ホテルエミシア札幌の空撮

 新札幌駅前の超高層ホテル「ホテルエミシア札幌」(地上32階、高さ115.8m)の空撮です。木村一基王位に藤井聡太七段が現在挑戦している第61期王位戦の第2局の会場となっているホテルです。



ホテルエミシア札幌の空撮

 これは約1年前にチャーターしたセスナから撮影した写真ですが、撮影時は王位戦の会場になることも知らず、そしてあの藤井聡太七段がここで指すとは思ってもいなかったのでビックリです。



ホテルエミシア札幌の空撮

 この辺りは新札幌副都心とも呼ばれており、JR新札幌駅と市営地下鉄東西線の新さっぽろ駅が乗りれており、JR線は特急も含めて全ての列車の停車駅となっています。JR新札幌駅から札幌駅までは快速で11分、地下鉄の新さっぽろ駅から札幌の中心街でもある大通駅までは20分の距離です。

 左側の広大な空き地は「(仮称)新さっぽろ駅周辺地区I街区開発プロジェクト」の計画地で、地上30階建てのタワーマンション、地上12階建てのホテル、地上5階、延べ約48,300屐紛ν冀鷦崗譟Ω共駐輪場含む)の商業施設、そして医療モールが建設される予定となっています。

 JR新札幌駅前に商業施設のデュオ1、デュオ2、サンピアザ、カテプリ、イオンがあり、そしてサンピアザ水族館、札幌市青少年科学館、厚別区役所といった施設も周辺にあり、札幌の東側では一番賑わっている場所となっています。



ホテルエミシア札幌

 2019年1月に撮影した「ホテルエミシア札幌」です。



ホテルエミシア札幌

 こちらは2012年2月の撮影です。当時は「シェラトンホテル札幌」でした。ちなみに開業から現在は3つ目のホテルで以下のように遷移しています。

1996年6月3日:新さっぽろパレスホテル
1999年9月11日:シェラトンホテル札幌
2014年10月1日:ホテルエミシア札幌

※開業時のパレスホテルは東京パレスホテルチェーンとは関係ありません



ホテルエミシア札幌

 札幌駅の駅ビル「JRタワー」(地上38階、高さ173m)から見た「ホテルエミシア札幌」です。約10キロほど離れています。開業時は札幌で最も高いビルでしたが今では札幌で8番目の高さとなっています。

■物件概要■
名称:ホテルエミシア札幌
所在地:北海道札幌市厚別区厚別中央2条5丁目5-25
用途:ホテル
総客室数:512室
階数:地上32階、地下2階
高さ:115.8m
構造:鉄骨造
敷地面積:7,002.22
延床面積:45,405
建築主:東栄
設計者:石本・中原設計JV
施工者:大成建設
工期:1994年8月着工〜1996年4月竣工