昨日は日本編を載せましたが今日は世界のタワーマンション高さランキング ベスト10です!ランキングはThe Skyscraper Centerのデータで塔屋も含む高さで作成していますが、日本編と違って完成済みかつ用途がレジデンスのみのビルに絞り込んでいます。そのためレジデンスフロアがあっても用途が複数登録されているビルはランキングから除外しています。日本編は用途の半分以上が住宅フロアの場合でランキングを作成していましたが、海外はそこまで調べるのは難しいため今回の絞り込み条件としました。

 海外のビルは見るサイトによって階数や高さが異なることが多々あるので、データに間違いがある可能性があります。また、世界の超高層ビル高さランキング ベスト10と同様にGoogleのストリートビューを載せていますが、行ったことがあるビルは自分で撮った写真も載せています。



10位:Q1 Tower(ゴールドコースト:322.5m)


 第10位はオーストラリアのゴールドコースにある「Q1 Tower」です。規模は地上78階、地下2階、最高部高さ322.5mで2005年に竣工しています。完成時は世界一高いタワーマンションでした。77階には一般向けの有料展望台「スカイポイント展望台」があります。





9位:Haeundae LCT The Sharp Residential Tower B(釜山:333.1m)


 第9位は韓国の釜山にある「Haeundae LCT The Sharp Residential Tower B」です。規模は地上85階、地下5階、高さ333.1mで2019年に竣工しています。住宅フロアは9階〜84階に位置しており最上階の85階は機械室となっています。場所は海雲台と呼ばれるカジノなどもあるリゾート地で1.5kmにわって続くビーチの目の前が建設地です。




 2017年3月に釜山に行ったときはまだ建設中でした。

Haeundae LCT The Sharp Residential Tower B



8位:DAMAC Heights(ドバイ:335.1m)


 第8位はアラブ首長国連邦(UAE)を構成する首長国の一つ、ドバイにある「DAMAC Heights」です。規模は地上88階、地下5階、最高高さ335.1mで2018年に竣工しています。ドバイマリーナの高さ300m以上のタワーマンションが複数棟立ち並ぶエリアの西側に位置しています。





 2014年3月にドバイに行ったときはまだ建設中でした。ドバイは建設が止まっている建物も普通にゴロゴロあるのでどうなるのかと思っていましたが無事に竣工したようです。

DAMAC Heights


7位:LCT The Sharp Residential Tower A(釜山:339.1m)


 第7位は韓国の釜山にある「Haeundae LCT The Sharp Residential Tower A」です。規模は地上85階、地下5階、高さ339.1mで2019年に竣工しています。「Haeundae LCT The Sharp」は3棟の超高層で構成され、10位に入ったタワーBはその中の1棟です。最後のもう1棟は「LCT The Sharp Landmark Tower」で地上101階、地下5階、高さ411.6mの規模です。




 日本のタワーマンションは1フロアずつ建設が進んでいきますが、海外は中心のコア部分から建設しているのをよく見かけます。

Haeundae LCT The Sharp Residential Tower A



6位:The Torch(ドバイ:352m)


 第6位はドバイにある「The Torch」です。規模は地上86階、地下4階、最高高さ352mで2011年に竣工しています。ここもドバイマリーナに建つタワーマンションの一つです。完成時は世界一高いタワーマンションでした。2015年と2017年に上層階まで火が回る火災に見舞われたことでも知られています。




 海側にはタワーマンションなどが建ち並んでいますが、ドバイマリーナの内側向きのため、ドバイマリーナを囲む超高層ビル群を眺めることが出来そうな立地です。

The Torch



5位:Elite Residence(ドバイ:380.5m)


 第5位はドバイにある「Elite Residence」です。規模は地上87階、地下4階、最高高さ380.5mで2012年に竣工しています。三度目の登場ですがここもドバイマリーナに建つタワーマンションの一つです。海側に面しているためヤシの木の形をした人工島「パーム・ジュメイラ」を眺めることができます。




 ドバイマリーナの超高層密度は凄まじいですが中央が「Elite Residence」です。

Elite Residence



4位:Burj Mohammed Bin Rashid(アブダビ:381.2m)


 第6位はアラブ首長国連邦(UAE)を構成する首長国の一つ、アブダビにある「Burj Mohammed Bin Rashid」です。規模は地上88階、地下5階、最高高さ381.2mで2014年に竣工しています。ここはアブダビのワールドトレーセンターで地上60階、最高部高さ276.6mのオフィスビル「World Trade Center Abu Dhabi - The Offices」と並んで建っています。




 竹のようなデザインが2棟並んでいますが左側です。右側はオフィス棟です。

Burj Mohammed Bin Rashid


 2010年5月に行ったときは建設中でした。気のせいなのか実際にそうなのかわかりませんが、日本と比べると床がベラベラに見えました。

Burj Mohammed Bin Rashid



3位:23 Marina(ドバイ:392.4m)


 第3位はドバイにある「23 Marina」です。規模は地上88階、地下4階、最高高さ392.4mで2012年に竣工しています。世界ランカーが揃うドバイマリーナに建つタワーマンションの一つです。この300m以上のタワーマンションが複数棟立ち並ぶエリアの一番東側に位置しています。




 見ての通り尖塔で高さを稼いでいるタワーマンションです。とは言っても軒高は313.5mもあります。

23 Marina



2位:Princess Tower(ドバイ:413.4m)


 第2位はドバイにある「Princess Tower」です。規模は地上101階、地下6階、最高高さ413.4mで2012年に竣工しています。タワマンランキング常連のドバイマリーナに建つタワーマンションの一つで竣工時は世界一高いタワーマンションでした。ここの屋上からベースジャンプする動画「Dream Jump - Dubai 4K」を見ると高さが実感できます。




 2014年3月の撮影のため撮影時は世界一高いタワーマンションでした。

Princess Tower


 こういったドバイの高級物件は普通にメイド部屋があったりします。

Princess Tower



1位:432 Park Avenue(ニューヨーク:425.7m)


 第1位はアメリカのニューヨークにある「432 Park Avenue」です。規模は地上85階、地下3階、最高高さ425.7mで2015年に竣工しています。セントラルパークに近い場所に建つ超細長いペンシル型のタワーマンションです。日本ではあり得ない細さのため写真で見るとCG?と思うくらい違和感があります。





今後ベスト10入りするタワーマンション


・Central Park Tower(アメリカ・ニューヨーク:地上98階、最高高さ472.4m、2020年竣工予定)
・111 West 57th Street(アメリカ・ニューヨーク:地上84階、最高高さ435.3m、2020年竣工予定)
・Three Sixty West Tower B(インド・ムンバイ:地上90階、高さ361.2m、竣工予定不明)
・Il Primo Tower 1(アラブ首長国連邦・ドバイ:地上88階、高さ356m、2021年竣工予定)
・NEVA TOWERS 2(ロシア・モスクワ:地上79階、高さ345m、2020年竣工予定)



ドバイマリーナ


 最後はおまけでドバイマリーナのタワーマンション群です。全て2014年3月の撮影で地上、船、水上機から撮影しています。余計な説明なしにズラッと載せておきます。

ドバイマリーナ


ドバイマリーナ


ドバイマリーナ


ドバイマリーナ


ドバイマリーナ


ドバイマリーナ


ドバイマリーナ


ドバイマリーナ


ドバイマリーナの夜景


ドバイマリーナの夜景