シティタワー武蔵小山
外観完成予想図[出典:公式HP]

 武蔵小山駅から目黒川へ徒歩1分の位置で建設中の住友不動産のタワーマンション「シティタワー武蔵小山」(地上41階、高さ144.504m)の完成予想図です。



シティタワー武蔵小山
外観完成予想図[出典:公式HP]


 住友不動産のシティタワーシリーズは壁一面が窓となるダイレクトウィンドウ、黒を基調としたデザインが多いイメージがありますが、ここはそういったデザインとなっていないので見た目でシティタワーとはわかりにくそうです。



シティタワー武蔵小山
外観完成予想図[出典:公式HP]

 高層部の完成予想図には東京タワーと東京スカイツリーがほぼ同じ高さで並んでいますが、もちろんイメージではなく実際に都心方面の部屋からは並んで見えるようになります。



シティタワー武蔵小山

 武蔵小山駅側から見た「シティタワー武蔵小山」です。



シティタワー武蔵小山

 手前は9階建てのレジデンス棟です。



IMG_8180_シティタワー武蔵小山

 撮影時は25、6階あたりを建設中のようでした。



シティタワー武蔵小山

 右後ろに見えているのは武蔵小山駅の目の前にある「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」(地上41階、最高高さ144.95m)です。「シティタワー武蔵小山」はこれとほぼ同じ高さの高さ144.504mとなります。



シティタワー武蔵小山

 駅とは反対の目黒側の低層部です。



シティタワー武蔵小山

 南側から撮影。



シティタワー武蔵小山

 武蔵小山駅前には全長800mのアーケード街「パルム商店街」がありますが、そこから見た「シティタワー武蔵小山」です。左は「パークシティ武蔵小山 ザ タワー」です。

 公式HPを見ると現時点で14戸が先着順で販売中で間取りは1LDK〜3LDK、専有面積は41.58屐82.19屐価格は6000万円〜1億4400万円となっています。



シティタワー武蔵小山 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
名称:シティタワー武蔵小山
仮称:(仮称)武蔵小山駅1分超高層住友不動産プロジェクト
事業名:武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業施設建築物
所在地:東京都品川区小山三丁目1番24(地番)
用途:共同住宅、店舗、事務所、公益施設、駐車場、駐輪場
総戸数:506戸(非分譲住戸188戸含む)
階数:地上41階、地下2階
高さ:144.504m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免震構造
基礎工法:直接基礎
敷地面積:5,416.38
建築面積:3,257.06
延べ面積:53,456.13
建築主:武蔵小山駅前通り地区市街地再開発組合
参加組合員:住友不動産
設計者:アール・アイ・エー
施行者:五洋建設
工期:2018年3月15日着工〜2021年6月中旬竣工予定
入居:2021年8月中旬予定