屬紡个靴瞳築面積は約4,700屐延床面積約77,500屬箸覆辰討い泙后最高高さ約190mの高層棟と最高高さ約50mの中層棟で構成され、高層棟の低層部は事務所、中高層部が共同住宅(以前の情報だと約400戸)、低層棟は主に港区の文化芸術ホールとなります。

 建築主は浜松町二丁目地区市街地再開発組合で世界貿易センタービルディングと鹿島建設が参加組合員として参画しています。まだ参加組合員として参画するマンションデベの名前を見たことがありませんが見落としているだけでしょうか?それともマンションデベは関わらないのでしょうか?情報を知っている方がいればコメントをください。

▼東京都港区(2020年7月22日)
港区環境影響調査実施要綱に基づく環境影響調査書案の縦覧【浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業】
※2020年7月21日〜2020年8月20日まで



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 配置計画図
配置計画図[出典:港区]

 このように高層棟の南側には広場や公演が配置され、敷地のやや中央よりに高層棟は配置されます。中層棟の3階部分には広場も設置され高層棟からは歩行者専用通路で行けるようになります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 解析モデル(防風対策)
解析モデル(防風対策)[出典:港区]

 これは建設後の風影響の解析に使用した解析モデルですが、そこに高層棟の低層部分の形状が掲載されていました。中層棟の3階広場に行くには建物内を通るコースとなるようです。また、東隣で建設中の「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)とはペデストリアンデッキで接続されることがわかります。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 立面図(西側立面)
立面図(西側立面)[出典:港区]

 立面図です。中層棟の最高高さは約50mとのことなので、高層棟のマンション部分は高さ60mくらいからとなりそうです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 立面図(南側立面)
立面図(南側立面)[出典:港区]

 高さ60mはマンションだと20階相当のため、マンション部で一番下のフロアでもタワーマンションと呼べる高さとなりそうです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図(A断面)
断面図(A断面)[出典:港区]

 断面図です。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 断面図(B 断面)
断面図(B断面)[出典:港区]

 港区の施設となる「文化芸術ホール」は600席程度の大ホールや100席程度の小ホールなどで構成される予定となっています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図
計画地位置図[出典:港区]

 場所は東京都港区浜松町二丁目、山手線内側のJR浜松町駅のすぐ近くです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 計画地位置図
計画地位置図[出典:港区]

 JR浜松町駅としては山手線と京浜東北線があり、東京モノレールの浜松町駅もあります。そして都営大江戸線と浅草線の大門駅もすぐ近くにあります。東京モノレールは羽田空港に繋がっていますが、都営浅草線でも京急と直通で羽田空港に一本で行くことができます。さらに浅草線は京成線とも直通となっており成田空港まで一本で行くこともできます。国内、海外を飛び回る人にとっても良い立地かと思います。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 ここからは6月に載せたブログの写真の使い回しです。これは2019年12月14日にヘリから撮影した浜松町駅方面で赤い網掛けをした部分が「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。

 建設地の背後のビルが「日本生命浜松町クレアタワー」(地上29階、高さ156m)、建設地の右側で建設中の超高層ビルが「世界貿易センタービルディング南館(業務棟)」(地上39階、高さ197.321m)、茶色のビルが高さ約200mの超高層ビルへ建て替えられる「世界貿易センタービル」(地上40階、高さ162.59m)です。

 このように敷地の半分が目の前に超高層ビルという立地となっていますが写真左側の方には東京タワーがあります。東京タワービューの部屋と、超高層ビルとのお見合い部屋、価格差はどの程度になるんでしょうね??



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 2020年6月6日に撮影した「浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。現地では既存ビルの解体工事が行われています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 小さな雑居ビルが複数ありましたが、全体を仮囲いで覆って一気に解体工事が行われています。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

 撮影時はまだ足場が設置されたばかりのようでしたが、もう1ヶ月半近く経っているので今は建物本体の解体も行われていそうです。



浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業 工事工程
工事工程[出典:港区]

 建設工事は高層棟の建設後に中層棟の建設が始まるようで、工期は高層棟が47ヶ月、中層棟が22ヶ月、全体で約69ヶ月の予定となっています。

■物件概要■
名称:浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業
地名地番:東京都港区浜松町二丁目地内
用途:共同住宅、事務所、店舗、文化芸術ホール、地下鉄施設、駐車場 等
総戸数:約400戸
階数:地上46階、地下3階
高さ:約190m
敷地面積:約5,890
建築面積:約4,700
延床面積:約77,500
事業者:浜松町二丁目地区市街地再開発組合
参加組合員:世界貿易センタービルディング、鹿島建設
基本設計:アール・アイ・エー
実施設計と施工:鹿島と世界貿易センタービルディングによる特定業務代行JV
工期:2021年着工〜2026年3月の竣工予定
供用開始:2025年ごろに高層棟を部分、2026年ごろに全体供用