大阪梅田ツインタワーズ・サウス
完成予想図[出典:阪急阪神ホールディングス]

 大阪駅前で建設中の「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」(地上38階、高さ188.9m)の完成予想図です。地下には阪神「大阪梅田」駅があります。

 大阪駅とはペデストリアンデッキで直結するビルですが、梅田ダンジョンとも呼ばれる地下街経由で阪急や地下鉄の駅などにも繋がっています。自分は梅田ダンジョンを攻略できていないので大阪に着くとすぐに地上に出ます(^^;)



大阪梅田ツインタワーズ・サウス
用途構成イメージ図[出典:阪急阪神ホールディングス]

 「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」は低層部が百貨店ゾーンとなり高層部がオフィスフロアとなります。百貨店ゾーンの上の11階はカンファレンスゾーンで「梅田サウスホール」となります。そしてさらにその上には屋上広場も整備されます。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス
工事施工計画図[出典:阪急阪神ホールディングス]

 建設地は「新阪急ビル」と「大阪神ビルディング」があった場所で鬼工事で「新阪急ビル」と「大阪神ビルディング」の半分を解体して「阪神梅田本店」が入るビルを建設。挟工事で「大阪神ビルディング」の残り部分を解体して超高層棟を新築します。現在はその挟工事で超高層棟の建設が始まっています。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス
計画周辺図[出典:阪急阪神ホールディングス]

 このように「新阪急ビル」と「大阪神ビルディング」の間には道路があるL字型の敷地だったのですが、両ビルを分断していた道路上空も建築利用した巨大なビルとなります。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス

 約1ヶ月前の2月23日に撮影した「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」の建設地です。このときはタワークレーンは1基だけでしたが今は2基に増えているようです。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス

 「梅田阪急ビル」(地上41階、高さ186.95m)の15階にあるスカイロビーからの眺めです。「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」の建設地の一部が見えます。

 この撮影場所の「梅田阪急ビル」はサウスの竣工と同時に「大阪梅田ツインタワーズ・ノース」に名称を変更する予定となっています。



阪神梅田本店

 鬼工事で先に完成した「阪神梅田本店」です。ビルの下に道路が通っていることがわかります。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス

 大阪駅の駅ビル「サウスゲートビルディング」のデッキから見た建設地です。低層部は左の建物と繋がります。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス

 繋がることが前提のため「阪神梅田本店」の壁は普通と違った感じになっています。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス

 中に入った場所から撮影。背後の超高層ビルが「大阪梅田ツインタワーズ・サウス」の相方となる「大阪梅田ツインタワーズ・ノース(現在は梅田阪急ビル)」です。



大阪梅田ツインタワーズ・サウス 建築計画のお知らせ

 今回は建築計画のお知らせを見つけることができなかったので、4年前に撮影した建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:大阪梅田ツインタワーズ・サウス
計画名称:梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)
所在地:大阪府大阪市北区梅田1丁目1番他
用途:百貨店、オフィス、ホール等
階数:地上38階、塔屋2階、地下3階
高さ:188.9m
敷地面積:12,192.83
建築面積:10,348.95
延床面積:258,856.89
構造:鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
建築主:阪神電気鉄道、阪急電鉄
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2015年7月下旬着工〜2022年3月下旬竣工予定


 ところで、東京は今週末は不要不急の外出は自粛となりました。来週末も自粛になるそうです。まだ未公開の大阪遠征時の写真などがたくさんあるのでブログネタには困ることはないので今週、来週はビル撮りをお休みしようと思っています。もしかしたら我慢出来ずに撮りに行くかもしれませんが、そのときは公共交通機関は使わずに自転車で行ってきます。早く平穏な日々に戻って欲しいものですね。