八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
外観イメージパース[出展:三井不動産]

 東京駅前で三井不動産によって建設中の超高層ビル「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(地上45階、高さ240m)の完成予想図です。

 ビルの主要用途は事務所ですが低層部には店舗、高層部の窓明かりがある部分には日本初進出となる「ブルガリ ホテル 東京」が入ります。また、完成予想図に描かれていないビルの右後ろ部分には中央区立城東小学校が入ります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
外観イメージパース[出展:三井不動産]

 今までは東京駅周辺の超高層ビルと言えば大手町・丸の内でしたが皇居が近いため高さ200m程度までしか建設できませんでした。八重洲地区は皇居から離れていることもあり高さ240m前後の超高層ビルが複数計画されています。

 完成予想図の左下の角地に形だけ描かれているビルは「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」(地上14階、高さ69.88m)で同じ頃に完成予定となっています。施工者は両ビルとも竹中工務店です。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
5階テラス イメージパース[出展:三井不動産]

 上の写真の低層部屋上に木々が描かれている部分がありますが、そこは5階に設置されるテラスとなります。高さはそれほどありませんが東京駅方面を望むことができる場所となります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
用途断面図[出展:三井不動産]

 「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」はA-1街区とA-2街区があり、「ブルガリ ホテル 東京」が入る建物はA-1街区となります。

 A-1街区のフロア構成は地下2階にバスターミナル、地下1階〜地上3階は約60店舗(約8,500屐砲嚢柔される商業施設、4階、5階は交流施設と東京駅を望むテラス、7〜38階がオフィスフロア、そして40〜45階は「ブルガリ ホテル 東京」となります。

 また、A-1街区の一部は「中央区立城東小学校」となり、1階に会議室等、2階に体育館、3階、4階に普通教室と25m温水プールや給食の調理室、そして最上階の4階には吹き抜けの屋上運動場に職員室や図書室、音楽室が設置されます。

 A-2街区は1階が店舗、2、3階に子育て支援施設(認定こども園)、そして4階〜6階が事務所となり7階が住宅となります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
配置図[出典:東京都]

 外堀通りがある側が東京駅方面で、その反対側の路地を入った図の左下が「中央区立城東小学校」となる場所です。

 外堀通りと八重洲通りに面した角地が「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」の建設地です。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」の建設地です。左の角地は「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」の建設地です。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 タワークレーンが3基設置され鉄骨が組まれ始めています。背後の超高層ビルで背の高い方が「京橋エドグラン」(地上32階、最高高さ170.41m)です。これよりも約70mも高い超高層ビルがここに出現します。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 大きく2か所に分けて鉄骨が組まれています。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 真ん中には鉄骨がなさそうにも見えますが…



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 角度を変えると鉄骨が見えてきます。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 もう少し建設が進むと1フロアの大きさが見えてくるかと思います。延床面積は28万3896.06屬箸覆蠅泙后



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 敷地南側には結構な高さのある構台が設置されクレーンが乗っていました。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 高さ240mはこの画角に収まりきるんですかね?これからはどんどん高くなっていくのが楽しみです。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 路地を入った場所から撮影。東京駅前の超高層ビルが一時的に見える場所でしたがもうすぐ何も見えなくなりそうです。この辺りが「中央区立城東小学校」となります。高層部にブルガリホテルが入るのでブルガリ小学校と呼ばれているなんて記事も見ましたが、実際にそう呼んでいる人っているんですかね。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 A-2街区

 八重洲通り側から撮影。解体中のビルがあるあたりがA-2街区となります。左のレンガ色のビルは再開発には参加していないので残ります。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 A-2街区
外観イメージパース(A-2街区)[出展:三井不動産]

 A-2街区の完成予想図です。八重洲通り側からの入り口にもなりそうです。



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業 建築計画のお知らせ

 A-1街区の建築計画のお知らせです。超高層ではないので載せませんがA-2街区も建築計画のお知らせが設置されています。

■物件概要(A-1街区)■
計画名称:八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業新築工事(A-1街区)
所在地:東京都中央区八重洲二丁目2番の一部および3番
用途:事務所、店舗、ホテル(ブルガリ ホテル 東京)、小学校、バスターミナル、駐車場等
総客室数:98室
階数:地上45階、塔屋2階、地下4階
高さ:240m(最高240m)
構造:S造一部SRC、RC造
基礎工法:パイルド・ラフト基礎(直接基礎と杭基礎の複合基礎)
敷地面積:12,390.43
建築面積:10,875.16
延床面積:283,896.06
建築主:八重洲二丁目北地区市街地再開発組合
参加組合員:三井不動産
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
工期:2018年12月1日着工〜2022年8月下旬竣工予定



八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業

 「(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事」の建設地です。



(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事

 本当はこの辺りもまとめて街区全体がまとまった再開発が見たかったです。



(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事 建築計画のお知らせ

 建築計画のお知らせです。

■物件概要■
計画名称:(仮称)ヤンマー東京ビル新築工事
所在地:東京都中央区八重洲2丁目1番1、1番2
用途:事務所、店舗、ホテル(ブルガリ ホテル 東京)、小学校、バスターミナル、駐車場等
階数:地上14階、地下3階
高さ:69.88m
構造:S造一部SRC
基礎工法:直接基礎
敷地面積:1,483.79
建築面積:1,360.00
延床面積:21,834.74
建築主:セイレイ興産
設計者:日建設計
施工者:竹中工務店
工期:2020年2月5日着工〜2022年8月20日竣工予定