錦三丁目25番街区市有地等活用事業
イメージパース[出典:名古屋市]

 本日、2020年3月24日に名古屋市より「錦三丁目25番街区市有地等活用事業」の事業候補者が決定したと発表がありました。

 決定した事業候補者は三菱地所(代表)、日本郵政不動産、明治安田生命保険相互会社、中日新聞社で構成されるグループです。

 提案概要によると敷地面積4,866.40屬紡个靴瞳築面積約4,300屐延床面積約99,500屐地上36階、地下4階、高さ約200m、ホテル、オフィス、シアター、店舗で構成される複合ビルとなります。事業スケジュールは2022年着工、2026年供用開始予定となっています。

▼名古屋市(2020年3月24日)
錦三丁目25番街区市有地等活用事業の事業候補者決定について



錦三丁目25番街区市有地等活用事業
施設構成図[出典:名古屋市]

 フロア構成は以下の計画となっており、高層階に入るホテルは名古屋市初となるラグジュアリーホテルとなります。

地下2階〜地上4階:大丸松坂屋百貨店による商業施設
地上4〜6階:エンターテイメントシアター
地上9〜25階:イノベーション拠点、オフィス等
地上7,8,26〜36階:外資系ラグジュアリーホテル



錦三丁目25番街区市有地等活用事業
イメージパース[出典:名古屋市]

 右奥に描かれているのは「名古屋テレビ塔」で高さ180mです。この高さを超える超高層ビルとなります。



錦三丁目25番街区市有地等活用事業
イメージパース[出典:名古屋市]

 建設地は「久屋大通公園」沿いで「栄」駅と直結します。住所的には「栄」ではなく「錦」です。



錦三丁目25番街区市有地等活用事業
イメージパース[出典:名古屋市]

 4階には誰もがアクセスでき、憩い、賑わい、文化、発信の役割を果たす屋上広場が整備されます。



錦三丁目25番街区市有地等活用事業

 2009年5月撮影でかなり古いですが「名古屋テレビ塔」から撮影した「錦三丁目25番街区市有地等活用事業」の計画地方面です。

 ソフトバンクの看板があるビルの右側にある「栄広場」と背後の低層のビルがある場所が計画地で敷地はL字型となっています。



名古屋

 「栄」駅周辺ではこれ以外にも再開発が計画されており、今回発表となった「錦三丁目25番街区市有地等活用事業」(地上36階、高さ約200m)の背後にある「名古屋栄三越」は2029年の完成を目指して高さ180mの超高層ビルに建て替える計画があります。そして久屋大通公園の左側では2024年度の完成予定の「新中日ビル」(地上31階、最高高さ約170m)があります。

 名古屋の超高層ビル群と言えば名古屋駅周辺でしたが、栄にこれらのビルが林立する新たな超高層ビル群が出現することになります。3棟で超高層ビル群と呼べるかどうかという話もありますが、3棟とも主役級の高さなので超高層ビル群と言って問題ないでしょう!



新中日ビル
新中日ビルの完成イメージ[出典:中部日本ビルディング]



名古屋三越のビル建て替え
名古屋三越のビル建て替え後のイメージ[出典:日経新聞]

■物件概要■
計画名称:錦三丁目25番街区市有地等活用事業
所在地:愛知県名古屋市中区錦3丁目
用途:ホテル、オフィス、シアター、店舗、駐車場等
階数:地上36階、地下4階
高さ:約200m
敷地面積:4,866.40
建築面積:約4,300
延床面積:約99,500
事業候補者:三菱地所(代表)、日本郵政不動産、明治安田生命保険相互会社、中日新聞社
工期:2022年度着工〜2026年度竣工予定