コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 武蔵小杉で建設中のタワーマンション「コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンスKosugi 3rd Avenue The Residence)」(地上38階、最高高さ142m)です。既に上棟しているようでタワークレーンも撤去されていました。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 近くから見上げて撮影。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 普通の箱型のタワーマンションに見えますが…



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 大雑把に言うとL字型となっているタワーマンションで北側が90度凹んでいます。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 タワーマンションでは数少ない形です。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 共用施設として37階には一部を貸し切ることも可能なラウンジ「TOP OF AVENUE」、屋上にも貸し切ることも可能なスカイデッキ「MISORA」が設置されます。スカイデッキには大型スクリーンが設置され貸し切ると映画の上映も可能となります。

 屋上のスカイデッキ貸し切りは今まで聞いたことがありませんが他にもあるんですかね?お客さんが来ても全て貸し切りで高層フロアをどこも案内できないとなったらちょっと寂しいですね。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 武蔵小杉駅に近い側には4階建ての低層棟もあり1階〜3階が商業施設、4階が川崎市総合自治会館となります。住宅部の1〜3階は川崎信用金庫とみずほ銀行も入る業務・公共公益施設となりマンション部は4〜38階となります。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 低層棟の南側には広場も整備され、こちら側の1階〜3階は階段状のテラス「ステップガーデン」となります。

 この低層棟の左側にはマンション名にもなっている3丁目通り(3rd Avenue)があります。。



コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス

 それにしても武蔵小杉はどこを撮ってもだいたい他のタワーマンションが写り込みますね。新卒で入社した会社の内定者懇親会が武蔵小杉であったのですが、その頃はタワーマンションは1棟もなくこんな凄い場所になるとは思ってもいなかったです。当時の様子を知っていても慣れって凄いもので武蔵小杉ではこういった景色が当たり前に思えてしまいます。

■物件概要■
名称:コスギ サード アヴェニュー ザ・レジデンス(Kosugi 3rd Avenue The Residence)
計画名:小杉町3丁目東地区第一種再開発事業
所在地:神奈川県川崎市中原区小杉町3丁目600番地(地番)
用途:共同住宅、商業・業務施設、公益施設
総戸数:519戸(販売総戸数465戸、事業協力者戸数54戸含む)その他、店舗・事務所等
階数:地上38階、地下2階(建築基準法上、地上39階、地下2階)
高さ:約142m
構造:鉄筋コンクリート造一部鉄骨造
敷地面積:8,347.32
建築面積:5,007.82
延床面積:68,871.92
事業主:小杉町3丁目東地区市街地再開発組合
売主:三井不動産レジデンシャル、東急不動産
設計者:大成建設
施工者:大成建設
工期:2017年3月1日着工〜2020年6月末竣工予定
入居:2020年12月中旬予定