東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 東京駅前の八重洲一丁目の大規模再開発「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の建築計画のお知らせが設置されました!規模は既報より1フロア高い地上51階、地下4階、高さ250m、延床面積225,200屬罵囘咾六務所、店舗となっています。

 建築主は東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合(参加組合員;東京建物、都市再生機構)、設計者と施工者は大林組、工期は2021年10月1日着工、2025年3月31日竣工予定となっています。既存ビルの解体工事は2020年4月1日から2021年9月末までで、まずはアスベスト除去工事が行われます。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京都]

 東京駅方面から見た「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図です。低層ビルのA地区と超高層ビルのB地区がありますが、今回建築計画のお知らせが設置されたのはB地区になります。また、手前のA地区の左側には低層のビルがいくつか描かれていますがこれは再開発に参加しないビルです。

▼東京都:報道発表資料(2019年1月10日)
東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合の設立を認可します



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京建物]

 反対側から見た完成予想図です。敷地で東京駅に一番遠い側が超高層棟となります。

▼東京建物:ニュースリリース(2019年1月18日)
「東京駅前八重洲一丁目東地区第一種市街地再開発事業」
B地区市街地再開発組合設立のお知らせ




東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 イメージパース
イメージパース[出典:東京建物]

 東京駅に近い側は店舗や医療施設のフロアとなります。完成予想図を見ると建物の外側に通路が配置され、一部は外もあるける通路となるようです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 断面図
断面図[出典:東京都]

 店舗、事務所の他に地下には空港や地方都市を結ぶ大規模バスターミナルも整備されます。また、この断面図にも建築計画のお知らせの用途にも記載はありませんが、東京建物のニュースリリースによると劇場の整備も行われるようです。他にはカンファレンス施設や初期医療施設も整備されます。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 配置図
配置図[出典:東京都]

 この配置図の左側に東京駅があり、その東京駅前を通る外堀通り沿いのビルのいくつかが再開発には参加していません。そのためか超高層ビル本体は一番広い敷地北東角の配置となっています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 配置図

 解体工事のお知らせと一緒に設置されている建物配置図です。番号が73までありますが解体される建物の総数は数えたところ54棟となっています。左の赤い枠は「東京建物本社ビル」でその敷地の上半分がA地区、下半分がB地区となります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業 位置図
位置図[出典:東京都]

 場所は東京駅前で外堀通りと八重洲通りに接する一等地です。この辺りの高さ制限は約255mなのでほぼ制限いっぱいの高さとなります。ちなみにもう少し北に行くと高さ制限がなくなるため、近くの「東京駅前常盤橋プロジェクト」は高さ390mとなっています。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業の空撮

 2019年11月30日にヘリから撮影した「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」の計画地です。赤い網掛けがB地区、青い網掛けがA地区の建設地です。八重洲通りを挟んだ左側は「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)の建設地です。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 グランルーフから見た「東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業」 の計画地方面です。近畿大学やサロンパスの看板があるビルが再開発には参加していないビルです。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 東京駅前のビル複数が再開発に参加しないため、この位置から超高層棟が見えるようになるのは鉄骨が組まれ始めてからとなります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 八重洲通りから撮影。左がA地区で右がB地区となります。超高層棟は右奥あたりになります。



東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業

 昨日の仕事帰りに撮影した超高層棟が建設される場所あたりです。ここには「八重洲センタービル」があり、小規模なビルが多数ある建設地内では一番大きなビルかと思います。



東京駅前の超高層ビル群の空撮

 最後は2019年12月14日に撮影した東京駅前の超高層ビル群です。大手町、丸の内側は皇居に近いこともあり高さは200m程度が限度ですが、八重洲側は皇居から離れるため高さ250m規模が可能となっています。東京駅周辺の超高層ビル群は新たな時代へ突入します。

■物件概要■
計画名:東京駅前八重洲一丁目東B地区第一種市街地再開発事業施設建築物等新築工事
所在地:東京都中央区八重洲一丁目201番地の一部、203番地の一部、205番地の一部、207番地の一部、
用途:事務所、店舗
階数:地上51階、地下4階
高さ:250m(最高高さ250m)
構造:鉄骨・一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法:杭基礎
敷地面積:10,600
建築面積:8,400
延床面積:225,200
建築主:東京駅前八重洲一丁目東B地区市街地再開発組合
参加組合員:東京建物、都市再生機構
設計者:大林組
施工者:大林組
工期:2021年10月1日着工〜2025年3月31日竣工予定